fc2ブログ

千葉港へ向かう…1

308001.jpg
ホンモノのGoogleマップで都川を表示

千葉港に注ぐ都川に、以前から行ってみたいと思っていました。Wikipedia「都川」によると、流路延長15.7kmの二級河川で、平安時代、千葉氏の開発により瀬替えが行われるなど、古くから人の手が入ってきた川だそうですが、河川徘徊者として魅力を覚えたのはもちろん、ここが可航河川であったからです。

何分流路自体が短いということもあり、可航区間はそう長いとも思えなかったものの、こうしてGoogleで見たかぎりでは、京成千葉線橋梁の下流側まで繋留船が認められたため、少なくともここまでは行けるだろう、と推定できたことが第一。

第二に、千葉県庁や千葉中央駅のある、県都の都心部を貫く街場の川であること、千葉県葭川排水機場の、治水施設としては破格とも思える豪気な(!)建物が河畔にそびえたっていることなど、周囲にも惹かれる点がいくつかあったのです。船橋の海老川が予想以上に楽しめたこともあって、「千葉の都市河川は面白い」という好印象を持っていたことも手伝っているでしょう。

308002.jpg
‥‥と、何やらテンションの高い前置きになりましたが、3日朝、出港準備をしていた時点では、まだ千葉港へ向かおうと決めたわけではありませんでした。風も穏やかな初冬らしい好天、湾奥を"渡海"するには適した海象ながら、ちょっと迷っていました。燃料の残が微妙だった上、燃料桟橋が開く前で、補給ができなかったからです。

朝の気温もぐっと低まったとあって、母港のポンドに水鳥がいっぱいな風景を想像していたら、出発前に出会えたのは何と、ご覧のキンクロ君一羽のみ。まだ本格的な渡りには、少し時間がかかるようですね。

308003.jpg
まあいいや、沖に出てから考えよう‥‥と、アバウト極まりない状態のまま出港。荒川河口の橋梁群をくぐってから振り返って。京葉線の鉄橋、中央径間に足場が掛かりましたね。塗装もだいぶ傷んでいたようなので、何よりでした(通航時の動画はこちらをどうぞ)。

朝のうちは北西、昼近くから南東の微風とあって、沖へ出ても海面は穏やかです。千葉港を目指すなら、若洲の南端から東航して、直線距離はおおむね25km弱といったところ。寄り道をしなければ往復約50km、さーて、どうしましょうか‥‥。

308004.jpg

308005.jpg若洲の南端を過ぎ、ゲートブリッジが見えるところまで到達。晴れているし、富士山が拝めるだろうと西に目をやると、残念ながら霞でぼんやり。でも、富士山がはっきり見えないということは、ここしばらく風は強まらないということでもあります。

これで決まりました。よし、行ってみよう! 片道約1時間、残から考えて、巡航速度で3時間分はあるし、寄り道しなければ大丈夫と腹をくくりました。久しぶりの千葉県行きです。
撮影地点のMapion地図

(令和5年12月3日撮影)

(『千葉港へ向かう…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 荒川東京ゲートブリッジ水辺の鳥たち

令和4年度川走り納め・荒川…2

(『令和4年度川走り納め・荒川…1』のつづき)

291006.jpg
前回載せた写真の一瞬後のスナップ。電車を追っていたら、ちょうど陽光が射していたところに、「光家具」「光」の看板が背景に入って、空が灰色の雲に覆われていたことも手伝い、どこかおかしみのある一枚に。

291007.jpg大屈曲を曲がり切ったところにそびえるのが、ご存じダブルデッキを渡すニールセンローゼ、五色桜大橋。

くぐる直前まで迫ってぐっと仰げば、桁下高に構造の天地も加わって大迫力‥‥なのですが、何分陽射しも途切れ、厚い雲がふたたびかぶさった薄暗い川面とくれば、残念ながら表情もさえません。


291008.jpgオープン艇とて、そこそこの速度で移動しているとなれば、ただでさえ体温が奪われるもの。ですから冬の航行は日照が生命線みたいなもので、いやむしろ、冬なればこそ晴れが多いはずなのに、頼りにならないとなればツラいことこの上ありません。

20㎞の里程にある工場からたつ濛々とした湯気に、寒気の厳しさが感じられますね。寒さで思ったより体力を消耗したようで、どうも気分が盛り上がりません‥‥。

291009.jpg
西から北西方向は晴れているようで、新荒川大橋越しに、遠方の山々の稜線が割とはっきり見渡せました。方角からして、秩父のあたりでしょうか? 好天であれば素晴らしい眺めになったでしょうが、こちらの空は重苦しいのが残念ですね。

291010.jpg
新旧の岩淵水門の間にある水路を抜け、取舵を切って向き直ったところで現水門を一枚。むう、雲が重くのしかかっているだけに、どこか鬼気迫る表情。

せっかく扉体が塗り直され、中央の堰柱2本も補強されてきれいなのに、惜しいことであります。向こうは少し明るいので、くぐってから眺めてみるといい表情かも、ですね。
撮影地点のMapion地図

(令和4年12月28日撮影)

(『令和4年度川走り納め・新河岸川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 荒川岩淵水門

令和4年度川走り納め・荒川…1

291001.jpg前後しますが、昨年12月28日に令和4年最後の水路徘徊、川走り納めをしたときのお話を垂れ流させていただきます。

快晴との予報でしたが、朝出てみるとさにあらず、雲がそこそこあり曇りとどき晴れ、といった空模様。日照が少ないせいでしょう、思ったより体感温度が低い印象です。写真は新砂水門を出て振り返ったところ。ご覧のようなちぎれ雲を目にすると、アニメ「母を訪ねて三千里」のオープニングテーマが思い出されてしまう‥‥。

291002.jpg
この日は新河岸川を訪ねようと思っていました。芝宮橋(『師走の新河岸川…7』参照)が架け替えられたと聞いていたので見てみたかったのと、あわよくば少し上流まで攻められたら、と考えていたのです。

しかし、冬で空気も澄んできたし、富士山が拝めるかもと色気を出したのでした。いったん河口橋梁群をくぐって、若洲沖まで出ればイケるだろう、と南下。振り返るとちょうど陽が差して、トラスのディテールがくっきり。

291003.jpgしばらく南下したものの、頭上はまあまあ雲が切れ晴れていても、西の空は重苦しい感じで、なおかつ視程もよくなさそう‥‥。

これでは富士山を拝むのも難しかろうと、プレーニングのまま大回りして回頭。当初の予定どおり荒川を遡上して、新河岸川を目指すことにしました。


291004.jpg
5kmの里程標が立つ新小松川橋上流では、クレーン船が高水敷に接岸していました。曳船など他の作業船が見られないところから、長い間ここに腰を据えているのでしょうか。

高水敷では高々と黒い土が盛られ、ユンボが盛んに動いていましたから、浚渫土か何かの処理でしょうか。

291005.jpg
扇大橋と日暮里・舎人ライナーの橋をくぐろうとしたら、いいタイミングで電車が通過したので一枚。

写真は陽が差したときを狙っているので、一見晴れているように見えますが、航行中はほとんど陽光の恩恵は受けられず、比較的高速で走っていることもあって、まあ寒いのなんの。手袋をしていても指がかじかんでしまうほどで、少々やる気をそがれたのは否定できません。
撮影地点のMapion地図

(令和4年12月28日撮影)

(『令和4年度川走り納め・荒川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 荒川クレーン船

初めての初日の出…1

290001.jpgあけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願いいたします。

昨日元旦朝は、初日の出を水上から拝もうと艇を出しました。長年木っ端ブネ道楽をしてきたにもかかわらず、自艇で初日の出を見に行くのは、実はこれが初めて。花火も撮影のお手伝いで1回出たきりだし、つくづく一般的な舟遊びには縁遠い性分ではあります。

早寝した甲斐あって目覚まし時計が鳴る前に目が覚め、5:00過ぎには母港の桟橋へ到着。光りながらぐるんぐるんするスカイツリーを見ながらの出港準備も、また新鮮でありました。

290002.jpg桟橋に照明があるとはいえ手元は暗いので、懐中電灯の助けを借りながらの出港準備。メーターやコンパスに灯る、ライトのほんのりとした色を目にするのも久しぶりで、夜走りの気分が盛り上がります。

もっとも気温の下がる夜明け前とて、つま先から背中までカイロを何個も貼り、厚着もしてと普段にも倍する防寒装備をしたのはいうまでもなく。あとは沖へ出てから、風が強まらないことを祈るばかり。

290003.jpg
5:50、新砂水門を通過。交互通航なのは日中と変わりませんが、警戒船や係の人は常駐しておらず、一定の時間が来ると自動で通航表示が変わる仕掛けのようです。

通い慣れた水路とはいえ、夜走りは久方ぶりで、やはり緊張します。目視の効かない分浮流物にぶつかったりしたらことですから、速度を抑えて慎重にまいりましょう。

290004.jpg
5:56、荒川河口の橋梁群を通過。ボケボケブレブレのガサガサ写真で申しわけない。揺れる艇上から夜に片手撮りしているので、まあご容赦ください。後で気づいたのですが、「夜景モード」にしておけば、ちょっとはマシになったかしら。気が回らないほどアガっていたのかもしれません。

で、ひどい写真で何をいいたいかといいますと、中央径間の向こう、すでに東の水平線近くが白み始めているのに、このとき気づかされたから。ちなみに初日の出の時刻は6:51。もう残り1時間を切っています。

290005.jpg
6:04、荒川河口を南下中。普段より四周に気を配り、目についた移動する両舷灯をプロットしながら、原速で針路維持。この時点ですでに2隻、荒川を出てきたプレジャーが追い越してゆきました。

眼下に見える、自艇の両舷灯が放つ色に気分を盛り上げつつも、夜走りの緊張感はいつもと違うレベル。ご同輩らしいプレジャーたちに追い越されながらも、行き足は抑えたまま沖を目指しました。


(令和5年1月1日撮影)

(『初めての初日の出…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 荒川新砂水門東京港

台風の前の荒川沖

285001.jpg8月11日のお休みは、台風が接近しているので荒天準備をしに母港へ。もやいを倍にしたり、オーニングが吹き飛ばないようロープをかけたりするのですが、さて自艇の前まで来ると色気が出て、ちょっと様子を見に散歩してこようか、という気になったのです。

すでに南風は6~8m、港外に出ればもう波浪しているはず。久しぶりに波にもまれるのも一興、と軽く考えていたら天罰てきめん、結構な緊張を強いられることになりました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 荒川砂町南運河新砂水門