川跡の首都高をゆく…3

(『川跡の首都高をゆく…2』のつづき)

66011.jpg
三吉橋来た! かぎの手に曲がった築地川と、連絡運河の丁字流に造られた、わが国初のY字型橋!

クルマから見上げられるのは、ほんの一部分ではありますが、桁側面に張り出す持ち送り、無数のリベットが美しい桁下、そして一大特徴である三角柱の橋脚と、ディテールが楽しめました。以前橋の上を歩いたことがあるのですが、改修の度合いが高く、古さはほとんど味わえなかったので、下から眺められたのは本当によかったと思います。
撮影地点のMapion地図

66012.jpg
三吉橋の、竣工間もないころの絵葉書をご覧に入れましょう。「東京大十六橋」というシリーズものの一枚で、刷り部数が多かったのか、今でもよくセットか、あるいはバラで古書店に出てきます。このシリーズの中でも、三吉橋が特に好きで、額縁に入れて机の前に飾ってあるほどです。

手元にある雑誌「土木建築 工事畫報」(土木学会図書館でも全巻を閲覧できます)昭和5年2月号に掲載されていた、「三吉橋工事成る 世界的の異形橋」と題する2ページの記事によると、近代橋では類を見ない、「世界第一のY字橋」と誇らしげで、コンクリートアーチにする計画もあったが、「水面の間隔が少くなり水運の不便を生じ」ることやコスト面から、プレートガーダーに決定したことなど、興味深い話が記されていました。小橋梁ながら、登場時は大いに注目されたのですね。

66013.jpgクルマの流れが次第に速くなってきました。そろそろ橋めぐりも難しくなってきましたが、あともう一つ、容姿・ロケーションともに撮ってみたい橋があるので、何とか渋滞が持ってほしい…。

写真は築地警察署近くの亀井橋。やはり北側に巨大なデッキがあるので、くぐりざまにカメラを向けるしかなく、もちろんうまく撮れませなんだ。

66014.jpg新橋演舞場がドンと正面に立ちはだかるあたり、お目当ての采女橋が近づいてきました。何とか持ったようです!

デッキでさえぎられることもなく、水を湛えていた当時に近い姿を楽しませてくれる、美しい2径間コンクリートアーチ。伊東孝氏の「東京の橋」によれば、全長42m、幅15m、昭和5年8月竣工。S字屈曲区間に架けられたため、橋全体がはすに造られているのも魅力的です。

66015.jpg
スクラッチタイルのように型押ししたコンクリート板を貼って、化粧された側面を間近に見上げ陶然。水面に映った姿はまさに眼鏡橋、さぞ風情のあったことでしょう。

クルマの流れはますます速く、あまり車間をあけていると、後ろのドライバーの目も気になります。渋滞に感謝することなど、そうそうないと思われますが、このときばかりは本当にありがたく感じたものです。ありがとう渋滞。
撮影地点のMapion地図

(23年6月6日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 築地川・楓川連絡運河 築地川 首都高中央環状線 絵葉書・古写真