fc2ブログ

5月15日のフネブネ…5

(『「ひりゆう」入港!…2』のつづき)

266031.jpg微速で移動しながらほぼ一周できたので、名残惜しく「ひりゆう」とお別れすることにしました。

何分官船、しかもどちらに向かうかわからないこともあって、いち木っ端ブネがいらぬ迷惑をかけてはことと、終始このくらいの距離を取って周りをうろついておりました。それでも動かずにいてくれたので、十分堪能できたものです。


266032.jpg
さて、土曜日とあれば、躍動する荷役設備や業務船たちの、生き生きとした姿を期待してしまうのはいつものこと。おなじみ宇部さんのアンローダーは、と通りがかりに注目すると、期待にたがわず、ちょうどグラブが独航艀「第一豊和丸」のホールドへ入ってゆくところでした。

となりに接舷した「第二豊和丸」とくらべてみると、喫水の差が歴然。水揚げした骨材のかさが実感できようというものです。

266033.jpg
墨田川造船本社前、5月4日に紹介した自社製らしき作業艇「skyblue」ですが、前回はトランサム周りをよく見ていなかったので、ズームでたぐって撮ってみました。台船の昇降口やラックが手前にあり、のぞき見るような感じではありますが。

一段下がったモータウェルはかなり広く取られ、トランサムの喫水線下には当て板状のものが見られと、船外機艇であることは間違いないようです。パイプで組まれた鳥居形のものは、頑丈そうなことから手すりでなく、曳索を保持するための枠ではないでしょうか。

266034.jpg
建屋の前まで来ると、嬉しいことにシャッターが開いており、中の様子を見ることができました。おお、2隻が建造中ですね! 船体を天地逆に伏せたような状態で、外板を張っている最中のようです。どんな艇ができてくるのか、楽しみですね!

266035.jpgフネブネめぐりのシメは、これも毎度おなじみ古賀オールさんで。いつ拝見しても美しく整備された、クレーン群とバージたちが素敵です。

こちらも荷役シーンを期待したものの、残念ながら作業は終わっていたようです。まあ、最近は荷役だけでなく、曳航中の姿まで拝ませてもらったばかりですから、ぜいたくは申せますまい。

(令和3年5月15日撮影)

(『供用された常磐橋』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 東雲運河 東雲北運河 曙北運河 消防船 独航艀

「ひりゆう」入港!…2

(『「ひりゆう」入港!…1』のつづき)

266026.jpg
ほぼ正横からのスナップ。ファンネル兼放水塔が1本に重なり、トランサムも目に入らなくなると、妙に甲板室がかさ高で低舷側な、どこか昔の河用砲艦を思わせる姿に。

266027.jpg
そのまま船首が見える角度まで回り込んで。船橋下の構造物は角に小さいRがありのっぺりとしているせいか、この角度から見ると昔の冷蔵庫のような印象。

266028.jpg電光掲示板は調子がよくないのか、ほんの一瞬、断片的に文字が出ただけで終わりました。

発見してからここまで、実質12分ほど。行き足は全くついておらず、漂泊状態が続いています。ちなみに、晴海埠頭の通航信号所は「F」(自由入出港)を現示していて、入港に制限がかかっているわけではありませんでした。

266029.jpg
むう、やはりカタマランの股ぐら(笑)を見ると、くぐりたくなってしまうなあ‥‥。船尾はちょっとキツそうだったけれど、船首側なら頭突っ込むくらいできそう、などと妄想がむくむく。

しかし、丸みを帯びてお鉢の開いた船首形状、対照的に細くしぼられた喫水線周りと、ここもまた独特な雰囲気。唯一無二の消防船が放つ魅力を、細部まで堪能させていただいたのでした。

266030.jpg「ひりゆう」とお別れする少し前、有明西運河の方から「ボゥッ」という感じで短声の汽笛が鳴って、大きな音に驚かされました。前回触れたように、海保バースに測量船の姿はなく、奥の一隻(気象庁の『啓風丸』?)のみ。

鳴らしたとすれば、あの船しかいないような。何かのテストか、単に間違えたのか‥‥特に動きはなかったので、何かの警告ではないようでした。

(令和3年5月15日撮影)

(『5月15日のフネブネ…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 消防船 東京港

「ひりゆう」入港!…1

(『5月15日のフネブネ…4』のつづき)

266021.jpg
レインボーブリッジをくぐって入港してきたのは、横浜海上保安部の「ひりゆう」でした。

放水銃を備えたいわゆる消防巡視船が整備されたことにより、専門の消防船「FL」に種別される船としては、今や唯一の存在になってしまった本船。東京で出会うのは初めてで、すっかり舞い上がってしまいました。

266022.jpg
邪魔にならないよう、船尾側へ距離をとって、回り込むようにしながら沖へ。「ひりゆう」はやや面舵に当てながら、奥へ入ってきました。

最初は晴海に着けるのかしら、と思っていたのですが、この方向だと有明西運河の海保バースかも。そういえば、さっき有明西運河のバースをチラッと見たら、いつももやっている測量船は全て出港していましたから、予想が的中しそうな気がしてきました。

266023.jpg
‥‥と思っていたら、「ひりゆう」はにわかに行き足を落とし、豊洲に船首を向けた形で漂泊状態に。接岸指示待ちかしら?

止まってくれたならこれ幸い、十分に距離をとりつつも、観察モードに入らせていただくとしましょう。

266024.jpg
消防船といえば、カタマランの船型が一大特徴であります。やはり堪能するには真後ろが一番でしょうと、軸線に来たときパチリ。

米海軍の音響測定艦を見たときもそうでしたが、カタマランの大型船を前にすると、あの二つの船体の間をすり抜けたくなる衝動に駆られて‥‥。う~ん、「ひりゆう」はここから見るかぎり、径間長(?)、桁下高(??)ともにちょっと無理がありそう。

266025.jpg
右舷側に出て、晴海の選手村マンション群をバックに。トランサムがぐっと広いこともあり、この角度から見るとどっしりと頼もしそうな雰囲気で、並列したファンネル兼放水塔とともに、独特のスタイルを堪能できますね。
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『「ひりゆう」入港!…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 消防船 東京港

12月13日の水路風景…2

(『12月13日の水路風景…1』のつづき)

259015.jpg東雲運河での爽快なトライアルを終えた後は、そのまま港内を縦断して台場の内水面へ。

コロナ禍によるオリンピック延期で、いったんは姿を消したオリンピックシンボルが、内水面の同じ場所に再登場したと聞いたからです。何か変化はあるでしょうか?

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東京港 天王洲南運河 高浜西運河 芝浦運河 朝潮運河 隅田川 消防船 水上バス オリンピックシンボル