FC2ブログ

12月9日のフネブネ…2

(『12月9日のフネブネ…1』のつづき)

228091.jpg
千鳥運河には、川崎市消防局の桟橋があり、ここを通るたび2隻の消防艇を眺められるのが楽しみの一つ。

この日は「第5川崎丸」一隻のみで、相棒の「第6川崎丸」の姿が見えなかったのですが、後で根本造船所に上架されていたのを目にしたことは、すでにお話しました。川崎市サイト「第5川崎丸」によると、36総t、3舳、18.4kt、放水砲5門。

228092.jpg

228093.jpg川崎の枝運河めぐり…11」で触れた、衝撃的な船影がコレ! 空荷でアップトリムになるのはわかりますが、少なくとも素人目には、ちょっと常軌を逸しているレベル。船尾にロケットがついていたら、宇宙戦艦ヤマトばりにこのまま飛んでいきそうな角度!

左舷後方から見ると、今にも沈没しそうな緊迫感。機械室が浸水しているんじゃないかと思えるほどです。

228094.jpg

228095.jpg水江運河の油槽船溜西端、曳船「きよたき」に惹かれて。塗色やファンネルマークも手伝って、海保船艇を思わせる端正で、かつ風格のあるカタチ。船首楼の舷窓がいいですね。

風格があるといえば、帰路の千鳥運河で見た油槽船らしい「万栄丸」もそう。船橋ウィングや船首ブルワークなど、ラインのそこここに曲線を取り入れたデザインが、どこか古風で優雅に見えて気に入りました。

(30年12月9日撮影)

(『12月9日のフネブネ…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 千鳥運河 塩浜運河 水江運河 消防艇 曳船

川崎の枝運河めぐり…15

(『川崎の枝運河めぐり…14』のつづき)

228081.jpg
根本造船所の全景。右手には上架作業用の台船も何隻かあって、その横には臨港消防署の「はるみ」ももやっていました。都内では見られない、スレンダーなハンマーヘッドクレーンを備えた作事場風景、いいものです。

228082.jpg

228083.jpg船台に上架中の艇を間近で。左から湾岸警察署の「ふじ」、横浜水上警察署の「はやかぜ」、川崎市消防局の「第6川崎丸」と多彩で、これまた都内では見られない取り合わせに、嬉しく拝見。

造船所の向って左、西岸はいわば建材荷揚場で、砂が野積みされており、背後にはコンクリートプラントが。ここまでガット船が入ってくるのでしょうね。


228084.jpgせっかく晴れてきたのに、逆光で暗くなり恐縮です。南側は13号地貯木場ばりのクレーン船溜。

袋小路とはいえ本船運河の末端ですから、高さを制限する橋もなく、ご覧のようにジブを上げたまま移動できるのが、この手のフネブネには好環境なのでしょう。



228085.jpg
しつこいですが、護岸に直接ペンキ書きされたこの手、特にオフィシャルなものは都内だとあまりお目にかかれないだけに、神奈川県側に来た気分が凄く盛り上がるというか。いかにも本船運河、という雰囲気が横溢するように思えるのですよね。

川崎の枝運河群をうろつくお散歩、曇天下ながら大いに楽しめました。さて、タメるのはほどほどにして、前回触れた「驚いて声をあげたくらいの嬉しい出会い」について、次回お話したいと思います。
撮影地点のMapion地図

(30年12月9日撮影)

(『12月9日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 末広運河 消防艇 警備艇

7月22日のフネブネ…1

(『7月22日の多摩川水門めぐり…10』のつづき)

221086.jpg帰路に出会ったフネブネのスナップを、いくつか垂れ流させていただきましょう。と、その前に一枚。

首都高羽田線の更新工事たけなわの、京浜運河で目線が吸い寄せられたもの。以前も見たことのある、鋼矢板の上を尺取虫するアレ‥‥。妙に惹かれるものがあるんですよ。これが3輌編成くらいで、ぎっちゃこぎっちゃこ歩いてたらタマランなあ、などと妄想させるものがあって。

221087.jpg

221088.jpg京浜運河北端、湾岸警察署の船溜で憩う、警備艇たちをスナップ。中でも、右の2隻に目を引かれました。

ヤマハのベルフィーノに警察向け艤装を施したと思しき艇で、丸みを帯びたスタイルは可愛らしく、パトランプをつけてもプレジャー然とした出自は隠せないもの。かえって親しみやすくてよいかもしれません。


221089.jpg
湾岸署船溜のすぐ北、高輪消防署の庁舎と消防艇「かちどき」。曇ってしまったので、何を撮ってもいま一つな中、真紅の船体は鮮やかで、カメラを向けるのが楽しくなります。

221090.jpg
そして品川埠頭北端、いかついアンローダーが魅力的な、宇部三菱セメントの岸壁に横付けしているのは「勇青昇」。ずいぶん勇ましげな、しかも「丸」号のついていない船名とくれば、ちょっと気になります。

検索してみたら、「建造実績」(岡島造船所)がヒット。499総t、平成28年に竣工したばかりの若い船なのですね。
撮影地点のMapion地図

(30年7月22日撮影)

(『7月22日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 警備艇 消防艇

新造消防艇「おおえど」拝見

(『「ぱしふぃっくびいなす」を追っていったら…2』のつづき)

219041.jpg
朝潮運河は臨港消防署を訪ねたのは、4月24日にお披露目があったばかりの新造艇「おおえど」をぜひ見てみたかったからです(PDF『大型消防救助艇「おおえど」就航式の挙行について』参照)。

おお、いましたいました! ご存知のように、臨港署初の曳船型消防艇。ぐっと反った舷側のライン、幅広なスターンの形状はまさに曳船そのもの。198総t、新潟造船の建造だそう。

219042.jpg
さらに近づいて。いや~、新造艇はよいものです。

船橋直後に折りたたまれた白いジブは、クレーンかと思ったらさにあらず。先のPDFによれば、「大型船の緊急脱出口に隊員を進入させるためのバスケット付の屈折式放水塔体」‥‥おお、消防車では結構見られたあれ! 消防艇では画期的ではないでしょうか。「消防救助艇」を名乗るだけあって、放水だけでなく、隊員さんの積極的な移乗も考えられているのですね。

219043.jpg
左舷前方からいいお顔を‥‥と思ったのですが、逆光気味で船体の朱がいま一つ映えません。それでも船橋周りの造作、諸艤装の配置に興味津々で眺めまわします。前傾したフロントグラスが精悍な感じ。

「屈折式放水塔体」を引っ提げて、港の護りについた全く新しいタイプの消防艇「おおえど」、幸運にも就役直後の姿を見ることができて、頼もしく思ったことではありました。ご活躍とご安航をお祈りします。

219044.jpg「おおえど」と別れた後は、朝潮水門を通って北上。環状2号線・黎明大橋の架橋によって、スイングゲートである意味は失われてしまいましたが、しっかりと整備されて状態は良好。都内では数少ないスイングゲートの命脈は、まだ当分保たれそうです。

水門と橋を通ってさて、ちょっと‥‥イヤ、大いに残念な光景が目の前に。


219045.jpg月島倉庫もいよいよ取り壊しですか‥‥嗚呼。開発著しい朝潮運河畔で、今やほぼ唯一の水運系建造物となっていたこれも、ついにお別れのときが来たようです。

古風な石垣護岸とともに、運河上に突き出されたテルファーを有するその姿は、艀荷役時代を髣髴させる風格がありました。以前の姿は、26年4月29日からのタイトル画像でどうぞ。
撮影地点のMapion地図

(30年4月29日撮影)

(『夕暮れの「富士」』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 消防艇 朝潮運河 朝潮水門

「ぱしふぃっくびいなす」を追っていったら…2

(『「ぱしふぃっくびいなす」を追っていったら…1』のつづき)

219036.jpg「ぱしふぃっくびいなす」の航跡をかわり、左舷側に出たところで‥‥あっ、あれは!

瞬時にただならぬ事態(?)を悟って、取るものもとりあえずスロットルを思いきり倒し、デッドフル! クレーン船同様、こちらもめったに見られるものではありません。近づくまで、終わらないでいてくれと念じながらすっ飛ばします。


219037.jpg
消防艇「みやこどり」の放水です! 一隻であることから、単なる演習ではなく「ぱしふぃっくびいなす」の歓迎放水の可能性が大きいのではと直感し、あわてて飛ばしてきたというわけ。

219038.jpg
前部と船橋上の放水銃、6本をフルに使っての放水は大迫力。濡れた船首舷側がつやを帯びて光っています。

風がほぼ南からきていることを考えると、しぶきが結構な距離まで飛んできて、不用意に近づけばびしょ濡れになるでしょう。間合いを取るにしくはありません。

219039.jpg逆光になってしまいましたが、「ぱしふぃっくびいなす」とのツーショットも。何分向かい風が少し強いこととて、放水がきれいにカーブを描かず、風で砕けて「みやこどり」が霧に包まれたようになっていました。

しかし、臨港消防署にこういったサービス(と呼んでいいかどうか、わかりませんが)があるとは、まったく知りませんでした。

219040.jpg
「みやこどり」は放水しながらそのまま直進、「ぱしふぃっくびいなす」と離れてから行き足をゆるめ、放水を終えました。まだ艇の周囲には霧がかかっており、船首ブルワークの後ろからは水が流れ出ているのがわかります。「ひと仕事終えた」といった感じがしますね。

いや、「ぱしふぃっくびいなす」を何とはなしに追っていただけで、普段見られないシーンに恵まれ、楽しめました。次は消防艇つながりで、朝潮運河に入ってみましょう。

(30年4月29日撮影)

(『新造消防艇「おおえど」拝見』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 消防艇