綾瀬新橋こそ都内最低橋

163001.jpgときどきコメントをくださる、プロの船乗り「とも @TomoLinux」さんのツイッターを拝見して、アッと声を上げると同時に、本当に申しわけなく、かつ恥ずかしい気持ちになりました。

何についてかといえば、お題のとおりなのですが、ここは皆さんへのお詫びと、自分なりの整理も兼ねて、順を追って記させていただくこととします。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 綾瀬新橋 綾瀬川 最低橋 東京都河川図

12月29日の綾瀬川…7

(『12月29日の綾瀬川…6』のつづき)

141046.jpg

141047.jpg行き足もついてホッとしたところで、いま一度綾瀬新橋の浸りっぷりを。橋の向こうのテラス化工事も気になるし、またいずれ潮位の低いときにすり抜けて、上流側を再訪してみたいものです。

帰り道、小菅ジャンクション下で台船に横付けしていた曳船を一枚。こちらも操舵室前面、両舷に二本の松飾りをしてもらって、誇らしげに見えました。船名は「うめ」。

141048.jpg毎度おなじみ綾瀬水門をくぐって、綾瀬川にお別れ。光線の塩梅もよろしく、堰柱、巻上機室、扉体とも陽射しに輝いて、いいお顔が拝めました。

荒川を少し下り、首都高向島線・新荒川橋の上流で右へ。澄んだ空を映す河水も清く、平らかで年末らしい静けさ。いいですねえ、荒川のこういった表情も!



141049.jpg

141050.jpgぎらつく逆光のまばゆさに目を細めながら、隅田水門をくぐって、旧綾瀬川へ入るとしましょう。例によって一旦行き足を緩め、出船がないか様子をうかがってからふたたび前進。長声を鳴らしつつつ進入。

この好天とあって、隅田川下流部は賑わっているでしょう。都大路の年末らしさを求めて、のんびり下航してみることにしました。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『25年度川走り納め…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 荒川 曳船 綾瀬新橋 綾瀬水門 隅田水門

12月29日の綾瀬川…6

(『12月29日の綾瀬川…5』のつづき)

141041.jpg
傾いて架かっている橋、五兵衛橋の手前まで来ると、右側にテラスの基礎がふたたび現われました。上流側に、前見たものと同型の足場は設けられているものの、台船や建機類の姿はないことから、第一期工事は終了、といった感じですね。

141042.jpg幅もそんなに取れないテラスに、これから階段やスロープなどを、どう配置してゆくのでしょうね。

北十間川のそれが、限られたスペースを巧みに利用した「北十間川型」といってもよいテラスのタイプを確立(?)した前例もあるので、「綾瀬川型」といえるレイアウトが考えだされるのか‥‥いずれにせよ、楽しみではあります。


141043.jpgそして‥‥まあ、お約束のようなもの(失礼)ではありますが、綾瀬川の最低橋、綾瀬新橋に到着。潮位の高い日に訪ねた甲斐あって、こんちまた胸のすくようなサイテーっぷり。ひたひたの水鏡に「逆さ綾瀬新橋」も同時に楽しめる、一粒で二度オイシイ遡上阻害物件(ごめんなさい)です。

テラス基礎は、橋の手前でいったん終わっていますね。もっとも、向こうにも足場らしきものがチラリと見えるので、上流側にも伸びていそうです。

141044.jpg

141045.jpg久しぶりの逢瀬ではあるので、なるべく近くで写真をとにじり寄っていたら‥‥。表層流が逆流していたのをすっかり忘れており、転回時にスルスルと引き寄せられ、あわててスロットルを倒しぎりぎりでかわしたという、お恥ずかしいありさま。いや、ヒヤリとさせられました。

離れ際に陸閘を一枚。以前も同じような角度で撮っていたので、何か吸い寄せられるモノがあるのでしょうね。まあ、艇からこんな近くで見られる陸閘というのも、東京近郊ではあまりないこともあって、惹かれるのだと思います。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『12月29日の綾瀬川…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 綾瀬新橋 陸閘

12月29日の綾瀬川…5

(『12月29日の綾瀬川…4』のつづき)

141036.jpg
水戸橋をくぐると、左手は風景が一変しており、巨大な団地「小菅住宅」が立ち並んでいました。公務員住宅のようですね。

かつては堤防越しに、東京拘置所の建物が望めたのですが‥‥。過去ログ「はじめての綾瀬川…6」のころを思うと、隔世の感すらあります。

141037.jpg

141038.jpg右手、陽がさんさんとふりそそぐ基礎護岸の上に、日向ぼっこ中のトリさん発見。アオサギ君に、ヒドリガモ(間違っていたらごめんなさい)のカップル二組が。カメラを向けると‥‥あ、もう細くなって警戒態勢に(笑)。

もうちょっと近づいて撮りたいなあ‥‥と思っていたら、やっぱり、イヤそうに飛び去られてしまいました。ごめんね。


141039.jpg
小菅住宅の前の河畔は、従来のコンクリート堤防が廃され、芝生の法面を持つ堤防にテラスと、すっかり装いを改めていました。テラス工事用とおぼしき錆色の足場だけは、「綾瀬川再訪…2」のころから変わっていませんね。テラスも完成したことだし、お役御免になるのか、それとも引き続き、対岸の工事にでも利用されるのでしょうか。

‥‥と、ここまで書いて、Mapion地図を開いたら、足場が地図上に描かれているのを発見 恒久構造物として認識されたのでしょうか? 描きかえられて消滅させるのも惜しい気がするので、保存しておくことにしましょう

141040.jpg綾瀬1丁目付近の屈曲部に架かる、常磐線の鉄橋を前にしたところで、またもタイミングよく特急電車が通過。銀色の通勤電車ばかり見ていると、塗装された車輌というだけで、何だかトクをした気分になってしまいます。

屈曲部を過ぎると、微風ながら風がよく抜けるのか、さざ波が立ってきました。さて、お次の物件は‥‥潮位も高い日とあって、サイテーっぷりが楽しめそうですね。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『12月29日の綾瀬川…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 水辺の鳥たち

12月29日の綾瀬川…4

(『12月29日の綾瀬川…3』のつづき)

141031.jpg新水戸橋の下から上流側をのぞくと、ここから先はまだ未施工か、鋼管矢板を打ち込んだ段階のようですね。

奥にもまだ、台船が何隻か見えます。そのうち左側、錆色の一隻は、ここからでもかなりの大きさなのがわかります。



141032.jpgおお、鋼管が俵積みでぎっしり。これから基礎護岸の前に打ち込むのですね。クサビでしっかり輪止めはかましてあるのですが、こちら側に微妙に傾いているので、横を通るときがちょっと怖かったです‥‥。

台船の向こうに、半ば隠れて控えているアレこそ、今回のお楽しみ物件!



141033.jpg
新しい水戸橋! (と書くと、一本下流の新水戸橋とまぎらわしいかな)

21年3月、「綾瀬川再訪…2」で訪ねたときは、すでに橋台の工事が始まっていましたが、新橋竣工後の訪問はこれが初めて。一径間のシンプルな桁橋ながら、なかなか個性的な風貌だなあ、というのが第一印象でした。

また、取り付け道路のスペースが限られているためでしょうか、改架後も、桁下高が堤防天端を割ってしまっているあたり、土地柄の厳しさも感じられて、架橋に携わった方々のご苦労がしのばれたものです。

141034.jpgサイドビューで目を引くのが、何といってもこの、護岸に見られる鋼矢板のような、波型鋼板を桁としたことです。都江東治水事務所の「綾瀬川水戸橋架替工事」によれば、「ポストテンション方式単純波型鋼板ウェブT桁」なるタイプとのこと。

旧橋は、太鼓橋のような中高の桁が特徴でしたが、新橋はさすがに桁下は一直線。さっそく、くぐり初めにおよんだところ、一見した感じよりずっと桁下が低く、マストぎりぎりで首をすくめてしまうほど。低さばかりは、旧橋譲りといったところでしょうか。

141035.jpg
まあ、13時32分で1.72mという、日中潮位の高い日に訪れたこともありますが、お陰で、手も触れんばかりのすり抜け気分を味わうことができました。

くぐりながら裏側を見上げてみると、おお、両側面だけでなく、全部の桁が波型鋼板なんだ! 波紋の反射が、さらに波型の桁に映るという珍風景(?)であります。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『12月29日の綾瀬川…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 台船 橋の裏側