2月19日の川景色…2

(『2月19日の川景色…1』のつづき)

202046.jpg
曙北運河を南下し、新イグアナクレーンの横に出たので、正横から側面の姿を一枚。一見、きれいに前後対称形のようですが、トラスの三角をたどってみると、岸壁側の方がわずかに長いようです。

塗色以外、遠目には旧クレーンとほとんど変わりはないものの、運河の新顔を折りにふれて眺めるのは、やはり楽しいものです。

202047.jpg
ぐっと岸壁に寄せて、真下に入ってみました。これができるのも、十分な水深が確保されている、揚搭設備ならでは。同乗の方にも思いのほか好評で、「レールになった気分!」との感想もいただきました。

202048.jpg
しつこいようですが、もう一枚。よく見ると、夜設としてライトが備えられているのですね。

202049.jpg通りがかれば必ずカメラを向けます、ええもう(真顔)。変わらず素敵な古賀オールさん。快晴の下で眺めると、魅力もいや増して写し甲斐もあろうというもの。

この日は、乾舷に高低のあるバージ二隻が、横抱きにもやっていました。頼もしささえ感じる肥えた船型に、重い巻取鋼板を満載している様子を想像するだけで、楽しくなるものが。貴重な艀輸送、頑張っていただきたいものです。

202050.jpg新砂水門はご存知のとおり、新水門の工事中で、警戒船により管制される交互通航。通航量も結構なものなので、乗り組みの方も気が抜けないでしょう、ご苦労さまです。

カメラを向けていたら、鋼製艇らしい進入艇が。遠目には保安庁船艇のようなスタイルです。墨田川造船に向かうのかな? 行き足を止めて、入ってくるのを待つことにしました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 曙北運河 砂町運河 イグアナクレーン 古賀オール 新砂水門

2月19日の亀島川…1

202001.jpg2月19日は、お手伝いで近場を巡ってきました。曇り時々晴れの予報だったのが、一歩好転して嬉しい快晴、寒さもそんなに厳しくなく、気持ちのよいお散歩になりました。

砂町運河と曙・曙北運河の十字流で、反航する作業船を一枚。空とともに水も澄んで、年季の入った外観の作業船も、どことなく爽やかな表情に見えます。


202002.jpg
その後に都港湾局監視船、「はやみ」が続航。いつ出会ってもキレイにしていますね。

202003.jpg
隅田川畔、亀島川との合流点角にある、霊岸島水位観測所。こんなに接近したのは久しぶりで、亀島川水門をバックにしたいいお顔を、ぐっと仰いで一枚。

この筋のファンの方ならご存知のように、その役割を油壺の検潮所に譲って久しいものの、高さの原点となる水位を観測した、近代測量の草分け的施設であった意義を讃えて、ご覧のような意匠となりました。逆三角錐が指す、今は水面下の頂点が、A.P.±0m(今次震災で少し変わったようですが)になります。

202004.jpg亀島川へ進入。白というか淡いクリームでしょうか、冬の鋭い陽射しに照らされると、面積もあって雪目になりそうな扉体の色。

赤といわずとも明灰色とか、も少し眼に優しい色の方が、通航艇の皆さんにはよろしいような気がするのですが‥‥。もっとも、紫外線による色褪せを考えると、白に近い塗色がよいのかも。広大な扉体、塗り替えだけでもえらいコストでしょうからね。

202005.jpg
久しぶりに訪ねたので、まずは大きく変化したところから。旧桜川との分流点であった湾入、最近まで業務船溜だった水面ですが、写真のように立派なテラスが完成していました。

船溜があったころからの変化の様子は、26年5月の記事「5月3日の亀島川…2」で触れています。かつての雰囲気を思い出すのが難しくなるほど、河畔にも大きな変化が押し寄せていることを、改めて実感させる光景ではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の亀島川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 隅田川 亀島川 亀島川水門 霊岸島水位観測所

船橋港へ向かう…1

200001.jpg先日お知らせしたとおり、大晦日は船橋港(千葉港葛南港区)を訪ねてきました。いくつかの防潮水門や船溜など、趣味的に惹かれるものがまとまって見られる水域であり、いつか行ってみようと思っていたのです。

とはいうものの、沖へ出るのが苦手な弱虫木っ端ブネとしては、海路を経なければならないのは大きなハードル。静穏極まりなく、かつ好天であることが大前提で、湾奥がそんな好海況になるのはやはり冬、川走り納めを兼ねて、暮れも押し詰まった出航と相成りました。

200002.jpg
砂町運河に出ると、雲一つない、抜けるような晴天ながら、風もなく水面はぬめりを帯び、油を流したように滑らかと、願ったりかなったりの海路日和。もっとも、運河は静穏でも、沖の海況はわかりませんが。

大晦日にもかかわらず、工事中の新砂水門では警戒船が遊弋し、ゲートにも監視員の方が立って誘導してくれています。感謝の気持ちを込めて手を振ると、向こうも笑って振りかえしてくれました。

鋼管矢板で囲まれた、新水門の基礎工事水域にはクレーン台船が一隻いたものの、さすがに作業をしている様子はなし。澄んだ水鏡に、陽光を浴びて錆色の姿を映す矢板や鋼材の杭。冬の運河らしい、光に満ちあふれた静かな川景色です。

200003.jpg
荒川に出たところで、思い切りよくスロットルを倒し、プレーニングに入りました。陽を浴びて輝く、荒川河口の橋梁群を後ろに見ながら、次の変針点である若洲の南端まで南下。

冷たい空気が頬を刺すものの、遠く横浜や房総まで一望できる澄んだ空気と、穏やかな海況にテンションも上がり、寒さを忘れて快走を楽しむ船頭。まずは順調な滑り出しであります。

200004.jpg
若洲もそろそろ途切れようというあたりで、先行している二隻の船に追いつきました。荒川を下ってきた独航艀です。逆光なので船名はわかりませんが、新河岸川か荒川の和光市か、荷を下ろして母港に帰るのでしょう。

ここまで沖に出ても、油を流したようなてろりとした水面に変わりはなく、若干のゆるいうねりが加わる程度。20kt超で進んでいても、不快な硬めのピッチングも少なく、文字どおり滑るような乗り心地。我が木っ端ブネも、川走りのスローモーぶりを脱ぎ捨てて、滑走艇の面目躍如とばかり、久々の連続高速航行! これなら船橋までも、快適な船行きができそうですね。

200005.jpg若洲の突端が近づいてきたので、もうすぐ左に大舵角を取らなければいけません。回転数をしぼって独航艀を先行させ、彼の左舷側に出ることにしましょう。

ウェーキを乗り越え航跡に入ると、波が静まるとともに、一瞬排気の匂いが立ち込めるのもまた佳し。もう一回ウェーキで飛び跳ねて距離を取ってから、左舷側をしばらく並走して変針点へ。
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋港へ向かう…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 荒川 新砂水門 独航艀

11月20日の川景色…10

(『11月20日の川景色…9』のつづき)

199066.jpg
テラス工事が進行中の横十間川のスナップを2枚。基礎と護岸ができた後は、場所によりますがしばらく土嚢を積んで、盛り土を締めている光景を目にすることができます。

こちらはよほど環境がよいのか、雑草や蔓が土嚢の上に生い茂って、黒と緑のストライプに。このまま放っておいたら、土嚢がすっかり隠れて、草の土手になってしまいそうですね。

199067.jpg
江東水上バスの忘れ形見である、上屋付きの船着場・亀戸乗船場も、いつの間にかテラスに取り込まれた形になっていました。

前進した護岸にもゴムのフェンダーが取り付けられていたので、引き続き船着場の機能は活かすようですが、このままだと、接岸した船と岸壁との間に、大きなすき間ができてしまうので、使い勝手としてはどうでしょう。旧来のフェンダーを撤去して、すき間をなくすなどの工事は、これから行われるのでしょうか。

199068.jpg猿江恩賜公園のあたりまで南下してくると、本村橋をえらい数の人が渡っているのが目に入りました。そのうちの多くは河畔の桟道へと降りて、ぞろぞろとこちらへ向かってきます。

う~ん、何かイベントがあったのかしら? と横目で見ながら通過していたら、ほとんどの人がスマホに目を落としながら歩いている‥‥。あ、「ポケモンGO」で、このあたりがイイ感じのスポットになったのかも。

199069.jpg
この日は珍しく閘門様から荒川に抜けず、再び扇橋閘門のお世話になって、感潮水域に戻ることに。

後扉が上がった直後、水しぶきのカーテンの向こうに見えたのは、カタマランの観光船2隻に、カヤックも数隻と結構な通航量。出てきた観光船のお客さんに、手を振りながら「行ってらっしゃ~い!」と声をかけたのはいいものの、2隻ともUターンして再度入閘。‥‥むう、ちょっと気恥ずかしいですのう。

199070.jpg後半は少し雲が多くなりましたが、秋らしい穏やかなお天気で、よい近場のお散歩でした。最後は運河の柵に憩う、羽づくろい中のトリさんたちの姿を。

この何年かで、写真の黒い鳥、オオバン君がえらく数が増えて、他の水鳥を圧倒しているような気がするんですが、実際はどうでしょう。どこか気の弱そうなしぐさが可愛らしく、夕暮れの川面でクォッ、クォッと聞こえる鳴き声も風情があって、好きな鳥ではあるのですが。

(28年11月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横十間川 小名木川 砂町運河 江東内部河川 水位低下化河川 扇橋閘門 閘門 水辺の鳥たち

イグアナ讃歌…1

199002.jpg先日こちらで触れた、11月20日のお話をしたいと思います。出港は少し遅め、11時ごろになりましたが、気温もこの時季としては高めの静穏な好天に恵まれ、楽しく近場回りをしてきました。

運河から仰ぐ空は、絵筆でさっと刷いたような雲も爽やかな秋晴れ、川面も空を映し青く、河水を分けて進むだけで、快い気分になるほどです。


199001.jpg
天高く、水清くなる季節とくれば、水鳥たちの渡ってくるころでもあります。オオバンやキンクロハジロなどが群れをなして、クウクウ、ガアガアと賑やかに鳴き交わす姿を、道々眺める楽しみが増える時季でもあるわけです。

コンクリートの柵列の、陽射しでぬくもった天端で、平たくツブれて暖を取る鴨さん二羽をスナップ。ええと、カルガモとキンクロのメスかしら。

199003.jpgまずは曙北運河に入って北上。10月30日に見た、イグアナクレーンの一件が、頭から離れなかったためであります。

相変わらず端正な美しさを見せる、古賀オールのクレーン群に魅せられながらも、少々不安なひととき。もしかしたら、レールの艀輸送が廃止と決まり、クレーンも撤去されてしまっているのでは‥‥と、この時点ではどうも悪い方へ考えがちだったからです。

199004.jpg
さらに前進し、左手の木立の影から顔を出したのは‥‥・。 
!!!!

199005.jpg
新しいイグアナクレーン? 
やはり、10月30日に見た緑色のトラス部材は、組み立て前のこの一部だったのか?


イヤイヤ、早合点はいけないと、一つ深呼吸。形があまりにもそのまんまですから、単に塗りなおしただけ、という線も否定できないでしょう。角をかわって、解体中の旧イグアナクレーンでも見えてくれば、この点は確定できるはずです。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『イグアナ讃歌…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 イグアナクレーン 古賀オール 水辺の鳥たち