FC2ブログ

4月29日の川景色

(『4月29日のフネブネ…2』のつづき)

250011.jpg
落穂拾い的に4月29日の川景色を。豊洲運河、農水省の深川倉庫跡地(平成27年、『8月31日の豊洲運河』に解体中の写真あり)、倉庫が取り壊されて以来長きに渡って工事中ですが、このところジブを高々と掲げたクレーンが並んでおり、それもだんだん数を減じてきたところ。

何ができるのかは知りませんが、基礎工事が終わりに近づいたということでしょうか。澄んだ青空に紅白のジブが映えて、爽快な眺めではありました。

250012.jpg日本橋川との丁字流を右折して、おなじみ神田川の不燃ゴミ積み替え施設、三崎町中継所の前を航過。この日はバージと曳船のもやう姿はなく、少々寂しい光景ではありました。

まあ、バージがいなければいないで、護岸にボルト留めされたゴムフェンダーや、点々と設けられた繋留用のアイ(鉄環)など、ディテールが観察できるチャンスではあるので、興味深く拝見。


250013.jpg
お茶の水橋の下から望んだ、これもおなじみ巨大足場。御茶ノ水駅の改築工事も佳境に入ってきて、長い間眺めてきたこの足場も、撤去のスケジュールが見えてきたのではないでしょうか。もはや川景色の一部と化していたこれも、いつかは取り去られる運命、しっかりと記録しておこう‥‥。

250014.jpg
東武線の隅田川橋梁に併設される人道橋、「すみだリバーウォーク」と名付けられたそうですが、この日見てみたかぎりでは、ほぼ完成しているようでした。

延長のほとんどは下流側に沿って設けられ、西岸近くのみ上流側から入り、構造の中をくぐって下流側へ出るつくり。川を行き交うフネブネはもとより、鋼橋の構造も堪能できと、その筋の方にとっては、まさに一粒で2度おいしいといってよいでしょう!

250015.jpgちょっと片寄ってしまいましたが、桁の真下から仰いで。思ったより幅があり、人の行き来だけなら余裕は十分ありそう。上流側からは、原形を損なわない橋の姿が眺められるのもいいですね。

聞いたところでは、4月中に供用予定だったところ、コロナ禍の影響で6月に延期されたのだそう。供用されたら、ぜひ一度渡ってみたいです。

(令和2年4月29日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 豊洲運河 神田川 隅田川 三崎町中継所

4月4日のフネブネ

(『ひたすら満開の桜…6』のつづき)

249031.jpg
4月4日に出会ったフネブネをまとめます。
大横川・平久川の変則十字流で、右手の大横川から飛び出してきた小型清掃船、通称“手上げ”。今年はさくらまつりがなかったので、この時期としては通船も少なく静かな川面でしたが、清掃船のパトロールは変わらず続けられているのですね。

249032.jpg大島川水門を出て隅田川に入った直後、観光汽船の「竜馬」と「道灌」が実にいいタイミングで離合。新川1丁目の堤防上に咲き誇る、桜並木をバックにものすることができました。

‥‥しかし、ここから見たかぎり、一人もお客さんが乗っていないような‥‥。時節柄仕方がありませんが、このお花見日和、何とも寂しい風景ではありました。この直後、4月8日より長期休航になってしまうとは。

249033.jpg
神田川では、仙台堀の区間で豆曳船「第36中島丸」と行逢。大きく避航していただいてありがとうございます。点々と浮かぶ桜の花弁が、航跡に美しい模様をつくっていて、春らしい素敵なシーンが撮れました。

249034.jpg
その少し後、ほぼ続航といってよい形で、警備艇「いそちどり」が登場。徐航している姿を正面からとらえると、滑走時の軽快な感じとは違った重々しさが。警察船艇はやっぱり、グレーが格好いいですねえ‥‥。

249035.jpgおなじみ墨田川造船、「3月15日のフネブネ…2」でも触れた建造中の巡視艇(巡視船かも?)「みかづき」の進捗を拝見。

おっ、本塗りに入ったようで、おなじみの塗色になりましたね。船名はマスキングされているのでしょう、白く塗りつぶされて見えなくなっていました。

(令和2年4月4日撮影)

(『竣工間近な常磐橋』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平久川 隅田川 神田川 東雲北運河 清掃船 水上バス 曳船 警備艇 巡視艇

ひたすら満開の桜…4

(『ひたすら満開の桜…3』のつづき)

249016.jpg
桜を求めて、お次は神田川へ。水面にはすでに結構な量の花びらが浮かんでいたのですが、下流部ではご覧のように軽く花筏もできていました。桜を目にする前から、桜の存在を色濃く感じられる花筏、何気に嬉しいものですね。

249017.jpg
昌平橋北詰、松住町架道橋の鮮やかなグリーンをバックに、ただ一本ながらけなげに咲き誇る桜。お茶の水分水路の吐口直上が小公園になっていますが、ベンチで休憩しながらお花見ができるとは、粋な計らいじゃないですか。

249018.jpg
こちらは丸ノ内線神田川橋梁の北詰あたり。つまり、ここもトンネルの上なわけで‥‥。土かぶりの浅いところにご縁がありますね。

249019.jpg
上の二つに続いて、ここもトンネルの上といえる場所。お茶の水分水路の最上流、ボックスカルバートが法面の下に露出しているところ。川面からは高さがありますが、ささやかながら桜並木になっています。

249020.jpg
河畔の桜並木といえば、この近くではやはり、日本橋川の分流点から間もなく、三崎橋下流のそれが一番の規模です。平成28年4月、「散りぎわのお花見水路…9」では、見事な桜吹雪を体験させてくれましたが、今年はどうでしょうか。

丁字流を左折し、三崎橋をくぐってみると‥‥おお、陽光を浴びて、神々しいくらいに輝いていますね! これは楽しめそうです。
撮影地点のMapion地図

(令和2年4月4日撮影)

(『ひたすら満開の桜…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 日本橋川 高架下水路

11月10日の水路風景…2

(『11月10日の水路風景…1』のつづき)

242006.jpg
神田川をさらに下り、昌平橋を前にしたあたりで、行逢船が見えてきました。減速して右に寄せ待っていると、どうやら湾岸署の警備艇のようです。向こうも減速し避航してくれたので、手を振ってすれ違いました。

242007.jpg船名は「いそちどり」。この日は今上の即位の礼の行事の一つ「祝賀御列の儀」が行われ、都心部は結構な警戒ぶりでしたが、河上もそれなりの態勢であろうと、少々身構えていた部分もありました。

ところが、日本橋川・神田川を一巡して、出会った官船はこの警備艇のみ。橋上で待機する機動隊のバスはいくつか見られただけに、ちょっと拍子抜けしたのは正直なところです。

242008.jpg
ふたたび隅田川に出て、浅草へ向かうことにしました。厩橋で観光汽船「アワータウン」を正横に見て一枚。鋭い秋の陽射しが、船体のディテールや橋の構造をくっきり浮き立たせて、何気ないスナップも気持ちのよいものに。

242009.jpgすでに各所で報じられていますが、東武線隅田川橋梁の側面に人道橋を併設する件、すでに工事が始まっているようですね。

美しいトラスの外観が損なわれることもあり、少々複雑な気持であるのですが‥‥。古豪鋼橋を撫でまわせるとあれば、やっぱり嬉々として利用してしまうんだろうなあ。フネブネの写真をものするにも格好の場所になりそうですから、船舶ファンにも朗報といってよいでしょう。

242010.jpg
波もない穏やかさとあって、晴海沖まで出て漂泊しつつしばしの休憩。と、左舷後方からゆっくり、臨港消防署の「すみだ」が現れました。演習を終えて、朝潮運河に帰港するところですね。行き足を抑えゆるゆる進む姿、初めて見るどこかのんびりとした表情。逆光に黒く沈む船体を見送ったのでした。
撮影地点のMapion地図

(元年11月10日撮影)

(『11月10日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 隅田川 東京港 警備艇 水上バス 消防艇

11月10日の水路風景…1

242001.jpg11月10日日曜日はゲストをお迎えして、近場をめぐってきました。終日雲一つない秋晴れに恵まれ、風も穏やかと絶好の水路日和。

降雨がしばらくなかったことも手伝い、水もよく澄んで、船外機の水面下にある部分もきれいに見えるほど。もっとも乾燥してくると、砂塵がうっすらと艇を覆うようになるのが痛いところ。写真でも船外機を拭かずに降ろしたので、ホコリで白くなっているのがわかります。

242002.jpg
桟橋を離れると、オオバン君の姿がちらほら見られました。まだ数は多くないのですが、第一陣が渡ってきたようですね。澄んだ河水と水鳥たちの姿、そして穏やかな晴天。水路徘徊に絶好な季節が始まったことを感じて、気分も上々です。

242003.jpg
日本橋川に入ってみると、首都高の高架の桁裏や橋脚に、陽射しを反射した水面の波紋がきれいな模様をつくっていて、思わず一枚。桁裏の波紋は秋冬に限ったことではありませんが、陽の低くなるこの季節のものの方が、より美しく思えます。

242004.jpg
すでに「10月1日の川景色」で紹介した、気になる常磐橋復元の進捗状況。さすがに一月余りしか経っていないので、見たところさしたる変化はありませんでしたが、それでも大きな組立の終わった橋上は、だいぶ片付いたように見受けられ、竣工が遠からぬことを感じさせました。きれいに洗浄された白い石の肌、何度見てもいいですねえ。

242005.jpg逆光でゴーストだらけになってしまいましたが、お茶の水橋が改修に入って養生された様子の記録と、例の巨大足場とのツーショットを兼ねて一枚。

神田川にとっても、まことに世紀の大工事といってよい規模ですよね。加えて、同時に聖橋の補強を兼ねた復元と、今回お茶の水橋もときたわけですから、茗渓・仙台堀の区間はこの数年、落ち着くいとまもありませんでした。すべてが竣工した後は、かえって寂しく思えてしまうかもしれませんね‥‥。
撮影地点のMapion地図

(元年11月10日撮影)

(『11月10日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 神田川 高架下水路 水辺の鳥たち 常磐橋