10月9日の荒川スナップ

(『荒川河口のフネブネ』のつづき)

212011.jpg以下、荒川を遡上した道々のスナップをいくつか。好天に恵まれ風も穏やか、馴染みの水路であることも手伝って、気持ちのよい川走りでありました。

閘門様におかれましてはご機嫌麗しく。この角度から眺めると、前後扉室の堰柱が、高さに相当の差を持って造られているのが実感できますね。荒川の堤防高と、内部河川の水位低下分を足した寸法が、目で実感できる場所でもあります。

212012.jpg
小松川橋附近で見た高圧鉄塔の基部、直書きされた警告が気になって一枚。この手の注意書きって、当たり前のように思って気にも留めないと、ある日突然なくなってしまったりするので、まめに記録しておくにしくはなし。

高水敷に立っているので、計画高水位の分をコンクリート製にしたと考えてよいのでしょう。陸上ではあまり見られない形態に思えましたが、いかがでしょうか。

212013.jpg木根川橋の「河川情報板」に、珍しく実のある(失礼)メッセージが。「中川水門通航止め/11月1日~3月下旬」‥‥あらら、中川中流部のマリーナに繋留しているオーナーは大変ですね。

中川の屈曲区間を下ってきたら、上平井の合流点で綾瀬川を綾瀬水門まで上るか、下って江戸川競艇場を突っ切るしかなくなってしまうのか‥‥。

通航艇が増えたら、競艇場の上下流で警備についている、警戒艇が忙しくなりそうではあります。東京湾に出るだけなら、新中川と旧江戸川を南下するコースもありますが、ほぼ全部が徐航区間なので、せっかちなオーナーさんにはツライかもしれません。

212014.jpg
日暮里・舎人ライナー、荒川橋梁に迫って一枚。仰げば流れるような曲線を描く上すぼまりの橋脚、桁下高があることも手伝って、どこか爽快感のある眺め。荒川可航部随一の美人橋梁といっても、いい過ぎでないでしょう。

212015.jpg
芝川水門の前まで遡上してきました。お久しぶりの芝川水門、中途半端に補修されて、しかも左の扉体のみ汚れており、何やらまだらに見えますね。右の堰柱から「使用前・使用中・使用後」みたいな感じ(笑)。

扉体に貼られた「調整中」のステッカー、もはや「そろそろ外したらどうかなあ」という気持ちも失せて、ディテールの一部と化しています。それとも、外せない事情が何かあるのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(29年10月9日撮影)

(次項につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 荒川ロックゲート 閘門 芝川水門

荒川河口のフネブネ

(『10月9日のトリづくし』のつづき)

212006.jpgとりあえず工事中の新砂水門を抜け、荒川河口に出てみました。さて、沖へ出て地先の水路群をうろつくか、遡上して久しぶりに岩淵でも行ってみるか‥‥。

何度か触れたとおり、工事中の新砂水門付近は交互通行なので、荒川には警戒船が頑張っています。船名は「第十八でんでん丸」。おお、「新砂水門の工事拝見…2」では、「第五でんでん丸」に出会いましたよね。「でんでん丸船隊」とでもいうべきフリートが、どこかの船溜にぎゅっと詰まっているさまを想像してしまいます。

212007.jpg
「第十八でんでん丸」と、入れ替わりの進入船をかわして河道中央に出ようとしたところで、2隻の独行艀が下航してくるのを発見! 近寄っている時間はないので、スロットルを中立にして流し、ズームで迎えることに。

先頭は「第十二富士宮丸」、当然空船でしょうから、喫水は上がり足取りも軽やか。「船舶の河川航行に関する調査研究報告書・3.4 地震発災時における即応対応」(日本財団 図書館)にスペック表があったので引用すると、全長37.01m、幅7.85m、積載量400t、平成5年2月竣工。

212008.jpg少し間を置いて、略同型らしい船が続航してきました。タイヤのフェンダーで船名がはっきり見えませんでしたが、たぶん「第五富士宮丸」。

上と同様に引用しておきましょう。全長36.48m、幅と積載量同じ、昭和57年11月竣工。数字を見るかぎりわずかな違いで、本当にほぼ同型船だったようです。


212009.jpg
下航してきた2隻にあやかって、荒川を遡上しようと決め、スロットルを倒し舵を切りました。穏やかな水面とあって、滑るように気持ちよくプレーニングに入れます。

新砂リバーステーション前で、ユンボ搭載の浚渫船が碇泊していました。甲板室には「常陸500号」「常陸海事建設(株)」の文字が。

212010.jpg
そうそう、一つ完成間近と思われる物件がありました。荒川と中川を分かつ背割堤(中堤)の南端近く、2段式固定岸壁の船着場が、ほぼ姿を現していたのです。周りに鋼矢板が打ち込まれ、土嚢みたいなものも見えますから、供用には至っていないようですね。

検索すると、国交省・関東地方整備局の記者発表資料、「首都圏を守る災害に強い荒川を目指して~平成27年度 荒川下流河川事務所の事業概要~」(PDF)に、「臨海リバーステーション」という名前が見えました。
撮影地点のMapion地図

(29年10月9日撮影)

(『10月9日の荒川スナップ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 独航艀 浚渫船

大滝温泉の取水堰

210021.jpg9月18日は用足しとレジャーを兼ねて、秩父を訪ねました。幸いにして秋晴れに恵まれたドライブの途中、休憩に寄ったのが道の駅大滝温泉。過去にも何度か立ち寄ったことがあります。

建物の裏手で水音も涼しい渓谷をのぞき込んでいたら、河畔に降りられる階段を発見。さらに、水辺にテラスまで設けられていたことは! 今まで全く気づきませんでした。さっそく階段を下りてみると‥‥。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 荒川 大滝発電所取水堰

8月13日の綾瀬水門

(『8月13日の上平井水門…2』のつづき)

209061.jpg道々のことは例によって措くとして、綾瀬水門から荒川に出るとしましょう。緑の堤防を従えて逆光の中うっそりと立つ一径間のゲート、都内の水門でも、独特の風情がある好ましい表情。

中川水門でも結構な流速があったので、こちらでは少しじっくり楽しませてもらおうと、スロットルをしぼり減速、まずは様子を見ることに。

209062.jpg
うひょひょう、吸い込まれる吸い込まれる! 土色の水面が径間に向かって、放射状の縮緬ジワをつくっており、さらに側壁が狭まったところで、くっきりと横一線を描いている! あの線から向こうは、明らかに水面の勾配があるのです!

観察しながら一航過してゆっくり回頭、流速に沿って下航するには、最初の姿勢が肝心ですから、よーく狙いを定めてちょい増速。さて、吸い込まれますか!

209063.jpg
うひゃひゃひゃ、はやい速い! 一線を越えたとたん、スゥーッと体が持ってゆかれる感覚とともに、頬をなぜる風もかすかに強くなる、この快さと緊張感!

側壁の凹凸で、チャパチャパと小さな音をたてる水面を横目でチラ見するのも面白いもの。いってみれば、もの凄く緩慢かつ、静かで地味なウォーターシュートといったところでしょうか?

209064.jpg

209065.jpg堪能し過ぎて、慎重にすべき舵を誤り、ちょっと姿勢を崩してしまいヒヤリ。さらにちょい増速し立て直します。ちなみに綾瀬水門、ゲートの前後に、ご覧のような角落しの戸溝が新設されていました。

角に立っていた釣り人さんにお詫びしながら、高水敷の水路を離脱、荒川へ。ほんの一瞬ではありましたが、流れに乗るスリルを久しぶりに楽しめて、嬉しいひとときではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『源森川水門、竣工間近』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 荒川 綾瀬水門

8月13日の上平井水門…1

(『8月13日の新砂水門』のつづき)

209051.jpg荒川を遡上して、中川水門から中川へ入りましょう。このすぐ上流にある上平井水門の、更新工事を見ておきたかったのです。

この時間帯は、中川から荒川への流れがあり、写真でも硬くさざ波立った水面が、荒川の流速で右へ押しやられているのがわかります。長声を鳴らしつつ進入、ガクガクと振動する艇に流速を感じながら、水門をくぐりました。


209052.jpg
出てすぐ左へ向き直ってみると、第三径間の扉体と巻上機室がすっかり取り外され、かつてと雰囲気がガラリと変わった上平井水門の姿が、前方に広がりました。

角落しで塞がれた径間に接して、ジブを高々ともたげたクレーン船、曳船などがもやい、叢雲をバックにどこか勇壮な雰囲気。近づいて観察してみましょう。

209053.jpg
堰柱はすっかり足場で覆われ、中の様子はうかがい知れません。径間を塞ぐものは角落しというより、細長い角棒状の鋼函のようですね。

手前、台船上に積み上げられたコンクリート塊に、「6.1t」「6.6t」などと、0.1t単位で重さを大書きしてあり、また土嚢も多く積まれているのも気になります。クレーンが作業する際のカウンターウェイトなのか、もしかしたら、鋼函の中に入れて重石にでもするのかしら、などと妄想。

209054.jpg
一見して、何よりショックというと大げさですが、実際残念に思ったのが、鋼製部分の汚れや褪色です。

209055.jpg扉体には泥色の湛水線が付着し、美しいマルーンに塗り上げられた梁も、水垂れ状の痕が無数に付き、全体に薄汚れた印象は否めません。

上平井水門といえば、カラーリングのセンスの良さと、大面積の扉体や梁を活かした、塗装の美しさに惹かれたものですから、これは残念を通り越して、哀れを誘いました。何分この規模ですから、工事は長きにわたるものと思いますが、この姿がずっとさらされると思うと、同情を禁じ得ませんでした。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の上平井水門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 中川 中川水門 上平井水門 台船