大川で砂船が爆発

15241.jpg
朝日新聞のニュースサイトを開いたら、「停泊中の運搬船が爆発、1人死亡3人けが 大阪・大川」というタイトルが目に入りました。

大川とあるなら、海の本船でなく川船…以前、淀川を水上バスで遡上したとき(『砂船づくし…1』『砂船づくし…2』参照)に見た、あの砂船の可能性が高いかも…、と思いつつ記事を開いたところ、やはり、砂船船隊の一隻だったのです。以下、記事より引用させていただきます。


停泊中の運搬船が爆発、1人死亡3人けが 大阪・大川

11日午前7時8分ごろ、大阪市北区長柄東3丁目の大川右岸に停泊していた砂利採取・運搬船「成和丸」の男性船長(72)から、「船内でプロパンガスが爆発した」と119番通報があった。大阪府警によると、船内にいた60代の男性が死亡し、別の男性や船長ら3人が重軽傷を負った。府警が爆発の原因を調べている。

 都島署と市消防局などによると、成和丸の船内にいた男性(45)が頭にけがをするなど重傷、船長も軽傷という。近くの別の船にいた男性(60)も、爆発で飛んできた破片がぶつかり腰に軽いけがをした。

 成和丸は55トンで幅約6メートル、長さ約25メートル。船首付近にある操舵(そうだ)室の屋根が吹き飛び、室内にプロパンガスのボンベ(約5キロ)があったという。船の部品とみられる大型の金属片などが爆風で数十メートル離れたマンションや保育園まで吹き飛ばされた。府警は、操舵室内でガスを使って湯を沸かそうとした際、引火して爆発したとみて原因を調べている。

 大川の一部を管理する国土交通省淀川河川事務所によると、現場の船着き場には「府淀川土砂採取協同組合」(大阪市北区)の砂利採取・運搬船約20隻が係留されている。川にたまっている土砂をポンプでくみ上げて積む作業をする船で、成和丸も同組合に所属。事故当時は作業前の準備をしていたとみられる。



まずは亡くなられた方のご冥福と、怪我をされた方々の一日も早い快癒をお祈りいたします。記事添付の地図によれば、毛馬閘門下流の西岸、まさに「水上バスで淀川遡上…3」で見た、造修施設や船溜のある場所。僚船やマンションに被害が及んだのもうなずけます。

記事の写真はサイズが小さく、はっきりとはわからないものの、肋材らしきものが見えることから、上部構造物だけでなく、船体にも大きな損傷があったようですね。

不謹慎ながら、記事中に事故船の要目や、砂船の組合名があったのは、まずこのような機会がなければ知ることもないものだけに、興味をそそられた部分ではありました。

以前も触れましたが、全国的に見ても希少な、「河川内で完結した実用舟運」である淀川の砂船。雄大な淀川を下りくるフネブネの姿に、初めて「生粋の川舟」を見た思いがして、それは嬉しかったことが思い出されます。貴重なこの小船隊の活動が、今回の事故を契機に淀川の河上から消えてしまったりしないよう、いち川舟ファンとして祈るばかりです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂船 ポンプ船 独航艀 淀川 事故

橋の裏側…3

9月の大阪・京都訪問の際に撮った、橋の裏側をご覧に入れます。

170022.jpg大川、源八橋。

モスグリーンの塗装が美しい鋼桁橋。背後の緑地ともよくマッチしています。




170023.jpg
淀川、城東貨物線・淀川橋梁(赤川鉄橋)。

左が鉄道、右が人道橋です。ぷにょさんの「まちかど逍遥」の記事、「淡路から赤川鉄橋へ」に、橋を渡る貨物列車の写真が掲載されています。貨物列車を間近に見ながら渡るなんて、楽しいでしょうね。

17024.jpg淀川、豊里大橋。

A字形をした支塔の脚が、橋桁を貫いて橋脚に乗っているあたり、歩道はぐっと幅を広げて、テラスを兼ねているようです。



17025.jpg
淀川、大阪モノレール・淀川橋梁。

線路が細いので、頭上の青空がよく見えます。タイドアーチの構造が上空はるかまで望まれる、奥行きのある裏側風景。

17026.jpg土佐堀川、天神橋。

構造の高い密度が、この橋の抜きん出た重要さを物語っているようです。

(21年9月11~12日撮影)


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大川 淀川 土佐堀川 橋の裏側

浪花濃厚水路…15

(『浪花濃厚水路…14』のつづき)

15236.jpgナニワの水の回廊を一周して、大川・天満橋は八軒家浜前に戻ってきました。フローティングダック君の、キュートなおケツ(笑)を眺めながら、残りわずかとなった大阪の水路との逢瀬に、名残を惜しみます。

無線で連絡でも入ったのか、船長さんより「桟橋が空くまで、少し時間待ちをします」とのアナウンスが。堂島川に入るまでは、「遅くなると、橋がくぐれなくなるので、ちょっと飛ばしますよ!」と、結構なスピードで行程を消化していたので、ゆっくり走るのはかえって新鮮なくらいでした。

15237.jpg厚い曇り空の下、漂泊と微速航行を繰り返して待っていると、さすがに肌寒くなってきました。大阪城港に到着すると、なるほど、まだ水上バスが離岸作業中。「水都大阪2009」のお祭り中とあって、桟橋も大忙しのようですね。

2時間に渡った大阪中心部の水路めぐりも、これでおしまい。いや、閘門あり、最低橋ありの目眩がするような濃厚さ、あっという間の2時間でした。

15238.jpg船長さんにお礼を言って船を降り、大阪城新橋を渡っていると、我々が乗っていた「アクアmini」が、早くもお客さんを満載して、ふたたび出港! ご繁盛ぶりは何よりですが、船長さん、大変だなあ…。

驚いたのは、この直後、遅い昼食をとろうと食堂に入ったとたん、外は土砂降りになったこと!
我々が降りるまで、天気を持たせてくれた、大阪の水路の神様に心から感謝。…しかし、「アクアmini」の船長さんや満員のお客さん、本当にお気の毒でした…。風邪などひかれていないといいのですが。

15239.jpg
今回「水の回廊コース」に乗って、嬉しかった特典(?)が、この通航証明書がいただけたこと。
ご覧のとおり、東横堀川・道頓堀川の両閘門の、タイル画風の絵をあしらったパウチカードで、閘室での注水待ちの際、船長さん自ら配ってくれました。

通航した日付のところに、パンチ穴が開けてあるあたり、昔の都電の切符を思い出させて、懐かしい感じが…。裏面は、「水都大阪2009」のポスターで話題になった、平松大阪市長と橋下府知事が、水面から顔を出している例の写真が載っているという、楽しい雰囲気のカードになっていました。

15240.jpg
長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。船頭の大阪~京都、土木・水運観光旅行のお話は、これでおしまいです。

最初にも書いたように、まるでお菓子の家に迷い込んだ子供のようで、見るもの聞くこと、楽しいこと、興奮することばかりでした。また、本やサイトの上ではわからない、まさに「百聞は一見にしかず」を実感した新発見もあり、どれが一番、というわけではないのですが…。あえて、中でももっとも印象深かったことを挙げるとすれば、やはり、淀川遡上の際、下ってくる砂船の船団に出会えたことでしょうか。

舟運路として、長い歴史を誇る淀川に、今なお息づく現役の河川水運! この貴重な川景色が、いつまでも失われないことを願って止みません。


(21年9月12日撮影)

【9月11~12日の項の参考文献】
市立 枚方宿鍵屋資料館 展示案内 枚方市教育委員会
子供の科学 昭和7年6月号 誠文堂新光社
京都インクライン物語(田村喜子 著)山海堂
国土づくりの礎 川が語る日本の歴史(松浦茂樹 著)鹿島出版会
日本の戦艦 上(泉 江三 著)グランプリ出版
写真で見る 大阪市百年 財団法人大阪都市協会
鋼製ゲート百選(水門の風土工学研究委員会)技報堂出版
日本百名橋(松村 博 著)鹿島出版会
東京の橋(伊東 孝 著)鹿島出版会
大阪城・道頓堀コース 水都号アクアmini(案内リーフレット)大阪水上バス

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大川 寝屋川 淀川 砂船 フローティングダック 大阪水上バス

水上バスで淀川遡上…8

(『水上バスで淀川遡上…7』のつづき)

15061.jpg銀色の水管橋の向こうに、国道170号・大阪外環状線を渡す、枚方大橋が見えてきました。終着の枚方船着場も間近です。

写真奥、水管橋の橋脚近くを見ると、だいぶ砂洲ができているようですね。船も大きくアウトコースを取って、船着場に近づきます。


15062.jpg枚方船着場が見えてきました。岸壁には、船に立っているのと同じのぼりが何本か見え、すでに到着を待っているスタッフがいるようです。

中央に見える白い尖塔は、水辺のヨシ(『葦』のこと。『アシ』は『悪し』に通じるから忌まれたと、以前近江八幡で聞きました)を題材に意匠化したものだそう。う~ん、ヨシでしたか。自分の第一印象は、ペンタイプ修正液でした。すみません。

15063.jpg船員さんが出てきてもやいを投げると、岸壁上のスタッフが受け取り、きびきびと接岸作業。

航程約20km、2時間10分ほどの船旅でしたが、船員さんが私を大目に見てくれたお陰で、初めての淀川を、心ゆくまで楽しむことができました。本当にありがとうございました(泣)。
…ちなみに、私の立ちんぼ時間は、合計1時間30分(笑)。

15064.jpg
枚方船着場は、淀川河川公園・枚方地区の中にあります。気持ちのよい芝生の法面から、接岸した船を眺めて。

ここはかつて、伏見発の三十石舟の寄港地として殷賑を極めた、枚方宿の浦…関東で言えば、河岸ですね。いにしえの栄華をしのばせる街並みが、旧京街道沿いに残っている街でもあります。
撮影地点のMapion地図

15065.jpg今回のツアーには、かつての船待ち宿であった建物を利用した、「市立 枚方宿鍵屋資料館」での食事と見学が含まれています。スタッフに誘導されて堤防道を越え、鍵屋さんへ。

ずっと立ちんぼで興奮していたせいか、お腹がぺこぺこです。イヤ、もちろん古い建物にも興味はあるものの、今は花より団子の心持…まずは腹ごしらえ!


(21年9月11日撮影)

(『鍵屋資料館』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 淀川 大阪水上バス 鍵屋資料館 水上バス

水上バスで淀川遡上…7

(『砂船づくし…2』のつづき)

15056.jpg砂船たちが途切れた間を埋めるようにして、一隻のセンターコンソーラが下ってきました。

乗っている人全員が、ヘルメットをかむっているところを見ると、何か作業をした帰りでしょうか。この後ろにはもう一隻、インフレータブルが続いていました。水質か、橋脚の調査といったところかも知れません。


15057.jpg
河道ほぼ中央に支塔がそびえる斜張橋、鳥飼仁和寺大橋。
白い支塔が水面に姿を映して、川面の静けさが感じられる、心和む風景…。
お天気も上々、水もきれいだし、フネブネは見られるし…ホント、淀川に来てよかった!

15058.jpg2kmほど遡ったでしょうか、府道19号を渡す桁橋、淀川新橋をくぐりました。

ここを過ぎれば、あとは目的地の枚方船着場間近にある、枚方大橋を残すのみ。天満橋の八軒家浜からここまで、およそ16kmの航程でしたが、川景色やフネブネを眺めていると、あっという間ですね。
撮影地点のMapion地図

15059.jpg淀川新橋を過ぎると、今までもチラチラと、木々や堤防の頭越しに見えていた山並みが、ぐっと迫って眺められるようになりました。

このあたりの地理にうといので、どれが何山かわからないのが残念ですが…。平野部の真ん中を流れる、東京近郊の可航河川では、まずお目にかかれない風景とあって、やはり目を見張ってしまいます。

15060.jpg大屈曲区間にさしかかると、おや、丸いブイがぽつりと。内側には洲ができているようですね。船もアウトコースを取って、ゆっくり進みます。

喫水の深い砂船たちの走りを見ていると、河道はかなりの幅で、彼らの航行に十分な水深が保たれていることがわかりましたが、さすがにこのあたりに来ると、澪筋の限られる区間もあるようですね。


(21年9月11日撮影)

(『水上バスで淀川遡上…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 淀川 大阪水上バス 水上バス