FC2ブログ

4月28日の川景色…2

(『4月28日の川景色…1』のつづき)

234021.jpg
前後しますが、いくつか気になったところを。源森川に向かう道々、足場で覆われた厩橋を見上げて。隅田川の主だった橋たちが、軒並み再塗装にかかり、一様に足場で覆われて「ドット絵」と化している風景‥‥。

水上観光の視点から見るとちょっとマイナスかも知れませんが、考えてみると今しか見られない、貴重な景観なのかも。ともあれ震災復興橋が大切にされているのですから、嬉しいことではあります。

234022.jpg
神田川、後楽橋をくぐったら、三崎町中継所の前にバージも曳船ももやっておらず、珍しいことだと驚かされました。‥‥えっ、まさか廃止? と一瞬勘繰ってしまったほど。

いや、先日「3月15日の川景色…3」でも見たように、大きな土運船が出入りするので、可航幅を確保するためですね。

234023.jpgあまりいい写真が撮れなかったのですが、覚え書きとして。

日本橋川の流頭部、中央線の小石川橋通架道橋ですが、陸橋径間に続いて、このたび河道上の径間も塗り替えられ、3径間、上下線ともきれいなグレーで統一されました。


234024.jpg亀島川の日本橋水門、右2番径間が半ば閉じられ通航不可に。当然1番径間を通航するわけですが、ここは以前も触れた巨大足場があり、結構スリルのある通航になりそう。

工事が始まってこの方、誘導員さんが管理橋の上にぽつりと腰かけていて、ご苦労がしのばれました。お疲れさまです‥‥。

234025.jpg
隅田川派川を下っていたら、先行する艇が日本橋署の消防艇「きよす」でした。しばらく続航して航跡をなぞり、相生橋をくぐったところで「きよす」は晴海方面へそれていったので一枚。

街場の水路の護りを引き受けて、お休みの日も訓練にいそしむ頼もしい姿、頭が下がります。

(31年4月28日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 神田川 日本橋川 隅田川派川 日本橋水門 消防艇

4月28日の川景色…1

(『お久しぶりです「源森川」…3』のつづき)

234016.jpg隅田川、総武線橋梁のすぐ上流では、テラス上にご覧のような鯉のぼりの魚群(?)が。このすぐ左には、普通に竿を立てた鯉のぼりもありました。

他地方では川面を横断するような、大規模なものが各所で行われているので、パッと見ちょっと地味な感じがしますが、やはりいいものですね。最近は、個人宅で鯉のぼりを見かけることも少なくなりました。


234017.jpg
神田川の万世橋付近では、堤防に石垣風の化粧板を張って、修景工事中であることをすでに触れましたが、上写真の足場はともかく、興味を惹かれて撮ったのが下の写真。

234018.jpg石板を木枠で梱包したものを、水に浸かった状態で基礎護岸上に置いてあります。手前のものは、衝突防止の灯標が備えてありますね。

もしかして、満潮時に水面下になる部分の石板は、施工前にあらかじめ水に漬けておいた方が、よい結果を生むのでしょうか? 理由をあれこれ妄想してしまいたくなる光景でした。

234019.jpg
ジャッキアップ工事も終わって、足場や仮橋もすっかり取り払われ、久しぶりに静けさを取り戻した、豊海橋の姿を記念に一枚。

いいタイミングで、隅田川を消防艇が通過。桁下高が高まった分、より威容が増したように感じられました。何より、タイプとしても希少な震災復興橋が、手を入れられて今後もここに在り続けてくれることが嬉しいですね。関係者の方々の英断に敬意を表したいです。

234020.jpg
改修された橋台も。改修前と比較写真にしたかったのですが、変わらない風景だと無精していたのがたたって、あまりよい写真がありませんでした。

かさ上げの寸法も、陸路現地を訪ね施工計画の説明看板でも見ておけばわかったのでしょうが、後の祭りであります。ともあれ、これで観光船も高潮位時にさえぎられることなく、日本橋船着場へ出入りしやすくなったわけですから、川面目線なら慶事といってよいですね。

(31年4月28日撮影)

(『4月28日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 神田川 日本橋川

3月15日の川景色…3

(『3月15日の川景色…2』のつづき)

231061.jpg日本橋川を流頭部まで遡上し、神田川との分流点が見えてきたところで、一つ興味深いことがありました。

警戒船から、大型船が通るので15分ほど待機の声がかかり、漂泊していたら、神田川に曳索をピンと張った曳船が出現。後に続くバージは‥‥と注目していると、なるほど、待たされただけあって大きい! なかなか全容を現さず、川幅より長いように思えたくらいです。


231062.jpg
通航可の指示があったので、丁字流に進みさっそく左手を見てみたら、まあ、バージの大きいこと。「10月14日の川景色…1」で触れた、送泥管の末端にいたクレーン船に横付けしたら、流路がほぼ塞がってしまいました。

聞いたところでは、市ヶ谷濠で浚渫した泥をここまで圧送しているそうですから、曳かれてきた大きなバージは土運船ですね。これも平日でなくては見られない光景で、ゲストも興味深げでした。

231063.jpg私にとってもう一つ興味深かったのは、船宿・三浦屋さんのオープン観光船「粋人丸」が、警戒船任務に就いていたこと。2機がけで4~50人は乗れるこの船が、警戒船もこなすとは! と、珍しく眺めました。

H艇長によると、こういうことは決して珍しくはない、とのことでした。安定している上広いスペースが取れるので、作業員さんの休憩所としては好適かもしれません。

231064.jpg
お茶の水まで下り、丸ノ内線の橋を振り返ったところで‥‥おおお! デビューしたばかりの新型車が登場したというグッドタイミング。昔を思い出させる、真っ赤な塗装もさることながら、妻面近くの丸窓がいかしていますね。

231065.jpg
少し下って、昌平橋~万世橋間では、護岸の表面に石垣風の化粧板を貼る工事中でした。すでに万世橋~和泉橋間では施工済みだったので、人目につく区間から、徐々に広げてゆく心づもりなのでしょうね。
撮影地点のMapion地図

(31年3月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 神田川 高架下水路

10月14日の川景色…5

(『10月14日の川景色…4』のつづき)

その4 :橋とトリさんと‥‥
226021.jpg
豊洲市場開場とともに、架橋以来10年の長きに渡って不遇をかこっていた豊洲大橋も、ようやく供用のスケジュールが発表されて何より。曇り空とて、グレーの桁が保護色になってどうもいま一つですが、エッジの立った魅力的な桁を仰いで一枚。

あれ? この日ようやく気付いたのもうかつでしたが、橋脚がグレーに塗り込められている‥‥。平成20年7月の架橋時、「春海運河スペクタクル…2」のときは少なくとも、石で化粧張りが施されていたのですけれど、いつからこうなったんだろう。

226022.jpg

226023.jpg上は晴海埠頭で見かけたウミネコの群れ。くるんと首を突っ込んで丸くふくらまり、やはり寒そうです。今まで暖かだったのに、急に気温が下がりましたからね。

右は神田川、和泉橋下流の堤防上で出会ったウミネコさん。ボリボリと羽づくろいしているところを撮ったつもりだったんですが、カメラを向けたら「ん? 何撮ってんだ!」といった風情でにらまれてしまいました。


226024.jpgそうそう、珍しいお客さんがありました。神田川を遡上していたら、和泉橋上流でトンボさんが飛来、そのままご乗船に。

羽をゆるめて休んでいるようだったので、驚かさないようにそ~っと艇を歩かせて、しばらく水路行にお付き合いいただきました。くつろいだ様子がとても可愛らしかったです。

226025.jpg
清洲橋は主塔までメッシュですっぽり養生され、遠くから見ると「リアルドット絵」といった雰囲気。

昨年「10月9日の川景色」で、白髭橋が同様の状態になっていましたよね。隅田川の橋梁群でも、曲線の多い下路式の震災復興橋は特にリアルドット絵になりやすい(?)ようで、面白くはあります。
撮影地点のMapion地図

(30年10月14日撮影)

(『10月14日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 神田川 隅田川 豊洲大橋 水辺の鳥たち

10月14日の川景色…2

(『10月14日の川景色…1』のつづき)

226006.jpg

226007.jpg送泥管は結構長く続いており、どこかで台船でも出てくるのか、それとも流路なりに右へ曲がって、白鳥橋の方へ向かうのかしらと、横目でにらみながら高架下を遡上して約1㎞。

台船も現れず曲がりもせずに、そのまま直進して船河原橋をくぐり、何と飯田橋の下へ消えていたのでした。


226008.jpg
さらに近づいてのぞき込んでみると、送泥管は飯田橋をくぐってその奥、暗渠の中まで続いているようですね。これでは末端を確認することはできません。

暗渠は上に飯田橋セントラルプラザが立つ旧飯田濠で、牛込・市ヶ谷濠の水をはける落し口。この先にあるお濠や、暗渠の底ざらえでもしているのかなあ。飯田橋の真下にある管上では、先ほど同様鷺が休んでいて、じっとこちらを見つめていました。

226009.jpg

226010.jpg工事の詳細はさておき、水面から見られるところまで見届けたので、転回して下航。下りながらの視点だと、根元のフェンダーがよいアクセントになって、背の高い橋脚が引き立ち、なかなか格好よい眺めです。

右写真、可撓継手が何とはなしに気になって一枚。数十m置きに設けられ、引き波などによるたわみを吸収するとともに、屈折点にも用いられていました。

(30年10月14日撮影)

(『10月14日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 高架下水路