7月10日の水路風景…5

(『7月10日の水路風景…4』のつづき)

194021.jpg
有明西運河ではおなじみ、海上保安庁バースにもやうHL05「海洋」。アンカーレセスや舷窓の下など、開口部からの錆垂れが目立ち、ちょっと痛々しいですね。

最近とみに多くなった、領海警備から帰ってきた巡視船などはこの比でなく、舷側全体がべったりと錆色でおおわれて、任務の厳しさを感じさせたものです。汚れの目立つ白い船体色で、美しい外観を維持してゆくのは並大抵のことではないでしょう。特に近年は海保も多忙ですから、手の回りかねるところがあるのかもしれません。

194022.jpg有明西運河を出て針路そのまま、豊洲、晴海の突端を右に見て進んでゆくと、晴海のH-2バースに「日本丸」が休んでいました。

新しいと思っていた2代目「日本丸」も、就航からもう32年目。もはや大ベテランの域に達しているといってよいでしょう。横浜で保存されている初代は、57年目にしてバトンタッチしたそうですから、その伝からすると、まだ25年は現役に留まるのでしょうか。

194023.jpg
月島沖で取舵に当てようとしていたら、ちょっと待て! 右手にまたも新顔を発見。

水産埠頭である月島F-5バースに憩う、海洋大学の漁業練習船「神鷹丸」。これも去る4月に引き渡されたばかりの、ピカピカの新造船です。ブルーの帯が全体をキリリと引き締めていて、いならぶフネブネの中でも非常に目立ちます。

194024.jpg

194025.jpgこの「神鷹丸」は4代目で、旧水産大学時代から引き継がれた伝統ある船名。1,000tに満たない小兵ながら、はるか遠洋に出かけて調査や実習を行う任務上、乾舷も高くちょっと肥えた船型で、見た目にも安定がよさそうですね。

フネブネの姿を楽しみながら港内を横切って、竹芝運河から芝浦運河地帯へ入りましょう。一つ、様子を見ておきたい物件があるのです。
撮影地点のMapion地図

(28年7月10日撮影)

(『7月10日の水路風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 有明西運河 竹芝運河

3月29日のお花見水路…5

(『3月29日のお花見水路…4』のつづき)

170021.jpg
少々風も出てきて、波も立ってきたので、お客さまを乗せて港内を突っ切るには、あまり具合のよくない状況になってきました。少し時間がかかっても、目黒川へは運河づたいに向かった方がよいでしょう。

竹芝運河から古川の河口で左折、芝浦運河を南下することに。おなじみ浜崎橋ジャンクションを仰ぐと、桁側面に陽光を反射して、古川の上流に向かって収束してゆく、見事な造形を見せてくれました。

170_022.jpg

170_023.jpg芝浦運河に入り、古川水門をくぐってすぐ右手、新芝浦橋の西詰近くにも桜の一群が。

右の写真は、以前も紹介した南浜橋~浦島橋間のテラスにある桜並木。こちらも3~4分咲きといった感じです。河畔桜の双璧ともいえる、大横川・目黒川には及ばないにせよ、道々の運河畔でも、こうしてあちこちの桜の姿を拾って歩けるのは楽しいものですね。


170024.jpg浦島橋は、芝浦運河地帯でも数少なくなった、リベット組みの鋼桁橋です。架け替えが著しい芝浦ともなれば、腕はまずくともやはり、アップで一枚収めておきたくなるというもの。

写真左手も、テラスの工事がだいぶ進んできましたね。整備が進むにつれて、東京港のバックヤードとして働いてきた運河地帯の面影は、急速に薄れてゆきます。


170025.jpg
港栄橋をくぐって、アーバンランチがやってきました。橋の手前で右に寄せて停止、道を譲って通過を待ちます。

全高を抑えた姿勢に、カタマランならではの旋回性能のよさを考えると、都内ならほとんどの狭水路で運用できそうですね。港湾部だけでなく、江東や隅田川西岸の河川でも、活躍する姿を見てみたいものです。チャーター便で、川めぐりをしたことはあるのかな?
撮影地点のMapion地図

(27年3月29日撮影)

(『3月29日のお花見水路…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 古川 高架下水路 竹芝運河 芝浦運河 アーバンランチ 水上バス

7月28日の川景色…4

(『7月28日の川景色…3』のつづき)

129016.jpgゆるゆると隅田川を下り、築地市場の前まで来たところで、左折し浜前水門をくぐりました。朝潮運河に建設中の、環状2号線の橋がどのくらい進捗したのか(『環状2号線の架橋工事…1』参照)、気になったからです。

しかし、周囲に巨大マンションが立ち並んだせいか、もともとこじんまりとした雰囲気の浜前水門が、さらに縮んで見えるなあ…。


129017.jpg
新月島川を抜けてみると、果たして、中央径間の桁の半分、上り線部分が架橋済みでした。

足場で覆われているせいもありましょうが、思ったより桁下高が低いですね。朝潮水門の運転室、電光掲示板ともに、ほとんど桁で隠されてしまっています。右端、橋脚には2灯式信号が設けられています。工事が進むにつれて、水門の設備は順次、橋の北側に移されるのでしょう。

129018.jpg
あっ、左側の径間、角落しで閉鎖されていますね。いよいよこちらも、扉体の更新工事でしょうか?

海側は天端一杯まで角落しを積み上げるのですが、こちらは満潮面より少し上のレベルで留められているので、色あせた扉体がよく見えます。

129019.jpg水門を出たところで振り返って。やはり橋桁が架かると、海側から見た印象も以前とだいぶ異なりますね。

扉体の更新工事が終わったころには、残りの1径間も橋の架設が成っていることでしょう。





129020.jpg朝潮運河を出た後は、芝浦運河地帯も見てみたくなりました。港内を横断し、古川河口・竹芝運河から進入。

浜崎橋も、塗り替えでもしているのか、桁下に足場とネットが張り出して、高欄には「↓航路有効幅員11.0m↓」の横断幕が掲げられていました。
撮影地点のMapion地図

(25年7月28日撮影)

(『7月28日の川景色…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新月島川 朝潮運河 竹芝運河 浜前水門 朝潮水門

光射す高架下水路・古川…1

(『夕凪橋の架け替え』のつづき)

120046.jpg
(承前)…古川です!
船頭にとっては何分難しい川で、何度かご機嫌伺いをしたものの、肘鉄を喰らわされる「呼ばれていない」回が続き、本格的に進入するのは、21年5月3日以来(『古川再訪…1』以下のシリーズ参照)、実に4年ぶり。トラウマを克服できた前回と同様の、5月初旬にあやかっての訪問となりました。

竹芝運河をかすめて、空中の一点に吸い込まれゆくような、浜崎橋ジャンクションの高架を仰ぎながら左に転舵。この、気持ちのよいアプローチと高揚する気分、今回は間違いなく、もうビンビンに「呼ばれている」と根拠のない確信をして、勇躍、前進微速!

120047.jpg久しぶりに訪ねたのですから、紹介済み区間も省略せず、改めて通しでまいりましょう。真っ赤な縄定船隊の、船溜が途切れたところから望むと、北岸の浜松町駅や芝離宮庭園などと、南岸を結ぶ人道橋、その向こうには鉄道橋密集区間が見えます。

このあたりまでは頭上の高架もレイアウトが複雑で、また河道幅もあるためでしょう、日本橋川よろしく橋脚が河中に林立していますが、鉄道橋の上流からはがらりとやり方を変えて、高架橋脚は護岸の外へ出すようになり、また橋も橋脚のない一径間のもので統一されて、流路に障害物を設けないようにしていることがうかがえます。

120048.jpg鉄道橋の2群目をくぐろうとしたところで、列車の轟音に思わず見上げると、ちょうど新幹線が通過するところでした。おお、いいタイミングで先頭車が撮れた…。

見上げて改めて気づいたのですが、ここの高架橋脚、前後のそれにくらべてえらく華奢ですね。ここだけ鉄道の橋脚から立ち上がっているのも、ちょっと変わっています。


120049.jpg

120050.jpgそしてお久しぶり、船宿街の船溜区間。こんちまたほどよいギッシリぶりで、何よりであります。

右写真、金杉橋が見えるあたりで、橋脚の一本に、蔦が這いのぼっているものがあるのに気づきました。陽当たりのせいでしょうか、桁の真下で途切れていますが、いずれ対岸まで達して、頭上にそよそよと葉を茂らせる日が来るのかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(25年5月4日撮影)

【25年6月1日追記】2枚目、屋根つきの人道橋は新浜橋港区HP)というそうで、初代橋は大正2年7月ごろ創架なのだとか。実は歴史のある橋なのですね。

(『光射す高架下水路・古川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 古川 高架下水路 竹芝運河

運河でストーカー

(『目黒川をのぞいてみると…3』のつづき)

56077.jpg目黒川を出た後は、高浜運河高浜西運河芝浦運河といつものコースで、沿岸の桜たちを拾いながらさらに北上。

写真は芝浦運河の浦島橋と南浜橋の間、芝浦二丁目にある、ささやかなテラス沿いの桜並木です。周りに人影がないところを見ると、ちょっとした穴場(?)かもしれません。



56078.jpg芝浦運河北端、古川水門を視界にとらえたあたりで、先行する一隻の艇を発見。あっ、海上保安庁の監視取締艇だ!

運河上ではもう数回出会っている(しかもうち一度は『臨検』された!)とはいえ、珍しいことには変わりありません。例によって悪い癖が出て、ストーカーしてしまおうと、ぐっと増速して航跡の中へ。

56079.jpg芝浦運河を出た監視取締艇は、右に舵を切って竹芝運河、浜崎橋の下へ。まあ、まさか古川へ向かうはずはありますまいが、淡い期待を抱いてしまいました。

しかし、巡視艇と違ってマストがないとはいえ、レドームなどトップの装備類を考えると、結構高さがありますね。もう少し潮位が高ければ、このあたりの橋はとてもかわせないでしょう。
撮影地点のMapion地図

56080.jpg
幅が広く、トンネルのような浜崎橋・新浜崎橋をいっしょにくぐって、港内へ。大馬力の高速艇らしい爆音を、間近に聞きながらのストーカー、短い間でしたが楽しませていただきました。

ほぼぐるりに取り付けられたフェンダーが、ここから見ても大きく両舷側に張り出しているのがわかります。ちなみに艇名は「かぺら」でした。

56081.jpg「かぺら」と別れ、隅田川を遡ると、今までとは打って変わった波荒い川面に、都大路の賑やかさを実感。やはり春先の大川筋は、フネブネの引き波で静まる間もないくらいでなければ。

波にもまれつつ、右へ左へと忙しく舵を切りながら、目指すは定番中の定番、大横川です。


(23年4月10日撮影)

(『内部河川の桜…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦運河 竹芝運河 隅田川 監視取締艇