FC2ブログ

通運丸就航当初の料金表から

内国通運が明治10年に発行した汽船航路の料金表、「郵便御用 川蒸氣通運丸賃金改正表」をご覧に入れましょう。明治10年といえば、川蒸気船・通運丸が大川筋に初お目見えした年、関東における川蒸気の勃興が始まった、記念すべき年! そんな時代の息吹が感じられる史料を、手にできたときの喜びは例えようがないものでした。

公式の開業日は5月1日で、当初は小名木川の深川扇橋から、思川の生井に至る航路でしたが、早くも8月21日には、表にも記載されている生良・乙女まで延長されています。

タイトルに「改正表」とあるのは、この表が航路延長にともなって、従来の内容を改定したものであることを示しているのでしょう。「明治十年 月」と、発行月が空欄になっているのも、開業がまだ決まっていない延長に先立って、作成・配布されたものと考えれば納得がいきますね。

226051.jpg
郵便御用 川蒸氣通運丸賃金改正表
寸法275㎜×404㎜、明治10年発行。


川汽船航路の料金の特徴は、鉄道と違い上りと下りが同額でなく、結構な差がついていることがまず挙げられます。東京~古川間でくらべてみると、下りが50銭なのに、上りが35銭と3割引きの額になっています。区間によって割引額は異なりますが、東京へ向かう便は総じて安く設定されているのがわかりますね。

何とはなしに「上り、下り」と書いてしまいましたが、川の流れからすれば全く逆で、東京を離れる便は江戸川・利根川の流れに抗して遡上し、東京に向かう便は流れに乗って下航するわけで、当然消費される燃料にも、大きく差がつくための料金設定と思って間違いありません。なお「乗船人御心得」にも載っているように、子供は4歳まで無料、12歳以下は半額で、上等船室は料金表にある額の5割増しでした。

ちなみに5月1日、開業当初の通運丸は第1号・第2号の2隻で、6月1日よりさらに1隻が追加されたとのこと。明治10年中には第6号までの通運丸が就航していますから、生良・乙女延長時点で、少なくとも3隻以上の通運丸が活躍していたことになります。

開業当初は隔日1往復だった便数も、生良・乙女延長時には隻数の増加により、起終点を同時出港する毎日1往復に増便され、この表にはありませんが、明治10年中には荒川の戸田、利根川の木下と、他の河川にも次々に航路を伸ばしてゆきます。浚渫による航路整備など、入念な準備を経たこともあるでしょうが、まさに満を持した登場といっても、いい過ぎではない勢いが感じられたものです。

226052.jpg
古河渡舩塲(油治商店發行)
宛名・通信欄比率2:1、明治40年4月~大正7年3月の発行。


「賃金改正表」が発行された、時代や寄港地がしのべるような絵葉書を、手持ちの中から2点選んでみました。1枚目は最初期からの寄港地である、渡良瀬川は古河を写したもの。以前講演させていただいた折にスライド上映したり、他所のプレゼン資料にお貸ししたこともあるので、ご覧になった方もおられるかと思います。

外輪カバーの号数が判読できないのが惜しいですが、文字数が4文字――例えば「第三十二」のような――に見えるので、とすれば第二十一号通運丸の就航後、明治16年以降の撮影と思われます。岸は近いものの桟橋は見当たらず、艀を横付けしての荷役中。汽船が横付けできる規模の桟橋を備えた寄港地は少なく、艀を用いて荷客を扱うのが普通でした。

226053.jpg
キャプションなし(裏面に『宮戸川通船之景』の書き込みあり)
寸法58×90㎜。密着焼写真を台紙に貼ったもの。明治時代、撮影年不詳。


これは絵葉書でなく写真ですが、体裁から見ても手持ちの中では最古級と思われます。何より嬉しかったのが、ブレていはいても号数が判読できたこと! 第七号通運丸! 初代が明治11年7月、2代目が明治13年8月に就航。2代目の諸元は全長74尺(22.4m)、幅10尺(3.03m)、公称16馬力、速力約3kt。写真からどちらかは判別しかねますが、もし短命に終わった初代だったら、極めて貴重な写真になるでしょう。

宮戸川(みやどがわ)は落語のお題でも知られるように、浅草・駒形附近の隅田川を指す名前。背景に写り込んだ家並を見ても、なるほど街場らしい商家がぎっしりと甍を連ね、水際に詰まれた石垣も密で、いかにも浅草といった雰囲気です。通運丸に目を移せば、船首の旗竿にはためく内国通運の旗、白く砕ける船首波や、水しぶきを盛大に散らせる外輪と、勇壮な航走ぶりを見事にとらえているのが魅力的ですね。撮影地が浅草あたりとすれば、戸田通いの荒川航路でしょうか。

珍しく思ったのは、甲板レベルに下端を揃えた窓の配置です。窓がこの高さにあるということは、船室の床面は入口よりだいぶ低く取ってあるとみてよいでしょう。外輪の通運丸でこのタイプを見たのは初めてです。この点と、外輪カバーの書体やレイアウトから、絵葉書でよく見てきた他の川蒸気にはない古様(?)を感じたのでした。初代だといいなあ。

明治一桁から利根川丸ほか、小船社による川蒸気船はすでに登場していたものの、舟航隻数と航路規模から見れば、関東の川蒸気時代を現出したのは通運丸船隊に他なりません。その黎明ともいえる時期の「賃金表」を前に、和紙の感触や木版らしい刷りの雰囲気を愛でながら、ひととき想いを馳せたことではありました。

参考文献
図説・川の上の近代 ―通運丸と関東の川蒸気船交通史― 川蒸気合同展実行委員会 編
【図説】江戸・東京の川と水辺の事典 鈴木理生 編著 柏書房

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 川蒸気船 通運丸 隅田川 渡良瀬川 絵葉書・古写真

消えたマイタゲート閘門、二題

すでに撤去されて久しい、マイタゲートの閘門を写した絵葉書を2枚ご紹介します。いずれも竣工間もないころの撮影と思われるものです。

220086.jpg
ROCKENYA-LOCK AT NEZUMIJIMA
裏面に「大阪若林獨立軒製版印刷」の記載あり。
宛名・通信欄比率2:1、明治40年4月~大正7年3月の発行。


新淀川開鑿を主とした淀川改修工事の一環として、中洲である鼠島に明治43年竣工した、六軒屋閘門を写したものです。扉室両岸に洋装の人物が多く集まっているところを見ると、竣工からさほど日が経っていないときに行われた、記念撮影のように思えます。

「運河と閘門」によると、最小幅10.91m、有効長89.08mで、大正12年に六軒屋第二閘門が併設されたため、以後は六軒屋第一閘門と呼ばれるようになりました。用途廃止は昭和25年3月だそうで、鼠島とともに現在は埋め立てられて面影はなく、「六軒屋閘門」(北摂の街道・道標)によれば、記念碑が立つのみとのこと。

220087.jpg
扉室をアップでトリミングしてみましょう。ゲートの様子からして、開いている手前は後扉室(低水位側)で、六軒屋川の上から写した写真ということになります。閘室の岸は、土のままか、何らかの護岸を施してあるのかはわかりませんが、法面ですね。すでに多数の舟が入閘し、注水を待っているのがうかがえます。

六軒屋閘門の消長については、「ある小さな島(鼠島)の生涯 その6」(なにわ ふくしま資料館)に詳しくまとめられており、私ごときがつけ加えることはありません。ぜひご覧いただきたいのですが、それとは別に、今回大いに驚かされたことが一つ。

絵葉書に書かれた版元名「若林獨立軒」で検索したところ‥‥、「若林鍼灸院のブログ『獨立軒雑記帳』」がヒット。これがナント、獨立軒のご子孫の方のブログなのでした!

業種こそ創業時と違うとはいえ、つい最近まで同じ屋号を名乗って営業されており、しかもご先祖の業績を顕彰されている! 素晴らしいことではないでしょうか。船頭もかくありたいと深く感銘を受けたのでありました。

220089.jpg
志木町商工會(伊呂波橋)横内辰男撮影
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


右上の写真、3径間の水門に併設されたマイタゲート閘門は、宗岡閘門。新河岸川にもかつて閘門があったことは、「川越舟運」(斎藤貞夫著:昭和57年6月初版・さきたま出版会)を読んで知り、非常に短命だったこともあって、以前から気になる存在でした。

10年前、「新河岸川再訪…4」でも少し触れましたが、直線河道化にともない、長きに渡り「川越夜船」でその名を知られた通船を、昭和6年に禁じられた新河岸川。この宗岡閘門が竣功したのは、驚くなかれ昭和4年! 通船禁止後もしばらくは通航が続いたであろうとはいえ、「悲劇の閘門」と呼んでも、決して大げさではないでしょう。

220088.jpg
宗岡閘門、直線河道化により水深が保てなくなった宗岡村(現志木市)から上流を、堰上げと閘門によって舟航を維持する目的で建造され、工事の労働者には近隣の農民はもとより、失業した船頭たちも参加したとのことです。

ふたたび「運河と閘門」から諸元を引くと、閘頭部幅6.0m、全長37.1m、ゲート間25.76m、扉体は鋼製。躯体は用途廃止後も長らく残っていたようで、昭和53年より閘門部分撤去開始との記述も。ウェブ上では、「新河岸川を歩こう! 6日目 柳瀬川合流点から南畑橋まで」(ハイフィネス・ジャパン株式会社)に、現地の説明板とおぼしき写真が掲載されていますが、それによれば昭和55年に撤去とありました。

写真を目にしてまず違和感があったのは、水門の堰上げの低さにくらべて、閘門がやけに高く造ってあること。素人目には、いずれは堤防や護岸を嵩上げできたら、水門も閘門に合わせて高める計画でもあったのかな、と勘繰ってしまったほど。まあ、このレベルの堰上げで、通船できる水深には十分ということなのでしょうが、それにしても閘門の高さは気になります。

通船禁止を間近にしての建造といい、首をひねらざるを得ないものがありますが、短命であったがゆえに希少な竣工直後の写真に出会えたことは、閘門好きとして嬉しいことには違いありません。このあたり、新たな史料の発見やご教示に待つところ、大なるものがあります。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 絵葉書・古写真 閘門 六軒屋閘門 宗岡閘門 六軒屋川 新河岸川

通運丸の複製錦絵から始まる興味深いあれこれ

220_001.jpg
上に掲げた絵については、ご存知の方も多いでしょう。川蒸気船・通運丸を題材にした錦絵としては代表的なもので、タイトルは「東京兩國通運會社川蒸氣往復盛栄真景之圖」、明治10年代に野澤定吉という人が描いた多色刷り版画です。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 通運丸 川蒸気船 隅田川 絵葉書・古写真

川口川閘門、稼働中!

以前入手した昔の絵葉書の中に、とても興味深いものがあったので紹介させてください。

土浦の川口川閘門‥‥すでに「土浦のマイタゲートと川口港」で竣工当時のものと思われる絵葉書を、また「土浦再訪…1」では保存されている扉体と排水ポンプに触れた、明治39年竣工のマイタゲート水門です。過去の記事の繰り返しになりますが、閘門を名乗ってはいるものの、実態は一対の扉体で構成された逆水防止水門で、閘門機能はありません。

218032.jpg
土浦閘門排水の景其一・其二
宛名・通信欄の仕切り線なし、裏面に「土浦知久製」の銘あり。


ご覧のとおり、二枚組で絵柄を連続させた撮り方をしており、「疑似パノラマ写真」になっているのがまず目を引きます。しかし、何より珍しく思えるのは、水門が実際に増水を防ぎ、堤内地を今まさに守っているさま‥‥いわば稼働中の水門を、記録している写真だということ!

ある意味、少なくない費用を投じて建造した水防施設が、こんなにも役に立つ、ということを人々に知らしめる効果を狙った感もなくはないものの、趣味的に見て興味深いシーンを記録してくれた当時の人には、感謝のほかありません。例によってディテールを堪能してみましょう。

218033.jpg
まずは扉体から。閉鎖された状態を見るのはもちろん初めてで、側壁に見える石材の積み方のパターンや、扉体の軸の形状などが観察できますが、目を引くのは扉体を開閉するラックでしょう。

弧状で細い割に長さがあり、自重でヘニョッといってしまわないか心配になるほどですね。扉体についた湛水線は、水がすでに引きつつあることを示しています。

218034.jpg
この仮設された排水ポンプと思しきものにも、大いに興味をそそられますね。棒材やトタン板、ムシロまで動員して、頑丈そうに小屋組みをしているところを見ると、すでに降雨時から準備されて、内水排除を続けていたのかもしれません。人々やムシロの影に隠れて、機械が見えないのがちょっと残念ですが、煙突の長さからボイラーは横型のようです。プーリーやベルトがちらっと見えることから、ポンプ自体は小屋の右手にあるようですね。

土浦再訪…1」でも説明板にあったとおり、ポンプが常設されたのは水門竣工よりだいぶ下って、昭和13年とのことでしたから、それ以前はこのように豪雨や出水のあるたび、ポンプを仮設して対処していたのでしょう。

218035.jpg
小屋を貫通して設けられた木樋は左手、葉書「其二」の石垣護岸まで導かれ、水面近くまで伸ばした先から水を勢いよく吐き出しています。水流に手を突っ込んでいる子供がいたりして、何とも微笑ましいですね。

いや、それにとどまらず、水門やポンプの周囲が多くの見物人で賑わうさま、まるで縁日のようで楽しくなってきます。おそらく台風一過でホッとしたところで、晴れ渡って泥んこの道も乾いてきたことだしと、珍しいポンプ見物に繰り出したといったところでしょう。明治末の風俗の記録にもなっていて、一人一人の仕草や服装を拾ってゆくのも楽しいものです。

なお、二枚とも裏面には宛名・通信欄の仕切り線がなく、そのまま解釈すれば推定発行年代は明治33年~明治40年3月となりますが、印刷ミスであることも考えられ、この点は保留にしておきたいと思います。土浦市の水害や水防活動の記録をたどれれば、あるいは撮影年が判明するかもしれませんが。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 川口川閘門 霞ケ浦 絵葉書・古写真

川蒸気の屋根の上

215041.jpg現役時代の川蒸気船の姿を見たい一心で、絵葉書など古写真に求め始めてもうだいぶたちましたが、高所から俯瞰したもの‥‥すなわち最上甲板、屋根のディテールをしっかりとらえた写真は、現物が少ないのか、ごくわずかしか出会えていません。

今回はその中でも、出色(他にももっと素晴らしいものがあるのでしょうが、私的にね)のもの2点をご紹介し、あれこれ妄想を垂れ流してみたいと思います。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 川蒸気船 通運丸 銚子丸 土浦 利根川 絵葉書・古写真