FC2ブログ

8月15日のトリさん

(『8月15日のフネブネ…4』のつづき)

254086.jpg8月15日の道々で出会った、トリさんたちの姿をまとめてみました。酷暑下とあって冬のようにバラエティ豊かではありませんが、昔にくらべると本当に水鳥の数が増えたので、トリ好きとして同慶の至りであります。

マリーナで見かけた鴨さん小艦隊。同じ大きさに見えますが、複数羽連れ立っているのは親鳥が一羽で、あとは成長した巣立ち雛なのでしょう。

254087.jpg

254088.jpg海老取川、天空橋近くの基礎護岸上にいた鷺さん。アオサギの若鳥かな? 猛暑下の日なたとくれば、極限まで細くなりハァハァするのは無理からぬところ。

その数m右手では、鵜さんがやはり一羽でハァハァ。水に入ればいいのにとも思いますが、このあたり水深が浅くて水温も高いので、あまり涼をとるには役に立たないのかしら。

254089.jpg
新芝運河、香取橋近くの抜き残った鋼矢板の上には、ゴイサギさんが。翼をだらりと広げて、パラボラ状態で涼をとっていました。

しかし、この日の暑さであれば、鋼矢板はチンチンに熱を帯びているのでは‥‥。足が熱くないのでしょうか?

254090.jpg
最後は汐見運河にて、こちらはアオサギの成鳥かな? 細くなっているのは同様ながら、どこか凛々しく、気高そうな立ち姿に惹かれてカメラを向けたもの。

水鳥たちの姿を見かけることイコール、彼らを養うに足る、餌になる魚が川中にそれだけ多く生息しているということ。子供のころを思うと、この点でも都内の水辺がいかに変化したか、実感することしきりであります。

(令和2年8月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取川 新芝運河 汐見運河 水辺の鳥たち

8月15日の水路風景…2

(『8月15日の水路風景…1』のつづき)

254021.jpg海老取運河に入って南下中、ちょっと距離はありましたが、通りすぎざまに北前堀水門を軽くスナップ。

羽田周辺の船溜に息づいていた水門たちも、内水の堤防築造で貴船、呑川の2水門が撤去されたので、こちらもそろそろ‥‥との思いがあり、とりあえず撮っておくにしくはなしとカメラを向けたのです。


254022.jpg
いま一つの水門がある船溜、高架下水路でもある南前堀はどうかしら、とのぞいてみると‥‥う~ん、手前に繋留船が詰まっていますね。水路がさらに埋め立てられて、繋留スペースが圧迫されてきたのかなあ。

平成29年8月以来入っていないので、埋め立ての進展や堤防の増高など、その後の様子を確かめてみたく、ちょっと入っておこうかと思っていたのですが、これは「呼ばれていない」よナ‥‥。

254023.jpg
海老取川南端に出ました。すでに竣工したこの北側同様、護岸の強化工事が進行中で、鋼管矢板がずらりと並んだ錆色の川景色です。

254024.jpg
屈曲を曲がり切って澪筋に出ると‥‥おおお、羽田連絡道路の橋、ずいぶん工事が進みましたね! ここから眺めると、桁がほとんど架かっているようにも見えます。

254025.jpg干潮で長々と露出した導流堤・五十間鼻には、釣り人さんがちらほら。いつも釣り糸を垂れている、沿岸のほとんどが護岸工事中とあっては、こちらに出てこざるを得ないのでしょう。干潮時の渚に人影がある川景色、よいものです。

昨年末に通ったときは、増水時の堆砂で河床が上がったのか、A.P.+1.41m時点での水深が1.5mと、澪筋らしからぬ浅さでしたが、今回はどうかしらと魚探の感に目を落とすと‥‥3.9m!。

写真のタイムスタンプは11:14、推算潮位A.P.+0.98mですから、浚渫し直したのですね。前回のままだと、大潮の干潮時はほぼゼロになってしまいますから、何よりではありました。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 海老取川 多摩川 北前堀水門 南前堀水門

令和元年度大晦日のフネブネ

(『令和元年度川走り納め…14』のつづき)

245071.jpg例のごとく、道々で出会ったフネブネのスナップをまとめてみました。

水路風景で年の瀬らしさを感じさせるものといえば、やはりフネブネの松飾り。今回も方々で見かけましたが、中でも海老取川にもやっていた漁船は、船首に2本づつ松を掲げて、どこか嬉しそうにも見えたものです。


245072.jpg
令和元年度川走り納め…12」の写真にも入っていますが、気に入ったので単体でアップ。城南島建材埠頭にいたガット船「第五十五正栄丸」。

塗色もさることながら、船橋周りの無骨さ――側面にリブが入っているあたり特に――が軍補助艦艇を思わせて、惹かれるものがありました。海自でいうと、草創期にいた試航船や掃海母艇のような、商船タイプの船艇を連想させたのです。

245073.jpg第一航路を北上すれば、目を引かれるのが台場のRKバースにもやう、「拓洋」と「昭洋」の測量船コンビ。

船首やアンカーレセスを中心に錆が目立ち、ちょっと痛ましい感じではありますが、寧日なく活躍しているあかしでもあるのでしょう。お疲れさまです‥‥。



245074.jpg
いつものぞくのが楽しみな、東雲北運河・木村造船所の上架艇、さて今日は‥‥。

おっ、右は湾岸署の警備艇「しおかぜ」、左は港湾局監視船「はやかぜ」ですね。奥の小型艇はわかりませんでしたが、2艇と同様、船底・推進器周りの清掃と再塗装中のようでした。

245075.jpg
墨田川造船の前では、艤装中の巡視艇「とまかぜ」を一枚。「10月1日の川景色」で見かけてから2ヶ月、船橋の塗装が進み、マストにレーダー類と賑やかになってきて、進捗がうかがえました。

(元年12月31日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取川 東雲北運河 東京港 巡視艇

令和元年度川走り納め…6

(『令和元年度川走り納め…5』のつづき)

245026.jpg

245027.jpg桁下のほぼ中心線に来たので、仰ぎながら川崎方橋脚を見て。羽田側は橋上に右折車線などがない、往復各1車線ですから、桁幅もスマートですね。次にくぐるときは、これらの橋脚間を思い切りよくひとまたぎする桁が架かり、爽快な橋景色が楽しめることを願っています。

右の写真、南側からの視点で光線が少しましになったので、「作業構台」の全景をスナップしたもの。高い櫓が伸びているため、何かの掘削リグの雰囲気濃厚な外観ですが、これは桁上に上るための、仮設階段を支える構造物のようですね。詰所やトイレ、発電機などが載っているところから、現場の作業拠点らしいことがわかります。

245028.jpg
羽田横断道路の橋とお別れして、海老取川に戻りました。まだ真新しい西側の護岸上では、鷺さんが片足を羽毛の中にしまって、羽をゆるめ日向ぼっこしているところに出会いました。

鷺って、立っているところしか見たことがないように記憶しているのですが、他の鳥のように、べたっと平たくツブれて座り込む、ということは習性上ありえないのでしょうか? ツブれてリラックスしたトリが大好きなので、鷺さんもそうであるならゼヒ見てみたいのですが!

245029.jpg
海老取運河を北上して左折、平和島運河の干潟区間に入り、モノレールの線路を右に見てゆっくり航進。

次々に行きかうモノレールの電車を眺めていたら、そのうちの一編成が、側面全体に「ポケットモンスター」のキャラクターを描いた特殊仕様であるのを発見。先頭車をズームで引き寄せてみると、ご存知ピカチュウがバッチリ入りました。

245030.jpgこの日は大森に沿って唱和島との間の水路に入り、ガスミオ運河から出るコースを取ろうと思い、そのまま直進。

モノレールの線路が東へカーブを切り、箱桁2本で水路をまたぐところを振り返って。太陽と靄にけぶる青空が、二本の線路を透かして見える風景。普通の鉄道ならこうはいかないでしょう。
撮影地点のMapion地図

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川 海老取川 平和島運河 水辺の鳥たち

令和元年度川走り納め…2

(『令和元年度川走り納め…1』のつづき)

245006.jpg

245007.jpg京浜運河に入ると、新幹線大井回送線(で、いいのかな?)の京浜運河橋梁がお出迎え。雄大な上路式トラスが、逆光の中構造を交錯させて、重量感ある姿を見せてくれました。

シーフォートスクエアの専用桟橋に憩う、こちらもおなじみ「レディ・クリスタル」。竣工30年、もはや老嬢といってもいい過ぎではない船齢になりましたね‥‥。

245008.jpg

245009.jpg靄のせいでバックが白く、抜けるような青空とはいきませんが、風がなく暖かなのはありがたく、鼻歌も出ようというもの。

水鏡に姿を映して滑るモノレール、空中回廊のような整備場駅‥‥。平らかな水面と冬の陽射しに肩を押される形で、目に入る全ての建造物が、普段に倍する魅力を放っているように思えたものです。

245010.jpg
海老取川南端、弁天橋付近まで来ると、大きな変化がありました。従来の護岸から前進した位置に鋼矢板が打たれ、護岸工事が始まっているようです。

往路は逆光でうまく撮れなかったので、写真は復路、北上時に弁天橋南側から撮ったものです。西側も少しありますが、空港のある東側が規模が大きく、鋼矢板の内側に砕石が積まれ、既存の護岸も解体中のようでした。
撮影地点のMapion地図

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 海老取運河 海老取川