分水路に工事中の看板が‥‥

昨年2月、「2月19日の日本橋川…2」で、お茶の水分水路の呑口からシールドマシン発進縦坑まで、工事に入る告知があったことに触れましたが、最近になって「工事中の看板が設けられた」というのを人づてに聞き、本日用足しの道々見に行って来ました。

218051.jpg
おなじみ水道橋の下流、お茶の水分水路の呑口と、水道橋1号分水路の吐口を兼ねる、疎通口を橋上から眺めて。日中は27℃超に達した夏日でしたが、風が少し強めで冷たかったこともあり、暑さが堪えるというほどではありません。

去る2月3日にくぐったときは、冬の間に枯れて落ちたものだと思っていましたが、新緑の時季を迎えてもスダレ状になっていませんね。もしかして、最近は剪定しているのかしら? だとしたら艇の通航を考えてくれるようになったのか‥‥。イヤ、そんなことはありませんよね。流下の阻害になるものを取り除いたか、単に美観上といったところでしょう。

話が脱線しました。で、どこに看板があるかって? ホラ、よ~く見て下さい。一番上流側の径間の、さらに左‥‥。

218052.jpg
‥‥小っちゃいな。

もっとこう、工期や施工区間も併記した、ある程度の大きさのものを想像していたので、この小ささと表記のあっさり具合には驚きました。しかも、道路工事なら電柱に立て掛けるような、陸用の看板を流用(特に工夫さんがスコップで掘っている絵柄があるあたり!)したというのも、どこか力が抜けたような雰囲気が濃厚で、逆に印象深かったものです。

218053.jpgさらにズームでたぐって一枚。足場に番線か何かでくくりつけてあるのかと思ったら、ボルトを打ち金具を介した、意外としっかりとした取り付け。よく見ると、天と左右にはコーナーフェンダーが貼り付けられていて、船艇の衝突に備えてある‥‥。下端に書かれた「NODAK」なるロゴ、施工会社名(ノダック株式会社)みたいですね。

しかし、特に説明もなく、完全に通航船艇のみに向けたメッセージというあたり、えもいわれぬ(?)ものが。表向きは舟航施設でない分水路を、通航する艇(ハイ、私もその一人です)が結構あり、担当会社にもその旨都から指示が出ているような気もして、何か悪いことをしたような、妙な気持になったのでした。
撮影地点のMapion地図

(30年4月22日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 水道橋分水路 お茶の水分水路 分水路

4月8日の神田川

(『4月8日の常磐橋』のつづき)

218046.jpg毎度おなじみ、御茶ノ水駅横の巨大足場を上流側から望んで。左手法面の陽射しに輝く新緑とは対照的に、自らがつくる日陰に黒々と沈んだ姿が印象的です。

河道上の足場、仮設工作物のたぐいは多く目にしてきましたが、高さのみでいえばこれが群を抜いているように思えるのですが、いかがでしょうか。


218047.jpg

218048.jpg一足先に足場が外れて、更新工事が完了した聖橋の下から、青空にぽっかり浮かんだ白い雲を。RCアーチが作り出すまろやかな円弧のフレーム、いいものです。

さて、振り返って初々しい更新直後の質感を愛でて‥‥と気負っていたら、見事に失敗、ゆがみまくりです。聖橋自身が少しはすになっていることもあって、ズームの歪みを考えよく塩梅しないと、何やらフニャフニャになってしまいますのう。

218049.jpg
和泉橋を望んだところで、轟々と複数の爆音が聞こえてきました。PWCのフリートが遡上してきたのです。

いったん和泉橋船着場の前で漂泊し、後続艇を待ってから一群となって、ふたたび楽しそうに遡上してゆきました。暖かくなれば、大川筋も彼らの姿で賑わうことでしょう。

218050.jpg
神田川を出た後は、軽く浅草までお散歩です。好天とあって各船社の水上バス、プレジャーと上下する船も多く、都大路の華やかさが味わえました。

観光汽船の浅草船着場の前を通ると、「アーバンランチ」が接岸中。いよいよこちらまで定期航路が伸びたのかしら、と思ったらさにあらず。オフシャルサイトのインフォメーションを見ると、「浅草周遊『ちょこっとクルーズ』運航中!」とありました。同船着場を発着点に1日3便、約20分近場をめぐるという、小型船ならではの遊覧コース。気軽に楽しめそうでいいですね。

(30年4月8日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 隅田川 水上バス アーバンランチ

2月3日の川景色…9

(『2月3日の川景色…8』のつづき)

217041.jpg往路に分水路を通ると、復路に神田川本流を下航するときの川景色が新鮮で、ちょっとトクした気分ではあります。

工事の続く御茶ノ水駅付近、足場の高さはそのまま、水面と本郷台の比高を視覚で実感させる部分。そういえば、改修がほぼ成った聖橋はどうなったでしょう。


217042.jpgおお、仕上げが未施工だったアーチの基部が、足場で覆われていますね! これで表面全てが、白く真新しいコンクリートの肌に化粧されるのでしょう。

上流側は河道を横断する足場が迫っていて、全貌を拝むには難があります。下流側に出て、少し離れた定番のスポットから仰いでみるとしましょう。


217043.jpg
下流側から見て。両岸の足元まで真っ白になった、竣工時に限りなく近い聖橋がいずれ拝めると思うと、わくわくするものが。

しかし、前回も触れましたが、右の跨道橋アーチ径間、やはり気になりますねえ。ご担当の認識は中央径間だけが聖橋で、左右の径間は別の橋になっているのかなあ、と想像。

217044.jpg
昌平橋をくぐったところで、神田川ならではの行逢船、三崎町中継所通いの曳船+バージが遡上してきました。

おなじみの舟運風景ながら、何度出会っても嬉しいことには変わりなし。右に寄せて行き足を絞っていると、あちらも避航してくれました。船名は曳船が「第30中島丸」、バージは「中島第三〇号」。同じナンバーながらアラビア数字と漢数字で、区別しているのが面白いです。

217045.jpg
松住町架道橋をバックに上航するバージ、絵になるじゃないですか。橋詰が更地になっていなければ、撮れなかった角度です。乱れ飛ぶユリカモメの鳴き声を聞きながら、曳船とバージを見送ったのでした。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…10』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 曳船

2月3日の川景色…8

(『2月3日の川景色…7』のつづき)

217036.jpgお茶の水分水路通航のリクエストを受けて、昌平橋北詰の吐口よりいざ進入。そんなに久しぶり、という感覚は持っていなかったのですが、過去記事で確認してみたら26年3月以来、4年ぶりだったのですね。

気温はまだ低い時期にもかかわらず、入ってみるとムッとして、いつもより湿度が高い感じがしました。


217037.jpg
特に変化はない場所ではありますが、暗闇とあって写真がなかなかうまく撮れないこともあり、数打ちゃ当たるとばかりにバシバシと(やっぱりうまく撮れないあたり)。

ご存知シールド区間の始まり、ブレブレのザラザラになったものの、湛水線と水面が区別できるように撮れたのが救われた点。

217038.jpg
今回一番嬉しかったのは、「3月16日のお茶の水分水路…2」でその存在にようやく気付いた、「可撓セグメント」の看板がきれいに撮れたこと。正しくは「可撓セグメント部」だったんだ‥‥。

217039.jpg
そして発進縦坑を下流側から。何度訪ねても、荘厳な静謐さに打たれるものが。フラッシュの光の加減かもしれませんが、クレーンのレールの下端、こんなに白かったかな?

まあ、これだけ湿度の高く、密閉に近い環境下であれば、錆に天井から染み出してきたもろもろが付着して、白く育ってくるのも無理はあるまい‥‥と素人なりに妄想。

217040.jpg毎度おなじみ呑口からの光景も。もっとこう、水面の反射が天井にきれいな模様を作って、風情があるところをものしたかったのですが、季節柄緑のスダレがないせいでしょうか、いま一つの結果に。

もっとも蔦が下っていると、脱出の際に場所を選んだり、艇内が枯葉で散らかったりして面倒ではあるので、その点気楽ではありました。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 お茶の水分水路 分水路 シールドマシン発進縦坑

2月3日の川景色…7

(『2月3日の川景色…6』のつづき)

217031.jpg

217032.jpg引き続き道々のスナップを。伊澤造船の桟橋には、都港湾局の監視船「はやみ」の姿が。操舵室上のマストをたたみ、船尾の国旗も掲げていないところから、整備中でしょうか。

隅田川に出て下航していたら、駒形橋の中央径間が、すっぽりとパネルで覆われて養生されていました。側面に点々と窓を開けているやり方、初めて目にしますね。


217033.jpg
いいタイミングでゴミ運搬のプッシャーバージが遡上してきたので、養生の記録を兼ねて一枚。

窓は明かり取りなのでしょうか。塗装ならメッシュ状のカバーで覆うところですが、パネルを使って密閉に近い状態にしたのは、住宅密集地が近いということへの気遣いかもしれません。

217034.jpg

217035.jpg神田川に入ると、清掃船「建河清第7号」と反航。声を掛け合いながら、きびきびと働く乗り組みさん、ご苦労さまです。よく見ると操舵室の妻板上部に、「IHI」のメーカーズプレートが掲げられているのですね。

和泉橋船着場は、えらい数のユリカモメ君たちで埋まっていました。すぐ上のテラスには人がたくさんいるにもかかわらず、手すりに留まっている子も何羽か見えたことから、定期的に餌をくれる人がいるようですね。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧綾瀬川 隅田川 神田川 清掃船