fc2ブログ

10月22日の水路風景…1

306015.jpg
10月14日に船底塗装を終えて下架し、恒例の東雲運河トライアルはその8日後、22日となりました。ほんの短時間ですが近場の徘徊もしてきたので、その際のスナップも併せて。

306016.jpg今回の結果は27.59kt(51.1km/h)と、令和元年8月下架直後の28.67kt(53.1km/h)には及びませんでしたが、船底塗装後としては十分に満足できる記録でした。

微妙に伸びなかったのは、向かい風と潮の具合もあったでしょうから、過去の実績から見ても、おおむね27ktがベストコンディション時における、我が艇の実力と見て差し支えないと思います。

306017.jpg
さて、秋も深まって朝晩はだいぶ肌寒くなりながら、日中は暖かな好天だったので、多くのプレジャーと行き逢った日でした。七枝橋ではさっそく、PWCのフリートと行逢。

10数隻はあったでしょうか、先頭の艇に出会ってからしんがりまで結構な時間を要するほどで、「おお、大艦隊だな!」と思わず独り言が出たものでした。

306018.jpg
砂町運河といえば、潮見分室の清掃船溜を行きしなにのぞいてみるのが恒例。おなじみコンベア清掃船のほか、初めて見た「なぎさⅡ」なる紺色の艇が。なかなかスマートですが、港湾局の監視艇かな? 検索してもヒットしませんでした。

306019.jpg
こちらは同じ清掃船溜でも、天王洲南運河にある、東京港埠頭(株)の黄色い清掃船が憩うポンド。写真の「清海丸」は、河川を担当する環境公社の船隊でいうと「すみだ1号/すみだ2号」に相当する、いわばゴミ運搬船。

ここから中防までの短い距離を往復するのが仕事とあって、なかなか走っている場面に出くわせないのが残念なところです。ご覧のとおり渋い外観で惹かれるものがありますから、第一航路を波押し分けて走る姿、一度ものしてみたいものですね。
撮影地点のMapion地図

(令和5年10月22日撮影)

(『10月22日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東雲運河砂町運河天王洲南運河清掃船

令和5年度上架整備…

306001.jpgまたも"フジツボの当たり年"か?」のつづきです。喫水線上まで上ってきたフジツボに怖気をふるって、ヤードへの上架をさっそく予約。"当たり年"とあって混雑しているとのことで、10月8日に順番が回ってきました。

スクラビスを犠牲にして清掃はしたものの、水面上に姿を見せた仇敵フジツボ賊の攻勢ぶりから、水線下はさぞえらいことになっているだろう‥‥と覚悟していたのですが、さて。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 砂町運河曳船清掃船

9月18日のフネブネ…4

(『9月18日のフネブネ…3』のつづき)

304021.jpgごめんなさい、ちょっと前後します。辰巳埠頭に出る前、大横川を通ったときのスナップを。

石島橋から東富橋にかけての区間は、護岸の耐震補強と化粧板張りの工事が行われていて、クレーン船ほか作業船団が並び、一部の護岸は鋼矢板で囲われていました。台船の繋留による極端な狭窄部はなかったので、通航に支障はありませんでしたが。


304022.jpg
でまあ、目を奪われるのはやはり、豆曳船たちのくたびれつつもキュートなお姿であります。

コンソールが妙に低く、腰かけてもツラそうなあたり、橋の低い江東内部河川向けといえそうなスタイル。エンジンケーシング側面、電路が這わされて見えにくいですが、やっつけたような独特の書体で「第五箱根丸」とありました。

304023.jpg
東富橋近くでかすめた台船、甲板上に立てて並べられた化粧板がたくさん。従来の、なぜか波返しの曲面がついていた護岸も、これを貼って石垣風にあつらえるわけですね。お花見の時期を中心に通航艇も増えたことだし、修景も順次進んでゆくことでしょう。

304024.jpg砂町運河を東航していると、真っ四角な船首で盛大に波を押し分けて進む作業船が、重い爆音を響かせて行逢してきました。いやー、イイですねえ、この船首波の勇壮さ。

あっ、鮮やかなこの色とこのカタチ、思い当たるものが。14号地貯木場北水路、千石橋の船溜でいつも見かける「一号善進丸」の姉妹船じゃないでしょうか?

304025.jpg
やはりそうでした、船名は「三号善進丸」。いつも同じようなことを垂れ流して恐縮至極ながら、暖色系のおフネは目に沁みるようで、快いですなあ‥‥特にこの日のような、快晴で河水のコンディションもよいときには。

微速でもりもりとした引き波をしのぎつつ、その四角くかつ愛らしい姿を見送って、河道の中心に舵を取ったのでした。

(令和5年9月18日撮影)

(『朝潮運河・新しい船着場と橋…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 大横川砂町運河曳船台船

9月18日のフネブネ…1

(『またも"フジツボの当たり年"か?』のつづき)

304006.jpg9月18日の近場徘徊で出会った、フネブネから先にご紹介しましょう。

砂町運河を西航する曳船。肥えた船型に比してトルクがあるタグとて、豆曳船といえど引き波も重厚かつ盛大で、木っ端ブネなど翻弄されてしまいますが、それがまた楽しいものでもあり。船名は「第1三福丸」。


304007.jpg

304008.jpg汐見運河を西へ歩かせていると、京葉線高架の向こう、墨田川造船の桟橋に艤装中の艇が。拝見してゆきましょう。

建屋をのぞかせていただくと、建造中の艇が一隻。船体と甲板室を組立中でした。トランサムの抜き文字は「ゆめかぜ」かな? だとしたら、昨年9月に港内で臨検された、同名艇の代替かしら。船齢は確か30年ほどだったはずですから、代替わりしてもおかしくはありません。

304009.jpg
艤装中の艇に近づいて。あっ、この塗色は見覚えがありますね。平成27年6月にここで見た、ジブチ向け巡視艇と一緒です。舷側の表記も同じですね。ハルナンバーP-15、前回の艇よりぐっと大型になっています。ODA建造支援の続行艇といったところでしょう。

304010.jpg
左舷後方から。トランサムに書かれた艇名は「SAAD OMAR GUELLEH」。前回の艇は海保の「すずかぜ」型に似ていましたが、今回の艇もプロトタイプがあるのでしょうね。

ともあれまた一隻、江戸っ子巡視艇がはるか紅海の湾口まで旅立つわけで、それを思うと何とも気宇壮大な感じがします。地元生まれということも手伝い、長きに渡っての活躍を願わずにはおられません。

(令和5年9月18日撮影)

(『9月18日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 砂町運河東雲北運河曳船巡視艇墨田川造船

BSフジ「次課・長州の力旅」に…。

298001.jpg
BSフジ「次課・長州の力旅」よりお座敷がかかり、出演者のお三方をご案内してまいりました。一昨日5月20日に放送された今回は「#22 船でディープな東京水路探訪 名シーン続々! 爆笑傑作選」と題されているとおり、総集編的な内容の狭間に入るような形ですが、同番組からお声がかかるのはこれで3度目。ありがたいことであります。

以下、今回ロケ時の道々にものした数葉と、いい機会なので過去2回の出演時のことにも、スナップとともに少し触れさせていただきたく。お目汚しまで。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 神田川豊洲運河砂町運河消防艇警備艇次課・長州の力旅BSフジ