fc2ブログ

花畑運河の絵葉書

(『令和2年度川走り納め…7』のつづき)

花畑運河の回が終わったばかりで、タイミングが悪くて恐縮です。花畑運河の竣工は昭和6年とされていますが、その竣工間もないころを写したと思しき、写真の絵葉書を入手できたので、ここで紹介させていただきましょう。過去にウェブや書籍で、花畑運河現役時の写真は何度か目にしていますが、絵葉書はこれが初めてです。

開けた風景の中、歪みなくパース画のように伸びる、いかにも新開鑿といった雰囲気は、こうして眺めているだけでも実に清々しいものがあります。「混凝土(コンクリート)張護岸」のタイトルが示すとおり、護岸の施工状況の記録が、主題になった写真という意味でも珍しいですね。

260071_1.jpg
花畑運河混凝土張護岸
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


花畑運河が竣工した昭和初期、東京の都心部など街場の運河ならともかく、田園地帯を横切る郊外の運河の、しかも全区間にコンクリート法面を施したというのは、絵葉書の題材になりうるインパクトがあったということなのでしょう。

法面は見たかぎり、途中で勾配を変えており、天端には縁石様のブロックを並べた構造のようです。先ほど通航時の写真と見比べて気づかされたのですが、竣工時の護岸、傷みみながらも現存していますね。もちろん今はこの上に、後付けの護岸や鋼矢板の堤防が積み増されていますが。

ちなみに運河開鑿と並行して、両岸に接する一帯は道路とともに碁盤目に区画整理され、工場用地として整備されたとのこと。写真からはその様子はうかがい知れませんが、家並みも乏しいフラットな風景に、新開地らしさが感じられます。

260071_2.jpg
さて、気になるのは、この写真がどこを写したものかということ。RC橋らしき橋の架かった、マイタゲートであろう水門の径間が見えるので、現在の六ツ木水門か花畑水門のどちらかで、しかも橋の上から撮ったもの、ということになります。

堤防道の高さが割とあり、同様に橋の桁下高も高いこと、また写真では少なくとも、橋が斜に架かっていないように見えることから、「花畑水門かな?」と見当をつけたのですが、やはり裏を取りたいもの。手掛かりになりそうなものがもう一つあるとすれば、対岸にこんもりと茂っている木立かな‥‥。

260071_3.jpg
困ったときの国土変遷アーカイブ・地図・空中写真閲覧サービスということで、国土地理院のお力にすがって検索。竣工時にできるだけ近い時代、しかも鮮明なものをと物色したら、ありました。「USA-M676-135」(昭和22年11月28日・米軍撮影)、上はそのキャプチャ画像です。

対岸の集落に木立が見えるのは綾瀬川で、中川にはそれがないことがこの写真からもわかります。堤防道や橋の高さ、河道に対する道の角度と併せて考えても、花畑水門と月見橋を、雪見橋から見た写真で間違いなさそうです。

物流の大動脈として開鑿が待望され、舟航が輻輳を極めようとしていた時代の花畑運河の姿。その清新な水路の息吹きを再訪から間もなく垣間見る機会に恵まれて、嬉しいことではありました。

【参考文献】
帝都地形図 第2集 之潮

(『令和2年度川走り納め…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 花畑運河 絵葉書・古写真

花畑運河再訪…7

(『花畑運河再訪…6』のつづき)

260061.jpg

260062.jpg花畑水門を離れて、両岸の釣り人さんに挨拶しながら後進で離脱、適当なところで転回して帰路へ。

右写真、富士見歩道橋の低さも改めて。3つの橋はおおむねA.P.+1.4m以下にならないとクリアできないので、仮に花畑水門が開いていても、綾瀬川上流の攻略は時間が限られそう。まあ、大潮の干潮時以外くぐれない、綾瀬新橋よりはマシではありますが‥‥。

260063.jpg
恐らく次に訪ねたときは、もう失われているであろう六ツ木水門を仰いで、名残を惜しみました。光のない信号を前にすると、やはり寂寥感が胸に迫るものがあります。

径間が狭まり、水深が浅くされれば、航行できないことはないにしても、進入はためらってしまうに違いありません。テラスや桜並木が築造され面目を一新した花畑運河‥‥、竣工の際はぜひ、テラスに説明板を設けて、物流に貢献した事蹟を顕彰していただきたいものです。

260064.jpg

260065.jpg雲で陽射しがさえぎられ、寒さが厳しくなってきました。両岸に残るマイタゲート跡を眺めながら、花畑運河とお別れです。

利根運河が導水路に転用され、可航環境を失って久しい今、二河川をショートカットする内陸の運河としては、抜けられずとも貴重な可航状態を保っていた花畑運河。大きな変化を前にした姿を目の当たりにできて、何よりではありました。

(令和2年12月29日撮影)

(『令和2年度川走り納め…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 花畑運河 中川 花畑水門 六ツ木水門

花畑運河再訪…6

(『花畑運河再訪…5』のつづき)

260056.jpg雪見橋のテラス区間を出たところで、魚探の感を記録。12年前の通航時と同様で、西に進むほど少しづつ水深が増していることに変わりはありませんでした。

これは、六ツ木水門が常時開で、中川との間で水の代謝をしており、わずかづつ中川が運んできた土砂が堆積しているのに対し、花畑水門が常時閉で、開放する時間も月一回程度とわずかであり、また開放した際も、流れは中川から綾瀬川へ向かっているため、と見てよいでしょう。

そうそう、環境整備事業で唯一解せなかった、水深をA.P.-0.5mにかさ上げする件ですが、「第4回 花畑川環境整備事業の説明会及び意見交換会」(PDF・足立区)に理由が明記されていたので、ここで引用しておきましょう。

10ページ「7-2 水質について」に、「滞留時間(水の入れ替え時間)が長くなると、アオコが発生するなどの水質悪化を引き起こす恐れがあります。
本整備事業では、新水門(4.5m)に合わせて水量を減らすことで、入れ替え時間を短くして水質の保全を行います。

‥‥なるほど、水門が樋門化されて狭くなった分、水の代謝が現在の水深では滞りがちとなり、汚濁が懸念されるので、水深を浅くして貯留量を減らすということですね。

しかし、流れの方向が東から西へ向かう造りになっているのなら、花畑水門をまめに開き、適宜綾瀬川へフラッシュ放水みたいな形で流下させた方が、工事の必要もなくよいような気もするのですが、いかがでしょう。まあ、各河川の決められた流量や水門の管理上、面倒な点もありそうなので、水深減少が採られたのは、それなりの理由があるのでしょうね。

260057.jpg
花畑水門と月見橋が近づいてきました。花畑水門は、綾瀬川から訪ねた平成21年3月以来、11年ぶりです。手前の人道橋が桁を補修され、きれいになったほかは、水門も周囲も特にお変わりないようですね。

運河西端付近は特に釣り人さんが多く、さすがに緊張させられたのですが、「お邪魔します、すみません、すぐ戻りますんでちょっと通らせてください!」と両岸におられた皆さんに声をかけたところ、「はーい」「おーう」と、元気よく応えてくれました。ありがとうございます。

260058.jpg
今回は、少しだけ踏破区間を伸ばすことになりました。花畑水門の扉体周りを観察しておきたくなり、月見橋の真下まで入ることにしたのです。

橋台と緩い法面の基礎護岸が迫り、幅は半分以下に。風向きの関係か、水門近くの水面には細かいゴミがたまり、水面にしわが寄ったようになっています。

260059.jpg月見橋の手前には3径間の人道橋が併設されており、橋脚はご覧のとおり重厚で、護岸から離れてはいるものの、橋台のような風情です。

これも岸に橋台を設けるより、基礎工事ほかの点で施工が楽なため、採られた方法のように思えました。雪見橋、桜木橋と同じ伝なのでしょう。


260060.jpg
こちらは六ツ木水門のように、マイタゲートの痕跡は残っていないか‥‥と、左右を見回しながら扉体ギリギリまで寄せてみて、アッと声を上げました。手前にある戸溝に角落しがはめ込まれている! 完全閉塞か?

シャッターを何回か押した後、ほんの一瞬でゴースターンをかけて離れたので、よく確かめる余裕はありませんでしたが、帰宅後に写真で観察してみると、角落しにしてはどうもおかしい。アルミの生地みたいな色でしかも円筒みたいだし、戸溝の天端には何か箱型の機械が。

もしかして、アバ(浮き)をフェンスとしてはめてあり、扉体に水面のゴミが寄せないようにしているのかも‥‥。天端にある機械は、小型の巻上機なのかしら、と想像。根拠はありませんが、水門を定期的に点検運転している以上、完全閉塞はおかしいですものね。まあ、謎は残りましたが、思い切って近づいてこその新発見だったので、よしとしましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和2年12月29日撮影)

(『花畑運河再訪…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 花畑運河 花畑水門

花畑運河再訪…5

(『花畑運河再訪…4』のつづき)

260051.jpg雪見橋のテラスの間に入りました。テラスは南北橋詰から、東西に長く伸びた計4本、延長は東西合わせて約100m。橋詰から緩いスロープ状となり、突端に行くにつれ低めてある形です。

護岸は石積みの法面で、テラス区間の河道幅は実質15~6mほどと見られ、法勾配が緩いことをのぞけば、整備事業竣工後の幅に近い感じですね。

260052.jpg
雪見橋東側に近づいて。橋台から管路が突き出て、桁側面を金具で架設され渡っています。フラットで径間の狭いRC桁、河道に大きく張り出した橋台と、桜木橋と本当によく似たタイプですね。

検索したら、「東京の橋:雪見橋」に銘板の写真が掲載されていました。平成23(2011)年3月竣工とのこと、前回訪問の2年3ヶ月後ですから、訪問後間なしに改架工事が始まったのでしょう。昔の面影を残した唯一の橋だったので、改架前にくぐることができて幸運でした。

260053.jpg
帰路に撮ったものですが、西側の側面も。こちらはグレーの樋がかぶさった何かが、やはり桁側面に沿わせて架設してあります。電路でしょうか。

桜木橋のとき、巨大な橋台は伏越があるせいかしら、と想像しましたが、雪見橋を見てちょっと考えを改めなければ、と思いました。

震災復興橋の「鋼桁橋のラーメン橋台橋」と似たような伝で、架橋工事中も両岸の道路を塞がないようにするため、あえて橋台を川表に張り出したタイプを採り、河道内のみで工事が完結するよう配慮したためなのかも、と妄想。地盤が脆弱で基礎工事が大掛かりになること、流量がなく径間が狭くても差しつかえない、という要素もあるかもしれません。

260054.jpgテラスの護岸ですが、石を荒く積んだだけかと思ったら、よく見るとコンクリートの法面に装飾として玉石を並べ、しっかり固めた形のものとわかりました。

こちらも釣り場としては足場がよいせいか、突端には気持ちよさげに竿をかざす釣り人さんが。「申しわけないです、ちょっと通らせてください」と声をかけると、幸い快く糸を収めてくれました。


260055.jpg
テラス区間を抜ければ河道幅は旧に復し、上空を横切る首都高三郷線と、正面に花畑水門を望む西端の最終区間に。

錆色の鋼矢板が露出した低い堤防、ところどころ陥没した基礎護岸と、昭和の艀船運河のそのものといってもよい硬質な眺めも、整備事業が進められたあかつきには失われる運命。この日このときの運河風景を、この目で見ておけることこそ幸いと思えたものでした。
撮影地点のMapion地図

(令和2年12月29日撮影)

(『花畑運河再訪…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 花畑運河 花畑水門

花畑運河再訪…4

(『花畑運河再訪…3』のつづき)

260046.jpg
富士見歩道橋。鋼製の自転車道も兼用した人道橋ですが、こちらもお変わりなく。この項の初回に紹介した整備事業説明会のPDFで、車道橋への架け替えも検討されていましたよね。

頻繁にゆきかう自転車を眺めながら、生活道路として重要な橋であることを実感。人口密度からいえば橋が少ないくらいですから、車道橋化が検討されるのも当然といえましょう。

260047.jpg

260048.jpgこの看板はまだ新しい感じですが、水面から顔を出している魚が妙に可笑しく、目を引いたので一枚。

右は12年前にも見かけたもので、釣り人さんが使う踏み台や腰掛け(?)が、鋼矢板の凹部にうまく収納されているのが、どこか微笑ましくスナップしたもの。このほか脚立や大きなハシゴもあって、低いとはいえ堤防を安全に乗り越すには、おのおの準備をしておく必要があることを感じたものでした。

260049.jpg前回訪問時になかった建物で、もっとも大型で目立っていたのがこの、ビバホーム足立神明店。看板から、百円ショップのセリアや、スーパーのベルクスも同居していることがわかります。

12年前の写真を見たら、元は工場らしい建屋が何棟かあり、敷地は広かったのでしょう。こうした大型商業施設に適した地割だったようです。


260050.jpg
雪見橋が近づいてきました。前回訪問時は、唯一舟航時代を感じさせた中高の橋でしたが、ご覧のとおりフラットなタイプに改架され、両橋詰に大型のテラスを備えた、桜木橋と似た仕様に。いわば大きな変化があった場所なので、訪ねる前から関心がありました。少し詳しく眺めてみましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和2年12月29日撮影)

(『花畑運河再訪…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 花畑運河