8月13日の川景色…4

(『8月13日の川景色…3』のつづき)

209096.jpgこちらの帰り道の落ち穂拾い。たまには、あけぼの水門もちゃんと(何がちゃんとなのかは略)スナップしておこう。「江東5大水門」の一つなのですから。

見通しが悪く、人目も乏しいせいか、東雲水門や辰巳水門に見られるようなスローガンも掲げられておらず、また東京の水門では珍しく、名前がひらがな表記です。格子に覆われてわかりづらいものの、魚のような帆のような、何かをモチーフにした絵柄が描かれている「お絵かき水門」でもあります。

209097.jpg
ここを古賀オールのバージが、手に汗握る思いですり抜けているんだよなあ‥‥。水門をくぐった北側では、鋼管矢板の打ち込み作業中でした。新しい護岸か、テラスでもできるのかしら。

209098.jpg
綾瀬川下流部を通ったとなれば、見逃せない堀切菖蒲水門。最近見学会も催され、多くの参加者があったとのこと。都内の水門の中でも、巻上機室、扉体ともに類を見ない変わり型、維持はその分大変かと思いますが、頑張っていただきたいものです。

209099.jpg
ちょうど陽をさえぎった雲の下で、新イグアナクレーンにご機嫌伺い。

‥‥いや、もう代替わりしてだいぶ経つのですから、「新」は取った方がいいかな。レールをつなぐお仕事がここで続くかぎり、変わらぬ姿で踏ん張っていてほしいもの。

209100.jpg
そして古賀オール、第三工場ヤードクレーン! 都内の運河畔にある荷役設備が数えるほどになった今も、万丈の気を吐くこの揺ぎ無さ! 古賀さんがホームグラウンドである運河地帯に在ってくれることに、ただ感謝のほかありません。

(29年8月13日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 綾瀬川 汐見運河 曙北運河 あけぼの水門 堀切菖蒲水門 イグアナクレーン 古賀オール

8月13日の綾瀬水門

(『8月13日の上平井水門…2』のつづき)

209061.jpg道々のことは例によって措くとして、綾瀬水門から荒川に出るとしましょう。緑の堤防を従えて逆光の中うっそりと立つ一径間のゲート、都内の水門でも、独特の風情がある好ましい表情。

中川水門でも結構な流速があったので、こちらでは少しじっくり楽しませてもらおうと、スロットルをしぼり減速、まずは様子を見ることに。

209062.jpg
うひょひょう、吸い込まれる吸い込まれる! 土色の水面が径間に向かって、放射状の縮緬ジワをつくっており、さらに側壁が狭まったところで、くっきりと横一線を描いている! あの線から向こうは、明らかに水面の勾配があるのです!

観察しながら一航過してゆっくり回頭、流速に沿って下航するには、最初の姿勢が肝心ですから、よーく狙いを定めてちょい増速。さて、吸い込まれますか!

209063.jpg
うひゃひゃひゃ、はやい速い! 一線を越えたとたん、スゥーッと体が持ってゆかれる感覚とともに、頬をなぜる風もかすかに強くなる、この快さと緊張感!

側壁の凹凸で、チャパチャパと小さな音をたてる水面を横目でチラ見するのも面白いもの。いってみれば、もの凄く緩慢かつ、静かで地味なウォーターシュートといったところでしょうか?

209064.jpg

209065.jpg堪能し過ぎて、慎重にすべき舵を誤り、ちょっと姿勢を崩してしまいヒヤリ。さらにちょい増速し立て直します。ちなみに綾瀬水門、ゲートの前後に、ご覧のような角落しの戸溝が新設されていました。

角に立っていた釣り人さんにお詫びしながら、高水敷の水路を離脱、荒川へ。ほんの一瞬ではありましたが、流れに乗るスリルを久しぶりに楽しめて、嬉しいひとときではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『源森川水門、竣工間近』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 荒川 綾瀬水門

8月13日の上平井水門…2

(『8月13日の上平井水門…1』のつづき)

209056.jpg
近くで見ると、箱一つ一つの幅と厚みが、すべて異なっているのがわかりました。上平井水門、なぜか角落しの戸溝は切られていないので、水面下を点検修理しようと思ったら、こうして外から塞ぐしかないわけです。たぶん初めて目にするであろう工法に、興味津々です。

209057.jpg上流側のそれも。こちらは扉体の高さに合わせなくてもよいので、一段少なくなっています。

一番下の鋼函は、正面に走っている多くの配管と、天端に突き出たバルブで、中に水を入れ、空気を抜いて固定するといった方法が想像できるのですが、上の段はポンプアップして水を満たしているのかしら(すべて妄想です)。

209058.jpg
工事中の径間を、上流側ほぼ正面から。クレーンのジブが浮雲をバックに突き出していて、ぽっかり空いた径間が強調された感じに。新しい扉体や巻上機室、どんな構造に、またどんなデザインになるのでしょうね。

あっ、左側の堰柱に、A.P.+桁下高と径間幅員を示す標識が、仮設の幕でちゃんと掲げられているのですね。仮設の河川標識って珍しいので、目を引かれました。

209059.jpg少し遡上して、上流側からの全容を。写真右手、上流側にもクレーン船が陣取っており、航行できるのは左側2径間のみであることがわかります。

一径間30m、4連120m余の規模を誇るだけに、もし全ての径間に施行されるとなれば、工事の完了まで長い年月を要しそうではありますね。


209060.jpg
せっかくなのでそのまま綾瀬川に入り、綾瀬水門から荒川に戻ることにしました。かつしかハープ橋をくぐってから振り返ると、首都高のS字曲線に、屹立する主塔とワイヤーがつくる造形が美しく、空の明るさとあいまって、なかなか素敵な川景色でした。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の綾瀬水門』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 綾瀬川 上平井水門

綾瀬新橋こそ都内最低橋

163001.jpgときどきコメントをくださる、プロの船乗り「とも @TomoLinux」さんのツイッターを拝見して、アッと声を上げると同時に、本当に申しわけなく、かつ恥ずかしい気持ちになりました。

何についてかといえば、お題のとおりなのですが、ここは皆さんへのお詫びと、自分なりの整理も兼ねて、順を追って記させていただくこととします。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 綾瀬新橋 綾瀬川 最低橋 東京都河川図

12月29日の綾瀬川…7

(『12月29日の綾瀬川…6』のつづき)

141046.jpg

141047.jpg行き足もついてホッとしたところで、いま一度綾瀬新橋の浸りっぷりを。橋の向こうのテラス化工事も気になるし、またいずれ潮位の低いときにすり抜けて、上流側を再訪してみたいものです。

帰り道、小菅ジャンクション下で台船に横付けしていた曳船を一枚。こちらも操舵室前面、両舷に二本の松飾りをしてもらって、誇らしげに見えました。船名は「うめ」。

141048.jpg毎度おなじみ綾瀬水門をくぐって、綾瀬川にお別れ。光線の塩梅もよろしく、堰柱、巻上機室、扉体とも陽射しに輝いて、いいお顔が拝めました。

荒川を少し下り、首都高向島線・新荒川橋の上流で右へ。澄んだ空を映す河水も清く、平らかで年末らしい静けさ。いいですねえ、荒川のこういった表情も!



141049.jpg

141050.jpgぎらつく逆光のまばゆさに目を細めながら、隅田水門をくぐって、旧綾瀬川へ入るとしましょう。例によって一旦行き足を緩め、出船がないか様子をうかがってからふたたび前進。長声を鳴らしつつつ進入。

この好天とあって、隅田川下流部は賑わっているでしょう。都大路の年末らしさを求めて、のんびり下航してみることにしました。
撮影地点のMapion地図

(25年12月29日撮影)

(『25年度川走り納め…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 綾瀬川 荒川 曳船 綾瀬新橋 綾瀬水門 隅田水門