FC2ブログ

8月15日のフネブネ…1

(『8月15日の水路風景…10』のつづき)

254066.jpg

254067.jpg8月15日に出会ったフネブネを以下数回にまとめます。まずは7月12日に引き続き、艤装中の巡視船「みかづき」の姿を。

前回から一月ですから、一見それほど艤装が進んだようには感じられませんが、それでも船橋上の手すりや給気口のルーバー、一部のハッチなど塗装済みのところが増え、船橋も養生されてと進捗がうかがえました。

254068.jpg
第二航路に出て西行、フェリー埠頭の前まで来ると、オーシャントランスの「フェリーびざん」が、独航艀タイプの業務船を横付けして停泊中でした。

これに乗ると、徳島まで行けるんだよなあ‥‥。徳島で閘門と河川航路を堪能してから早や一年、コロナ禍が収束して、また訪ねられる日が来るんだろうか‥‥。

254069.jpg
城南島、消防庁第二方面訓練場の桟橋には、日本橋署の「はまかぜ」がもやっていて、着いたばかりなのか、隊員さんたちが機材を抱えて上陸しているところでした。舟艇勤務の皆さんは、車輛のそれと違った演習をされるのかしら。

254070.jpg多摩川からの帰路、海老取運河を北上していたとき、東岸、羽田水上派出所に隣接した業務船の船溜を眺めていたら、「アッ!」と声を上げてしまうモノが!

他の船の陰になっていたので、往きには目に入らず、気づかなかったのです。これは近寄って観察しておこうと、スロットルを引き、面舵を切りました。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 京浜運河 海老取運河 巡視船 消防艇 清掃船

8月15日の水路風景…6

(『8月15日の水路風景…5』のつづき)

254041.jpg海老取運河を北上中、モノレール整備場駅の対岸にある新しい建物が目につきました。地図で見ると、「三井不動産インダストリアルパーク羽田」というそう。

検索したところ、「新たな街づくり型新産業拠点が誕生『三井不動産インダストリアルパーク羽田』2019年6月28日(金) 竣工」(三井不動産)という記事がヒット。物流機能を含む複合用途施設とのこと。


254042.jpg
倉庫‥‥物流拠点にしては派手な外観だな、と目を引かれたのが、この壁面の装飾。ちょっと見たことがない造形で、思わずズームでアップに。裏面にチラリと見えるオレンジ色と、影が織りなすパターンが面白く、微速で行き過ぎながら見入ってしまいました。

記事には、「外装のデザインは、(中略)伝統的な日本の織物の文様を取り入れたファサードとしております。アルミパネルを外壁に配置し、角度によって見え方の変わるデザインを施して」とありました。確かに、着物の柄としてもおかしくなそうであはあります。

254043.jpg海老取運河を出て、干潟水路を右折せず平和島運河を直進、昭和島と大森の間に入りました。

モノレールが身を傾けて頭上を滑ってゆくさまを、逆光の中振り返って。鉄輪と違ってゴムタイヤの走行音は柔らかく、間近を巨大な質量の列車が走り抜けても、どこか軽快な感じがするんですよね。東京南部の運河群でしか味わえない感覚です。


254044.jpg
首都高羽田線をくぐると、右手、京浜島側の護岸はまだ新しく、白い石材とコンクリートの肌が、まばゆいばかりに陽光を反射していました。

水際が消波効果の高く、水に親しみやすい石組みの法面、上半部がマス目に芝が植えられて、目にも優しそうな井桁状の法面保護工と、その中央には水辺に降りる階段も設けられて‥‥と、陸上から、また水上から見ても理想的な護岸といえそうです。

254045.jpg
さて、平和島運河といえば、気になるのが呑川・貴船の両水門。呑川水門は前回訪問時、内水の堤防築造にともなう撤去工事の真っ最中でしたが、今回は‥‥う~ん、やはり撤去はすでに終わったようですね。近づいてみましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日の水路風景…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 平和島運河 呑川水門

8月15日の水路風景…2

(『8月15日の水路風景…1』のつづき)

254021.jpg海老取運河に入って南下中、ちょっと距離はありましたが、通りすぎざまに北前堀水門を軽くスナップ。

羽田周辺の船溜に息づいていた水門たちも、内水の堤防築造で貴船、呑川の2水門が撤去されたので、こちらもそろそろ‥‥との思いがあり、とりあえず撮っておくにしくはなしとカメラを向けたのです。


254022.jpg
いま一つの水門がある船溜、高架下水路でもある南前堀はどうかしら、とのぞいてみると‥‥う~ん、手前に繋留船が詰まっていますね。水路がさらに埋め立てられて、繋留スペースが圧迫されてきたのかなあ。

平成29年8月以来入っていないので、埋め立ての進展や堤防の増高など、その後の様子を確かめてみたく、ちょっと入っておこうかと思っていたのですが、これは「呼ばれていない」よナ‥‥。

254023.jpg
海老取川南端に出ました。すでに竣工したこの北側同様、護岸の強化工事が進行中で、鋼管矢板がずらりと並んだ錆色の川景色です。

254024.jpg
屈曲を曲がり切って澪筋に出ると‥‥おおお、羽田連絡道路の橋、ずいぶん工事が進みましたね! ここから眺めると、桁がほとんど架かっているようにも見えます。

254025.jpg干潮で長々と露出した導流堤・五十間鼻には、釣り人さんがちらほら。いつも釣り糸を垂れている、沿岸のほとんどが護岸工事中とあっては、こちらに出てこざるを得ないのでしょう。干潮時の渚に人影がある川景色、よいものです。

昨年末に通ったときは、増水時の堆砂で河床が上がったのか、A.P.+1.41m時点での水深が1.5mと、澪筋らしからぬ浅さでしたが、今回はどうかしらと魚探の感に目を落とすと‥‥3.9m!。

写真のタイムスタンプは11:14、推算潮位A.P.+0.98mですから、浚渫し直したのですね。前回のままだと、大潮の干潮時はほぼゼロになってしまいますから、何よりではありました。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 海老取川 多摩川 北前堀水門 南前堀水門

令和元年度川走り納め…2

(『令和元年度川走り納め…1』のつづき)

245006.jpg

245007.jpg京浜運河に入ると、新幹線大井回送線(で、いいのかな?)の京浜運河橋梁がお出迎え。雄大な上路式トラスが、逆光の中構造を交錯させて、重量感ある姿を見せてくれました。

シーフォートスクエアの専用桟橋に憩う、こちらもおなじみ「レディ・クリスタル」。竣工30年、もはや老嬢といってもいい過ぎではない船齢になりましたね‥‥。

245008.jpg

245009.jpg靄のせいでバックが白く、抜けるような青空とはいきませんが、風がなく暖かなのはありがたく、鼻歌も出ようというもの。

水鏡に姿を映して滑るモノレール、空中回廊のような整備場駅‥‥。平らかな水面と冬の陽射しに肩を押される形で、目に入る全ての建造物が、普段に倍する魅力を放っているように思えたものです。

245010.jpg
海老取川南端、弁天橋付近まで来ると、大きな変化がありました。従来の護岸から前進した位置に鋼矢板が打たれ、護岸工事が始まっているようです。

往路は逆光でうまく撮れなかったので、写真は復路、北上時に弁天橋南側から撮ったものです。西側も少しありますが、空港のある東側が規模が大きく、鋼矢板の内側に砕石が積まれ、既存の護岸も解体中のようでした。
撮影地点のMapion地図

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 海老取運河 海老取川

4月13日の水路風景…2

(『4月13日の水路風景…1』のつづき)

233076.jpg橋脚工事の足場を後に、多摩川を遡上しつつ振り返って。川面は鏡のよう‥‥とまではいかないものの、風も収まって穏やかで、空を映しあくまで青く、航跡で乱すのがもったいなくなるくらいでした。

国際線ターミナルや駐車場を整備しているのでしょう、空港にもクレーンが林立して、このあたりの沿岸も、訪ねるたびに風景が変わってゆきます。


233077.jpg
おなじみ羽田可動橋‥‥東側の桁が陽を浴びてきれいだったので一枚。使われなくなって20年余り、目立った傷みこそ見られないものの、桁側面の褪色も進んで、だいぶ寂しい雰囲気が濃くなってきました。

233078.jpg京浜運河を北上していると、都水道局の京浜運河水道橋のすぐ南、昔からある沈船が目に入りました。大井埠頭、八潮1丁目の西あたりです。

潮が引くと、舷側や甲板がすっかり錆び落ちて、肋材ばかりが目立つ残骸が顔を出します。これも年々崩壊が進んで、わかりにくくなっていますからお気をつけて。写真にも写っていますが、北側にブイがあり目標となっています。

233079.jpg
品川埠頭北端、東京港内ではもはや希少になったこの手の施設、宇部三菱セメントのアンローダー。川崎・横浜のそれらとくらべたら小規模ですが、近づいて仰げばやはり結構な迫力。鉄の息吹が濃厚に匂う一角であります。

233080.jpg
東雲運河まで戻ってくると、東電堀を発した水陸両用バス「スカイダック」と反航。お客さんと手を振りあってのすれ違いです。

少し離れてからカメラを向けたら、あらら、もろ逆光で黒くつぶれてしまいましたね。しかしこうして見てみると、冬とは違った鋭い陽射し、引き波のギラギラとした反射に、もう夏が近いことを感じさせたものでした。

(31年4月13日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川 海老取運河 京浜運河 東雲運河 羽田可動橋