FC2ブログ

7月22日の多摩川水門めぐり…1

(『7月22日の海老取川』のつづき)

221036.jpg
上流側、首都高横羽線高速大師橋、その向こうに斜張橋、産業道路の大師橋を望んで。高速大師橋は、これから5年かけて改架工事(参照:『高速1号線 高速大師橋更新』)をするそうですが、鋼管矢板で囲まれた橋脚は、その準備でしょうか。

このあたり南側は浅く、中洲もあるので、張り出した桟橋群や船溜を横目で見ながら、北岸に沿ってゆるゆる遡上します。

221037.jpg
高速大師橋と大師橋がつくる、南北に細長い三角形の底辺に位置するのが、羽田第二水門。ありゃりゃ、しばらく見ないうちにずいぶん扉体や巻上機室が色褪せてしまって、ガクッと老け込んだ感じになりましたね。

堰柱に補強らしき跡が見えるのは、第一水門と同様ですから、放置されているわけではなさそうですが‥‥。この差は何なのでしょうか。

221038.jpg大師橋の下り線をくぐりながら、斜張橋のシンボルたる主塔を見上げて。いつもながら、天地のあるものを撮ると、ズームの歪みがひどくて恐縮です。

しかし、くぐるたびにこの主塔周りの、魅力的な造作には感心させられます。ちょうど、水面下からぬっと出てきた腕が、わっしと桁をつかんだような形もさることながら、歩道が半円形に迂回するあたりも、すごく惹かれるんですよ。

あの歩道を歩いて、主塔の立ち上がりをのぞき込んでみたい、誰しもそんな、ワクワクする気分になるのではないでしょうか。ここから眺める川面も素敵でしょうね。一度歩いてみたいものです。
撮影地点のMapion地図

221039.jpg
大師橋をくぐると、やはり南岸が気になってしまうなあ‥‥。以前も紹介しましたが、新日本製鐵水門‥‥跡ですね。すでに役目を終え、扉体を撤去された水門遺構です。

写真はズームでたぐったもので、近づいたわけではありません。あっ、中のポンドに船がいる。後のお楽しみということで、帰りに寄ってみるとしましょう。

221040.jpg新日本製鐵水門の少し上流、南岸近くに写真のような倒木がいくつか。増水時に根こそぎ流されてきたのでしょうか、いかにも剣呑な雰囲気で、しかも見るからに浅そう。

そう、浅瀬に怖気づいて尻込みし、今に至るまで新日本製鐵水門への接近が成されていなかったのでした。今日こそ勇気を奮って近づいてみるぞ! (でも帰路に後回しするヘタレ)

(30年7月22日撮影)

(『7月22日の多摩川水門めぐり…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川 羽田第二水門 新日本製鐵水門

羽田の水門と船溜…5

(『羽田の水門と船溜…4』のつづき)

56046.jpg船溜とお別れして、羽田第二水門を再びくぐり多摩川へ。かつての入堀・船溜ギッシリ地帯の後継者たる二つの船溜、大いに楽しませていただきました。

二つの大橋梁に挟まれた「三角水域」だけあって、くぐって外へ出る瞬間の眺めは雄大そのもの。土木趣味が横溢する風景ですね。


56047.jpg
水門を出た直後の眺め。この角度から眺めた大師橋、実にいい感じですね。

逆V字形主塔2本の力強さもさることながら、厚みを抑えた桁のラインも軽快で、この橋の魅力が存分に味わえる視点のように思えます。橋ばかりでなく、手前にもやうフネブネの姿で、生きた水路としての川を感じさせてくれるのがまた佳し。多摩川下流部を代表する景色といえるでしょう。

56048.jpg
大師橋の桁下をかすめて遠望する、対岸の新日本製鐵水門(過去ログ『多摩川の帰路に』参照)――正確には「水門跡」なのかもしれませんが――。こちらもやはり入堀式の船溜、しかも水門跡つきということで、そそるものがあります。

一度入ってみたいものですが、河道中央付近はきわめて浅く、行きつくまでの澪筋が判然としないので、また潮時の良い機会に再挑戦することに。

56049.jpg薄曇りのおかげで、広大な川面を渡る風も穏やか。静かな川面をしばらく楽しみながら帰ろうと、最微速で下ります。

前方はるかには、つい最近竣工した、羽田空港の国際線ターミナルが。17年前、ここを通って初めて江戸川ほかを訪れたときから考えると、信じられないくらいの変貌ぶり。トシをとるわけですわ…。


56050.jpgふたたび海老取川澪筋に進入。
通い慣れた区間とはいえ、それ相応に緊張してはいるので、いつも同じアングルからの写真ばかりになってしまうのですが、今回は珍しく、五十間鼻とカメノコ、その上に立つ無縁供養堂をほぼ正面からとらえることに成功。左手奥、羽田水門との位置関係もわかりますね。

さて、都心の桜たちを見て回るとしましょうか。


(23年4月10日撮影)

(『4月10日の平和島運河』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 羽田第二水門 新日本製鐵水門 多摩川 海老取川

羽田の水門と船溜…4

(『羽田の水門と船溜…3』のつづき)

56041.jpg羽田第二船溜に進入してみて、まず目に飛び込んできたのが羽田名物、レンガ堤防。おお、これはステキですね!

水門や排水機場の建屋までレンガという、六郷水門の船溜(過去ログ『六郷水門…2』参照)には及びませんが、左右に広がるレンガの色が、船溜の風景をぐっと柔らかな雰囲気にしています。

旧堤防の外側に船溜が位置することから、ここが旧河川敷だったことがわかり、かつてがしのばれる意味でも興味深い眺めです。

56042.jpg水門をくぐったところで右手を見ると、繋留船は皆無な代わりに、護岸上には上架されたPWCが並べられ、その奥には艇庫もあるようですね。

羽田第一船溜で見た、漁協が利用する水面とは違った雰囲気が意外でした。ここはマリーナなのかしら?



56043.jpgもう少し、船溜の奥へ進んでから見たところ。やはり、PWC専門の小さなマリーナのようです。ウェブ上の地図では名称を確認できませんでしたが、多摩川を目の前に、東京・神奈川方面とも運河地帯を控えたここは、PWCの基地としては絶好の環境でしょう。

左手には幅のあるスロープにポンツン桟橋が引き上げられ、突然の闖入者を眺める人影もちらほら。お騒がせしてすみません、すぐ出ますんで…。

56044.jpg西側にもやはり繋留船はなく、広々とした水面が広がっていました。ちなみにこの羽田第二船溜、前回同様Googleマップ上の計測では、東西約80m、南北は最大で約36m。羽田第一船溜より奥行きがあるので、だいぶ広く見えますね。

向こうに見えるのは、大師橋の橋桁です。東西を大きな橋に挟まれたかたちなので、水面は静かでも頭の上がわさわさと落ち着かないような、一種独特の雰囲気があります。

56045.jpg
羽田第二水門の裏側と大師橋のツーショット。扉体の裏側が、弟分とはまた一味違った構造なのが目を引きますね。

しかし、この角度から見た大師橋、なかなかカッコイイですね。毎度同じことをこぼして恐縮ですが、光の塩梅がうまくない(もちろん写真の腕も)ので、なかなか納得のゆく絵が撮れませなんだ。
撮影地点のMapion地図

(23年4月10日撮影)

(『羽田の水門と船溜…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 羽田第二船溜 羽田第二水門

羽田の水門と船溜…3

(『羽田の水門と船溜…2』のつづき)

56036.jpg初めて見る羽田第一水門の裏側。平滑なスキンプレートが美しいよそゆき顔ばかりでなく、構造の走るまさにウラの表情は、ディテールも豊かで味わいがありますね。やはり水門はくぐってこそ。

ここで船溜を出て、いま一つの羽田第二水門に向かいましょう。
ちなみに、便宜上こちらを「羽田第一船溜」、これから向かうものを「羽田第二船溜」と、水門名にちなんで勝手に名付けさせていただきました。正しい名称をご存じの方がおられたら、ぜひご教示ください。

56037.jpgこのあたりは桟橋も多いので、いったん多摩川の河道中央近くに出て遡上、沖から回り込むように羽田第二水門へ。あまり沖に出ると、浅くなっているので要注意です。

ここは斜張橋・大師橋と、首都高横浜羽田空港線橋梁がかたちづくる大三角形の中。羽田第二水門は、この三角形の短辺となる岸辺にあります。


56038.jpg槍づけする屋形船越しに望む、羽田第二水門。

過去ログ「多摩川点描」でも触れたように、羽田水門の方が竣工は新しいのですが、なぜかこちらが第二を名乗っており、また銘板はどちらも「羽田水門」と区別されていないなど、いろいろ不思議な点のある兄弟水門です。


56039.jpgご覧のとおり、堰柱を白い塗装でお化粧して、さらに巻上機室も茶色のコルゲート板できりりと引き締め、弟分よりだいぶおしゃれをしています。

左の護岸に見えるラクガキ、まだ消していないんだ…。イヤ、下らない話で恐縮ですが、羽田第二水門というと、一発で脳裏に浮かぶ絵があるんですよ。

さすがに今は塗りつぶされて消えていますが、以前、左の堰柱基部にやくざなアンパンマン(ゴメンナサイ)みたいな、剣呑なラクガキがデカデカと描かれて、不謹慎ながらその絵柄がツボにはまってしまい、まあ、笑いこけたのなんの。

さらにその後、読売新聞を見ていたら、佐藤淳一氏の「恋する水門」の書評(Das Otterhaus讀売新聞9月23日朝刊、書評に出てます』参照)を発見したまではよかったものの、掲載写真が奇しくも、これまたラクガキ健在時の羽田第二水門。もう完全に追い打ちをかけられ、より強く刷り込まれた形に。失礼ながらウケ狙いなのではと、下司な勘繰りをしてしまったほどでした(こちらもゴメンナサイ)。

56040.jpg
ヨタ話はさておき、ラクガキ水門…もとい、羽田第二水門も初くぐりです。扉体に描かれた真一文字は、増水した多摩川から船溜を守った証し。もう少し晴れていれば、陽を浴びて輝くいいお顔を撮ってあげられたのですが。
撮影地点のMapion地図

(23年4月10日撮影)

(『羽田の水門と船溜…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川 羽田第一水門 羽田第二水門 羽田第一船溜 羽田第二船溜