27年度川走り納め…14

(『27年度川走り納め…13』のつづき)

186066.jpg浚渫船「海竜」の船橋をアップで。通り過ぎざま、船首からマスト、船尾までよ~く観察してみたものの、お正月の松飾りは見当たりませんでした。見落としただけかな?

「海竜」の定繋地から少し南の曳船溜では、ずらりともやった大小の曳船が、それぞれ1本づつ松飾りを振り立てていて、壮観といってよいものがありましたから、あるいは「海竜」にも‥‥と思ったのですが。

186067.jpg
警備艇の帰港シーンにでくわしました。艇名は「かわせみ」、動く船影の少ない静かな港内を横切って、プレーニングからスーッと微速航行に移るさま、どこかのんびりとした、くつろいだ風情に見えたものです。

バックに見えるいかついガット船、コンベアを交錯させるプラントも今日は静まり返って、年の瀬らしい雰囲気が感じられました。

186068.jpgさて、ここで港内から芝浦運河に戻り、先ほど通ってきた新芝運河との分流点あたりまで北上。リベット組みの浦島橋、裏側に反射した陽射しがゆらめいて、なかなかきれい。

新芝運河に入る直前、気になる艇を見かけ「あっ、あれはもしかして!」とピンときたので、近くで眺めてみたくなったのです。見えてきた‥‥左前方、黄色い艇がメザシにもやっていますよね。あそこは以前から、店舗所有のものらしい桟橋があったところです。

186069.jpg
目の覚めるようなレモン色一色の船体に、「TOKYO WATER TAXI」と大書きされたこの2隻、文字どおり水上タクシーと銘打って、27年11月に開業したもの(船社サイトはこちら)。11月初めでしたか、ウェブのニュースで就航が近いこと、既設の船着場を活用して営業することなどが報じられ、船宿など既存の船社でない企業が参入したことを知り、驚かされたものでした。

東京新聞の記事によると、6人乗り、全長6.3m、幅2.8m、3.4tとのこと。東京オリンピックの年までに、船隊を「60隻に増やしたい」という社長の言葉にも二度ビックリです。

186070.jpg
さて、艇を航過しながら眺めた印象はと申しますと、「手堅い感じで、しかも可愛らしくまとめたなあ」ということ。艇の規模にくらべて、長さ・高さともに大き目のカディ(甲板室)は、居住性とともに、乗降のしやすさも重視しているように見えました。エンジンをインアウト(船内外機)とし、船尾周りをすっきりとブルワークで覆ったのもよろしく、高い乾舷とともに安定感がありますね。

ただこのタイプですと、操舵席は当然船首でしょうから、後ろに目が行き届かない難点はありますね。また船型からして、一人でもやいと客扱いをするのは、乗員専用のハッチがないとやりづらそうです(訂正。→サイト掲載の写真を見ると、ハッチがありました)。この点、各船宿所有のフラットボートのように、船尾に操舵席があるスタイルの方が、お客さん全員に十分目配りができ、両舷にもアクセスしやすく、一人乗組みがより容易なように思えます。

個人的に好ましく思ったのは、垂直な窓を3面に配したカディ前面と、バーチカルステム(垂直船首)! この2つが、どこか業務船風の堅実な感じを与えており、鈍重といったら語弊がありますが、派手な塗装と絶妙に打ち消し合って(?)、独特の雰囲気をかもし出しているように思えるのです。

現在はこの2隻のみのようですが、これから順次隻数も増えて、都内の水路でたびたび出くわすことになるのでしょうか。ご安航をお祈りしています。
撮影地点のMapion地図

(27年12月31日撮影)

(『27年度川走り納め…15』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 芝浦運河 警備艇 浚渫船 東京港

9月20日の水路風景…5

(『9月20日の水路風景…4』のつづき)

179021.jpg芝浦運河も、以前はぽつり、ぽつりと見られた船影がこの数年で一掃されたのは、少々寂しくはありますが、爽やかな空気の中、穏やかな直線水路をゆるゆるお散歩するのは、まことに快いもの。

ちょっと不安になるくらいスリムな、新芝浦橋の青い桁を眺めつつ、その向こうに見える古川水門をくぐって右折、ふたたび港内へ。

179022.jpg
竹芝埠頭にもやうおなじみヴァンテアンは、珍しく満船飾を実施中でした。何かの記念日か、それとも船上で結婚式を行うと、もれなくついてくる特典(?)なのかしら。

何かの記念日など、行事で官庁の船艇が施すときくらいしか、満船飾(満艦飾)を拝む機会はありませんし、手間のかかることでもありますから、これがサービスだとしたら嬉しいでしょうね。

179023.jpg

179024.jpg河道を横断しようとしたところで、水上バスが二隻続けて下ってくるのに出くわし、いったんニュートラルにして眺めながら待つことに。

観光汽船の「ホタルナ」、水辺ライン「こすもす」とも、展望デッキにお客さんを満載しての下航。この好天ともなれば、そりゃ船内におとなしく座っているなど、できない相談でしょう。皆さん秋の川風に吹かれて、気持ちよさそうでした。

179025.jpg
続いて春海運河でも、魅力的な船影が。この時期になると長期繋留の多くなる「日本丸」。青空をバックに、交錯する索具のおりなす模様が美しく、少し寄せ気味で狙ってみたくなりました。

この後、ちょっとショックな出来事がありました‥‥。次回紹介しましょう。

(27年9月20日撮影)

(『9月20日の水路風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦運河 春海運河 東京港 水上バス

3月29日のお花見水路…6

(『3月29日のお花見水路…5』のつづき)

170026.jpg芝浦運河といえばまず思い出されるのが、第一東運のクレーン付き倉庫。今回はご本尊であるクレーンの一つを、ズームで思い切りたぐってものしてみました。逆光気味だったのが残念でしたが、各部のディテールや「ホイストNO.2 2.9t TOUN」の表示もくっきりととらえられて、まずまずとニンマリ。

ちなみにこの上階、張り出した床下の構造や、縁に見えるネットから見て、明らかにヘリポートですよね。Googleマップの航空写真で確かめたら、やはり大きな「H」マークが描かれていました。

170027.jpg
高浜西運河では、おなじみ宙を飛ぶモノレールにカメラやスマホを向けて、青空をバックに爽快な風景を楽しむことができたのですが‥‥。

この後、高浜西運河に入ったあたりから、雲が段々と濃くなり、肌寒くもなってきました。予報通り、天気が崩れてきたようですね。目黒川へ急ぎましょう。

170028.jpg
すっかり曇ってしまった空の下、目黒川に入ると、こちらは大横川を上回る開花率。基礎護岸が水面下に隠れているので、あまり寄せることはできませんが、この様子なら遡上限界点まで見に行っても楽しめるでしょう。目黒新橋を目指して前進!

170029.jpg
撮影地点のMapion地図

170030.jpg遡上を始めて間なしに、縄定さんの観光船「縄定丸」が下航してきたのに出会い、お客さんと手を振り合って別れました。この咲きっぷりなら船宿さんも書き入れどき、道々多くのフネブネに出会えそうですね。

曇天ますます濃く、カメラを向けてもパッとしない川景色になってしまうのは残念でしたが、次々と現われる見事な桜並木に、Nさん夫妻も感に堪えないご様子。やはり来てよかったと思えたものでした。

(27年3月29日撮影)

(『3月29日のお花見水路…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦運河 高浜西運河 目黒川

3月29日のお花見水路…5

(『3月29日のお花見水路…4』のつづき)

170021.jpg
少々風も出てきて、波も立ってきたので、お客さまを乗せて港内を突っ切るには、あまり具合のよくない状況になってきました。少し時間がかかっても、目黒川へは運河づたいに向かった方がよいでしょう。

竹芝運河から古川の河口で左折、芝浦運河を南下することに。おなじみ浜崎橋ジャンクションを仰ぐと、桁側面に陽光を反射して、古川の上流に向かって収束してゆく、見事な造形を見せてくれました。

170_022.jpg

170_023.jpg芝浦運河に入り、古川水門をくぐってすぐ右手、新芝浦橋の西詰近くにも桜の一群が。

右の写真は、以前も紹介した南浜橋~浦島橋間のテラスにある桜並木。こちらも3~4分咲きといった感じです。河畔桜の双璧ともいえる、大横川・目黒川には及ばないにせよ、道々の運河畔でも、こうしてあちこちの桜の姿を拾って歩けるのは楽しいものですね。


170024.jpg浦島橋は、芝浦運河地帯でも数少なくなった、リベット組みの鋼桁橋です。架け替えが著しい芝浦ともなれば、腕はまずくともやはり、アップで一枚収めておきたくなるというもの。

写真左手も、テラスの工事がだいぶ進んできましたね。整備が進むにつれて、東京港のバックヤードとして働いてきた運河地帯の面影は、急速に薄れてゆきます。


170025.jpg
港栄橋をくぐって、アーバンランチがやってきました。橋の手前で右に寄せて停止、道を譲って通過を待ちます。

全高を抑えた姿勢に、カタマランならではの旋回性能のよさを考えると、都内ならほとんどの狭水路で運用できそうですね。港湾部だけでなく、江東や隅田川西岸の河川でも、活躍する姿を見てみたいものです。チャーター便で、川めぐりをしたことはあるのかな?
撮影地点のMapion地図

(27年3月29日撮影)

(『3月29日のお花見水路…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 古川 高架下水路 竹芝運河 芝浦運河 アーバンランチ 水上バス

7月28日の川景色…5

(『7月28日の川景色…4』のつづき)

129021.jpg

129022.jpg芝浦運河に入ると、水が少し濁り気味になり、ようやく豪雨の翌日らしい感じ(?)になってきました。国道130号線、南浜橋をくぐると、向こうは芝浦東運河と、新芝運河を左右に分かつ変則十字流。

芝浦東運河の角といえば、正統派通船群を擁する、芝浦通船の社屋と船溜が。船だけでなく社屋も、いつもキレイにされていますね。


129023.jpg新芝運河へ入りました。ほどよい狭さに加えて、水路幅いっぱいまで水深の確保された、この手のテラス付き水路には妙な安心感がありますね。

以前「芝浦駆け足散歩」のときに、ほんの少し眺めたきりで、このあたりを陸路お散歩する機会が、なかなか訪れません。もっとも、最近の猛暑下ではツラそうなので、秋まで控えた方がよさそうです。


129024.jpg

129025.jpg例の逆三角の橋脚がある、新芝北運河との十字流を直進。モノレールが走り抜けてしまうと、たちならぶビル群が防音壁の役目をしているのか、水路上はいたって静か。エンジンの回転数を抑えていることもあり、たまに小魚が跳ねると、水音がはっきり聞こえるほどです。

上の写真の場所からもう少し進んで、新芝橋あたりでふと、水深の記録を撮っておきたくなり、魚探のモニターにカメラを向けてみました。感はご覧のとおり、誉めてやりたくなるほどキレイな真っ平ら!

テラス整備の際に浚渫したのか、元からこうだったのかはわかりませんが、これも水路の見せる個性というか、一つの表情のように思えて、興味をそそられたものです。ちなみに通過時刻は12:05で、芝浦の推算潮位はA.P.+1.1mでした。
撮影地点のMapion地図

(25年7月28日撮影)

(『7月28日の川景色…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦運河 新芝運河 通船