5月7日の川景色…3

(『5月7日の川景色…2』のつづき)

207011.jpg
初見の閉鎖中というせっかくの機会ですので、築地川水門の裏側にもぐっと迫って。こちらは内水側なので、角落しも計画高水位を考えなくてよいからでしょう、扉体の上端がのぞけるくらいの高さです。

しかし、角落しが真っ赤に塗り上げられているあたり、閉鎖時の警戒色の必要性を感じさせて、赤水門原理主義者としてはうなずくばかり。

207012.jpg

207013.jpg環状線の工事に関連して、繋留船が一掃されたのは寂しいですが、南門橋を川面から眺めるにはかえって好都合かも。‥‥と、久しぶりに築地川に入ってみたら、フェンスが張られて最奥部は閉鎖されていました。

「銀座百点」にふさわしい、銀座に最も近い可航水路をカメラに収める目論見は潰えてしまいました。仕方なく反転離脱をはかり、浜離宮船着場の桟橋を横目で見ながら戻ります。

207014.jpg河道に張り出して設けられた桟道をアップで。築地市場の脇を通る、道路工事のためというより、築地大橋への資材搬入路といったところでしょうか。

この工事が終われば、フェンスが撤去されて、南門橋を拝めるようになるのかなあ‥‥。オリンピックの迫ったころに期待して、また訪ねてみるとしましょう。



207015.jpg
もう一度築地川水門に近寄ってカメラを構えていたら、またも水上バス! 今度も水辺ラインの「あじさい」です。右に避けるべきでしたが、水門に寄せてほぼ行き足はなかったので、不安を与えないよう、船首を左舷側に振って逢行する意志のないことを示しました。

しかし、汐留川水門を通って浜離宮前に出入りするということは、すなわち見通しの悪い狭水面での90°転舵が、二回もあることを意味するわけで‥‥。緑と石垣を背負って航進する水上バス、素敵な光景ではありますが、船長の気遣いは大変なものでしょう。ご苦労さまです。

(29年5月7日撮影)

(『5月7日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 築地川水門 築地川 水上バス

5月7日の川景色…2

(『5月7日の川景色…1』のつづき)

207006.jpg朝潮運河を南下。筏屋さんの桟橋も、あまたの豆曳船群も今や昔の光景となった運河は、ただただ広大な水面が静かに広がるのみ。

撮影のご指示で朝潮水門を抜け、いったん港内に出てふたたび隅田川へ。鼎談に参加された他のお二方とも、それぞれ好きな川景色を2つづつ挙げて、カラーページでご紹介という流れだったのですが、私がスイングゲート2題を選んだことで、このようなコースになりました。しかし‥‥。

207007.jpg
いま一つのスイングゲート、築地川水門の前まで来てみると、ありゃりゃ、真っ赤な角落しがはめ込まれて、どうやら工事中のようです。

207008.jpg
仕方なく、排水のホースが2本垂れさがった角落しを、カメラマンさんに撮っていただきました。

まあ、自分的にはそれなりきに貴重なシーンなので、いいのですが‥‥。ただでさえ絵的にわかりづらいスイングゲートなのに、キャプションで注釈するとはいえ閉鎖時の光景を見せて、読者さんを置いてけぼりにしないかしら(いまさら何をいう)。

207009.jpg

207010.jpg径間左手に掲げられていた看板。「予告」とあるからには、工事が始まる前から掲示されていたのでしょう。今年4月17日から、来年3月14日まで閉鎖されるとのこと。ん? ということは!

汐留川水門から、浜離宮前の内水面に入ると、おおお! ちょうど水辺ラインの「こすもす」が出てきた! 浜離宮の石垣と緑をバックに、徐航で進む姿は絵になりますし、また今しか見られない貴重さも加わって、いいときに訪ねたとテンション高めに。船長のご心労を思うと、不謹慎ではありますが。
撮影地点のMapion地図

(29年5月7日撮影)

(『5月7日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 隅田川 築地川水門 水上バス

3月23日の水路風景…4

(『3月23日の水路風景…3』のつづき)

149026.jpg

149027.jpgここで面舵いっぱい、築地川水門を通って、浜離宮前の水面に入ってみることにしました。東京では数少ない「くぐる」構造物のない水門で、しかも2基しかないスイングゲートの一つ。澄みきった青空も手伝って、頭上の抜けた楽しさを味わいつつ通航。

ホーンを鳴らしつつ通りながら、そういえば、銘板周りのアップを撮ったことがなかったっけ、とカメラを向けて一枚。電光掲示板の水深は、只今3.8m。

149028.jpgこちらも桜はまだつぼみでしたが、陽気のよさもあってか、投錨してランチを楽しむ艇の姿が、いくつか見られました。我が艇も最微速で流しながら、お茶にしようと魔法瓶の栓を抜き、ついでにオヤツをいただくことに。

お菓子をぱくついていると、さっそく目ざといユリカモメ君たちが飛来。しきりに鳴いては「ちょうだい、ちょうだい」のしぐさをくり返します。トリさんには甘い我が乗り組みですから、待ってましたとばかりにおすそわけ。たちまち鳥山ができてしまいました。

149029.jpg
ポーッ、ポーッと汽笛の音が聞こえてきたので、水上バスが入ってくるな、と身構えていると、先ほど出会った「あじさい」が姿を現わしました。楽しいんですよね、ギリギリ感あふれる水上バスでの水門通航は!

149030.jpg
さて腰を上げようと、汐留川水門から出ようとしたら、またも水上バスのものらしい汽笛が、繰り返し聞こえてきました。

あらら、「あじさい」はまだ出ていないのに、もう一隻入ってくるのかな? と思っていたら、汽笛がぐっと間近に聞こえてきて、明らかに何か違う雰囲気です。水門をくぐって、外に出てみると‥‥。
撮影地点のMapion地図

(26年3月23日撮影)

(『3月23日の水路風景…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 築地川水門 汐留川水門 浜離宮 水上バス 水辺の鳥たち

浜離宮の出船風景

(『6月3日の芝浦運河地帯…3』のつづき)

95052.jpg汐留川水門をくぐり、浜離宮前水面に入って、穏やかな水面をゆるゆる分けながら、庭園の緑を眺めてしばしの休憩。

すると、ポーッ、ポーッと汽笛が間近に聞こえてきました。水上バスの汽笛ですね。入ってくるのか、それとも出てゆくのか…水面北側一帯に注目していると、果たして石垣の影から、水上バスが後進で姿を現しました。出船の様子を見るのは久しぶりです、ゆっくり見物してゆきましょう。

95053.jpg

95054.jpg船は都観光汽船の「道灌」、ゴースターンのまま全容を見せたところでくるりとその場回頭、右舷側をすっかりこちらに見せたあたりで爆音を高め、ふたたび断続的に汽笛を吹鳴しながら、微速前進。

船型の肥えた、大型の水上バスが汽笛を鳴らしつつ、狭い水門に吸い込まれてゆくさまは、見ているこちらにも緊張感が伝わってくる、息詰まる一瞬。後部デッキに鈴なりになっているお客さんも、鼻先に壁が迫るスリルを味わっていることでしょうね。

95055.jpg

95056.jpg
「道灌」が汽笛とともに姿を消し、しばらく置いたところで、我が艇もそれにならって長声一発、水門を通って隅田川河口へ出ましょう。

頭上の解放感が嬉しいスイングゲートを味わいつつ、午前中とは打って変わって、すっかり晴れた空を見上げながら、取舵一杯。
撮影地点のMapion地図

(24年6月3日撮影)

(『西仲橋の架け替え』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 築地川水門 水上バス

水辺ライン初乗り…2

(『水辺ライン初乗り…1』のつづき)

8021.jpg浜離宮船着場を定刻に離岸。係りのおばさんが、取り外したタラップを几帳面に鎖錠するのを見ながら、船は後進で桟橋を離れます。

おばさんは、先ほど見えた海洋大学のカッターに乗る学生さんたちとは顔なじみらしく、親しげに手を振っていました。カッターと仲良し、いいなあ。

8022.jpg築地川を出て、広くなったところでスラスターをふかし、水門に向かって転回。

おや、先ほど乗った新東京丸が、もういつもの桟橋に帰ってきている…。本日の「視察」は、我々が乗った回で終了のようですね。お疲れさまでした。


8023.jpgおなじみスイングゲートの築地川水門。いつもより視点が2mほど高く、しかも舵を握っていないため、両手がフリーという恵まれた(?)状況で通るのって、何かすごく新鮮な気が…。

水門左側の水深表示は、3.6m。先ほどからの南風も弱まって、水面は穏やかな表情です。気持ちの良い航行が楽しめそうですね。

8024.jpg石垣の上から見た時は、径間は船の幅の倍寸くらいあったように見えたのですが、いざ船に乗って水門に突入すると、その狭さは予想以上。自分が舵を取っていないにもかかわらず、妙に緊張してしまいました。

我が艇で言うと、径間4mくらいの小水門をくぐる感覚でしょうか。

8025.jpg緊迫(笑)の水門通過も無事終了。船は一旦お台場へ立ち寄り、その後隅田川を遡上するコースです。結構な遠回りではありますが、欲求不満がつのっていたのでしょう、少し長時間乗っていたい気分だったので、むしろ嬉しいくらいでした。

やはり私にとって、船室から外に出られないまま、窓越しに水辺の景色を眺めさせられるのは、たとえは悪いですが、蛇の生殺しに等しいものだったようです。それだけに、四周さえぎるもののない、展望デッキに立てることが、何よりもありがたく思えました。
う~ん、仮に将来、今の艇を乗り換えるにしても、視界のさえぎられるハードトップ付きの艇には、やはり乗れそうもありません…。

(21年6月26日撮影)

(『水辺ライン初乗り…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 築地川水門 浜離宮 東京水辺ライン 水上バス