大津閘門の周辺…5

(『大津閘門の周辺…4』のつづき)

159074.jpg
これはどう見ても、スイングゲート! 珍しいタイプの扉体で、それだけでも大興奮ですが、気になった理由は別にありました。それはさておき‥‥。

実物を目の前にすると、改めて疑問というか、気になることが出てきました。なぜ、琵琶湖側に閉まるような向きで造ってあるのか。なぜ、護岸高より扉体の天地がぐっと低いのか。なぜ、軸が軸受から上へ、寸法を余して飛び出しているのか。

三番目の疑問は、扉体の天端に向かって、圧のかかっているらしい配管が伸びていることがヒントになりました。この扉体、密閉された箱状になっていて、パイプで空気か何かを出し入れすることにより、軸の高さ分上下する構造なのかも。

浮いた状態で回転させれば、力も少なくて済み、閉鎖するときはズシンと座りこませればいいわけですからね(間違っていたらごめんなさい)。確かセクターゲートに、同様の例があったはずです。

159075.jpg一番目と二番目の疑問は、この施設の働きを知ることで解けました。ここは「琵琶湖第一疏水揚水機場」といって、水源たる琵琶湖の水位が低下した際、ポンプを動かして疏水の流量を確保するためのものだそう。

つまり、スイングゲートが閉められるような事態では、琵琶湖側が水位が低く、疏水側がわずかでも高くなっているということ。これで、扉体の高さや閉まる方向については、納得がいきました。

159076.jpg
で、何で気になっていたかというとですね。ご覧のとおり、琵琶湖側にももう一組、スイングゲートがありまして‥‥。
つまり、閘門くさい。

159077.jpgGoogle航空写真で見て気づいてから、一度訪ねて確かめてみたいと思っていました。念願かなって実見したものの、果たして閘門の機能があるかどうかは、眺めただけではどうも判然としません。

注排水設備が見当たりませんが、扉体を細めに開けて(上下動機能ですき間を作って?)行うのかしら。ご存知の方、どうかご教示ください!


159078.jpg
しかし、二枚の扉があり、閘室(と目されるあたり)とその前後にも、フェンダーや乗降設備があって、見れば見るほど、いかにもといった雰囲気。

閘門かどうかはさておいて、琵琶湖の水位が低くなったとき、ここを活用して通船する光景を妄想するには、十分過ぎるものがありました。
撮影地点のMapion地図

(26年9月21日撮影)

(『外輪を見ていた午後…1』に続く)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 琵琶湖疏水 琵琶湖第一疏水揚水機場

大津閘門の周辺…4

(『大津閘門の周辺…3』のつづき)

159069.jpg
ズームでぐりぐりたぐり寄せてみると‥‥おおお! 一面赤錆びた、リベット組みのマイタゲートのディテールが、細部までくっきり。水門・閘門や、逆水防止樋門のマイタゲートは結構見られますが、暗渠の呑口に備えられたものって、珍しいですよね。

水流で扉の先端が立てるさざ波や、左側の扉上端に留まった、小鳥の姿まで観察できます。扉体の小口は凹になっていますが、ここに本来は角材か何かの、水密材がはめ込んであったのでしょうね。
右側の扉体の水際は錆び崩れて、スリット状に穴が開いてしまっており、そこから草が顔を出しているという、物悲しい姿。扉体もトンネル同様、明治の製造なのでしょうか?

159070.jpg
丹念に施された装飾に、伊藤博文が揮毫したといわれる、「気象萬千」の扁額、その上に刻まれた、田辺朔郎の業績を讃える英文も、枝葉越しながら見ることができました。来てよかった‥‥。

扁額や英文については、疏水全線を丹念にルポされたブログ「琵琶湖疏水を旅する・・・Ⅰ」の記事「第一トンネル東口洞門」で、説明板に記された詳細を見ることができます。ぜひご覧ください。

159071.jpg扉体でいま一つ気になったのは、向かって左側の扉体に取り付けられた、ハンドルと軸の存在です。これは鹿関橋の上から撮ったもので、ちょっと写真が荒くなりますが、ご参考まで。

水平の軸に丸いハンドルが取り付けられ、ギャボックスらしいものを介して、垂直に下りている軸も見えますね。扉体を閉鎖した際の、ロック機構を操作するものでしょうか。それとも、開放する前に内外の水位を均衡させるため、スライドゲートが設けられていて、それを開閉するもの(『福地運河の水門…4』のように)か‥‥。

159072.jpgさて、時間が少々押してきたこともあり、急ぎ坂道を下って上流側へ。京阪電車の鈑桁に、その向こうのRC橋も古そうで、惹かれるものがあるのですが、残念ながら今回はパス。

その向こう、琵琶湖と疏水が接する、呑口ともいうべき場所に、以前からすご~く気になっていた物件があるのですよ。



159073.jpg
当該物件に到着であります。水路はここでぐっと狭まり、左手には大きな排水機場のような建物、右手の護岸は高さを低め、フェンダーと柵を備えた船着場に近い造り。狭まった水路の、左手側壁に見えるアレ! 近づいて検分してみることに。
撮影地点のMapion地図

(26年9月21日撮影)

(『大津閘門の周辺…5』に続く)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 琵琶湖疏水 琵琶湖第一疏水揚水機場

大津閘門の周辺…3

(『大津閘門の周辺…2』のつづき)

159064.jpg
鹿関橋の上から下流側を眺めると、第一トンネルのポータルが遠くに望めました。

ズームをいっぱいにしてたぐり寄せれば、何とかポータルを大写しにできる(10月19日からのタイトル参照)ものの、ディテールを味わうにはいま一つ。マイタゲートもよく見てみたいし、やはり、近寄ってみるしかなさそうです。

159065.jpgしかし、両岸の曳船道もはっきり残されて、昔の絵葉書で見た光景と、さほど変わりがないのが嬉しくなりますね。

前回触れた、両市長の試験航行の動画では、草も刈り払われてさっぱりしていましたが、この日はごらんのとおり緑濃く、ちょっと遺構風の雰囲気でした。試験航行が実施されたのが冬で、木々の葉が落ちていたのもあるでしょう。

159066.jpg
例によって、今回と近い場所で撮られた昔の絵葉書を。「琵琶湖疏水の再舟航化成るか?」から、「大津疏水墜道入口」を、トリミングして再掲します。

現在との大きな違いは、左側の曳船道に、コンクリート製らしい高欄が連ねてあるのと、屋根舟の乗り場として小屋掛けがしてあること。右側には高欄が備えられていないところを見ると、あるいは客扱いする舟は下航のみで、遡上便はなかったのかもしれません。坑口に梁のようなものが渡されているのも、気になりますね。マイタゲートの扉体を支える仕掛けでしょうか?

159067.jpg鹿関橋を離れて下流側に進むと、道はぐんぐん高度を上げて、疏水は堀割の谷間へ遠ざかってゆく形に。地勢からして、普通なら川の上流へ向かっていることになりますが、こと疏水となるとこちらが下流になるのですから、何やら妙な気持になります。

しゃれた造作とはうらはらに、厳重かつ近寄りがたい柵をすかして、坑口が見えてきました。まだだいぶ距離がありますが、ディテールが判別できるような写真は撮れるでしょうか。

159068.jpg

撮影地点のMapion地図

(26年9月21日撮影)

(『大津閘門の周辺…4』に続く)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 琵琶湖疏水 絵葉書・古写真

大津閘門の周辺…2

(『大津閘門の周辺…1』のつづき)

159059.jpg
こちら側から見ると、扉体下にぽっかり開いた、排水ゲートの様子がよくわかります。扉体は新製されたものでも、表面のリベットや操作用把手、骨太なハンドレールの形状とあいまって、古典的な雰囲気は失われていません。

半ば開いた扉体の間から見えるボートは、昨年試験航行が行われた際(『琵琶湖疏水の再舟航化成るか?』参照)のものと、同じ艇のようですね。閘室側壁にアイがないのか、護岸上の手すりから、長々ともやいを取っているのが印象的です。

そうそう、越・門川両市長が乗って、試験航行をされた当日の動画がYou Tubeにアップされていました。
『琵琶湖疏水の船下り』 京都市長&大津市長 「疏水船復活への一歩」 (りんたろう京さん)

第一トンネル近くの両岸、この日のためか、ずいぶんきれいに草が刈られていますね。

159060.jpg
もう一つ目を引かれたのは、閘室をまたいでいるこの、コンクリートアーチ橋。その扁平で頼りなげな外観にまず惹かれたのですが、軽く装飾を施した側壁が、軽く苔むし、蔦が這っているあたりも、レンガの前扉室としっくりきていていいですね。

マイタゲートは、通航船艇の高さ制限がないのが長所なので、橋は極力設けず、両岸の往来は閉鎖時、扉体上のランボードでするのが普通です。しかし疏水はトンネルの内法で、通航船の寸法が決まってくるわけですから、橋の常設も差し支えなしとなったのでしょう。

159061.jpgせっかく訪ねたのだからと、制水門も拝んでおきたいものと、しばらくうろついたものの、これもいい場所がありません。柵に半ばよじ登って、背伸びをしてもこの程度でした。

草もりもりに加えて、監視カメラが真ん中に来ているとあれば、扉体もチラ見程度。ゲートの形式は何でしょう? フラップゲートのようにも見えますが‥‥。


159062.jpg
閘室の横に再び出て、何とかものしたのがこの一枚。

閘室そのものはどうにもなりませんでしたが、扉体開閉ロッドのハンドル周りを、どうにか見ることができました。モーターライズされていない、完全な手動のようですね。こちらも更新されたのか、状態は良好でした。

159063.jpgいずれ疏水通船が成ったら、個人的にはぜひ、大津閘門の通航もコースに組み入れていただきたいところですが、ゲート操作が手動となると、ちょっとハードルが高そうですね。電動化は難しいのでしょうか?

右写真は、鹿関橋の親柱。コンクリート製ながら、擬宝珠をいただいた和風の高欄で、星霜を経た肌の枯れた良さも手伝い、周囲に溶け込んでいます。

しかしいいですねえ、河川名にひとこと、「疏水」と大書きされているのが! この地での、疏水の存在がいかに大きいか、この二文字に凝縮されているような感じがしたものです。

(26年9月21日撮影)

(『大津閘門の周辺…3』に続く)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 琵琶湖疏水 大津閘門 閘門

大津閘門の周辺…1

(『世界最小水路の旅!』のつづき)

159054.jpg京津線の電車で蹴上を離れ、浜大津へ向かいました。前回乗ったのは、地下鉄と直通する前、蹴上のあたりも併用軌道区間だった時代ですから、もうずいぶん昔のことになります。

急勾配とカーブの続く峠道を抜けて、上栄町からは西近江路の道路上に。大きな電車が、道の真ん中をごろんごろんと徐行しつつ進む面白さ! 今や他ではなかなか味わえません。

159055.jpg
昼食もそこそこに、水運趣味スポットの探訪へ出発。まずは有名物件、琵琶湖疏水の東口にある、大津閘門です。

上流側、北国橋の上からご挨拶。大津閘門を紹介した写真にはよく見られる、いわば定番の角度ですが、やはり写真と実物では大違い。水気の沁みた石垣が描き出す、まろやかなカーブのたおやかさに、護岸上に茂る草木や、背景の山並みの緑がまたよく似合って、しっとりと落ち着いた雰囲気をかもし出していました。

159056.jpg
閘門を正面から。注排水はバイパス管でなく、扉体に設けられた小さなスライドゲートを開閉して行う方式。扉体表面、天地方向に延びるロッドの水面上に、スライドゲートの上端が少し見えていますね。ゲートの位置からして、ほぼ全開になっているようです。閘室内に水を通して、澱まないようにしているのでしょう。

扉体は、明治22年の竣工時からマイタゲートなのは変わりませんが、当初はヒノキ材の木製で、後に鋼製のものに更新したとのこと。ちなみに現在の扉体は、平成元年に新製されたものだそうです。扉室幅(ゲート径間)4.85m、閘室長12.73m、扉体間の有効長18.38m(『運河と閘門』より)。

159057.jpg
導水口である、制水門に至る石垣の曲面もこれまたいい感じ。

しかし、閘門の周囲は植込みの密度が濃く、その上厳重に柵がされており、柵に近づくと、今度は服にやたらと種をひっつける草(はがすのにひと苦労しました!)が茂っていたり‥‥と、間近に眺められるよい場所が、なかなか見つかりません。

159058.jpg仕方がないので、先に下流側、鹿関橋へ走ってゲートを観察。こちらも生い茂る木が邪魔をして、決してよくは見えませんでしたが‥‥。

おっ、視点が少し高いせいか、結構そそるディテールが見えますね! ちょっと遠いけれど、ズームでたぐり寄せてみよう。
撮影地点のMapion地図

(26年9月21日撮影)

(『大津閘門の周辺…2』に続く)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 琵琶湖疏水 大津閘門 閘門