FC2ブログ

3月9日のフネブネ

(『英艦「モントローズ」来航!…4』のつづき)

231046.jpg
ちょっと戻って二つほど。これもおなじみの顔ですが、宇部のクレーン下に仲良くもやう「第三豊和丸」、「第五豊和丸」の姉妹船をぐっと寄せてスナップ。

美しい塗装とともに、この種の船が見せる量感豊かなスタイル、よいものです。恐らく同型船ですが、船首だけ見てもゴムフェンダーの取り付けや、水線下に2条、斜めに走るリブの位置が異なるなど、ディテールの違いが見てとれ楽しいもの。

231047.jpg船ではないですが備忘録として。テラス工事のため、長らく豊洲運河側に仮設のポンツン桟橋を設けていた豊洲運河水上派出所。東雲運河側のテラスが竣工して、繋留設備も新たに設置されました。

今となっては、ちょっと懐かしくなるような外観で、数ある水上派出所の中でも最も「交番」らしいこの派出所にも、落ち着いた日々が戻ってきたようです。

231048.jpg相生橋で左へ舵を切り、豊洲水門をくぐろうとしたら先行船が。おお、プッシャーバージタイプのゴミ運搬船、「すみだ1号」だ! 走っているところに出くわすのは、これが初めてです。

嬉しくなって、水門と豊洲橋をくぐるしばしの間、航跡内を続航。排気の香りと橋の作る陰翳、逆光の中きらめく航跡のコントラストに陶然となり、シャッターを切ったのが3月12日からのタイトルです。

231049.jpg
橋をくぐってからは増速して、追い越しざま撮ったのが上の一枚。航行中の姿勢はご覧のとおり、2隻が「へ」の字を保ったまま。

普通なら、ピッチングで凹んだり、盛り上がったりと形の変化がみられるものですが、バージが小型なせいでしょうか。お尻の重いバージを、押船がなだめすかして進ませているようで、微笑ましいものがありました。

231050.jpg
最後は新砂水門近くで見かけた、いかにも前歴が海保船艇、といったこの艇。帰宅後「海上保安庁全船艇史」(海人社・平成15年)をひもといたところ、昭和54年に1番艇が就役した「しようこう」型灯台見回り船の後身のようですね。現在の船名は「MTS2011」、警戒船任務にでも就いているのでしょうか。

(31年3月9日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 豊洲運河 砂町運河 独航艀 清掃船 水上派出所

平成最後の川走り納め…1

229001.jpg12月30日、30年の川走り納めとして近場をうろついてきました。平成は翌31年も続きますが、3月一杯までですから実にこれが、平成最後の川走り納めということになります。

陽射しに輝く「ファスナーの船」の銀色のお尻を眺めながら、勇躍出港。ついに年内は、この艇が走っているところに出くわせず終わったなあ‥‥。

229002.jpg
眼を射る冬の低い陽光。抜けるような青空が、地表近くから上空にかけて描くグラデーションの美しさ。逆光を透かして見る新砂水門のシルエット!

229003.jpg前回が曇りだっただけに、好天のありがたさが武者震いするほど我が身に染み入ってきます。求めて止まなかった冬の晴天、平成最後の川走り納めは、まさに水路日和!

白旗を振って誘導してくれる警戒船に手を振って、新砂水門の工事区間を通過。北西の風5~6mと少し強めですが、気持ちのよいお散歩になりそうです。

229004.jpg
荒川河口の橋梁群をくぐろうとしたら、中央径間を巨大な額縁にして、湾奥を望んだ風景がまるで一幅の絵のようでした。

左に長く伸びる房総の山々、東京湾横断道路の風の塔、そして若洲の風車やゲートブリッジと、澄んだ空気のお陰で一望のもと。写真がまずいので伝えきれないのがもどかしいのですが、舵を戻して中央径間と正対したとき、一瞬スロットルを引いて見入ってしまったほどでした。

229005.jpg
くぐり終わってから振り返り、橋梁群の顔たる、京葉線・荒川橋梁の中央径間を仰いで。

褪色と傷みが目立ってきましたが、ガット船が出入りする、曲がりなりにも本船航路ゆえの桁下高は、河川に架かる橋では珍しい堂々たるもの。その恩恵にあずかって、運河内のマリーナはマストを持つヨットが繋留できるわけであります。
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 荒川 新砂水門

10月30日のフネブネ…2

(『10月30日のフネブネ…1』のつづき)

227031.jpg
帰路、砂町運河で出会った油船「第六玉光丸」。「設備一覧」(横浜マリン石油株式会社)によると18総t、41k/L積とのことですが、ぎゅっと凝縮されたような小ささで、実に魅力的ですね。油船としては最小クラスではないでしょうか。

227032.jpgスタッフと別れた後、少し遅めのお昼を買いに、墨田川造船ならびのスキッパーズへ。最近のお昼は、出来立てのスキッパーズバーガーと決めているのです。

京葉線の汐見橋梁(トンネルから潮見駅へ上昇してゆく区間)をくぐったところ、墨田川造船前に艤装中の巡視艇が! 海保船艇は久しぶりです、喜び勇んで拝見。


227033.jpg
ハルナンバーPC45、「すがなみ」。「ことなみ」型巡視艇の最新艇で、64総tだそう。上部構造物はあらかた組み終わった状態で、船橋周りのシャープなラインが精悍な感じです。

珍しく平日日中の訪問とあって、作業中の光景を期待したのですが、お昼休みだったのか、残念ながら人影は見えませんでした。

227034.jpg
アップにすると、ちょっとざらついたようなアルミ生地の質感が伝わってきます。光の加減でしょうか、後部のベコベコが目立ちますが、これから工作が進むにつれ、歪みを取って仕上げられてゆくのでしょうね。

227035.jpgスキッパーズで熱々のハンバーガーとフライドポテトを受け取り、もと来た道をゆるゆると戻ります。そして本日のイグアナさん、抜けるような秋晴れの空をバックに、ご機嫌うるわしい面もち。

何度か雨にたたられた後だけに、この好天がこの上なく快く、また嬉しいものになったのでした。これからは寒気と砂塵がツライ季節にはなりますが、天候のぐっと安定する冬、この日のような穏やかな晴天を期待したいものです。

(30年10月30日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 東雲北運河 汐見運河 巡視艇 イグアナクレーン

東京花火大祭の夜に…1

223001.jpg8月11日はお手伝いで、夕暮れ迫る運河に艇を出しました。お台場で開催される花火大会、「東京花火大祭」の様子を水上から映像におさめるためです。

船から花火を観覧するのは、子供のころ町内会で釣船を借りて両国の花火に出かけて以来で、自艇ではもちろん初めて。お手伝いのお声掛かりがなければ、まず自発的に花火を見にゆくなど、考えもしなかったことでしょう。

東京近郊は、夏ともなれば各地の河川や海浜で花火大会が催され、自艇での花火見物はたやすくできる環境(入域船に制限のある大会もありますが)にもかかわらず、混んでいるところが好きでないのと、生来の面倒臭がりから、未経験のまま過ごしてきました。

夜間は川景色を愛で、また写真に撮るという楽しみ方がほぼできなくなる、といったことも理由の一つではありますが、まあ、あまり関心がなかったというのが正直なところです。しかし、考えてみれば、花火大会(川開き)も、江戸時代からの歴史がある、街場ならではの水辺文化といってよろしいもの。あだやおろかにはできまいと、お手伝いのお話をお受けすることにしたのでした。

223002.jpg話は出発前に戻ります。午後遅くマリーナにおもむき準備をしていたら、数人の若い海上保安官が、在艇オーナーを順繰りに訪ねているのが目に入りました。間なしに我が艇にも来られたので、「ご苦労さまです」とご用向きを伺うことに。

要は「東京花火大祭をプレジャーボートで観覧することは、安全上の観点から自粛してほしい」との啓蒙活動なのですが‥‥。諸注意を伺った後にいただいた、うみまる君を描いた不織布バッグの中には、ペンやウェットティッシュなどうみまる君グッズのほか、なぜか会場周辺の航路や進入禁止水域を示した水路誌が。

つまり、建前としては行ってほしくないけれど、禁止はできないのでこれらの書面をよく読み、諸注意を守って事故は起こさないように、とのご指導と解釈し、配布物をありがたく頂戴することに。

毎年、各花火大会でのプレジャーの事故は耳にしていますから、当局としては頭の痛いところでしょう。業者船艇以外は完全禁止、ということにになったりしないよう、安全面には十二分に気を配りたいところであります。

223003.jpg
不謹慎ではありますが、在艇時に海上保安官の訪問を受けるのは初めてなので、新鮮かつ嬉しい体験でした。

写真は東雲運河、時刻は19時近くで陽はビルの向こうに落ち、夕焼け空に名残りを残すのみ。この日の予報は夜に入って雷雨とあり、実際、午後早くには強いにわか雨にたたられたので、薄手のヤッケを着てずぶぬれ覚悟での出陣。あとはどうか天気が持ちますようにと、祈るばかりです。

223004.jpg
東雲運河を抜けて港内に出たところ。すでに沿岸に灯る明かりが点々と目立ち始め、久々に見る薄暮の水辺風景に、心洗われる思い。港内とて波はそれなりにありますが、風は思ったより穏やか。あとは雨さえ降らなければ‥‥。

223005.jpg
観覧水域として目指したのがここ、レンボーブリッジ西詰のループ下。会場から見ればはるか対岸ですが、航路を阻害せずに漂泊でき、花火を適度な距離で、しかもいい角度で眺められる場所ではあります。

実は出港前、同じくお客様を乗せて花火観覧に向かうベテランH艇長から、「ループ下がいいですよ」とアドバイスを受けていたのでした。ここが安全面だけでなく、趣味的にも実に面白く過ごせるポジションだったことを、この後実感することになります!
撮影地点のMapion地図

(30年8月11日撮影)

(『東京花火大祭の夜に…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 東雲運河 東京港

5月20日の巡視船…1

220001.jpg5月20日の日曜日は、19日の予行と合わせて海上保安庁の観閲式が羽田沖で挙行され、東京港にも参加船艇が寄港すると聞き、巡視船見たさで出てきました。

ちぎれ雲がたくさん浮かんだ青空を見上げつつ出航。写真は砂町運河と曙運河の十字流。護岸とテラスの工事でしょうか、杭打船が並んでいます。


220002.jpg流れ来るちぎれ雲は急速に密度を増し、時々日が陰るようになりました。予報通り曇りになるようですね。

東雲運河に入ると、ほかに船影のないのを確かめてから、スロットルを一杯に倒しデッドフルに。急がないと、陽射しの下で巡視船を拝めそうにありません。到着するまで、どうか持ちますように‥‥。


220003.jpg
全速のまま港内に出て豊洲の突端をかわし、晴海埠頭を遠望したところで‥‥何とか間に合いました! 「そうや」、ヘリ巡視船の最年長で、01のハルナンバーも誇らしげですね。

すでに雲は濃く、一刻の猶予もなさそうだったので、飛ばしながらズームで連写したものの一枚。白い船体色はやはり、陽射しの下で見たいものです。

220004.jpg
近づいたところでようやく減速、先頭から「そうや」、「やしま」、「だいせん」の3隻が居並んだところを。いずれも大型のヘリ巡視船で、もの凄くトクをした気分!

みるみるうちに雲はすき間を狭め、いちばん奥、「だいせん」のいるあたりはすでに暗く陰っていますね。後少し、持ってくれればいいのですが。

220005.jpg
まずはお近づきのご挨拶と、「そうや」の前を最微速で航過しながら、真正面のいいお顔を。

観閲式を前にお化粧直ししたのか、舷側の塗色も美しく、30年超のPLH最古参とは思えないほど。船首水線近くに僅かな段差が見えるのは、砕氷時の乗り上げを考えての補強でしょうか。
撮影地点のMapion地図

(30年5月20日撮影)

(『5月20日の巡視船…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 東雲運河 春海運河 巡視船 台船 東京港