fc2ブログ

深谷水道を通って…7

(『深谷水道を通って…6』のつづき)

312121.jpg
しばらく海上から南口の風物を眺めた後、再び水道へ進入。いわば流れに逆らい遡上する形ですから、回転数をぐっと上げ行き足をつけないと頭が振られたとき、姿勢を立て直しづらくなるのは川と同様。「ALBION」は微速ながら、力強い引き波を立てて北上します。足下から伝わってくる振動、流速を実感させていいですね。
(遡上時の動画はこちら

312122.jpg
K船長にお願いして、実は2往復していただきました。初回は興奮していて余裕がなかったものの、いったん北口に戻るとふと、水深がどんな様子になっているのか、改めて観察してみたくなったからです。やはり元からあった水域と、開鑿した区間は違うのかしら、また流速があるということは、堆砂で浅くなったりしているのかしら‥‥と。

ゆっくり流してもらいながら、魚探の感を注視。結果は‥‥水道北口の湾最奥部は4m~3m台後半、北口付近で徐々に浅くなり3m前後、岸に寄せると2mほどのところもありました。水道開鑿部に入ると3m前後で安定し、南口付近で2.6m程度と浅くなり、出ればまた急速に深くなる、といった感じ。"河口"で浅くなるあたり、川とよく似ています。

ちなみにカメラのタイムスタンプで通航時刻を見ると、北口~南口間が9:17~9:25。この日2月2日の日中の満潮が9:56で1.63m、朝の干潮は3:37で0.64m。満潮時に近い潮位でこの流速ですから、大潮の干潮時など急流河川顔負けの凄さなんだろうなあ、と想像したものです。

また大潮の干潮時は、2日のこの時点より2m近く水位が下がることを考えると、深谷水道自体の水深は小型船舶にとっても、決して十分とはいえなくなります。浚渫など、絶えざる整備が必要ではあるのでしょうね。
気象庁の潮位表『鳥羽』を参考にしました)

312123.jpgK船長のご協力のおかげで、水路バカとしての好奇心も満たせて、満足満足。2度目の遡上ということで余裕もでき、ゆっくり両岸の風物を堪能。

船首に立っていたら、猛禽類らしい大きなトリさんがしきりに低空飛行してきて、北上する艇をうろんげに偵察していました。トンビかしら? 釣った魚でも載せていたら、かすめ取ってやろうと思っていたのかな。

312124.jpg
お名残り惜しいですが、4度目の北口灯台を見ながら深谷水道ともお別れ。初めての地峡運河体験、素晴らしいひとときでした。

‥‥あ、雲が切れて、少し明るくなってきた。もちょっと遅い時間にお願いすればよかったのかな‥‥、と思っても後の祭り。

312125.jpg
「入港」の抜き文字に出迎えられて、深谷漁港水門を通りつつがなく帰港。K船長、諸々わがままをきいていただき、ありがとうございました!

次回は昔の絵葉書を紹介するとともに、深谷水道の来歴と、ついでに国内の地峡運河についても、いい機会ですから暑苦しく語りたいと思っております。少し時間をください。

(令和6年2月2日撮影)

(『深谷水道の絵葉書と国内の地峡運河のことなど』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 深谷水道英虞湾深谷漁港水門

深谷水道を通って…2

(『深谷水道を通って…1』のつづき)

312096.jpg

312097.jpgスイングゲート右径間を通航中の2枚。「→出港」の文字、結構な厚みとボルト留めのディテールが見てとれますね。

そして扉体に大書きされた「通行止」表記! いうまでもなく閉鎖時の対策で、質感からシートを貼ったものと思われます。赤水門原理主義者としては、扉体を一面赤に塗った方が保安上いいのに‥‥と思ってしまいますが、塗装やメンテ時の手間とコストを考えると、難しいんでしょうなあ‥‥。

312098.jpg
通航後に振り返ってみると、外側には「→入港」の抜き文字が! ああ、かっこいい。当たり前といえばそうですが、意表を突かれました。ちゃんと右側通航を推奨しているのですね。

検索してヒットした、深谷漁港水門のことが載っている文書の一つ「入札公告(PDF)」の11ページ目に、「深谷漁港平面図(船越地区)」があるのを発見。寸法らしいものが赤字で記入されていたので、水門の寸法が少しでもわかるかしらと拡大してみたら‥‥。スイングゲート2径間合わせて、「17.24」(m)とだけ。むう。本水門の詳しいデータが載っているサイトや文献をご存じの方、ご教示下さい。
(スイングゲート径間を通ったときの動画はこちら

312099.jpg
マイタゲート径間も。何しろ陽が射さず暗くて、うまく撮れたのが本当に少ない‥‥。

扉体のスキンプレートに3本、ゴムフェンダーが備えられているのがスイングゲートと違いますね。こちらは径間ギリギリの船が通ることを想定しているのかしら。

312100.jpg
帰港時、漁港側から撮った分も掲げておきます。ああ、帰りはこちらを通ってもらえばよかったのに‥‥。寒さに耐えかねたのと、深谷水道通航後の興奮でて頭が回りませんでした。

操作室が漁港側の、一段低い場所に設けられているのが、スイングゲート径間との大きな違い。前回紹介したサイト、「深谷漁港水門」によると、有効幅10m、有効高6.3m、平成17年竣工とのこと。豊国工業さん、荒川ロックゲートも手掛けられておられるのですね。

(令和6年2月2日撮影)

(『深谷水道を通って…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 英虞湾深谷漁港水門

深谷水道を通って…1

(『鳥羽港を見下ろす宿で』のつづき)

312091.jpg開けて2月2日のメインイベントは、志摩半島の英虞湾奥と太平洋を結ぶ本邦では珍しい地峡運河、深谷水道(Mapion地図)を通航すること。

深谷水道、および国内地峡運河への興味については改めてお話しするとして‥‥。今回は船越浦の深谷漁港にある、長久マリンさんのご協力をいただいて、艇を出していただくことになりました。

312092.jpg
お店の前にある桟橋にもやわれた、「ALBION」が本日お世話になる艇。何分流れのある狭水路とて、このクラスの艇が適しているとのことで選んでいただきました。

宿で夜明けの空を眺めた際は、青空がのぞいて希望が持てそうだったお天気は、分厚い曇り空のまま‥‥(泣)。風も冷たく少々キビシイですが、念願の深谷水道訪問がかなったのですから、ここは丹田に力を入れて寒気に耐えつつ、張り切ってまいりましょう。

312093.jpg
長久マリンさんのお店を後に、深谷漁港最奥部を出港。チャーター艇の対応をしてくれるお店では、たまたま深谷水道に最も近いということで問い合わせたのですが、「釣りもせずに行って戻るだけ」という要望は初めてだったようで、最初はずいぶんと不審がらせてしまいました‥‥ご協力ありがとうございます。

さて、目的は深谷水道ながら、見どころはそれだけでなくもう一つ、出港早々の場所にあるのでした。実はこのあたりをGoogleマップ上で徘徊している際、偶然存在に気付いたものなのですが‥‥。

312094.jpg
艇が進んでゆく正面、コンクリートの防波堤のようなものが迫ってきました。防波堤にしては、開口部がずいぶん狭いですね。写真左端と、これからとおるであろう正面に二つ。さて、何でしょうか?

312095.jpg
→出港」の切り抜き文字と、操作室らしい小屋、夜間設備の照明、監視カメラ‥‥そう、防潮水門です! この2径間は、スイングゲートのようですね。

ウェブ上に情報が乏しいようで、あれこれと検索してもなかなかヒットせず、ようやく見つけたのがこれ。深谷漁港水門豊国工業株式会社)。これは2枚上の写真にある、左の径間に備えられたゲートでしょう。マイタゲート1径間、スイングゲート2径間の構成とみてよいようです。ともあれ、これで名称が分かりました。

水門付きの防潮堤は、このすぐ北の入江、風ヶ崎浦にもあります。ストリートビューでもよく見えなかったこれ、いわば船からしか観察できない水門設備。いや~、神社港のそれにつづいて、スイング・マイタゲート三昧の伊勢志摩といえそう。「深谷水道」を記事タイトルにしながら、しばらく水門のことについて続けさせていただくことになりそうです‥‥。
撮影地点のMapion地図

(令和6年2月2日撮影)

(『深谷水道を通って…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 英虞湾深谷漁港水門