11月20日の川景色…1

(『イグアナ賛歌…4』のつづき)

199021.jpg

199022.jpg墨田川造船の艤装桟橋をのぞいてみると、「10月30日のフネブネ」で見たときとあまり変化はなく、巡視艇「あわぎり」と消防艇「ありあけ」がもやっていました。よく見ると「あわぎり」は船首にハンドレールが取り付けられており、艤装の進捗がうかがえます。

自転車が賑やかに往来するしおかぜ橋をくぐり、汐見運河をそのまま西進。静穏な好天の下、滑らかな水面は両岸の風景を映し、まことに快適な微速航行です。

199023.jpg汐見運河の西口付近、蛤橋にさしかかると、橋脚に足場をまとって工事中の様子。低い桁下高が、なおさら低く見えますね。

低いとはいっても、マストを立てたままくぐれる程度。この時点での推算潮位は、だいぶ高めの159㎝、桁下高はA.P.+3.8mと汐見運河最低橋とはいえ、歴戦のすり抜け経験を有する我が艇からすれば、ものの数ではありません(威張ってどうするか)。

199024.jpg
豊洲運河に出て面舵、さらに西へ。最近まで深川政府倉庫があり、現在は更地となっている一角、ぱらぱらとした感じながら木々が紅葉して、なかなかきれいですね。この様子なら、河畔の紅葉を拾って歩けそうです。

199025.jpg
隅田川派川に入ったところで、さっそくもう一つ。明治丸の山吹色のマストと、紅葉のコントラストに目を奪われました。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 東雲北運河 豊洲運河 巡視艇 消防艇 墨田川造船 明治丸

10月30日のフネブネ

197001.jpg今回の入渠は少し長引き、帰港は2週間後、10月30日に。往路同様、たまに小雨のぱらつく曇天で、ヤル気のそがれることおびただしいものがあったのですが、道々フネブネの姿を拾って楽しむことができました。

これも往路と同じく、2隻のPWCと江戸川閘門を通って下航開始。厚着をしてきたつもりでしたが、気温も思ったより低く、嫌でも帰路を急がざるをえません。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 旧江戸川 砂町運河 汐見運河 東雲北運河 江戸川閘門 独航艀 監視取締艇 巡視艇 消防艇 墨田川造船

ロータリーボート上架中!

(『10月16日の旧江戸川』のつづき)

196021.jpg旧江戸川での楽しみの一つが、藤代繁造船所であることはたびたび触れてきました。さまざまな業務船艇がもやい、また上架修繕されている姿を眺めることができます。

今回も、最も下流側に位置する上屋をのぞくと、曳船が上架中でした。船底や舷側の再塗装を終えたばかりなのでしょう、真新しいペイントが目に沁みるよう。
あれ? 右の黄色い小型艇は!

196022.jpg
ロータリーボートじゃないか!

船首にびっちり並んだスパイク、昔の電話ボックスのような細身のキャブ、遠目でも間違えっこありません。先日、「東雲北運河のロータリーボート」で見たそれとは対照的に、ここから見たかぎり、凹みや腐食も見られず、しゃんとしていますね。竣功年次が若いのか、外板まで含めたオーバーホールを行ったのでしょうか。

196023.jpg
もうピントが合っていなくても、嬉しいので載せちゃう。水線下を含む全体が撮れていたのが、全部ピンボケだったというお粗末。

円錐台状のカゴは、ロータリーボートの命たる、360度回るドライブを浮流物から守るプロペラガード。その前には、沈んだ原木を巻き込まないようにする、2本のフレームとラムが船首から下に伸びています。ガードの後ろに2枚見える板状のものは、循環式水冷にした際の放熱函を兼ねたフィンキールで、タライのような船体に直進性を持たせる役目もしているそう。

しかしほぼ正面から見ると、見事なほどの角型断面ですね。浮いている原木を、できるだけ大きな面積で推進できるよう、また船底に巻き込んだりして乗り上げないように、配慮して設計された結果のカタチと見てよいでしょう。また船台に乗せなくとも、ドスンと置くだけで安定して陸置できる、すわりの良さを併せ持っていることが今回実感できました。

196024.jpg
ああ、物陰に隠れてしまったけれどもう一枚載せたい。しかしどこの船かしら、東京にもまだ現役船がいたのかと思っていたら、東雲北運河のアレの件で、ちょぶさん(がーちゃんフォトアルバムVol.2)から以下の情報をいただきました。ありがとうございました!

木更津木材さんのFacebookに、現役のロータリーボートの写真があるとのこと。さっそく拝見してみると、おお、色も形もよく似ていますね! 日本通運所有だそうで、なるほど、いわれるまで気づきませんでしたが、まさに日通カラーであります。ゼヒ「第××通運丸」と名付けてほしいですナ! 

ご多分に漏れず、筏輸送はすでに廃止されたそうですが、愛好家の方が訪れたりと、その存在はすでによく知られているようです。今回修理も成ったことだし、当分は元気で活躍することでしょうね。

196025.jpg思わぬ出会いに意識が吸い取られて、他のフネブネのスナップが勢いおろそかになってしまったのが何とも。かろうじてものしえたのが、右の消防艇「きよす」とコンベア清掃船「第一みどり丸」。

「きよす」といえば、大横川と平久川で出くわし、その後曙北運河で航跡を追ったり(『桜探し散策で…8』、『桜探し散策で…9』、『「きよす」の航跡を追って』参照)と、印象的なシーンが思い出される艇でもあります。
撮影地点のMapion地図

(28年10月16日撮影)

(『江戸川の大編隊ふたたび』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧江戸川 ロータリーボート 曳船 消防艇 清掃船

新造消防艇「ありあけ」拝見

(『東雲北運河のロータリーボート』のつづき)

195061.jpgロータリーボートとの別れを惜しみながら離れ、さて、東雲北運河のお楽しみスポットといえば、墨田川造船。

暁橋の桁下を透かしてのぞく桟橋には、すでに赤く塗り上げられた船体が見えています。消防艇ですね。修理なのか、それとも新造艇でしょうか。はやる心を押さえながら、前進微速。



195062.jpg
近づいてみると、河川や運河にも入れる全高の低いタイプです。トランサムに書かれた名前は「ありあけ」。

すでにこの名を冠した艇はありましたから、襲名・代替される新造艇で間違いないでしょう。

195063.jpg
船尾の甲板上に目をやると、シートにくるまれた何かや、構造物を越えて走るホースやコードらしきもの、折り畳み式マストに架けられた脚立と、いかにも艤装中といった雰囲気にあふれていました。

排気管が開口した舷側も、塗装が真新しくまだ汚れていません。

195064.jpg
前方から。甲板室の窓もまだカバーがかかり、放水銃などの装備品も未装着と、竣工まではしばらくかかりそうな感じですね。

船首をほんの少し切り落としたようにして、フラットを作ったあたり、軽く前進をかけて対象の船や護岸にバウづけさせながら、消火活動をすることを考えているのでしょうか。

195065.jpg検索してみたら、「消防艇誕生、進水式を間近から」(日本財団ブログ)なる記事がヒット。7月21日進水、長さ/幅は22.2、5.95m、速力16ktとのこと。ご安航をお祈りしております。

墨田川造船の近く、丸太の廃桟橋上は、カワウ君たちの社交場でした。我が木っ端ブネの接近に、いっせいに首をひょろ長く伸ばし、おかんむりの表情もあらわ。ううむ、トリ大好きな船頭としては、警戒されるのは大いに心外ですが、こればかりは致し方ありません。

(28年9月10日撮影)

(『魚群捕捉!』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲北運河 消防艇 水辺の鳥たち 墨田川造船

7月19日の川景色

176001.jpg7月19日日曜日は、ご同業の先輩たちと一緒に近場回りをしてきました。台風一過で荒れた空模様が心配されたものの、明けてみると空も澄んで風も穏やか、当然のごとく猛暑となりましたが、まずまずの水路日和ではありました。

豪雨の後とて、浮流物の多さには緊張させられたものの、久しぶりの好天とあって繰り出す観光船やプレジャーも多く見られ、賑やかな川景色を楽しむことができました。以下、道々のスナップを垂れ流させていただきます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 豊洲運河 隅田川派川 隅田川 神田川 日本橋川 東雲北運河 消防艇 巡視艇 水上バス 大島川水門