源森川水門、竣工間近

(『8月13日の綾瀬水門』のつづき)

209066.jpg旧綾瀬川を経由して、隅田川を下るという定番コース。下航するにつれ、浮雲をバックに迫ってくるスカイツリーを眺めていたら、そうだ、あのお膝元にある源森川水門はどうなったかしら、と思い当たりました。

最近とみに気になりだしたのが、更新工事を施された水門のうちいくつかが、似たようなデザインで揃えられていること。勝手に「統一デザイン更新水門」と呼んでいますが、源森川水門も、どうもその一つらしいと踏んでいたからです。工事もあらかた終わったころでしょうし、立ち寄ってみることに。

209067.jpg
ああ、やはり! いや、別に残念がっているわけではないですよ、念のため。

格子状の装飾を施し、濃いグレーに塗られた巻上機室。勘亭流もどきの書体であつらえた電飾銘板、堰柱や扉体の色と完全にパターンが一致。ないのは堰柱間の筋交くらいです。

209068.jpg
も少し近寄ってみましょう。真新しい塗装の質感はやはりよいものですね。巻上機室が以前にくらべて高くなったので、ここまで近づいても全体像を拝むのはかなわず、わずかですが左の先が、高架の桁に隠れます。

209069.jpg扉体を水面近くまで降ろしているにもかかわらず、「工事中進入禁止」の横断幕まで。ジブが上に突き出ているところから、中にはクレーン船がいるのでしょう。

電光掲示板は更新されず、既存のものをそのまま用いていました。表示は「水門運転中/通行禁止」。工事が始まる前も、同じ表示だったなあ。もしかして、「通行禁止」だけの表示パターンがないのでしょうか。


209070.jpg
そうそう、まだ工事半ばですが、竪川水門も「統一デザイン」であることが判明。おっ、信号が縦型なのが珍しいですね。ともあれ、これで一つの法則性に気づかされました。隅田川本流の東岸に面した、都建設局・江東治水事務所管轄下の水門を、更新時に近似のデザインに揃えようとしている‥‥ようですね。

月島川水門住吉水門大島川水門、そして今回の二つ。近い時期の更新で同じ管轄でも、亀島川の日本橋水門は違いましたから、隅田川東岸に限られるという推測は、今のところ間違っていないようです。この伝でいくと、現在工事中の新小名木川水門も、「統一デザイン」になるのかしら?
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日のトリさん』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 源森川水門 竪川水門

2月19日の隅田川

(『2月19日の神田川…2』のつづき)

202036.jpg厩橋の上流で、観光汽船の水上バス「アワータウン」と反航。例によって、お客さんと手を振りながらすれ違います。爽やかな晴天に恵まれ、この日は各船社とも忙しかったことでしょう。

改めて眺めてみると、エッジの立った直線的な外観が、背後のビル街としっくりきて、いかにも都会っ子といった雰囲気です。


202037.jpg
浅草まで遡上してきて、気になっていた更新工事中の源森川水門の様子を一枚。

すでに扉体ははめ込まれ、現在は巻上機室の工事が進行しているようですね。扉体は亀島川水門同様、淡いクリームに塗られています。向こう側にジブが見えることから、クレーン船が一隻、どうやら閉じ込められている模様。あらら、せっかくきれいにした水門右側の堤防、消したその上からまた、上書き状態で落書きされてしまっている‥‥(昨年4月『散りぎわのお花見水路…5』の写真参照)。

202038.jpg

202039.jpg光線よろしきを得て、東武線橋梁にぐっと迫ってみたくなり、下流側から仰いで一枚。まめに手入れされているのでしょう、辛子色の表面もきれいで、昭和6年竣工のよわいを感じさせないほど。

浅草駅から、急カーブを抜けて電車がゆっくり出てきました。友人のC君によると、この電車もまもなく第一線を退いて、そろそろ貴重になってくるだろうとのこと。

202040.jpg
浅草の賑わいを後に、南下することとしましょう。駒形橋で出会った水辺ラインの「さくら」も、船内はもとより、デッキにも多くのお客さんが見られる盛況。

華のある都大路の川景色、ちょっぴり春めいたこの時季ならではの舟航風景。よきかな、佳き哉!
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 水上バス 源森川水門

散りぎわのお花見水路…5

(『散りぎわのお花見水路…4』のつづき)

190021.jpg

190022.jpg恒例、大島川水門の進捗観察。左径間の工事はあらかた終わったのか、ついに扉体が上がり、右径間の工事が始まったようですね。左径間、堰柱の表面に加工の跡がありますが、装飾でも施されるのかしら。

水門を出た直後にひらけた、対岸の眺め。堤防上の桜並木がピンク色の線となって、芝の新緑と対をなし、なかなかきれい。舵を右に切り、隅田公園の桜を見に行ってみましょう。

190023.jpg
吾妻橋をくぐり、観光汽船の桟橋近くで一枚。もう盛りは過ぎたものの、まだ咲いている木もちらほらあって、結構な人出です。「道灌」「竜馬」の甲板室の赤い塗装も水面に映えて、春めいた雰囲気にあふれていました。

190024.jpg
言問橋の上流は、墨堤でも高密度の桜並木を誇るエリア、屋台でも出ているのか、川面までいい匂いが漂ってきます。

え~と、この窓付き円筒は? 流路を監視するカメラでも入っているのでしょうか。

190025.jpgそうそう、源森川水門も更新工事が始まっており、旧源森川の区間は、ご覧のとおり完全閉塞状態なのでした。中に船をもやっている船宿さんは、一時移転されたのでしょうか。

護岸も含めて改修工事となれば、あの古びた石垣護岸や、「水道鐡管埋設位置」の石柱(『「源森川」で吸われる…1』参照)も、見られなくなってしまうということか‥‥。刻々と変わりゆく都内河川、まめに訪ねておくにしくはありません。
撮影地点のMapion地図

(28年4月9日撮影)

(『散りぎわのお花見水路…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 大島川水門 源森川水門 水上バス

「いずも」来航!…9

(『「いずも」来航!…8』のつづき)

178041.jpg
離れ際、張り出しのボリューム感を再度眺めておこうと、艦首方向から。

舷梯はもはやはるか彼方、装載艇も豆粒のようで、改めてその長大さにため息が出そう。張り出し前端の部分、曲面のない角錐にまとめたあたりも目を引かれますね。

178042.jpg
最微速でゆるゆる移動し、「いず」の近くまで来たので、船首側から船橋周りを一枚。こちらも上部構造物、船体のラインとも直線でまとめられ、シャープな引き締まった印象です。

「いず」は阪神淡路大震災の教訓をもとに建造され、平成9年に竣工した大型巡視船で、大きな船橋構造物の中は災害対策本部に用いるスペースなど、「災害対応型」の名にたがわぬ、さまざまな設備がなされているとのこと。「いずも」同様、フラッグシップとしての性格を兼ね備えた船といってよいでしょうね。

178043.jpg
船首を突き合わせて相対する、「いず」と「いずも」を眺めて。3,680総t・全長110.4mと、満載排水量26,000t・全長248m。外観も役割もそれぞれ違いますが、有事の際の頼もしい味方であることには変わりはないでしょう。

大規模災害や領海警備の案件が相次ぐ昨今、海保、海自とも、創設以来最も忙しく、緊張が続いている時期といってもいい過ぎではありません。二隻の艦船に心あらば、どのようなことを語り合っているでしょうか。

178044.jpg

178045.jpg名残惜しく「いずも」と別れた後は、短時間近場回りをして帰港したのですが、その間見たものを二つ。「汐留川水門の工事」でも触れた、汐留川水門の水上から眺めた様子と、通航止めが続く源森川水門を。

何分地場の船以外は入れないとあって、奥の様子はうかがいしれません。機会があったら、陸路眺めにいってみたいですね。北十間川樋門の閘門化はまだかなあ‥‥。


(27年8月31日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 護衛艦いずも 護衛艦 巡視船 東京港 汐留川水門 源森川水門

12月30日の川景色…3

(『12月30日の川景色…2』のつづき)

166081.jpg
桜橋の下流まで下ってきました。スカイツリーを見上げると、冬にしてはシャープさに欠ける、ちょっとけむったような表情。

スカイツリーが建って以来、空気のコンディション(というと大げさかもしれませんが)が、ディテールの見え方によって素人目にもわかるようになり、面白く思ったものです。山々を眺めて観天望気をするのと、同じ伝ですね。

166082.jpg
北十間川の西口、源森川水門の前を通過して‥‥おっと、何か横断幕があるぞ? 「北十間川の堤防をより地震に強く改良しています」、許可船舶以外進入禁止‥‥なるほど、水門の信号は赤になっています。護岸の改良工事ですか、これは当分入れなそうですね。

あっ、もしかすると、あの風情ある石垣や、珍しい「水道鐡管埋設位置」(『「源森川」で吸われる…1』参照)の石柱も、一掃されてしまう可能性があるかもしれません。確認してみたいのですが、進入禁止ではいかんともしがたく‥‥。

166083.jpg

166084.jpg両国では警備艇「すみれ」と反航。ゼヒこの艇で、白子川もパトロールしていただきたい! 無理ですねすみません。

右写真、機材を載せた台船がテラスに横付けされ、堤防には横断幕。「隅田川の堤防をより地震に強く改良しています」。こちらでも耐震補強工事ですね。




166085.jpg砂町運河と曙北運河・曙運河の十字流、運河上を長々と横切る京葉線橋梁もこれまた、橋脚をケーソン(?)でがっちり囲って補強工事中の模様。

はたから眺めているだけではありますが、こうして近場を徘徊しているだけでも、日々の地道な工事が、安全を支えている感を強くします。
撮影地点のMapion地図

(26年12月30日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 砂町運河 源森川水門 警備艇 台船