fc2ブログ

淀川畔を歩いて…2

(『淀川畔を歩いて…1』のつづき)

305053.jpg淀川本流から大川への分流点を見下ろして。川面に映る空や雲が美しいですね。中央から左が毛馬水門に至る導流堤、右が毛馬閘門からの出入りに用いる通船路です。

枚方ゆきの水上バスに乗って、ここを通り本流の雄大さを初体験したのが平成21年、もう14年前になるんですなあ‥‥と遠い目に。

305054.jpg
時間が押してきているので、そろそろ戻らなければなりませんが、以前通ったよしみ(一度だけですが)もあり、毛馬水門・閘門をちゃんと見ておこうと少し速足で。径間の下は堤防道ですっかり隠れていますが、ゲートを間近に拝めるのはありがたいもの。

305055.jpg
やはり大写ししておきたくなるのが、大阪ローカル(?)を感じさせるひらがな物件の最右翼(??)、「毛馬こうもん」と扉体一杯に記された閘門ゲート!

久しぶりだね、また来たよ、と声をかけたくなるような、親しみすら覚える一度見たら忘れないこの思い切りのよさ。褪せた塗りムラもそのまま、ご健勝のようで何よりです。

305056.jpg
自己主張が激しい(‥‥)のは、常時開で人目につく制水ゲートで、肝心の閘門、前扉室ゲートは橋との間から下をのぞき込んで、やっと見えました。思ったより天地が低いのですね。

305057.jpg
せっかく来たのだからと、銘板をキョロキョロと探してみたものの、発見できたのは目の前の堰柱に掲げられていた、この一つだけでした。

「毛馬閘門1号充水ゲート」‥‥径間1.5mとあるので、閘室に注水するバイパスゲートのことですね。製作は平成2年、メーカーは酒井鉄工所とありました。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月30日撮影)

(『東横堀川散策…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 淀川大川毛馬閘門閘門

淀川畔を歩いて…1

(『旧毛馬第一閘門を訪ねて…9』のつづき)

305048.jpg
短いながら濃厚なひとときを過ごして、淀川の堤防道に立ち小休止。下流側を望むと、水管橋、阪急千里線淀川橋梁、国道14号長柄橋が並んで、好天も手伝い実に爽快な川景色。いや、来てよかった‥‥。

305049.jpg上流側には、右手に排水機場の巨大な建屋、奥には毛馬水門・閘門と続いています。時間が限られていますが、も少しお散歩してゆきましょう。

写真ではわかりにくいですが、堤防道を横断する舗装路があって、ダンプがしきりに横切り、そのたびに警備員さんが通行人を止めています。ダンプは左手の坂道を下って、どこへ行くかというと‥‥。


305050.jpg
眼前に河道を圧して立ち並ぶ、利根大堰の工事現場に向かっていたのでした。手前には、既製鋼桁を組んだ仮設橋も見られ、堰のすぐかたわらまで道が通じているのがわかります。何の工事かというとですね‥‥!

305051.jpg
堰に併設される閘門を造っているのです!

淀川大堰に閘門を併設し、通船の便をはかる計画があることは報道されていたので、またこれで閘門が増えるワイと、閘門好きとして単純に喜んでいたのですが、こうして生で現在進行形の工事を目にすると、「ホントにできるんだなあ!」と興奮の度合いも桁違い。

計画の詳細は「淀川大堰閘門」(国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所)をご覧ください。リンク先のPDFパンフレットに掲載された3Dモデル図によると、閘室長は70m、径間は20mとありました。ゲート形式は、外観からローラーゲートでしょう。

305052.jpg
さらに上流側へ歩いて、淀川大堰の堰柱ズラリを堪能。いや~、ここに閘門ができたら、毛馬閘門と連続で通航する水上バスの便ができるのかなあ。影も形もないうちから、早くも妄想が広がったのでありました。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月30日撮影)

(『淀川畔を歩いて…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 淀川淀川大堰

淀川の川蒸気を眺めて

248010.jpg古代から舟運路として利用され、江戸時代は近代にいたるまで活躍した三十石舟、過書船でも知られるなど、京、大阪を控えていただけに、早くからひらけていた淀川航路。

川蒸気も関東に先んじて就航しており、大いに興味をそそられるところではあります。乏しい手持ちの中から、川蒸気たちの活躍ぶりをしのべるような絵葉書と錦絵、7点を選んでみました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 川蒸気船淀川東横堀川毛馬閘門閘門絵葉書・古写真

川蒸気船の玩具

218021.jpg明治も二桁に入ると、各地の河川や湖沼で就航が相次いだ川蒸気のこと、その姿に親しみ、憧れた人々も少なからぬ数に上ったことでしょう。

となれば、絵や写真ばかりでなく、ミニチュアにあつらえて手元に留めておきたい、という欲求が必ず出てきたでしょうし、人気にあやかって商品化しようという動きもあったはずです。

もともと模型好きということも手伝ってそう確信し、川蒸気を題材にした玩具のたぐいを探していたところ、ありがたいことにご縁に恵まれて、この十年でほんのいくつかですが、手にして愛でることができるようになりました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 川蒸気船淀川立版古小幡人形

大川で砂船が爆発

15241.jpg
朝日新聞のニュースサイトを開いたら、「停泊中の運搬船が爆発、1人死亡3人けが 大阪・大川」というタイトルが目に入りました。

大川とあるなら、海の本船でなく川船…以前、淀川を水上バスで遡上したとき(『砂船づくし…1』『砂船づくし…2』参照)に見た、あの砂船の可能性が高いかも…、と思いつつ記事を開いたところ、やはり、砂船船隊の一隻だったのです。以下、記事より引用させていただきます。


停泊中の運搬船が爆発、1人死亡3人けが 大阪・大川

11日午前7時8分ごろ、大阪市北区長柄東3丁目の大川右岸に停泊していた砂利採取・運搬船「成和丸」の男性船長(72)から、「船内でプロパンガスが爆発した」と119番通報があった。大阪府警によると、船内にいた60代の男性が死亡し、別の男性や船長ら3人が重軽傷を負った。府警が爆発の原因を調べている。

 都島署と市消防局などによると、成和丸の船内にいた男性(45)が頭にけがをするなど重傷、船長も軽傷という。近くの別の船にいた男性(60)も、爆発で飛んできた破片がぶつかり腰に軽いけがをした。

 成和丸は55トンで幅約6メートル、長さ約25メートル。船首付近にある操舵(そうだ)室の屋根が吹き飛び、室内にプロパンガスのボンベ(約5キロ)があったという。船の部品とみられる大型の金属片などが爆風で数十メートル離れたマンションや保育園まで吹き飛ばされた。府警は、操舵室内でガスを使って湯を沸かそうとした際、引火して爆発したとみて原因を調べている。

 大川の一部を管理する国土交通省淀川河川事務所によると、現場の船着き場には「府淀川土砂採取協同組合」(大阪市北区)の砂利採取・運搬船約20隻が係留されている。川にたまっている土砂をポンプでくみ上げて積む作業をする船で、成和丸も同組合に所属。事故当時は作業前の準備をしていたとみられる。



まずは亡くなられた方のご冥福と、怪我をされた方々の一日も早い快癒をお祈りいたします。記事添付の地図によれば、毛馬閘門下流の西岸、まさに「水上バスで淀川遡上…3」で見た、造修施設や船溜のある場所。僚船やマンションに被害が及んだのもうなずけます。

記事の写真はサイズが小さく、はっきりとはわからないものの、肋材らしきものが見えることから、上部構造物だけでなく、船体にも大きな損傷があったようですね。

不謹慎ながら、記事中に事故船の要目や、砂船の組合名があったのは、まずこのような機会がなければ知ることもないものだけに、興味をそそられた部分ではありました。

以前も触れましたが、全国的に見ても希少な、「河川内で完結した実用舟運」である淀川の砂船。雄大な淀川を下りくるフネブネの姿に、初めて「生粋の川舟」を見た思いがして、それは嬉しかったことが思い出されます。貴重なこの小船隊の活動が、今回の事故を契機に淀川の河上から消えてしまったりしないよう、いち川舟ファンとして祈るばかりです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂船ポンプ船独航艀淀川事故