8月19日のトリさん

(『8月19日の晴海橋梁…2』のつづき)

210016.jpg
道々に拾ったトリ好きスナップをいくつか。一枚目は出しなに撮った独身鴨さん。珍しくピントが合い、鴨も逃げずにじっしていてくれたので、可愛らしい姿がしっかり収まり、嬉しい一枚となりました。

210017.jpg
都市計画運河橋梁の下流側にある、円筒形の基礎でくつろぐ鷺、鴨各一羽。木っ端ブネの姿を認めるなり、逃げ腰ではありましたけれど‥‥。

この円筒形基礎、潮位が低いときしか見られず、何の遺構かわからないので、気になる存在ではあります。昔はもう一つ橋があったのか、それとも旧橋の基礎の片割れが残されたものでしょうか。

210018.jpg
新月島川、桟橋の角でくつろいでいた鵜さんにカメラを向けたら、わさわさと羽を広げて、乾かすしぐさをサービス(?)してくれました。ありがとう!

鵜もこの10年でずいぶん数が増え、街場の河川でも姿が見られるようになりました。餌の魚が豊富である証しであります。

210019.jpgそして豊洲貯木場跡の柵列。南東側の水路をゆるゆる流しながら、鳥たちの思い思いにくつろぐ姿を楽しめます。

水鳥的には今はシーズンオフですから、中の水面を埋め尽くすような数はおらず、柵の上にぱらぱらと鴨、鷺、鵜など留鳥の諸君が翼を休めている程度ですが、その分のどかさが味わえてよいものです。


210020.jpgそんな中で、ひとりヒョロリンと首を伸ばしていた鷺さんの姿に惹かれて、一枚ものしてみました。

首を羽の中にうずめて、丸くなった状態からこれをやられると、本当にろくろっ首かと思えるほどの伸び具合。顔が正面を向いていたのも手伝い、失礼ながら妖怪じみた不気味さすらありました!
撮影地点のMapion地図

(29年8月19日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 新月島川 春海運河 水辺の鳥たち

8月19日のフネブネ

8月19日はお休みをいただき、小型船舶免許の更新講習を受けるついでと、曇り空の下、軽く近場をお散歩してきました。その折のスナップを少し、まずはフネブネから。

210001.jpg回転数の高い爆音を耳にして外へ出てみると、大きなバージを曳いた曳船が、盛大に白煙を吹き出しながら、ちょうど目の前を横切るところでした。

船名は見えませんでしたが、操舵室のハッチに三角のオーニングをかざして頑張る姿、菅笠をかむって働く農夫さながらで、朴訥とした魅力にあふれていました。


210002.jpg
隅田川は勝鬨橋上流で行き足をゆるめ、月島川水門を眺めていたら、日本橋船着場ではおなじみの顔、「エスエスSerenade」が遡上してきました。

ZEN船長が舵を握っておられるだろう、と手を振ったのですが、帰宅後船長より連絡があり、やはり気づかれていたとのこと!

210003.jpg続いて、2月26日にお世話になった「TOKYO WATER TAXI」の1番艇、ハルナンバー00が登場。ご挨拶しておこうと思ったら、船長は違う方のようだったので、そのままやり過ごしてスナップのみにした現金な船頭。

船長にもうかがった、60隻の大量建造計画(『27年度川走り納め…14』でも触れています)はどうなったでしょうか。

210004.jpg
港内を横断していたら、テイクオフ寸前の「セブンアイランド虹」と、フォイルボーンで入港してきた「セブンアイランド大漁」の離合シーンに出くわして、もう興奮コーフン!

何回もシャッターを切ったものの、この重苦しい曇天とあっては、胸のすくようなシーンとはいいがたい仕上がりに。それでも重なり合うタービン音と水煙が織りなす勇壮なシーンに、しばし陶然となったことではありました。

210005.jpg
豊洲運河を経て六叉流まで戻ってくると、砂町運河からセメント船「第三十二芝浦丸」が操舵室を畳んだまま西航してくるのに出くわし、これまた嬉しいものが。

所属は芝浦海運株式会社、擁する船隊の船影や要目は、「船舶紹介」に掲載されています。いや、楽しいページですわ!「第三十二芝浦丸」は全長36.95m、320tもの積載量があるのですね。

(29年8月19日撮影)

(『8月19日の晴海橋梁…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 隅田川 東京港 独航艀 曳船

8月13日のトリさん

(『源森川水門、竣工間近』のつづき)

8月13日の散策で、道々見たもろもろを以下に垂れ流します、お目汚しまで。まずは久しぶりにトリづくしとまいりましょう。

209076.jpg

209077.jpg平和島運河の干潟水路、モノレールが河底トンネルにもぐってゆくケーソンの周りには、コンクリートの防護杭が並んでいます。その1本1本に1羽づつ、水鳥たちがちょんちょんと乗っているのですから、そりゃもうトリ好きとしてはカメラを向けたくなるというもの。

上のアオサギ君のように、飄々と立っているのも佳し、カモメ君のようにまったりツブれるのも佳し。

209078.jpg
使われなくなって久しい羽田可動橋のフェンスは、鵜さんの社交場。クルマも人も通らぬ道端は格好のくつろぎ空間となり、安心してボリボリ羽づくろいする姿も見られました。

209079.jpg
今年はついに、鴨のヒヨコ艦隊に出会わず終わってしまいそう‥‥と思っていたら、今回何とか一つの群れを発見することができました。

もっとも、ポヤポヤの小さなヒヨコたちではなく、親とさして変わらないくらい成長した、若鳥といってもよいサイズのもの。オカの鳥でいったら、巣立ち雛というところでしょうか。それでも、まだ甘えん坊な雛の雰囲気を残しており、可愛らしいものでした。

209080.jpg東雲北運河の北端、京葉線の高架下にある朽ちた丸太の桟橋は、近所の水鳥の休憩所になっているのですが、何度かカメラを向けても、決まってピントが合わない場所でもありました。

今回も鵜たちがびろ~んと羽を広げて乾かしたり、鴨たちがツブれているところを見て吸い寄せられ、カメラを向けたものの‥‥結果はご覧のとおり。ううう(鵜だけに)。

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 水辺の鳥たち 平和島運河 東雲北運河 砂町運河 海老取運河

8月13日の新砂水門

(『8月13日の巡視船艇』のつづき)

209046.jpg
昼食にいったん戻り、午後一番はまず、新砂水門を通ってみることにしました。すでに何度か触れたように、新しい水門の建設工事が続いており、前後の区間を含め交互通航が実施されています。

幸い雲もだいぶまばらになってきて、明るい表情の水門を眺めながらの通航待ち。右手に見える警戒船から白旗が振られ、水門の電光掲示板に緑の〇が出たところで、先に待っていたクルーザーに続航。警戒船に手を振って水門をくぐります。

209047.jpg
馴染みの風景ですが、すでに更新のタイムリミットが切られたとなれば、数年のうちに見られなくなるのは必定、まめにスナップしておくにしくはなし。

209048.jpgそうそう、扉体が閉まったところ、いまだに見たことがないんですよねえ。平日の点検運転日に、一度訪ねてみたくなります。

ここで警戒船から、スピーカーで「ブログ読んでますよ!」と声がかかり、びっくりするやら嬉しいやら! 暑気厳しい折、どうかお身体にお気をつけて、ご安全に。


209049.jpg水門の径間を出た直後、鋼矢板囲壁の手前にもやっていた、ユンボ搭載の浚渫船が見えました。船名は「港907号」。

先日、橋の上から見て間なしというのもあるのでしょう、全く逆の視点からの眺めは、いつもより際立って新鮮に感じられたものでした。当たり前といえばそうですが、不思議なものです。


209050.jpg
狭窄部を振り返って。これも今しか見られない水路風景、あだやおろそかにはできますまい。我が艇のような木っ端ブネでも、ちょっと狭いなと感じられるくらいですから、ガット船の通航時はさぞ緊張させられることでしょう。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の上平井水門』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新砂水門 砂町運河 浚渫船

8月13日の東雲水門…1

209001.jpg約3カ月、何やかやと悲しいくらい手塞がりで、実に、実に98日間も休航してしまいました。この間、一度だけ艇のメンテに訪れたくらいで、川面を目にすることもまれな日々が続いてしまい、水路分欠乏症で手がプルプルするほど(うそ)。

木っ端ブネにも寂しい思いをさせたと、暖機をしながら汚れを丁寧に拭ってやり、さて、久々の解纜。予報どおり雲が多いものの、ときどきのぞける青空に望みを託し、テンションも高くゴーアヘッド。

209002.jpg
最初の目的地は、お題のとおり東雲水門に定めていたのですが、まずはジャブというか小ネタをおひとつ。

28年9月10日、「業務船で始まる」で紹介したクレーン船ですが、あれから同じ場所にもやったまま、移動した様子がありません。前回も気になっていた点があったのと、この日は警戒船もおらず近寄れそうだったので、改めて撮っておこうと微速前進。

209003.jpg
甲板室の屋根に草が生えている‥‥。

仕事柄、土ぼこりをかぶりやすい台船やクレーン船だと、現役船でも、角っこの溜まった土に雑草が生えてしまっている例は時折見かけますが、これは見事というか何というか。屋根上だけ青々と茂っているのが妙で、凄く目線が吸い寄せられます。

209004.jpgさて、お題の東雲水門です。5月7日にセクターゲート径間が廃止・閉塞された様子を紹介しましたが、お手伝いの道々で落ち着いて眺められなかったので、改めてじっくり観察しようと思ったのです。

こうして距離を置いて見てみると、閉塞された部分のコンクリートが白く目立ち、今さらながら「ああ、もうセクターゲートは無くなったんだなあ‥‥」と感慨にふけることしきり。

209005.jpg
幸いにして、空が明るくなってきました。前にくらべて少なくはなったものの、まだ足場が組まれていて、工事は続いていることを示しています。

左手に見える小さな木、以前見事な咲きっぷりを見せてくれた桜(『東雲水門の桜』参照)にしては、えらく小さい気が‥‥。剪定されたにしては縮み過ぎですから、桜は取り去られて、新たに植えられたものでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の東雲水門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 東雲運河 東雲水門 クレーン船