満願寺閘門の絵葉書

23年8月10日に訪ねた、小阿賀野川流頭部にある満願寺閘門(『満願寺閘門…1』以下のシリーズ参照)。ずいぶん前に、竣工時間もない時期の撮影と思われる、昔の絵葉書を入手しました。

ははあ、竣工当初はローラーゲートでなく、マイタゲートだったのか。ゲートの上に土盛りは見えないから、堤防の増高が行われる前はこんな風だったんだなあ。法面の護岸は、今とあまり変わりがないような‥‥。などと、月並みな感想を脳内で巡らせながら、閘門の絵葉書を入手できたことを、ごく単純に喜んでおりました。

211029.jpg
新津町小阿賀之川閘門(東洋館製)
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


おや、と思ったのは、最近この絵葉書を再び取り出して、訪問時の写真(下)と見くらべたときのこと。ゲートの擁壁が露出している長さから考えると、明らかに昔より、閘室の幅が狭くなっているような。護岸も高くなっています。

満願寺閘門…4」で紹介した説明板「満願寺公園案内図」によれば、「本川堤防の嵩上計画及び旧施設の老朽化により、昭和45年から改築に着手し昭和48年3月に完成」したとあります。文字通り素直に受け取れば、在来の閘門をそのまま“近代化改修”し、今の姿になったと解釈できるでしょう。

ここでふと、疑問が生じました。ゲートを新しく造り替え、閘室の幅が変わるような大改修の間、通航は完全に途絶していたのでしょうか? 昭和40年代、まだまだ通航量はあったはずですから、それはちょっと考えづらい気がします。

むしろ、「旧施設」で通航を維持しながら、それこそ隣接地にでも新しい閘門を造り、その竣工後に「旧施設」を廃止するのが自然な動きのはずです。

211030.jpg
ウェブ上に何か、そのあたりがわかる資料はと検索したところ、「満願寺閘門と小阿賀樋門」(阿賀野川河川事務所)がヒット。それによれば、昭和3年3月に「初代満願寺閘門を設置」とありました。

えっ、「初代」? 同位置で改修増築しただけなら、わざわざ初代とは書かないような。やはり現閘門は、一から新築されたものなのかしら? ちなみに「運河と閘門」(日刊建設工業新聞社)の巻末リストでも記述はほぼ同様で、違いは“初代”閘門が「小阿賀閘門」と名付けられていたこと、「門扉型式」の項目で「初代は鉄製合掌扉」の2点でした。

手元に決定的な資料もないので、ここは国土変遷アーカイブにおすがりするしかないと、祈るような気持ちで(大げさだな)満願寺閘門付近の空中写真を検索。

残念ながら、工事中である昭和45~48年のものはなかった(泣)のですが、それならばと、“改築”前の昭和37年と、竣工後である昭和50年のものをお借りして、見くらべてみることにしました。

211030_03.jpg
MCB621-C24B-10」(昭和37年5月11日撮影)。マイタゲートも判別できるし、何よりコーレンボウとおぼしき、細身の和船が閘室内外にみっちりなのが嬉しい、舟運が元気だった時代の姿。

さて、“改築”間もない、昭和50年とくらべてどうでしょうか。

211030_05.jpg
CCB7510-C16-39」(昭和50年11月12日撮影)。護岸の色も真新しい、竣功2年後の閘門。見くらべてみると、閘室の阿賀野川への取り付け角が浅くなっているのがまず一つ。閘室南岸の道が移動していないとすれば、現閘門は旧閘門の北側に新設され、旧閘門は廃止後埋め立てられて、そこに現在の公園が造成されたように見えたのですが、いかがでしょうか。

しかし、こうして高空からの視点で眺めただけでも、「改修」という言葉から感じる小工事の印象とは、真逆のものだと思いました。特に閘門・樋門周辺の造成は原形をとどめないほどの、大工事だったことが理解できます。

211030_02.jpg
というわけで、決定打には欠けるものの、満願寺閘門は、「先代」旧小阿賀閘門の隣接地に、新たに開鑿・建造されたものと推察しました。何ともお恥ずかしい話ではありますが、一つお利口になった(?)と思えば、絵葉書さまさまといったところです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 満願寺閘門 閘門 絵葉書・古写真 小阿賀野川

満願寺閘門…4

(『満願寺閘門…3』のつづき)

70281.jpg
閘室を眺めていると、今までの例に漏れず、「つかまりどころのない」ことに気付かされました。まったくないというのではなく、法面に何本かアイのついたロープは垂れ下がっているのですが、数があまりにも少ないのです。

水位差2mといえば、下航にせよ上航するにせよ、結構な水流で振り回されるはずですから、閘室の真ん中あたりで、忙しくスロットルを操作して、法面に当てないよう気を遣うことだろうなあ…。などと、自艇で通航するときのことを想像して、どうもぞっとしない気分になりました。業務船であれば、ここまで神経質にならずとも、よいのかもしれませんが。

70282.jpgゲートから西、小阿賀野川を眺めて。閘門の施設区域を外れたあたり、両岸に草を茂らせたのどかな川が、緑の中に消えていました。

秋葉区覚路津付近の信濃川合流点まで、Mapion地図上で測った延長がおよそ11km、屈曲が続き砂洲も少なくなさそうなこの水路の航行は、どんなものなのでしょうか。

70283.jpg
閘室の南側、満願寺公園の散策路脇に立てられていた、閘門を含む園内の案内図。写真を拡大していただくとわかるのですが、解説文のルビが何やらモノ凄く、目で拾ってはいちいち感心してしまい、もう内容そっちのけ(笑)。

要路(たいせつなみち)」、「改修(つくりなお)し」、「脅威(こわさ)」、「内務省(けんせつしょうのまえのそしき)」…まあ、挙げていけばキリがないのですが、やはり千両は「自然分派(みずがどこでもながれること)」でしょうか! 
え~と、これに近い感じのルビをどこかで見たような…。明治時代の総ルビ新聞だったかな?

70284.jpg「案内図」の強烈さが突き抜け過ぎていて、その左にあった「満願寺閘門のしくみ」が、あまりにも普通で(すみません)脱力してしまうほど。

この図にバイパス装置が描かれていないところを見ると、やはり通船用扉体を細めに開けての、直接注排水なのでしょうか。

70285.jpgいま一つ、通航船の寸法の指定と、閘門の通航法について書かれた看板。日曜はお休み、通航時間は4~9月が7:00~18:00、それ以外の期間は7:00~17:00とのこと。ウチの近所の閘門様より、営業時間(?)が長いんだ。

もちろん通航船へのお触れ書きですので、閘室に向けて立っていたのですが、字はもう少し大きい方がよいかもしれませんね。


(23年8月9日撮影)

(『朱鷺メッセから眺める新潟…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 満願寺閘門 閘門 小阿賀野川

満願寺閘門…3

(『満願寺閘門…2』のつづき)

70276.jpg扉体の滑車に目をやると、ワイヤーとともに十分グリスが回っており、黒く油光りしていました。この様子なら、頻繁といえないまでも、そこそこの通船量がありそうですね。

船と船大工―湊町新潟を支えた木造和船―」(新潟市歴史博物館・平成19年刊)によると、ご当地独特の和船・コウレンボウを鉄舟化したものが、現在でも砂利運搬船として活躍しているとのこと。(日本の川と災害の『阿賀野川 満願寺閘門と小阿賀樋門』にも船の一部が写っています)あるいはそういった建材輸送が、今でもこの閘門を通って行われているのかもしれません。

70277.jpg
堤防上の県道17号線から、閘室を見下ろしたところ。こうして見ると、73mの長さはやはり結構な規模で、法面の開きもあってか、なかなか雄大です。水位差は2mほどでしょうか。

右手に見える建物は、阿賀野川河川事務所・満願寺出張所です。そのさらに右には、樋門からの導水路があって、建物はいわば背割堤上に建っていることになります。

70278.jpg背割堤の上から、小阿賀樋門の裏側を見たところ。阿賀野川から導水された濁水が、かなりの流速で流れ込んでいました。

このように、常時小阿賀野川への導水が行われているとすると、先ほど見た阿賀野川の2本の堰は、小阿賀野川に向けての取水用なのかもしれません。


70279.jpg同じく閘門ゲートを背割堤から。堤防は完全に切断されてはおらず、浅いながら天端近くの土かぶりがあって、いわば樋門の構造になっているのが興味深い点。

後ほど紹介する説明板によると、阿賀野川の計画高水位はT.P.+10m、対する小阿賀野川はT.P.+7.11mで、およそ3mの差がありますから、がっちりした構造が求められたのでしょう。

70280.jpg
こちらは西側…小阿賀野川側のゲート。巻上機室正面には夜設、監視カメラ、スピーカーと、設備もひととおり揃って閘門らしいいでたち。

ちなみに閘室の周りは、満願寺公園の一部となっていて、自由に見学できるのが嬉しいところです。
撮影地点のMapion地図

(23年8月10日撮影)

(『満願寺閘門…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 満願寺閘門 小阿賀樋門 閘門 樋門

満願寺閘門…2

(『満願寺閘門…1』のつづき)

70271.jpg里程標と標識から視線を左に写すと、阿賀野川を横断する堰のようなものが、それも2本、並行して設けられているのが見えました。確かに、これでは船が通ることはできませんね(Googleマップ航空写真)。

阿賀野川は、可航河川としてはここで分断されており、これより上流への行き来は、信濃川~小阿賀野川経由のコースしかないわけです。河口から連続して遡上できるとばかり思っていたので、驚かされました。

70272.jpg
北側から阿賀野川側ゲートを見たところ。8年前に撮影された「日本の川と災害」さんの「阿賀野川 満願寺閘門と小阿賀樋門」の写真と違い、現在はゲートの前にサイクリングロードか、あるいは管理用道路らしい舗装道路が設けられ、だいぶ違った雰囲気になっていました。
撮影地点のMapion地図

70273.jpg以下、堰柱に掲げられていた銘板3題。

「閘門」が略字で、独特の雰囲気を放つ銘板。ちなみに掲げられていたのは、南側堰柱の道路側です。




70274.jpg閘門の各部寸法を示した、北陸地方建設局のプレート。 径間6.1m、扉体の天地寸法が前扉(阿賀野川側)10m、後扉8.5mとあります。規模の割に径間が狭いのは、やはり和船の利用を前提としていたということなのでしょうか。

閘室の有効長73m、底幅8.6m、上幅21.4mとずいぶん開きがありますが、これは閘室の側壁が法面のため。「閘門副扉」、径間1.8m・扉高1.3(?)mとあるのは、注排水用バイパスのゲートと思われますが、今回見たかぎりでは、どこに設けられているのかわかりませんでした。

70275.jpg最後は、施工企業の銘板。三井建設(現三井住友建設)が躯体、栗本鉄工所がゲート周り、川田電機は計測機器関連…といった分担でしょうか。

以上2枚は北側堰柱の側面、階段の入り口付近に掲げられていたものです。


(23年8月10日撮影)

(『満願寺閘門…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 満願寺閘門 阿賀野川 閘門

満願寺閘門…1

(『新井郷川水門の周辺…2』のつづき)

70266.jpg
閘門めぐりのシメとなる物件は、ちょっと足をのばしてみることにしました。ふたたび阿賀野川を渡り、堤防道・県道16号線を上流へ向かうことに。

たまたま渡った橋が、これまた素晴らしいトラス橋で、構造の美しさにほれぼれ。帰宅後に検索してみたら、県道3号線を渡す、泰平橋(Wikipedia『泰平橋』参照)とのこと。

70267.jpgおお、対岸はるかに水門が…。先を急いでいたので、一枚撮っただけで離れましたが、後で考えると、帰りに寄ってもよかったような…。

これも帰宅後に検索したところ、安野川水門阿賀野川アラカルト河川管理施設)とのことでした。水門に隣接して、公園も設けられているのですね(Mapion地図)。


70268.jpgそして到着したのが、満願寺閘門。新潟市港南区、阿賀野川から小阿賀野川が分かれる、分流点に設けられた閘門です。

閘門群生地域といってよい、新潟の閘門の中でも有名な物件であり、内陸に位置する結構な規模の閘門ということもあって、ぜひ訪ねておきたいと思っていたのです。


70269.jpg
こちらは閘門ゲートの右側(阿賀野川でいうと下流側)にある、小阿賀樋門。阿賀野川から小阿賀野川へ導水しているだけあって、樋門といえど3径間と結構な規模ですね。

70270.jpg上の2枚は、閘門と樋門の間に伸びる導流堤というか、横堤から撮ったのですが、そこからふと阿賀野川の河道を眺めてみると…、対岸に河口から17km地点の里程標が。荒川と同じですね。

気になったのは、「船舶等通航禁止」の標識が掲げられていたこと。しかも、ここから下流というのが妙です。どうして? この後、理由がわかって驚かされることになりました。
撮影地点のMapion地図

(23年8月10日撮影)

(『満願寺閘門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 満願寺閘門 小阿賀樋門 閘門 樋門 安野川水門 阿賀野川