fc2ブログ

2月7日の水路風景…2

(『2月7日の水路風景…1』のつづき)

261016.jpg
大井競馬場前と並んで、運河畔から駅の全貌を望める整備場駅を振り返って。持ち送りのみで支えられ、線路に巻きつくような形で、こじんまりとまとまった造作が印象的です。おりしも上り電車がやってきて、ホームに滑り込むところでした。

261017.jpg穴守橋と稲荷橋の間では、台船が数隻出て護岸工事中‥‥なのはいいとして、右側から伸びているブイを連ねたフェンス、ちょっと長すぎませんか?

左側に並んだ繋留施設の杭と、数mしか航路幅がないような。まあ、通れないわけではないので、そろりそろりとまいりましょう。


261018.jpg
真横を通りながら見てみると、ブイ同士をつなぐトラロープもゆるゆるで、自然に流されてこちらにふくらんできたような雰囲気。台船からここまで、控えのアンカーが打ってあるわけではなさそうなので、なぜここまで航路を圧迫しているのか、いま一つわかりませんでした。

261019.jpg
稲荷橋を振り返って、南側から。なぜか高欄でなく、橋上に設けられた柵に「航路幅減少 徐行」と横断幕が掲げられていて、川面からだと少々見づらいですね。夜間は点灯するらしい矢印の数から見ても、航路幅の狭いのは予定していたことで、フェンスがたるんだわけではないようです。

261020.jpg弁天橋をくぐった南側、澪筋に出る区間も、護岸工事がたけなわらしく、クレーン付き台船がもやっていて、やはり航路を狭めていました。

屈曲のインコースも、鋼矢板こそ撤去されたものの、澪標を掲げた鋼材の杭が並び、工事がまだ続いていることを示しています。ここを曲がり切れば、桁の出揃った羽田連絡道路の橋が見えるはず。楽しみに艇を歩かせます。
撮影地点のMapion地図

(令和3年2月7日撮影)

(『変わりゆく多摩川河口…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 海老取川

2月7日の水路風景…1

(『2月7日のフネブネ…2』のつづき)

261011.jpg
以下、2月7日の道々に拾った風景をご覧に入れます。第二航路に出て西航し、多摩川に向かう途中のスナップです。

有明は鉄鋼埠頭の南端、私にとっては、ゲートブリッジのトラスを組んでいた場所としての記憶が鮮明なところです。キリンさん‥‥、舶載コンテナを荷役するガントリークレーンが組立中。それとも解体中なのかしら、いずれにせよあまり見たことのない光景で、珍しく眺めたものでした。

261012.jpg第一航路をプレーニングで気持ちよく横断、城南島南の水路に入ってから減速し、あわよくば離陸シーンを眺められればと空港の方を見ながら進んでいると‥‥。

いいタイミングで轟音とともに一機がテイクオフ、ニンマリする瞬間です。ちょっとホコリっぽくも見える水平線近くのグラデーションに、南風が入ってきたことを感じさせるものが。

261013.jpg
抜けるような、とまではいかないものの、青空を貫いて飛ぶ飛行機を見上げるのは、気持ちのよいものです。ああ、コロナ禍が終息したら、また飛行機に乗って閘門や河川航路を訪ねてみたいなあ‥‥。

261014.jpg
城南島、建材埠頭のコンクリートプラント。無骨なガット船やこうした工場風景をほしいままにできる城南島、その筋の愛好家にとっては、乗ったり触れたりできなくとも、眺めるだけでテーマパークに等しい楽しさがあるのではないでしょうか。観光船をチャーターしたら、ぜひコースに取り入れていただきたいものです。

261015.jpgおなじみ羽田可動橋を仰ぎながら、海老取運河に入りました。何分放置されて久しいこととて、褪色もだいぶ進んでしまいましたが、錆や剥離が見られないせいか、悲壮な感じはしません。

この日は日中の潮位が高かったせいか、釣り人さんがことのほか多く見受けられました。上天気で暖かだったのも手伝っているのでしょうね。
撮影地点のMapion地図

(令和3年2月7日撮影)

(『2月7日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 海老取運河 羽田可動橋

2月7日のフネブネ…1

261001.jpg
2月7日は、気持ちのよい快晴を得て近場を散策してきました。先にフネブネから紹介し、道々のお話は後ほどさせていただきましょう。

もはや墨田川造船辰巳の顔といってよいほど、おなじみとなった巡視船「みかづき」。後ろには「ぶんごうめ」、「くがかぜ」の巡視艇ももやわれ、3隻とも見たところ完成状態のようですね。もうトライアルに出かけているのでしょう、お別れも近いに違いありません。

261002.jpg東京港、第一航路を南下中、折から入ってきた南風で霞む東方はるか、中防沖に見えた大型クレーン船。

深田サルベージの「富士」でしょうか? 距離がありすぎてさすがに船名はわかりませんでしたが、ジブの看板から深田さんちの子であることは確か。何か大きな工事があったのかしら。


261003.jpg城南島、建材埠頭はサイズ感の快い中~小型の本船が眺められる楽しいところですが、この日目に留まったのは写真のプッシャーバージ「第一拓洋丸」。

クジラを思わせるずんぐりした船首周りの魅力もさることながら、大きなユンボをそのまま、荷役設備として搭載しているのも目を引かれました。


261004.jpg
海老取運河では、「8月15日のフネブネ…2」で触れた、廃清掃船の近況をスナップ。

コンベアを外した空所に板が張られ、船首に二つタイヤフェンダーが下げられているなど、変化が見られますね。喫水も少しですが深くなったようです。桟橋代わりとして使い勝手のよいように、手を加えているのでしょうかね。

261005.jpg
京浜運河北口で、こちらもおなじみ、高輪署の消防艇「ありあけ」を左舷後方から。前傾した操舵室妻板、放水銃を2門備えたマストと精悍な風貌ですが、トランサム上の張り出しは意外と薄くて華奢な感じなのですね。
撮影地点のMapion地図

(令和3年2月7日撮影)

(『2月7日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 京浜運河 東京港 巡視船 巡視艇 墨田川造船 クレーン船 消防艇

8月15日のフネブネ…3

(『8月15日のフネブネ…2』のつづき)

254076.jpg海老取運河のフネブネつづき。こちらは毎度おなじみ、羽田水上派出所の桟橋にもやう警備艇「あじさい」。

いつもは右舷後方から見ているので、たまには違う視点でと真後ろから。トランサムは平面ですがガードを兼ねた張り出しが突き出ており、甲板室後妻の表情などのディテールが観察できました。

254077.jpg
これも何度か紹介していますが、芝浦運河にある「TOKYO WATER TAXI」の船溜。平成27年の初見時、わずか2隻から始まったことを思うと、本当に大船隊になりましたね!

27年の東京新聞にあった社長の言、東京オリンピックの年まで60隻に増やしたい、という目標は残念ながら達成できなかったようですが、それでも短期間のうちにここまで拡充したとは、都内の遊船業者ではかつて例を見ないのではないでしょうか。

254078.jpg
有明西運河の顔ともいえる海上保安庁の測量船、「明洋」と「天洋」(写真奥)。白い船体に錆だれが目立ちますが、それこそ任務に寧日ないという何よりの証拠なのでしょう。ご苦労さまです‥‥。

254079.jpg隅田川を下航中、厩橋で遡上してきた「エメラルダス」をスナップ。キャノピーを陽光の反射でギラリときらめかせ、不敵な面構えではあります。

距離があるところからズームでたぐると、遊歩甲板のぐっと弓なりに反った曲面が強調され、近くで見るのとはまた違ったカッコよさがありますね。


254080.jpg
今回お気に入りの一枚。両国橋下流、「アワータウン」と行逢する「エスエスNANO1」。都大路、大川筋の賑わいを象徴するようで、このシーンに出会えたことを喜んだものでした。

コロナ禍で運休、自粛を余儀なくされ、プレジャーがまれに通る程度で、静まり返った川面を目の当たりにした後だっただけに、当たり前の光景が戻ってきたことそのものが、たまらなく嬉しかったのです。コロナが一日も早く終息して、かつての賑わいを完全に取り戻せますように‥‥。

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日のフネブネ…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 芝浦運河 有明西運河 隅田川 水上バス

8月15日のフネブネ…2

(『8月15日のフネブネ…1』のつづき)

254071.jpg
な何と、おなじみ都建設局のコンベア清掃船、そのコンベアを撤去した、いわばなれの果てといってよいものです! 見たかぎりだいぶくたびれていますが、ずいぶん前からここに繋がれていたのでしょうか。全然気づかなかったなあ‥‥。

解体の途中といった雰囲気ではなかったので、払い下げられて民間の業務船となったのでしょうか。警察や海保船艇が払い下げられ、通船や警戒船として第二の人生を送っているのはたびたび見かけましたが、こういった特殊な船は初めてです。

254072.jpg
ぐっと近づいて、正面から。コンベア他清掃設備一式を外された分、当然ながら船首側の喫水が上がってアップトリムになり、バルバスがすっかり露出しています。表面がだいぶ色褪せ、汚れていることも手伝って、顔である商売道具をはぎ取られた姿は、痛々しいものがありました。

しかし、どんな用途に使われるのでしょう? 船形が特殊なので、いま一つツブシがきかないように思えるのですが。現状を見たかぎり、桟橋代わりにされているとしか思えません。

254073.jpg建設局の清掃船たちには、河上でもたびたび行逢して親しんできたこともあり、気になるのはこの船の前歴です。隻数も多くありませんから、現役時に出会っている可能性も高いでしょう。

船名がわかれば‥‥と、まずは船首舷側を見てみたら、丁寧にこてこてと塗りつぶしてあって、判読できませんでした。むう。

254074.jpg
船尾、トランサムが見えればもしかして‥‥という期待があったものの、こちらもクレーン船に密着していて、ダメでした。操舵室側面のナンバーは見えましたが、さすがにこれで追跡するのは骨が折れます。

ともあれ、珍しい払い下げ船(かどうかも確認していませんが!)を目にできたということで、興味深くはありました。空所になった胴の間にホールドを設けるなど改造を施されて、小型独行艀として再起したら‥‥などと、妄想してしまいます。

254075.jpgコンベア船で興奮のあまり4枚を費やしてしまったので、船溜にあった他の曳船やクレーン船はまたの機会にし、あと一隻を紹介しましょう。

クレーン船の反対側に接舷していた「はばたき」。BAN(ボートレスキューサービス)とも連携し活動しているNPO法人・東京海難救助隊の救助船です。通船タイプで収容力がありそうですね。


(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日のフネブネ…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 清掃船 曳船