南前堀は工事中?

(『8月17日の天王洲運河』のつづき)

156021.jpg天王洲運河を出て、雲低く垂れこめ、霧中に沈まんばかりのビル群を後に、京浜運河を南下。時刻は9時を過ぎましたが、船影もなく、両岸に人影も見えないことだしと、しばらくプレーニングで飛ばしました。曇天下とはいえ、平らかな水面を滑るように走るのは、やはり爽快です。

平和島運河の干潟区間に出て、おなじみ羽田架道橋を見上げたところで、空が少し明るんできました。風も少し出てきたようだし、これから晴れてくれるかなあ。

156022.jpg

156023.jpgともあれ、今日はこのあたりをうろついてみようと、海老取運河に入って減速、まっすぐ南前堀を目指しました。潮位が高いとあって、この手の浅い小水路を訪ねるにはうってつけです。

都内最南端の高架下水路の入口、南前堀水門の向かって右側には、操作室とは別に、官舎らしい二階建ての建物(下写真)があるのが、以前から気になっていました。

水門の竣工年と同じか少しあとくらいで、そう古いものではないと思いますが、右角、玄関周りをちょっと引っ込めたあたりや、二階にある半円形の窓などの造作に、惹かれるものがあります。

156024.jpg

156025.jpg
さて、南前堀水門に近づいて、中をのぞき込んでみると‥‥。う~ん、以前来たときにはなかった、鋼管矢板が護岸から前進して打ち込まれており、何やら工事中の雰囲気。

「通航禁止」などの表示はなかったので、入れないということはないのでしょうが、ただでさえ狭い水路幅が、さらに狭まっているであろうことに怖気をふるい、今回はパスさせていただきました。
撮影地点のMapion地図

(26年8月17日撮影)

(『8月17日の北前堀』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 海老取運河 南前堀 羽田可動橋 南前堀水門

モノレールの橋脚が…

(『新「みやこどり」就役』のつづき)

120021.jpg京浜運河に入り、モノレールと首都高が水面上を走る区間に入って、一つ気づかされたことが。

以前通ったときは、台船が出て補強工事をしていたモノレールの橋脚群、今回見るとすっかり工事成って、追加部分の真新しいコンクリートの肌が、陽光を反射して白く輝いていました。



120022.jpg

120023.jpgよく見ると、基礎の部分の四周に、持ち送り金具のようなものがずらりと取り付けられ、そこの先からワイヤーが水中に向かって垂れている…。何でしょう、フェンダーにしては妙ですね。

右写真の橋脚も、梁と基礎の部分に補強が施されたようです。首都高のそれは、だいぶ前に一段落つきましたが、モノレールも開通して半世紀近く、しかも海に近いものが多いだけに、維持管理も気を遣うことでしょう。

120024.jpg京浜運河を快調に飛ばし、平和島運河の澪筋区間をなぞっていたら、先行していた艇に追いつきました。港湾局の監視船、「いそしぎ」です。

ちょうど引き波を乗り越えたところで、派手にしぶきが上がり、風に白く舞っているダイナミックなシーンをとらえることができました。



120025.jpg
「いそしぎ」に追従して、羽田可動橋を仰ぎつつ、海老取運河へ進入。白いウェーキと逆光に沈む可動橋、なかなかよいものです。

「いそしぎ」は、海老取運河に入ったところで180度回頭し、元来た道を帰ってゆきました。平和島運河までが、巡回範囲なのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(25年5月4日撮影)

(『5月4日の海老取川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 平和島運河 羽田可動橋

4月10日の平和島運河

(『羽田の水門と船溜…5』のつづき)

56051.jpg
羽田可動橋を見上げながら、平和島運河・京浜南運河が同居する干潟水路へ再進入。国際線ターミナルも開業し、名実ともに国際空港に返り咲いた羽田ですが、期待された可動橋の再活用は成らないのでしょうか。

大型船の通航もまれとなった現在、閉じたっぱなしにしておいても、あまり問題もないような気がするのですが。

56052.jpg久しぶりにこちらを訪ねたのだからと、平和島運河を通ってみることにしました。モノレールと首都高がはすに渡るこのあたり、少し浅くなっている区間なので、測深値を見つつそろりそろりと。

足場が架かっているところを見ると、首都高の桁の工事はまだ終わらないようですね。おや、その向こうも…。


56053.jpg人道橋、大森避難橋もすっぽりとネットをかぶり、修繕の真っ最中。
そういえば、以前通ったとき、橋脚が傷んでいるのが気になったっけ…あれ? 橋脚にはネットがかけられていませんね。桁のみの塗り替えということでしょうか。

左側、大森南~大森東の水辺は、法面護岸の堤防ということもあり、散歩や釣りをする人々で賑わっていました。

56054.jpg「ふるさとの浜辺公園」と対面する昭和島西岸の水辺は、旧来の護岸の前に、法面護岸が新たに建設されていることを以前も触れましたが、ほぼ完成した様子です。クレーン船がいるところを見ると、竣工まであともう少しといったところでしょうか。

大型艇なら、アンカリングしたついでに、装載したテンダーでちょっと上陸してみたくなるような岸辺になりましたね。
撮影地点のMapion地図

56055.jpg平和島運河と別れ、ガスミオ運河を抜けて京浜運河へ戻ります。水面が広くなったところで、ぐっとレバーを倒して増速、北上開始。

少し空も明るくなってきたようです、これから雲が切れて、青空がのぞいてくるとよいのですが。


(23年4月10日撮影)

(『勝島運河の桜』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 平和島運河 京浜運河 羽田可動橋

羽田可動橋の表情

(『東品川橋の工事』のつづき)

20141.jpgでまあ、ここでようやく12月20日の記事、「南前堀…1」につながるわけですが、久しぶりに羽田可動橋と顔を合わせたこともあり、行き帰りに何枚かスナップしたので、ご覧に入れましょう。

国内では珍しい、二径間の旋回橋であり、また高速道路の橋であることも珍奇さをいや増して、この手のファンでなくとも興味をそそられる存在ではあります。

20142.jpg
北側径間を東から見たところ。建設中の橋や、解体中の橋の断面を撮っては、期間限定の珍景だと喜んではいるものの、常時断面をさらしているこの橋のことを思うと、何かぬか喜びのような気がしないでもありません。

路面の先っちょに突き出ている、ベロみたいなものが継ぎ目のすき間に乗っかって塞いだのでしょうが、段差の方は大丈夫だったのかしら?

20143.jpg南側径間はすでにタイトルでご覧に入れたので、もう一度北側径間を、今度は西側から。

鎖錠機構らしきものも見えて、興味を引かれるのですが、どういうからくりになっているのかは、ちょっと見当もつきません。お互いが密着してから、ギュッと締め付けてセンターを出すような構造になっているのでしょうが。


20144.jpg同じく北側径間の、支軸と駆動部。…と、サラッと書いてみたものの、正式な名前はわかりません。左の円筒形の中に、回転の中心であり、重さを支える軸というか、タレットみたいなものがあり、右の円弧状の台の中に、レールに乗って動力で押し引きする台車様の機械が入っている…のでしょうね。

周囲はご覧のとおり、保護工とフェンダーで厳重に守られ、航路標識のライトもいくつか設けられて、船の衝突に備えています。

20145.jpg
どちらの径間の橋脚にも、こんな注意書きが掲げられているのですが、残念ながら、橋がつながっているのに出くわしたことはありません。
ムック「首都高をゆく」(イカロス出版)の「首都高マメ知識大全」によると、この橋は平成2年から10年まで供用されており、現在は使用停止中とのこと。現役時にも何度か通っているのですが、なぜか開いたままの姿しか、見たことがありませんでした。

しかし、使用されなくなって11年を経れば、痛んできてもおかしくないはずですが、桁の表面には錆垂れひとつなく、注意書きの看板も色鮮やかで、とても「廃道」という雰囲気ではありません。まだ廃止されたわけではなく、緊急時などに備えて、整備は続けているということなのでしょうか。
もし、作動確認のための運転が、年に何回か行なわれているとしたら、ぜひ見てみたいものですね。
撮影地点のMapion地図

(21年12月13日撮影)

(『東京スカイツリーが見えた!』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 羽田可動橋

南前堀…1

(『富士見橋架橋成る』のつづき)

20021.jpgええと、道々を時系列順にご紹介しようと思っていたのですが、長くなりそうなので、やはり本題から先にやってしまおうと思います。私は本当にこらえ性がない…。

冒頭にも触れたように、羽田周辺の未踏破船溜群を目指して、海老取運河に進入。久しぶりに見る羽田可動橋は、手入れが行き届いているのか、相変わらず端正な表情。
しかし、雲が厚くなって、まるで夕方のような空模様になってきましたね。天気予報では「晴れのち曇り」だったのですが、雲の動きが少し早まったようです。

今回の探索水域である羽田周辺…大田区東部は、多摩川によってつくられた沖積低地で、多くの澪筋や小河川が、東京湾に開口していたところ。沖合いに広がる羽田洲によって、外海の波から守られていたこれらは、船溜としても格好の条件を備え、漁業や海苔養殖の拠点として栄えた、江戸以来の長い歴史を持つ水路たちなのです。

今では呑川をのぞいて、ほとんどの水路が埋め立てられ、かつての全長のうち一部が、短い船溜として水面をのぞかせているに過ぎませんが、小さな水門に守られた船溜群には独特の風情があり、都心の小水路とは、一味違った雰囲気を楽しむことができました。

20022.jpg船溜めぐりの一発目は、東糀谷と羽田旭町の境界に位置する、南前堀です。

水門をくぐったら、すぐ終端が見える他の船溜と異なり、結構な延長を有する、今回唯一の大物(?)と言ってよい水路。わざわざ大物を冠するわけは、もう一つあります。ここが、全区間を首都高に覆われた、
東京最南端の高架下水路だからです!


20023.jpg
まるで首都高を避けるかのように、はすに口をあけた南前堀水門へ。強くなった北西風で船尾が振られ、針路が定まらない…これは、「呼ばれていない」のか?

接近中は、一瞬「呼ばれていない」ような抵抗を感じたものの、水門に頭を突っ込むと、イヤな感じがスッと抜けて、気持ちよく突入することができました。ヨシ、これならイケそう!

20024.jpg突入前と一転して、気持ちに余裕ができたのか、水門の裏側を振り返って一枚。ゼブラ塗装の信号が、何だか懐かしい…。

水門のかたわらにあった、官舎というか、管理者さんの住居らしき建物にも、惹かれるものがありました。後ほどまとめてご紹介したいと思います。常駐の管理者がおられるせいか、水門も築年数の割に小ぎれいな印象でした。

20025.jpg
水門を撮って向き直ると、
きましたよ高架下。しかも狭くて低い高架下水路。

日本橋川、神田川、古川、竪川、そして先般の大阪…高架下可航水路をさんざっぱら眺めていながら、いっぺんでハートをわしづかまれてしまう、この独特の空気は何でしょう? 
これは南前堀と、ウマが合ったに違いない! 根拠の薄い妙な思い込みに力を得て、勇躍前進微速、さらに奥へ。
撮影地点のMapion地図

(21年12月13日撮影)

(『南前堀…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 南前堀 海老取運河 南前堀水門 羽田可動橋 高架下水路