12月10日の川景色…5

(『12月10日の川景色…4』のつづき)

214046.jpg堀割区間も終端近く、しんしんと沁み入る冷気を我慢しながら、水道橋の下流まで来ると、結構な大きさのクレーン船が。

擁壁の更新・補強は終わったはずですが、まだ残工事があるのかな。「(株)菊鷹産業」とロゴの入ったクレーンを横目に通り過ぎようとすると‥‥。


214047.jpg
おお、格好良い豆曳船が! 姿勢を低く抑えた甲板室、黒一色の舷側となかなかの雰囲気。

驚かされたのがトランサムの表記で、船名の「第二つくば」の下、原籍港が「茨城県神栖」! えええ、利根川~江戸川経由で自力回航してきたのかしら? まさかそんなことはありますまいが、川舟趣味者としては妄想してしまいますよ、ええ。

214048.jpg
三崎町中継所の前では、おなじみの顔「第36中島丸」が休んでいました。中島さんの兄弟たちの中では、確か最小クラス。こじんまりとよくまとまった、均整の取れた外観が魅力。

214049.jpg
そうそう、新常盤橋のすぐ上流に架けられた人道橋、「竜閑さくら橋」という名前に決まったようですね(『新しい橋の名称が「竜閑さくら橋」に決定しました千代田区HPより)。

供用開始は、平成30年春を予定しているとのこと。動輪のエンブレムが間近に眺められ、電車、高架下とも堪能できるスポット、その筋の皆さんにとっては、楽しい橋になることでしょう。

214050.jpgその新常盤橋をくぐりながらシャッターを切ったところ、何やら光のタマのようなものがいっぱい散りばめられて写り、一昔前の、昼の奥様向けメロドラマのオープニングを思わせる一枚に(笑)。

し、心霊写真じゃないですよね? まあ、単にレンズが汚れていて、ホコリが写り込んでしまっただけのような気が‥‥。いかに手入れを怠っているかがわかってしまったという、お粗末な次第でありました。
撮影地点のMapion地図

(29年12月10日撮影)

(『12月10日の川景色…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 日本橋川 曳船 高架下水路

12月10日の川景色…4

(『12月10日の川景色…3』のつづき)

214041.jpgというわけで、お待ちかねの聖橋が近づいてまいりました。折よく丸ノ内線電車が轟音と共に通過、背後に林立するクレーンの紅白とともに、久しぶりの邂逅に花を添えてくれます。

陽の射さない影になっているのが残念だけれど、ここから見たかぎり、原形に近いあののっぺりとした感じが復活しているような。さあ、参りましょう。

214042.jpg
おおおお! あの、意図を判じかねたスジ彫りの装飾がすっかり失せて、竣工時を思わせるイイ感じに!

ん? 右の歩道が通る径間は、以前のままスジ彫りがある‥‥。ちょっとバランスを欠くのが残念ですが、更新工事は川をまたぐ中央径間のみなのでしょうか。

214043.jpg
さらに接近、ああ、イイですなあ。足場の支承があるあたりから下は、まだ表面が仕上げられていないのですね。ここも上部同様の質感で、平滑に塗粧されるんですよね?

214044.jpg
しつこいようですが(本当にしつこいな)、嬉しいので仰いでもう一枚。近づいて眺めると、私の子供のころに見た原形の姿より、エッジがシャープに過ぎるような印象を受けました。もっとこう面を取ったように、角はわずかに落としてあった記憶があるのです。

まあ、竣工から半世紀近く経って、表面はかなりくたびれていましたから、竣工時を再現したとなれば、これでよいのかもしれません。

214045.jpg思えばこの「世紀の大工事」を、足場の構築から観察させてもらったわけで、この風景も見納めとなれば、愛おしくもなろうというもの。作業にあたった皆様、お疲れさまでした。イヤ、まだ工事は続くのですね‥‥。

子供のころから慣れ親しんだ橋が、元どおりの姿に、しかも美しく整備された嬉しさ。地元民としても冥利に尽きるものがありました。
撮影地点のMapion地図

(29年12月10日撮影)

(『12月10日の川景色…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川

12月10日の川景色…3

(『12月10日の川景色…2』のつづき)

214036.jpg
道々に、おなじみ堅川水門の進捗観察。8月13日とくらべると、右径間に巻上機室の鈑桁が渡され、右堰柱の足場は外されて、工程の半ばは過ぎたようですね。

214037.jpg神田川に入りました。聖橋の養生パネルが外されたと聞いて、やはり久方ぶりの全貌を眺めるなら川面から、と思って、近所で仕事しているにもかかわらず、見に行くのをガマンしていたのです。

この時期の神田川は、川辺に高いビルが迫り、本郷台の堀割区間はいわずもがなで、陽が射さず冷気が堪える区間。イヤ、顔がこわばりますが、聖橋見たさに背中を押され、微速前進!

214038.jpg
昌平橋と水道橋分水路の吐口があるここ、最近ビルが撤去されて駐車場になり、眺望がよくなりました。

ご覧のとおり総武線の松住町架道橋が、楽に拝めるようになったのです。ユリカモメ君たちが浮いている中にお邪魔して、陽光に輝く橋のサイドビューを堪能。

214039.jpg

214040.jpg昌平橋をくぐったら、陽の角度もよろしく人道橋の側面が反射して川面に映り、いい感じ。おっ、聖橋が早くも、チラリと見えてきましたね。

頭上を渡る総武線電車を仰ぎ、轟音を聞きながら、次第に姿を見せつつある聖橋との対面に、胸が高鳴るおっさん一人。ただし指先はかじかみ、顔面も固くこわばって、だらしないありさまではありましたが。
撮影地点のMapion地図

(29年12月10日撮影)

(『12月10日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 神田川 堅川水門

「東京エキマチ」Vol.15に…

210028.jpg東京駅構内のみで配布している、フリーペーパー「東京エキマチ」Vol.15に掲載された記事、「日本橋川 マニアック水路の旅」の取材のお手伝いをさせていただきました。

今号の特集は「乗りつぶし大特集」。東京駅周辺の街を採り上げるという、ある種タウン誌に近い本誌の性格上、取材地は日本橋、大手町、京橋といったエリア限定で、水路の紹介も江戸橋~常磐橋に限られていますが、街場として長い歴史を有するこの辺り、探索のタネにはこと欠きませんよね。

特集の他の記事も「エキマチ水路サイクリング」(荻窪 圭氏)で川跡や橋の痕跡をたどり、「ガード下ディープ散歩」でレンガの高架とガード下を訪ねと、その筋の人が読んでも楽しめる内容。

もちろん、美味で鳴らした老舗をはじめとしたタウンガイド、巻末には東京駅構内の詳しい案内図や、周辺地図に路線図も付いてと懇切で、「東京駅のタウン誌」として遺漏はありません。東京駅構内7か所で無償配布しているほか、ウェブサイトのPDFでも読むことができます。ぜひご覧ください。

210029.jpg
取材時のスナップを少しご覧に入れましょう。船は東京湾クルーズの「エスエスNANO2」、過去に水路上でたびたび出会った「エスエスNANO1」の略同型船で、プラ製シートをぎっしり並べた収容力重視のカタマラン。乗り心地も良く、船長の腕と抜群の操縦性で、見どころギリギリまで寄せてくれるなどサービスも満点。上天気も手伝い、お客さんを満載して日本橋船着場を出発。

カメラマンさんの撮影の都合上もあり、右舷の最前列に座らせてもらったのはよいのですが、足元にスピーカーがあったのは失礼ながら盲点ではありました。航行中は当然ながらガイドさんの説明が続くため、ライターさんと会話するのにも大声で‥‥。いや、難しいものであります。

210030.jpg常磐橋の工事現場にさしかかったところ、おお! クレーンが動いていて、ちょうど石材を吊り上げたところに遭遇。貴重なシーンを喜ぶとともに、まだ解体が終わっていないことに驚かされもしました。

クレーンは石材を吊ったまま、我々の方にぐるりとジブを回してきて‥‥イヤ、最微速ながら船は進んでいるのに、えーと、大丈夫かしら?


210031.jpg
石材が真上に! (ブルブル)‥‥ま、まあ、無事生還できたとことですし、めったにないスリリングな体験ができて、よかったと思うことにしました。

210032.jpg
取材区間を過ぎると、ついいつもの調子に戻ってしまい、のんびり(ごめんなさい)川景色を楽しむひととき。

お茶の水橋上流の屈曲区間の向こうから、三崎町中継所に向かう曳船とバージが現われました。こういうとき、最前列はよいもので、力強く河水を分ける曳船の雄姿をバッチリと。幸い基礎護岸のない区間で行逢したので、曳船は大きく面舵を切り、岸ギリギリまで寄せて避けてくれました。

210033.jpgそうそう、「統一デザイン水門」(『源森川水門、竣工間近』参照)に取りこぼしがあったのだった。隅田川に出たとき撮った、清澄排水機場樋門の更新後の姿。いやもう、見事にパターンを踏襲しています。可航水路の水門でないので、すっかり頭から抜け落ちていました。

スタッフのお三方の細やかなお心遣いのお陰で、またお天気にも恵まれ、楽しくお手伝いすることができました。ありがとうございました!

(29年9月9日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京エキマチ 日本橋川 神田川 高架下水路 曳船 常磐橋

旧4区の絵葉書にも涙したい

207061.jpgもう5年前になりますが、「深川区の絵葉書に涙する」で、旧深川区の地図絵葉書を紹介しました。その折にも触れたように、同時に入手していたシリーズものの地図絵葉書を並べて、悦に入ってみたいと思います。

シリーズは旧市域の15区がありましたが、何分可航水路バカのこととて、選んだのは堀割や河川が多い、大川流域の4区。前回も触れたとおり、発行年代は大正初めごろと推定、発行所は中村商店です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 絵葉書・古写真 隅田川 神田川 竪川 築地川 日本橋川