船橋港へ向かう…1

200001.jpg先日お知らせしたとおり、大晦日は船橋港(千葉港葛南港区)を訪ねてきました。いくつかの防潮水門や船溜など、趣味的に惹かれるものがまとまって見られる水域であり、いつか行ってみようと思っていたのです。

とはいうものの、沖へ出るのが苦手な弱虫木っ端ブネとしては、海路を経なければならないのは大きなハードル。静穏極まりなく、かつ好天であることが大前提で、湾奥がそんな好海況になるのはやはり冬、川走り納めを兼ねて、暮れも押し詰まった出航と相成りました。

200002.jpg
砂町運河に出ると、雲一つない、抜けるような晴天ながら、風もなく水面はぬめりを帯び、油を流したように滑らかと、願ったりかなったりの海路日和。もっとも、運河は静穏でも、沖の海況はわかりませんが。

大晦日にもかかわらず、工事中の新砂水門では警戒船が遊弋し、ゲートにも監視員の方が立って誘導してくれています。感謝の気持ちを込めて手を振ると、向こうも笑って振りかえしてくれました。

鋼管矢板で囲まれた、新水門の基礎工事水域にはクレーン台船が一隻いたものの、さすがに作業をしている様子はなし。澄んだ水鏡に、陽光を浴びて錆色の姿を映す矢板や鋼材の杭。冬の運河らしい、光に満ちあふれた静かな川景色です。

200003.jpg
荒川に出たところで、思い切りよくスロットルを倒し、プレーニングに入りました。陽を浴びて輝く、荒川河口の橋梁群を後ろに見ながら、次の変針点である若洲の南端まで南下。

冷たい空気が頬を刺すものの、遠く横浜や房総まで一望できる澄んだ空気と、穏やかな海況にテンションも上がり、寒さを忘れて快走を楽しむ船頭。まずは順調な滑り出しであります。

200004.jpg
若洲もそろそろ途切れようというあたりで、先行している二隻の船に追いつきました。荒川を下ってきた独航艀です。逆光なので船名はわかりませんが、新河岸川か荒川の和光市か、荷を下ろして母港に帰るのでしょう。

ここまで沖に出ても、油を流したようなてろりとした水面に変わりはなく、若干のゆるいうねりが加わる程度。20kt超で進んでいても、不快な硬めのピッチングも少なく、文字どおり滑るような乗り心地。我が木っ端ブネも、川走りのスローモーぶりを脱ぎ捨てて、滑走艇の面目躍如とばかり、久々の連続高速航行! これなら船橋までも、快適な船行きができそうですね。

200005.jpg若洲の突端が近づいてきたので、もうすぐ左に大舵角を取らなければいけません。回転数をしぼって独航艀を先行させ、彼の左舷側に出ることにしましょう。

ウェーキを乗り越え航跡に入ると、波が静まるとともに、一瞬排気の匂いが立ち込めるのもまた佳し。もう一回ウェーキで飛び跳ねて距離を取ってから、左舷側をしばらく並走して変針点へ。
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋港へ向かう…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 荒川 新砂水門 独航艀

7月10日の水路風景…2

(『7月10日の水路風景…1』のつづき)

194006.jpg

194007.jpg我が艇が砂町運河を出たところで、警戒船と信号機から指示があったのでしょう、プレジャーと屋形船各一隻がにわかに爆音を高め進入開始。屋形の船頭さんが、警戒船とすれ違いざま手を振っていたのが、思いやりが感じられるいいシーンでした。

荒川河口の橋梁群をくぐったところで、ご無沙汰していたから少し回してやらきゃと、スロットルをいっぱいに倒してデッドフルに。回転計はたちまち5500PS、速度は軽く向かい風を受けて23.7kt。快調であります。

194008.jpg
行き足をしぼりながら面舵、砂町南運河へ入ってみると、若洲ヨット訓練所からたくさんのディンギーが出ていて、少年少女が帆走練習中でした。

OP級という箱型の、全長3mに満たない可愛らしい艇で、群れをなしておぼつかない帆さばきで間切るさまは、可憐な鴨のヒナさながら。デッドフルから一転デッドスローで、小さな艇長たちの真剣な面持ちを眺めながら航過します。

彼らを見ていたら、中学生のころ、艇はシーホッパーくらいのクラスだったと思うのですが、夏休みの数日間ながら合宿式のヨット教室で、帆走を教わったことを思い出しました。

潮っ気が染みついたような厳しい教官に鍛えられ、タックのときブームでノックアウトされたり、沈して海に放り出されたりと、生来の運動音痴丸出しでお恥ずかしいかぎりだったのですが、首尾よくクローズホールドに持ち込めたときの快感は、えもいわれぬものだったことが思い出されます。

194009.jpg砂町南運河の西の果てを直角に曲がり、ゲートブリッジを望むところに出ました。朝が涼しかったせいでしょうか、想像していたよりずっと濛気が濃く、トラスもぼんやりと霞んで、季節柄もありシャープな眺望は望むべくもありません。

まあ、この霞を吹き飛ばす風がないということで、穏やかな水面が担保されるのですから、ぜいたくはいえますまい。近くに他船もいないことだし、ここでも全開ですっ飛ばし、トラスの真下へ。

194010.jpg
ニュートラルにすると、冷却水の落ちる音とアイドリング音のほかは、耳をかすめる微風の音のみ。ゆるいうねりが艇を揺らすモクリ、モクリという感覚を楽しみながら、頭上はるかに仰ぐ、雄大な橋の裏側を堪能しました。
撮影地点のMapion地図

(28年7月10日撮影)

(『7月10日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 砂町南運河 東京港臨海大橋 東京ゲートブリッジ 東京港 橋の裏側

新砂水門の工事拝見…2

(『新砂水門の工事拝見…1』のつづき)

191006.jpg杭打船の下流側に、舷を接して並んだ2隻のクレーン台船。手前のものが小さく見えたのですが、縦横の向きを変えて並べられているだけで、ジブの長さからして同規模のようです。

下の写真は下流側の一隻をアップにしたところ、発電機やらウインチやら、機器類ぎっしりなのがまた佳し。船名はわかりませんでしたが、発電機やクレーンの側面に「(株)菊鷹産業」の社名が読み取れ、船体色はブルー系で揃えているようでした。

191007.jpg

191008.jpg
現場を航過したところで、上流側を振り返って。後続艇がいるのでそうのんびりとしておられず、増速して離脱します。

ご覧のとおり、現時点では工事水域の範囲もそう大きくなく、水門の軸線上から、写真向かって右側に避航しなくとも支障はなさそうですが、念のため十分に距離を取りました。1月に見た浚渫作業で、護岸沿いの浅瀬やガレ場も取り除かれたのでしょうか。航路を北側に振るということは、可航水深確保の作業があったと考えて差し支えないと思います。

191009.jpg
荒川に出たところで、上流側角近くに警戒船発見。船名は「第五でんでん丸」という、何とも愉快な名前です。

甲板室上に「この先片側交互航行」の黄色い横断幕、船尾に吹き流しを掲げており、乗り組みさんは赤い小旗を持って、PWCのフリートに停船指示を出していました。

191010.jpgさて、工事の様子も拝見したことだし、スロットルを倒して右に舵を切り、江戸川に向かうとしましょう。

荒川河口の橋梁群をくぐりながら望む沖合は、この陽気とあって春霞で白く染まり、冬場の抜けるような視程は望むべくもないものの、暖かな南風が頬を撫で、すでに初夏の香りがします。
撮影地点のMapion地図

(28年5月1日撮影)

(『5月1日の江戸川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 荒川 新砂水門 台船

10月4日の旧江戸川…1

180001.jpgドライブの調子がいま一つになってきたので、艇を久々に入渠させることにしました。この日、昼の気温は30℃まで上がりましたが、秋らしい爽やかな風が川面を渡り、実によい水路日和です。

思いきりスロットルを倒し、荒川河口の橋梁群を仰ぎながらしばらく下って、三枚洲の水路へ。沖合は少し靄がかかっているものの、水面はそこそこ穏やかで、好天とあってたくさんの艇が繰り出していました。

180002.jpg逆光でさざ波をぎらぎらと反射する、三枚洲の水路(実は旧江戸川の一部らしい)に進入。両岸は磯遊びや釣りの人々で賑わっています。

以下、おなじみの川景色と物件ながら、道々拾ってみましょう。秋らしい晴天とほどよく乾いた空気の中とあって、どこかいつもより輝いて見えたものです。



180003.jpg
佐藤淳一師匠が「水門に似ている」と興味を示されていた、廃船着場の桟橋巻上設備。当然ながら、年々状態が悪くなりつつあり、桟橋の手すりなど一部落ちてしまったところも見えて、痛々しいものが。

以前は斜路式連絡橋を、ちゃんと吊り上げていたような気がするのですが‥‥。腐朽が進んで、もはやそれもかなわなくなったということでしょうか。

180004.jpg
おなじみ葛西なぎさ橋も、秋空をバックに主塔先端のオブジェを陽光に輝かせて、天を衝く凛々しい姿を見せてくれました。

180005.jpg
三枚洲水路の名物といえば、浅瀬に立ち並ぶ竹竿の澪標と、「最徐行」と大書きされた看板群。これが何とも長閑な感じがして、独特の雰囲気を醸し出しているんですよね。

看板はどれも、鵜さんたちの格好の休憩所になっており、黒く濡れた水かきでぺたりと留まりながら、羽づくろいに余念がありませんでした。

(27年10月4日撮影)

(『10月4日の旧江戸川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 旧江戸川 水辺の鳥たち

6月7日の水門…2

(『6月7日の水門…1』のつづき)

173031.jpg荒川の可航区間を上がり切ったとなれば、秋ヶ瀬取水堰に挨拶しないわけにはまいりません。

もっともご存じのとおり、秋ヶ瀬橋から上(かみ、ね。念のため)は、動力船の入れない水域。神社でいえば、ふもとの拝殿から、山上の奥の宮をはるかに遥拝するような、だいぶ距離感のある水門鑑賞ではあります。ペラに斜め線の標識が、何やらお社の紋章のように見えてきました。

173032.jpg
以下は帰路のスナップです。芝川水門に少し近づいて、戻ってきた青空をバックに格好の良いところを。

あ、巻上機室の塗っていないこちらの面、壁が剥落して、鉄筋が見えているところが‥‥。かわいそうなので、補修してあげたいですね。

173033.jpg隅田水門から旧綾瀬川に入り、隅田川を桜橋まで下ってきて、久しぶりに撮ったのが山谷堀水門(すみません、正式名称は未確認です)。

ゲートが堤防を切断しておらず、後付けで三方を囲まれているというのが変わっていて、結果的に樋門といってよい構造になっています。堰柱の色からして古そうなので、可航河川時代からのものを流用しているのでしょうか。


173034.jpg
三領水門に続き、今回の驚愕物件その2。隅田川を佃島まで下ってきたら‥‥。
住吉水門が撤去されていた!

都内可航水路の水門としては、恐らく最も径間の狭い水門だっただけに、驚きと悲しさもひとしお。一回だけだけれど、恐る恐るくぐったこともあったなあ‥‥(過去ログ『住吉水門をくぐる』参照)。

はめ込まれている黒い角落しは、過去ログ「住吉神社へお参り…2」で見たものと同じなのかな? 堤防には説明版のようなものも掲げられていたので、近寄って眺めたかったのですが、こちらも余裕がなく次回へ持ち越し。しかし、中にもやっていたフネブネは、どうしているのでしょうね。

173035.jpg
かつてをしのぶよすがにと、本流側からいいお顔に撮れた一枚を探してはみたものの、残念ながらほとんど該当なし。も少し目を向けておけばよかったなあと、今さらながら反省しきりであります。

18年12月31日に撮ったものを、過去ログ「大晦日の水門たち」より再掲。新たに設けられる水門は、どのような姿になるのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(27年6月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 隅田川 秋ヶ瀬取水堰 芝川水門 山谷堀水門 住吉水門