4月16日のさくらしべ降る水路…1

えらく気取ったお題にしてみましたが、半ばは桜の見ごろを逃した悔しさであります。

先週9日は満開のタイミングだったにもかかわらず、雨時々曇りですっかりやる気を削がれ、今週16日も芳しくない予報と、毎日曜日の悪天候にくさっていたところ、どうやら持ち直して出港と相成りました。

204001.jpg
昵懇のM艇長ご一家と一緒に、急上昇する気温で靄にけぶる運河上へ出てみれば‥‥。海洋大のカッターが、新砂水門前で帆走準備をしているシーンに出くわしました。

チャージの指揮の下、漂泊しつつマストを立て、索具を張りときびきび動く艇員の皆さん。南風の強い日だったので、沖に出ればだいぶガブったでしょうが、セイリングにはもってこいだったかもしれません。

204002.jpg

204_003.jpgM艇長は初見の新イグアナクレーン。緑の塗色が、周りの新緑と似合ってよい感じです。さてこの右側、都市計画運河橋梁をくぐった向こう、西岸にある一群の桜はどうでしょう。

ああ、やっぱり‥‥と口をついてしまいますが、ほとんど散って葉桜になる前、残った蘂(しべ)の赤味が目立つ、ちょっと寂しい感じ。でも、どこかに少しは名残り咲き(?)があるかもと、探しつつ微速で進むことに。


204005.jpg汐浜運河に入ると、花筏‥‥とまではいかないものの、一面に花びらが途切れなく浮かんで、見つめていると無限に続く地紋のようです。

この日は水のコンディションも良好で、透明度もそこそこあったため、ときおり跳ねる魚の水音に加え、たゆたう花弁も日ごろに増して風情があり、よいものでした。



204004.jpg
平久川から大横川に入ったところで、同乗ご一同から「あっ、あそこあそこ!」と声が上がりました。汐見橋西詰の角にある一本、まだ花を落としておらず、結構な咲きぶり!

いや、ようやくの感がありましたが、風が吹くごとにざあっと散る花吹雪とともに、破顔して見入ったものです。やはり水路の桜は、好天下でこそと改めて思ったものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 汐浜運河 大横川 イグアナクレーン

2月19日の川景色…3

(『2月19日の川景色…2』のつづき)

202051.jpg
警戒船の邪魔にならないよう、少し離れたところから見守っていると、工事区間を抜けた艇は針路を径間中央に取り、船首波を蹴立てて水門から出てきました。

おや? 巡視艇じゃないな‥‥塗装や装備が違いますね。漁業監視艇とか、官庁船のたぐいかしら。行き足を緩めずに、結構な速度でこちらに迫ってきます。勇壮なシーンではあるので、今度のタイトル画像にしてみよう‥‥。

202052.jpg
あっという間に正横まで近づいてきたので、一枚。船名は「あさひ」、甲板室側面には「東京税関」と大書きされていました。

なるほど、税関の監視艇だったのですね。今まで、間近に出会ったことはなかったような。普段はどこにもやっているのかしら。

202053.jpg
珍しくて立ち去り難かったので、似たような写真で恐縮ですが、追いすがってもう一枚。純白の船体がきれいですね。

検索してみると、愛好家の皆さんが、すでに多くの写真をアップしておられますね。どーるさんのブログ「写・撃・演・習・場♪」の、「監視艇『 あさひ』 ( 東京税関 )」によると、平成13年に新造、門司税関に配備され、25年4月から東京税関に移籍したとのこと。ピカピカで新しく見えますが、もうそこそこのベテランなのですね。

(29年2月19日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 新砂水門 税関監視艇

2月19日の川景色…2

(『2月19日の川景色…1』のつづき)

202046.jpg
曙北運河を南下し、新イグアナクレーンの横に出たので、正横から側面の姿を一枚。一見、きれいに前後対称形のようですが、トラスの三角をたどってみると、岸壁側の方がわずかに長いようです。

塗色以外、遠目には旧クレーンとほとんど変わりはないものの、運河の新顔を折りにふれて眺めるのは、やはり楽しいものです。

202047.jpg
ぐっと岸壁に寄せて、真下に入ってみました。これができるのも、十分な水深が確保されている、揚搭設備ならでは。同乗の方にも思いのほか好評で、「レールになった気分!」との感想もいただきました。

202048.jpg
しつこいようですが、もう一枚。よく見ると、夜設としてライトが備えられているのですね。

202049.jpg通りがかれば必ずカメラを向けます、ええもう(真顔)。変わらず素敵な古賀オールさん。快晴の下で眺めると、魅力もいや増して写し甲斐もあろうというもの。

この日は、乾舷に高低のあるバージ二隻が、横抱きにもやっていました。頼もしささえ感じる肥えた船型に、重い巻取鋼板を満載している様子を想像するだけで、楽しくなるものが。貴重な艀輸送、頑張っていただきたいものです。

202050.jpg新砂水門はご存知のとおり、新水門の工事中で、警戒船により管制される交互通航。通航量も結構なものなので、乗り組みの方も気が抜けないでしょう、ご苦労さまです。

カメラを向けていたら、鋼製艇らしい進入艇が。遠目には保安庁船艇のようなスタイルです。墨田川造船に向かうのかな? 行き足を止めて、入ってくるのを待つことにしました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 曙北運河 砂町運河 イグアナクレーン 古賀オール 新砂水門

2月19日の亀島川…1

202001.jpg2月19日は、お手伝いで近場を巡ってきました。曇り時々晴れの予報だったのが、一歩好転して嬉しい快晴、寒さもそんなに厳しくなく、気持ちのよいお散歩になりました。

砂町運河と曙・曙北運河の十字流で、反航する作業船を一枚。空とともに水も澄んで、年季の入った外観の作業船も、どことなく爽やかな表情に見えます。


202002.jpg
その後に都港湾局監視船、「はやみ」が続航。いつ出会ってもキレイにしていますね。

202003.jpg
隅田川畔、亀島川との合流点角にある、霊岸島水位観測所。こんなに接近したのは久しぶりで、亀島川水門をバックにしたいいお顔を、ぐっと仰いで一枚。

この筋のファンの方ならご存知のように、その役割を油壺の検潮所に譲って久しいものの、高さの原点となる水位を観測した、近代測量の草分け的施設であった意義を讃えて、ご覧のような意匠となりました。逆三角錐が指す、今は水面下の頂点が、A.P.±0m(今次震災で少し変わったようですが)になります。

202004.jpg亀島川へ進入。白というか淡いクリームでしょうか、冬の鋭い陽射しに照らされると、面積もあって雪目になりそうな扉体の色。

赤といわずとも明灰色とか、も少し眼に優しい色の方が、通航艇の皆さんにはよろしいような気がするのですが‥‥。もっとも、紫外線による色褪せを考えると、白に近い塗色がよいのかも。広大な扉体、塗り替えだけでもえらいコストでしょうからね。

202005.jpg
久しぶりに訪ねたので、まずは大きく変化したところから。旧桜川との分流点であった湾入、最近まで業務船溜だった水面ですが、写真のように立派なテラスが完成していました。

船溜があったころからの変化の様子は、26年5月の記事「5月3日の亀島川…2」で触れています。かつての雰囲気を思い出すのが難しくなるほど、河畔にも大きな変化が押し寄せていることを、改めて実感させる光景ではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の亀島川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 隅田川 亀島川 亀島川水門 霊岸島水位観測所

船橋港へ向かう…1

200001.jpg先日お知らせしたとおり、大晦日は船橋港(千葉港葛南港区)を訪ねてきました。いくつかの防潮水門や船溜など、趣味的に惹かれるものがまとまって見られる水域であり、いつか行ってみようと思っていたのです。

とはいうものの、沖へ出るのが苦手な弱虫木っ端ブネとしては、海路を経なければならないのは大きなハードル。静穏極まりなく、かつ好天であることが大前提で、湾奥がそんな好海況になるのはやはり冬、川走り納めを兼ねて、暮れも押し詰まった出航と相成りました。

200002.jpg
砂町運河に出ると、雲一つない、抜けるような晴天ながら、風もなく水面はぬめりを帯び、油を流したように滑らかと、願ったりかなったりの海路日和。もっとも、運河は静穏でも、沖の海況はわかりませんが。

大晦日にもかかわらず、工事中の新砂水門では警戒船が遊弋し、ゲートにも監視員の方が立って誘導してくれています。感謝の気持ちを込めて手を振ると、向こうも笑って振りかえしてくれました。

鋼管矢板で囲まれた、新水門の基礎工事水域にはクレーン台船が一隻いたものの、さすがに作業をしている様子はなし。澄んだ水鏡に、陽光を浴びて錆色の姿を映す矢板や鋼材の杭。冬の運河らしい、光に満ちあふれた静かな川景色です。

200003.jpg
荒川に出たところで、思い切りよくスロットルを倒し、プレーニングに入りました。陽を浴びて輝く、荒川河口の橋梁群を後ろに見ながら、次の変針点である若洲の南端まで南下。

冷たい空気が頬を刺すものの、遠く横浜や房総まで一望できる澄んだ空気と、穏やかな海況にテンションも上がり、寒さを忘れて快走を楽しむ船頭。まずは順調な滑り出しであります。

200004.jpg
若洲もそろそろ途切れようというあたりで、先行している二隻の船に追いつきました。荒川を下ってきた独航艀です。逆光なので船名はわかりませんが、新河岸川か荒川の和光市か、荷を下ろして母港に帰るのでしょう。

ここまで沖に出ても、油を流したようなてろりとした水面に変わりはなく、若干のゆるいうねりが加わる程度。20kt超で進んでいても、不快な硬めのピッチングも少なく、文字どおり滑るような乗り心地。我が木っ端ブネも、川走りのスローモーぶりを脱ぎ捨てて、滑走艇の面目躍如とばかり、久々の連続高速航行! これなら船橋までも、快適な船行きができそうですね。

200005.jpg若洲の突端が近づいてきたので、もうすぐ左に大舵角を取らなければいけません。回転数をしぼって独航艀を先行させ、彼の左舷側に出ることにしましょう。

ウェーキを乗り越え航跡に入ると、波が静まるとともに、一瞬排気の匂いが立ち込めるのもまた佳し。もう一回ウェーキで飛び跳ねて距離を取ってから、左舷側をしばらく並走して変針点へ。
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋港へ向かう…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 荒川 新砂水門 独航艀