新芝川再訪…6

(『新芝川再訪…5』のつづき)

74031.jpg
水面に浮かぶブイ列をアップで見たところ。ブイが回って、はっきり読めないものもありますが、左から1個に一文字づつ「」「」「」「」とありますね。なぜ「進入禁止」でないのかは謎です。

74032.jpgまあ、これが堰や魚のヤナなら、気持ちの上でもあきらめがつくのでしょうが、見てくれもお手軽なフェンスに可航水路を阻まれるというのは、理由があってのこととはいえ、やはりどこか納得できないものがあるのでしょう。こうして目前にするとなおさら、悔しい、残念な気持ちになります。

実は今回が初見でなく、何年か前にクルマで近くを通った際、橋の上から眺めて気づいたのですが、設置された本当の理由は何なのでしょう、ご存知の方がおられたら、ぜひご教示いただきたいものです。

74033.jpg
逆光に浮かび上がる新芝川の華、芝川マリーナ水門と南平大橋。バックの群雲が陽光を反射してキレイ。こうして見ると陽の陰った川景色も、悪くありません。

74034.jpg久しぶりの新芝川、なかなか楽しめました。荒川の川面から、新芝川排水機場と芝川水門をペアで一枚。

あらら、今ごろ晴れてきた…。日ごろの行いが良くないせいかしら。



74035.jpg岩淵で昼食後、帰路は例によって隅田川経由で。岩淵の河川敷では、バーベキューでしょうか、色とりどりのテントが多く張られ、家族連れで賑わっていました。

岩淵水門の中央径間を通って、隅田川を下ります。岩淵水門も元気そうで何より。
撮影地点のMapion地図


(23年9月25日撮影)

(『9月25日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝川 荒川 隅田川 芝川マリーナ水門 芝川水門 新芝川排水機場 岩淵水門

新芝川再訪…5

(『新芝川再訪…4』のつづき)

74026.jpg今までがまぶしいくらいだっただけに暗さが引き立ち、日が暮れたような、まさにとっぷりといった感じの翳り方。ディテールがつぶれていま一つですが、水鏡に映った「逆さ南平大橋」が見られたので、よしとしましょう。

下の写真は帰路、幸いにも陽が差した瞬間の一枚。スマートながらどこか古典風味な橋の造作に、親柱や橋側灯のデザインもしっくり来て、天地と長さのバランスもよろしく、好きな橋のひとつです。

74027.jpg

74028.jpg南平大橋をくぐるとすぐ左手に、芝川マリーナ水門が登場。堰柱は三色の総タイル張り、前面には銅板レリーフ風にあつらえた装飾が施されているという豪華水門です。扉体が色あせているのが、ちょっと惜しいですね。

船溜を守る水門、というのは東京周辺でも決して珍しくありませんが、それがマリーナとなれば、ぐっと貴重な存在になってくるのではないでしょうか。専用の水門を備えたマリーナというのは、国内にいくつあるのでしょう。

74029.jpg

74030.jpg見えてきましたよ、例のモノが…。水門のすぐ上流、河道を横断して船艇の遡上をがっちり阻む、丸いブイをロープで連ねたフェンスです。

ブイの表面には、何か書いてあるようですね。もう少し近寄ってみましょう。
撮影地点のMapion地図


(23年9月25日撮影)

(『新芝川再訪…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝川 芝川マリーナ水門