11月1日の運河風景…2

(『11月1日の運河風景…1』のつづき)

137006.jpg曳船がほぼ正横に来たところで一枚。チョコレート色に塗り上げられた船体が珍しく、船長は天蓋から身を乗り出して、後ろに続くクレーン船を注視していました。船名は「兄弟丸」。

クレーン船、二基搭載の結構な大型…と思ったら、2隻を背中合わせに繋いであるようですね。ジブをすでに上げているところから見ると、橋のある京浜運河には入らず、干潟の澪筋をぐるりと4分の3周し、京浜南運河から港内へ出るのかもしれません。

137007.jpg

137008.jpg海老取運河に入ると、羽田水上派出所の桟橋にエンジンをかけた警備艇「あじさい」と、乗り組みの警察官の姿が。塗り替えたばかりなのでしょう、艇の赤い船底色と白い船体のコントラストが美しく、目に沁みるよう。

休日なら、艇こそもやっていても、人影なく静まり返っているのが普通ですが、これも平日ならでは、生き生きと活動する水上派出所の姿を目にすることができました。


137009.jpg
デッドスローで海老取川に入り、空港間近とは思えない静けさを堪能しながら、稲荷橋を振り返って一枚。

秋の低い陽射しに照らされた、オレンジ色の桁がきれい。このタイプの橋脚を持つ橋も、都内の可航水路ではだんだん見られなくなってきました。
撮影地点のMapion地図

137010.jpg例のごとく海老取川澪筋をうねって抜け、多摩川本流へ出てしばらく下るわけですが、川崎側に横たわる浅瀬を示す澪標の列、ご覧のとおりその大半がちびてしまっており、遠目にはほとんど視認できないものもあって、まあ、その怖いことったら。

もちろん微速で、エンジンは半ばチルトアップし、魚探の感とGPSのログを、交互ににらみながらのそろそろ歩き。何度も通って、なじんでいればこそ何とかだませるものの、初めての艇が通ったら、座洲をしかねないでしょう。海老取川澪筋のように、恒久的な航路標識の整備(過去ログ『海老取川澪筋に灯標新設』参照)が望まれるところではあります。


(25年11月1日撮影)

(『11月1日の運河風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平和島運河 海老取運河 海老取川 多摩川 曳船 台船 水上派出所

5月4日の海老取川

(『モノレールの橋脚が…』のつづき)

120026.jpg
今や数少なくなった、鞍馬形というかA字形の橋脚を持つ、稲荷橋をくぐって海老取川の船溜区間へ。

とはいっても、多くはない繋留艇のほとんどは、南北に造られた暫定係留施設にまとめられ、往時の雑然とした賑わいはすでに失われていますが、空港の隣とは思えない、穏やかでのんびりとした水路風景は健在です。

120027.jpgそんな、少々さびしくなってしまった海老取川に、1年前に出現したのがこの、羽田空港天空橋船着場。ご覧のとおりポンツン桟橋を備えた立派な船着場で、「羽田空港天空橋船着場」(大田区)によると、長さ20m、幅4m、平成24年4月の竣工。

使用は他の船着場同様、許可を受けた業者さんや団体に限られるものの、プレジャーなど一般艇から見れば、緊急時の避難場所が一つ増えたともいえるわけで、この手の施設が乏しかった東京南部の水路では、やはり慶事といってよいでしょう。
撮影地点のMapion地図

120028.jpg

120029.jpgそして多摩川に出ようと、海老取川澪筋へ。水位の高い日を選んだだけあって、五十間鼻はすっかり水面下となって、下流側にある砂洲も見られず、まさになみなみと水量豊かな感じ。

灯器付きの澪標が2本新設されて以来、定番の風景だったズラリと並ぶ旗付き竿の澪評は、ご覧のとおりめっきり数を減らして、今や数えるほどです。これではかえって、高潮位時に不慣れな艇が乗り上げてしまわないかしらと、心配になりますね。

120030.jpg澪筋を出たところで、轟々と複数の爆音が聞こえてきました。PWC艇隊のお出ましです。

皆さん経験者らしく、プレーニング状態を維持したまま、高速でためらいなく澪筋に突っ込むと、澪標ギリギリで艇を傾けてカーブを切り、下流へ向かってゆきました。横浜方面へ遠征でしょうか?


(25年5月4日撮影)

(『5月4日の鉄塔澪筋』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取川 多摩川

海老取川の水鏡

(『薄曇りの東京港で』のつづき)

77006.jpg
城南島南岸の建材埠頭に並ぶ、イイ感じのガット船を眺めながら京浜運河へ。盛んにグラブを振り回して荷役をしているのを目にし、ああ、今日は旗日とはいえ月曜、フネブネにとっては平日なのだと、改めて気付かされました。

77007.jpg南側に京浜島が突き出してくるあたり、水路いっぱいにえらい数の鵜の群れが。

我が艇の通過はもちろんご不満のようで、騒ぎながらいっさんに離水開始。このすぐ北には東京港野鳥公園があるので、そこをねぐらにしているのでしょうね。


77008.jpg
桁下高9.5mの看板を掲げる京浜大橋をくぐって、ここからはお決まりの内水路コースです。薄曇りの空をバックに見上げると、どこかいつもと違った迫力ある表情ですね。

77009.jpg途中の平和島運河・京浜南運河の干潟水路、海老取運河は失礼して、南の玄関口たる、海老取川澪筋へ。ここが今回、実によい表情を見せてくれました。

少し薄日の射してきた多摩川を背景に、さざ波一つないてろりとした水面が映す、澪標の列と平たく延びる導流堤・カメノコ。モノクロ写真で切り取ったような静かな風景の中、魚探の感をにらみつつ、微速で平らな川面を裂いてゆく面白さ…。

77010.jpg無縁供養堂も、五十間鼻・カメノコとともに、黒い倒立像を水面に落とし、いつものチョコン、としたつつましい感じとは違った、厳かさが感じられました。

山口氏によると、供養堂を初めて訪ねたときは、とても怖い感じがしたとのこと。確かに陸からの写真を見ると、広大な河口を背負って卒塔婆が並んでいたりするので、どこか河中に引き込まれそうな、近寄りがたい雰囲気があるのかもしれません。

このあたりを歩く機会があったら、ぜひお参りしなければ。いつもお騒がせしております、と…。
撮影地点のMapion地図

(23年10月10日撮影)

(『多摩川澪筋の風景…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 海老取川 多摩川

羽田の水門と船溜…5

(『羽田の水門と船溜…4』のつづき)

56046.jpg船溜とお別れして、羽田第二水門を再びくぐり多摩川へ。かつての入堀・船溜ギッシリ地帯の後継者たる二つの船溜、大いに楽しませていただきました。

二つの大橋梁に挟まれた「三角水域」だけあって、くぐって外へ出る瞬間の眺めは雄大そのもの。土木趣味が横溢する風景ですね。


56047.jpg
水門を出た直後の眺め。この角度から眺めた大師橋、実にいい感じですね。

逆V字形主塔2本の力強さもさることながら、厚みを抑えた桁のラインも軽快で、この橋の魅力が存分に味わえる視点のように思えます。橋ばかりでなく、手前にもやうフネブネの姿で、生きた水路としての川を感じさせてくれるのがまた佳し。多摩川下流部を代表する景色といえるでしょう。

56048.jpg
大師橋の桁下をかすめて遠望する、対岸の新日本製鐵水門(過去ログ『多摩川の帰路に』参照)――正確には「水門跡」なのかもしれませんが――。こちらもやはり入堀式の船溜、しかも水門跡つきということで、そそるものがあります。

一度入ってみたいものですが、河道中央付近はきわめて浅く、行きつくまでの澪筋が判然としないので、また潮時の良い機会に再挑戦することに。

56049.jpg薄曇りのおかげで、広大な川面を渡る風も穏やか。静かな川面をしばらく楽しみながら帰ろうと、最微速で下ります。

前方はるかには、つい最近竣工した、羽田空港の国際線ターミナルが。17年前、ここを通って初めて江戸川ほかを訪れたときから考えると、信じられないくらいの変貌ぶり。トシをとるわけですわ…。


56050.jpgふたたび海老取川澪筋に進入。
通い慣れた区間とはいえ、それ相応に緊張してはいるので、いつも同じアングルからの写真ばかりになってしまうのですが、今回は珍しく、五十間鼻とカメノコ、その上に立つ無縁供養堂をほぼ正面からとらえることに成功。左手奥、羽田水門との位置関係もわかりますね。

さて、都心の桜たちを見て回るとしましょうか。


(23年4月10日撮影)

(『4月10日の平和島運河』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 羽田第二水門 新日本製鐵水門 多摩川 海老取川

海老取川の桜

(『京浜運河点描』のつづき)

56021.jpg京浜運河から平和島運河の干潟水路、海老取運河を通って、海老取川に入りました。すでに絞っていたスロットルをさらに引き絞り、微速で歩かせる狭水路行。

ここの西岸、穴守橋橋詰近くにも、ちょっとした水辺の桜並木があります。


56022.jpg
昔は空港に向けた広告看板がひしめいていた海老取川畔に、唯一残ったポンジュースの看板を挟むようにして、護岸沿いに咲き誇る一群の桜。

おそらくごく最近植えられたものでしょうが、滑走路も沖合に去り、静けさを取り戻した河畔によく似合います。

56023.jpg天空橋近く、浅く湾入したあたりの船溜にも何本か桜が。橋をくぐった瞬間におや、と思ったのは、繋留船の数が、少し前より大幅に数を減らしていたことです。

数年前からこの附近には何ヶ所か、暫定係留施設が整備されつつあり、そちらが完成次第引っ越した艇もだいぶあったのでしょうが、それにしても少なすぎます。
生活感あふれる「フネぎっしり」の風景こそ、海老取川の川景色というイメージがあったので、これには寂しくなりました。

56024.jpg雲が多くなり、だいぶ暗く撮れてしまいましたが、時々薄く青空がのぞき、風も冷たくないので、まず降られる心配はなさそうです。

河口近くの鳥居に挨拶しつつ、海老取川澪筋へ。あっ、鳥居の横にあるポールの国旗も、先日のフネブネ同様、半旗になっていますね。黙祷。

56025.jpg魚探に表示される深度を読みつつ、海老取川澪筋に進入開始。狭水路から、広大な多摩川河口が眼前に開ける爽快感がたまりません。歩き慣れた道ながら、久しぶりに通るせいか、感動もひとしお。

過去ログ「海老取川澪筋に灯標新設」ですでにお知らせしましたが、出入口と屈曲の角にライト付きの澪標2本が設けられてから、澪筋を示す旗はめっきり数を減らしました。

以前は、赤と黄色の旗を掲げた竿がびっしり立ち並び(過去ログ『海老取川の旗』ほか参照)、その物量に圧倒されるような独特の眺めだったのですが、現在はご覧のとおり写真右手、五十間鼻側に青い旗をつけた竿が、それもまばらに立っているのみです。
撮影地点のMapion地図

(23年4月10日撮影)

(『羽田の水門と船溜…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取川 多摩川