fc2ブログ

8月22日の水路風景…6

(『8月22日の水路風景…5』のつづき)

270026.jpg
この日のイグアナクレーンでは、ちょっと変わった光景を目にすることができました。おなじみ犬機関車はじめ、3輌の入替ディーゼル機と、キヤ2輌編成が線路の東端に寄せられていて、ちょうどイグアナ先生の足下に抱かれているような格好になっていたのです。

270027.jpg
曙北運河に出てから振り返って。お昼近くなると次第に雲が途切れ始め、青空がのぞいてきました。この調子だと午後は晴れそうですね。

レール運搬車がすべて気動車化されれば、機関車たちもいよいよお役御免となるのでしょう。イグアナ先生にまるで雛のように抱かれる、可愛らしいさまを眺めながら、少々うら寂しい気持ちになったことではありました。

270028.jpgいったん帰港して昼食後、ふたたび出ることに。今度はブルーインパルスの展示飛行を見るため、隅田川を目指します。

大横川で、7月22日に見た護岸工事の台船たちですが、ささやかながら興味深い点が一つありました。右手、北岸の護岸を何気なく眺めていたら‥‥。



270029.jpg
数十mに渡って、護岸に付着した貝や海苔がきれいに取り去られ、えらくサッパリした状態になっていました。写真は、貝が取り去られていない区間との境目を撮ったもの。

これから施工する区間を、あらかじめ清掃したということでしょうか。このあたりをテリトリーにしている、護岸はっつきチュンさんたちがさぞ残念がるだろうなあ‥‥。

270030.jpg前回のブルー展示飛行時同様、言問橋上流を目指して、一路隅田川を遡上。前回はスカイツリーと編隊のツーショットがいま一つの仕上がりだったので、今回は少しでもいいスナップをものしたいものです。

道々、通称「手上げ」の小型清掃船と行逢。おなじみの船影ですが、高速航行時の姿はあまり見かけなかったような‥‥。貴重なシーンに思えて、引き波でガブられながら一枚。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 大横川 隅田川 イグアナクレーン 清掃船 江東内部河川

業務船の三角旗

(『8月22日の水路風景…2』のつづき)

270010_3.jpg
清掃船をはじめ、遊覧船や屋形船といった不定期の客船、またアーバンランチのような定期便の客船など、都内の河川や運河を行きかう業務船たちに掲げられた、青地に赤三角の小旗が気になっていました。

先日こちらの記事で触れたように、五輪警備に関連するものと察しはつきましたが、検索してもやり方が悪いのか、それらしきものがヒットしないのです。

ここはその道のプロに相談した方がよかろうと、ご迷惑ながらおなじみZEN船長に伺ってみることに。さすが船長、交付元の団体のサイトをすぐに教えてくださいました。ありがとうございました!

東京2020オリンピック・パラリンピック期間中における自主航行ルール『2021 CRUISE RULES』 について」(2021 Port of Tokyo 航行安全推進プロジェクト事務局)

270010_2.jpg
都内の業務船の団体でつくる連合会といったところで、一昨年から活動をはじめ、オリンピック・パラリンピック期間中の自主航行ルールを定めたとのこと。

リストアップされているフネブネは、いずれも自粛水域を航行する頻度が高いもの。三角旗を掲げて、いわば「登録船」であることを明示しておけば、警備する側の海保、警察も負担が軽減されるということでしょう。

ささやかな点ではありますが、これも警備陣やブルーインパルスと同様、五輪会期中でなければ目にできない、いうなれば一生に一度(!)の水路風景の一つであります。華やかなことどもの陰で目立たない件ながら、水路徘徊者として、記憶にとどめておきたいものの一つに違いありません。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 清掃船 隅田川 東京港

8月22日の水路風景…1

270001.jpg8月22日は、オリンピックのそれに代わり台場に浮かぶパラリンピックシンボルと、またもブルーインパルスの展示飛行があるとのことで、前回より1か月ぶりに艇を出してきました。今回は時系列順に紹介させていただきましょう。

曙運河を南下していると、水門の向こうに黄色い清掃船が。辰巳埠頭に出たあたりで追いつきそうですね。


270002.jpg
運河を出たところで、もはやルーティンになった墨田川造船辰巳の観察日記。入渠船はなかったものの、この日は大きな変化がありました。浮きドックの向こう、2階建ての詰所がついたポンツン桟橋が姿を消していたのです。

これでは当分、入渠はないと見てよさそうですね。あと、前回気づいていたのですが、浮きドック端部の両舷に、縦長のフェンダーが5本づつ、円弧状に設けられていたのも触れておきましょう。

270003.jpg
ふたたび前進すると、清掃船に追いつきました。先月22日にも出会った「第一清海丸」です。

そうそう、操舵室後端に掲げられた青地に赤三角の旗、遊覧船を含めた業務船が掲げていますが、オリンピック・パラリンピック会期中の警備に関する旗ですよね? 警備の負担を減らすため、おそらく外郭団体などが交付した、一種の登録船を示すものだろうと解釈していますが、国際信号旗でもないし、絵柄の由来や正式名称が気になります。

270004.jpg
「第一清海丸」を追い越して、埠頭と旧貯木場の柵の間を西航していたら、監視取締艇が反航してきました。これも先月22日は曙運河・砂町運河の十字流で警備に当たっていた「れぷす」。盛大に船首波を盛り上げて、勇ましい航走シーン。

270005.jpg少し間を開けて、続いて行逢したのが湾岸署の警備艇「すいせん」。赤色閃光灯を光らせての航行、操舵室の窓から乗り組みさんが腕を水平に出しているのは、取舵に切るよ、というサインかしら?

海保、警察の船艇が続航するさま、オリンピックが終わったとはいえ、引き続きパラリンピックの警戒が厳になされていることを、実感させる一幕ではありました。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 東京港 清掃船 監視取締艇 警備艇 墨田川造船

大川のブルーインパルス…1

(『7月23日の水路風景…4』のつづき)

269091.jpg7月23日に出かけた理由は、五輪警備陣のほかにもう一つありました。この晩に挙行されたオリンピック開会式に合わせて、航空自衛隊のブルーインパルスが展示飛行を行うと聞いたからです。

その道に詳しい友人によれば、12:34に都庁に聖火が到着するので、その前後に飛来するであろうとのこと。特にあてはないものの、スカイツリーのあたりで待っていれば見られるであろう‥‥と、アーバンランチの後について隅田川を遡上しました。


269092.jpgスカイツリーのほぼ正横、言問橋~桜橋間の水面に到着しました。11時59分。

桜橋の下流側右手には、浚渫船と土運船がもやうほか、船影なし。橋の上や両岸のテラスに、ブルーインパルスを待つ人たちがみっちり並んでいるかしら、と思っていたのですが、こちらも人影なく拍子抜け。待つ場所を間違えたかと、不安に駆られたほどでした。

269093.jpg
まあ、いまさら移動するのも面倒なので、ほんの少しでも見られればいいやと、ここに腰を据えて待つことに。艇が流されたら、チョイチョイと前後進に入れて蹴とばしつつ、冷えたお茶を飲み、塩タブレットをかじりながらしのぐ炎天下。

ときおりコンベア清掃船や、アーバンランチの短距離遊覧便が通るのを眺めながら過ごし、30分ほど経ってみると‥‥。

269094.jpg
つい先ほどまで通行人しかいなかった桜橋の上が、明らかに何かを待つ人々で賑わい始めたのです! ここにいて間違いではなかったんだと、安堵するとともに胸の熱くなる思いでした。

いや、この暑さですから、30分以上前より日陰もない橋上で陣取る酔狂な人など、そうそういませんよね‥‥。

269095.jpg
時に12時37分、そろそろかなと上空を落ち着きなく見上げて待ち構えていると、言問橋をくぐって、初めて見る船が近づいてきました。明らかに遊船ですが、シックな感じの塗色と、円みのあるデザインが好ましいスタイル。舷側に「HULIC」とありますね。

検索してみると、河畔のホテル「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」の持ち船と判明。船上からのブルーインパルス観覧をされる向きもあるだろうと思っていたので、たとえ一隻でもお仲間が増えたのは、嬉しいことではありました。


(令和3年7月23日撮影)

(『大川のブルーインパルス…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 清掃船 ブルーインパルス

7月22日の水路風景…1

(『五輪警備下の東京水路!…11』のつづき)

269056.jpg
7月22日の道々に見た、警備陣以外の水路風景を紹介します。まずは砂町南運河から。

269057.jpg砂町南運河を西航していると、黄色い清掃船が微速で入ってきました。東京港埠頭の清掃船ですね。操舵室前妻に「7月1日~7月31日 東京湾クリーンアップ作戦」と書いた横断幕を掲げています。

行逢しつつ正横から、岸壁越しにゲートブリッジを眺めつつ一枚。船名は「第一清海丸」、操舵室直後のキセル型通風筒が、ちょっとミスマッチな古典味を感じさせてよいものです。


269058.jpg
墨田川造船辰巳に寄ってみると、艤装桟橋、浮きドックともに船影なし。一つ発見があったのは、浮きドックの中、両舷から黄色い天幕が張れるようになっているのですね。作業時の日陰を作るためか、それとも何かセレモニーが行われるのでしょうか。

269059.jpg
春海運河奥部の廃鉄橋、晴海橋梁では、クレーン付き台船の姿が。近づいてみると、橋脚の一本を鋼矢板で囲む工事をしていました。

何でも、晴海橋梁を人道橋に改修する計画があるそうですので、その準備の一環かもしれません。横浜の汽車道のように、旧線路敷を転用した遊歩道となるわけです。鋼橋を散歩しながら愛でられるようになるとは、楽しみであります。

269060.jpg朝潮運河と新月島川の角にあった大型倉庫・月島倉庫の敷地、更地になったのはつい最近だと思っていたのですが、すでにその敷地の半分にはビルが立ち上がり、結構な高さに。

数年前まで、港湾の面影を色濃く残していたこの界隈も、次々に高層ビルが建ち、急激な変化に毎度のことながら目を見張るばかり。運河畔のテラス化も、ここにきてピッチを上げて進んでゆくでしょう。
撮影地点のMapion地図

(令和3年7月22日撮影)

(『7月22日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町南運河 春海運河 朝潮運河 墨田川造船 清掃船