水路の立役者たち、揃い踏み!

この趣味、機付きの木っ端ブネと可航水路さえあれば、まず申し分なく成り立つ遊びですので、極端ないい方をすれば、水路上を走る高架も、クレーンも、橋さえもなくたって、一向に構わないわけです。

可航幅を狭める高架橋脚や、上空高を制限する橋桁がなくなるだけで、大型艇の遡上範囲は一気に広がりますし、水上からの見通しもよくなって、眺望とともに航行の安全にも寄与するでしょう。

64013.jpg
しかし、そんな水路に、果たして飽かず惹かれ続けたかしらと考えると、答えは否でしょう。例え開鑿に至る背景や、街の発展に役立った歴史を知っていたとしても、いうなればディテールに乏しい平板な水路風景には、これほどの魅力を感じなかったと思います。

高架や橋の多さは、街が盛んに息づいているあかしであり、それらを見上げ、堪能できる街中の水路歩きは、一部の大都会でしかできない貴重な体験なのだと思っています。彼らはいわば、水路をより魅力的にしている立役者なのです。

64014.jpg
まあ、立役者だとしゃちこばっても、そう思っているのは私含め一部の人だけでしょうから、今回、タモリ倶楽部で取り上げていただけると知ったときは、「テレビを見ている人に、面白がってもらえるのかしら?」という不安は少しあったものの、いつも世話になっている彼らに、何か恩返しをしたような気がして、やはり嬉しかったものです。

それも竪川の高架下水路、水上派出所、旧防波堤、晴海の廃線跡、そして古賀オール岸壁と、船頭的にはまさにオールスター夢の共演で、たたみかけて紹介してくださるというのですから、やりがいもあろうというもの。

もっとも、生来のアガリ症ばかりはどうしょうもなく、緊張のあまり注意散漫になって突っ込まれる(これを書いている時点で、どこまで放映されるかはわかりませんが)など、惨憺たる有様でお見苦しい限り。もう暗渠が…いや、穴があったら入りたい気分です。

64015.jpg
中でも特に嬉しかったのが、「運河の給油所」第一石油販売(上の写真)の方とお話ができたとき。

日曜祭日は休業の上、ディーゼル船専門とくればまずご縁はあるまいと思っていたので、ほんの短時間ながら幸せなひとときでした。こんな貴重な体験ができたのも、番組収録ならではと感謝しています。ありがとうございました。

【ご案内】
竪川ほかの高架下水路イグアナクレーン古賀オールについてはそれぞれタグからどうぞ。
竪川については、過去ログ「竪川…1」「竪川…2」「竪川…3」でも全区間を紹介しています。

ちなみに、イグアナクレーンの命名者は佐藤淳一氏です。あっ、もとは中黒つきだったんですね。しまった。
⇒「イグアナ・クレーン」(Das Otterhaus

【追記】こちらのブログで、タモリ倶楽部を丹念に記録されています。⇒チミンモラスイ!
[タ]最低橋リンボー・クルージング@大横川
[タ]Tokyo運河Walker創刊!?


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 竪川 汐見運河 イグアナクレーン 高架下水路 江東内部河川 第一石油販売 タモリ倶楽部

11月3日のフネブネと川景色…4

(『11月3日のフネブネと川景色…3』のつづき)

44016.jpg両国橋は工事中で、足場とネットですっぽり覆われていました。「十大橋」の中でも傷みが激しかったので、いよいよ大規模な補修が行われるのでしょう。

このネットがふるっていて、ゆるい曲線を描く桁下端に、赤いネットが帯状に沿わされているのです。遠目に見ると、赤いアーチリングの新しい橋が架かったよう。まあ、単なる警戒色なのでしょうが、見ようによってはなかなか小粋な装いでした。

44017.jpg神田川に再び入り、下流部で写真を撮った後は、これといって用はなかったのですが、勢いでなんとなく竪川へ寄り道してみました。バウに大野氏を乗せたまま、輻輳する隅田川を横断。

竪川水門をくぐった直後、一の橋の北詰にあったポンツン小屋(過去ログ『竪川…3』参照)がなくなっていました。えーと、火事に逢って燃えてしまったんでしたっけ?(未確認です、違ったらごめんなさい)

44018.jpg第二橋、塩原橋。橋の上から釣り糸を垂れる人もいますから、最微速で声をかけつつ通過。

雲ひとつない快晴とあって、「明るい高架下水路」竪川を堪能するには絶好のコンディション。水の透明度はいま一つですが、水面にも陽がよく差し、反射した陽光は高架の桁裏を照らして、構造を鈍く光らせます。
撮影地点のMapion地図

44019.jpg橋脚も両端にあってよく陽が当たるせいか、どこか軽快な感じがします。西端部が浅く、低い橋があることもあって、近場の割には訪問頻度が低いのですが、やはり寄り道してみるものです、実に楽しい!

しかし、バウにバラスト要員(失礼)に乗ってもらうと、低速時の保針性が段違いなのを実感するなあ…。

今回はほぼ定員いっぱいの乗艇とあって、アップトリムになってしまい、神田川・日本橋川の動画撮影時には艇がどうしてもふらつき気味で、抑えるのに苦労させられたからです。
MOOK「水路をゆく」完成後に、DVDで神田川の区間を拝見したら、やはりフラフラしているのがわかり、頭を抱えました。後知恵ですが、カディに水を入れたポリタンクでも積んで、トリムを調整しておけばよかったですね。

44020.jpg
しつこいようですが、もう一枚。お天気のときに寄り道できてよかった!


(22年11月3日撮影)

(『11月3日のフネブネと川景色…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 竪川 江東内部河川 高架下水路

【特盛】高架下水路づくし

以前も書いたと思うのですが、首都高が覆いかぶさった川を渡って通学していたせいか、高架下を流れる水路というものに、どういうわけだか惹かれるものがありました。

先日南前堀を訪ねたことで、東京近辺の高架下可航水路は、ほとんど見て回ることができた、ということもあり、高架下水路のまとめでもやろうかしら…と、思っていたら、エスカレーター愛好家のtamuraさん(ブログ:東京エスカレーター)が、「高架橋脚ファンクラブ」を設立されたとのこと。
おお、これは楽しそうですね! 応援も兼ねて、高架下水路づくしとまいりましょう。お目汚しまで、今まで走った高架下水路の写真を一枚づつ、以下にまとめてみました。

なお、ここに採り上げた高架下水路は、「道路・線路が水路の水面上を、流路とほぼ同方向に走っていて、しかも高架下に可航状態の水路が確保されているもの」と、勝手に定義させていただきました。
ですから、隅田川や綾瀬川のように、河畔に橋脚を建て、水面に少しはみ出した形で走っている高架道路は、仲間に数えていません。悪しからずご了承ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 日本橋川 神田川 旧綾瀬川 石神井川 竪川 古川 南前堀 高浜西運河 中村川 高架下水路

マニアパ的水路行…4

(『マニアパ的水路行…3』のつづき)

16016.jpg前回同様、明るい高架下水路を見ていただこうと、大横川の北端から竪川へ。ここもバドン氏的には見どころがありそうですね。

雨がしばらく降っていないせいか、水の透明度は高く、艇の周りをついついと泳ぎ去る魚たちはもとより、水底まではっきりと見ることができるほど。
「前は暑いときに日陰ということでありがたかったけれど、今日みたいに涼しい日に来ても、なかなか爽やかですね。」と佐藤氏。

16017.jpgしばらく進むと、バドン氏がレア物件を発見したようで、奥様と南岸を指差して興奮の面持ち。
「ほら、王子様だよ!」
        …おっ王子サマ?
さすがに言葉を失っていると、バドン氏が指差す先には、何て言うんでしょう、あの煙突の先でクルクル回る換気筒のアレが。
佐藤氏も「まだメッキも輝いていて、美しいですよね」「ここまでキレイなのはなかなか見られない」と、しきりにうなずいておられる…。う~ん、どうやらその筋では、クルクルを指す言葉として、常識的に用いられているようです。勉強不足でした。

16018.jpg「王子様」の衝撃で終わった西側河川の団地めぐり、まさに怒涛のような情報量で、衝撃の連続でありました…。衝撃冷めやらぬまま、竪川を出て隅田川を下り、東京港方面へ。

愛しの超弩級舟屋、臨港消防署の旧庁舎まで来ると、あらら、3つの艇庫にはロープが二重に張られ、「立入禁止」の看板が…。
ううう、私のせいでしょうか。ご迷惑をおかけして申しわけないです…。

16019.jpg
朝潮運河から春海運河に入り、晴海埠頭に接岸する大型客船、「ザ・ワールド」(43,524総t)を眺めながら小休止。
「こうして見ると、客船も団地みたいなものですよね」「団地もあれ(装載艇が、側面の凹部に収まっている)みたいに、クルマとかベランダに吊り上げておけるようにしたら」なんてご意見も。

出港時から、風がちょっと強かったので、最初は安全を考えて見合わせようと思ったのですが、風向もほぼ東に変わったようだし、東京港でこの波なら大丈夫だろうと伝えると、男性軍から歓声が上がりました(奥様、申しわけありませんでした)。
そう、オトコなら、アレを見なくちゃ収まらない…(ニヤリ)。
撮影地点のMapion地図

16020.jpg行きがけの駄賃に、解体中と報じられている、実物大ガンダムの状況も見ておきましょう。

おお、きれいに骨組みだけになっている…。あの白いパーツ、肩の関節でしょうか?



(21年9月20日撮影)

(『9月20日の臨海大橋』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 竪川 王子様 臨港消防署 春海運河 東京港 客船 高架下水路 江東内部河川

水門先生と江東運河地帯…8

(『水門先生と江東運河地帯…7』のつづき)

12036.jpgここでちょっとした航路情報を(と言うほどのことではないかな)。大横川北端近く、菊川橋(A.P.+2.7m)の北、水路ほぼ中央に、ペットボトルを利用したブイが、写真のように2個設けられているのを発見。

何か沈置物でもあるのかしらと、西側に充分避けて通りながら、ブイの下に垂れるロープの先を、しげしげ眺めましたが、水中に何があるのかはわかりませんでした。
三浦にいたころは、こんなブイが至るところにあり、下にはタコツボなどの仕掛けを引き上げるための、長いロープが続いていたりしたので、気が抜けなかったものです。
撮影地点のMapion地図

12037.jpg竪川に入りました。だいぶ曇ってきたとはいえ、夏空の下の微速航行はツライものがありますから、首都高のつくる日陰が何よりのご馳走となり、一同「ああ~、スズシイ~」をまたも連呼。写真は竪川橋、A.P.+4.3m。

橋脚は、航路中央を空けた二本のタイプで走りやすく、頭上の首都高も西側に向けて高度を取ってゆくので、両岸の家並が低いこともあり、光りがよく差し込む明るい高架下水路です。

架かる橋たちも、直線的な桁橋が多いせいか、パース画のような風景によくなじんで、独特の景観を作り出すのに一役買っている風ですね。佐藤氏も、日陰の快適さとともに、この眺めを気に入ってくださったようです。
(竪川については、過去ログ竪川…1』ほか参照)

12038.jpg出口近く、一の橋に近づいてくると、水底が見えるほど浅くなり、ついには魚探の感も0.8mに。エンジンをチルトアップしつつ、「いや~、浅いですねえ」と繰り返しながら、なぜかニヤつく船頭。

写真は一の橋西側に浮かぶ、船宿のポンツン小屋。「なんか、家がそのまま浮かんでいるみたいですよね!」と、佐藤氏も水門撮影のときに発見され、すでにお気に入りのようです。
考えてみると、ちゃんと下見板で四方を張った、正当な(?)和式バラックの桟橋小屋って、もはや都内では貴重かもしれませんね。

12039.jpg竪川水門を出て、都市河川随一の濃厚さを誇る、江東運河地帯めぐりもおしまい。お二方、お疲れさまでした。

まあ、単に、私の行きたいところにお付き合いいただいただけなのですが、しばらくぶりに西側河川をうろついてみて、さまざまな変化を見ることもでき、興味深いご意見もうかがえて、楽しい航行でした。
撮影地点のMapion地図

12040.jpg帰路は隅田川を下り、亀島川にも立ち寄ってみました。日本橋・亀島川の両水門に守られたここは、都心には珍しい階段状護岸が残り、船溜も今なお活気があるなど、かつての河港街の面影を残す貴重な水路。

都内の現役橋では最も古い南高橋と、亀島川水門が見えるところまで来ると、水面に休んでいた海鳥たちがいっさんに飛び立ち、いにしえの港情緒を思い起こさせるようでした。
撮影地点のMapion地図

(21年8月9日撮影)

(『臨港消防署の異変』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 竪川 竪川水門 亀島川 高架下水路 江東内部河川