綾瀬新橋こそ都内最低橋

163001.jpgときどきコメントをくださる、プロの船乗り「とも @TomoLinux」さんのツイッターを拝見して、アッと声を上げると同時に、本当に申しわけなく、かつ恥ずかしい気持ちになりました。

何についてかといえば、お題のとおりなのですが、ここは皆さんへのお詫びと、自分なりの整理も兼ねて、順を追って記させていただくこととします。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 綾瀬新橋 綾瀬川 最低橋 東京都河川図

12月29日の綾瀬川…7

(『12月29日の綾瀬川…6』のつづき)

141046.jpg

141047.jpg行き足もついてホッとしたところで、いま一度綾瀬新橋の浸りっぷりを。橋の向こうのテラス化工事も気になるし、またいずれ潮位の低いときにすり抜けて、上流側を再訪してみたいものです。

帰り道、小菅ジャンクション下で台船に横付けしていた曳船を一枚。こちらも操舵室前面、両舷に二本の松飾りをしてもらって、誇らしげに見えました。船名は「うめ」。

141048.jpg毎度おなじみ綾瀬水門をくぐって、綾瀬川にお別れ。光線の塩梅もよろしく、堰柱、巻上機室、扉体とも陽射しに輝いて、いいお顔が拝めました。

荒川を少し下り、首都高向島線・新荒川橋の上流で右へ。澄んだ空を映す河水も清く、平らかで年末らしい静けさ。いいですねえ、荒川のこういった表情も!



141049.jpg

141050.jpgぎらつく逆光のまばゆさに目を細めながら、隅田水門をくぐって、旧綾瀬川へ入るとしましょう。例によって一旦行き足を緩め、出船がないか様子をうかがってからふたたび前進。長声を鳴らしつつつ進入。

この好天とあって、隅田川下流部は賑わっているでしょう。都大路の年末らしさを求めて、のんびり下航してみることにしました。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『25年度川走り納め…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 荒川 曳船 綾瀬新橋 綾瀬水門 隅田水門

12月29日の綾瀬川…6

(『12月29日の綾瀬川…5』のつづき)

141041.jpg
傾いて架かっている橋、五兵衛橋の手前まで来ると、右側にテラスの基礎がふたたび現われました。上流側に、前見たものと同型の足場は設けられているものの、台船や建機類の姿はないことから、第一期工事は終了、といった感じですね。

141042.jpg幅もそんなに取れないテラスに、これから階段やスロープなどを、どう配置してゆくのでしょうね。

北十間川のそれが、限られたスペースを巧みに利用した「北十間川型」といってもよいテラスのタイプを確立(?)した前例もあるので、「綾瀬川型」といえるレイアウトが考えだされるのか‥‥いずれにせよ、楽しみではあります。


141043.jpgそして‥‥まあ、お約束のようなもの(失礼)ではありますが、綾瀬川の最低橋、綾瀬新橋に到着。潮位の高い日に訪ねた甲斐あって、こんちまた胸のすくようなサイテーっぷり。ひたひたの水鏡に「逆さ綾瀬新橋」も同時に楽しめる、一粒で二度オイシイ遡上阻害物件(ごめんなさい)です。

テラス基礎は、橋の手前でいったん終わっていますね。もっとも、向こうにも足場らしきものがチラリと見えるので、上流側にも伸びていそうです。

141044.jpg

141045.jpg久しぶりの逢瀬ではあるので、なるべく近くで写真をとにじり寄っていたら‥‥。表層流が逆流していたのをすっかり忘れており、転回時にスルスルと引き寄せられ、あわててスロットルを倒しぎりぎりでかわしたという、お恥ずかしいありさま。いや、ヒヤリとさせられました。

離れ際に陸閘を一枚。以前も同じような角度で撮っていたので、何か吸い寄せられるモノがあるのでしょうね。まあ、艇からこんな近くで見られる陸閘というのも、東京近郊ではあまりないこともあって、惹かれるのだと思います。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『12月29日の綾瀬川…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 綾瀬新橋 陸閘

【特盛】最低橋の仲間たち

24010.jpgたびたびお伝えしてきたように、船頭儀、潮時を計りつつ、低い橋をギリギリですり抜けるのを、水路行の大きな楽しみの一つにしてきました。

愛しの最低橋・茂森橋も、だいぶ注目されるようになり、皆さんに可愛がられているようですし、ここは一つ、最低橋の仲間――その低さが好事家的にタマラン!と思えた橋、また単純にA.P.高から見て低い橋――、のカタログめいたものを作ってみようと思い、まとめてみたのがこの記事です。

今回収録した橋は、地域は都内、可航河川に架かっているもの、桁下高はA.P.+2.5m以下のもの、という条件で選ばせていただきました。参考資料はおなじみ、「江東内部河川通航ガイド」(東京都建設局河川部)です。


「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 北十間川 横十間川 旧中川 大横川 綾瀬川 茂森橋 綾瀬新橋 最低橋 江東内部河川 水位低下化河川

綾瀬川再訪…5

(『綾瀬川再訪…4』のつづき)

3021.jpg綾瀬新橋、無事すり抜け完了。一昨年来の雪辱が果たせて、気分も大いに盛り上がってきました。

振り返ってカメラを構えたら、引き波の反射波が、ちょうど桁下で盛り上がった瞬間をとらえることができました。う~ん、そんなにスピードを出したつもりはないのですが…。帰りはもっと手前から、スロットルをしぼってかからねば。

3022.jpgここから上流は未踏破区間。初めて目にする川景色は、眺めの変化に乏しい綾瀬川下流域といえど、やはり新鮮で嬉しくなるものが。

今回は、綾瀬新橋通過のほかに、いま一つの目標があるので、さらに遡上を続けます。

3023.jpg最初に書いたことと矛盾するようですが、ここからは少し、速度を上げて、行程を消化しなければなりません。

何しろ、干潮のピークが40数分後に迫っているので、その前に綾瀬新橋をくぐって、下流に脱出しなければならないのです。繋留船もなく、釣り人さんも見えないのを幸い、失礼してグッと増速。

3024.jpg右手に、二径間の樋門を発見。地図とくらべてみると、加平ポンプ所の排水設備でしょうか。

東岸には、千代田鋼鉄工業の綾瀬工場もあるのですが、高速道路と高い護岸にさえぎられ、水面からはよく見えませんでした。



3025.jpg背の高い建物が途絶えると、ご覧のとおり、視界に入ってくるのは護岸と高速道路のみ、たまに現れる水管橋が、えらく貴重に思えてしまうほど…。

引き波が護岸に反射して、ザアザアと派手な音をたてるのが気になりますが、閉じ込められてはたまらないので、速度を緩めずに遡上を続けます。
撮影地点のMapion地図

(21年3月15日撮影)

(『綾瀬川再訪…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 綾瀬新橋