27年度川走り納め…16

(『27年度川走り納め…15』のつづき)

186076.jpg豊洲貯木場跡の南東側水路を抜けつつ、コンクリート柵越しにビル街を一枚。

あれ? 水鳥の数が少ないなあ‥‥。この時季だと、それこそ中の水面を覆わんばかりに、多くの鳥たちが羽を休めていたものですが、眺めたかぎりではぱらぱらといった感じ。この時点では暖かかったせいで、渡りが遅れていたのかしら。


186077.jpg
汐浜運河に入ってみましょう。エンジンの回転数をしぼり行き足を落とすと、ハルが水を切る音が護岸や橋の裏に反射して、やけに大きく聞こえてくるほどの静けさです。

186078.jpg
北西岸にもやう釣船や屋形船には、松飾りが一つ一つ丁寧に飾り付けられ、静けさとあいまって、年の瀬らしい雰囲気にあふれていました。

186079.jpg
平久運河・平久川との十字流を過ぎ、雲雀橋をくぐった直後の一枚。向こうに防護杭を従えた、コンクリートの古風な橋脚を持つ管だけの水管橋、手前には三弦のトラスに管を吊り下げたタイプの水管橋と、いかにも江東の水路らしい無骨な風景です。

橋が架け替えられると、独立して架設されていた水管や電路のたぐいが撤去され、新しい橋の中に併設される例をいくつか見てきました。当たり前のようなこの風景も遠くない将来、貴重なものになるかもしれませんね。

186080.jpgおなじみ洲崎南水門を正面から。ここ数年手入れされていないのか、だんだん扉体の褪色や、錆が目立つようになってきたなあ‥‥。

外郭堤防と「五大水門」が十全に機能して久しいとあっては、今や二線級といってよい内水の小水門。優先順位も高くないのかもしれませんが‥‥、まさか、このまま撤去ということはないですよね?
撮影地点のMapion地図

(27年12月31日撮影)

(『27年度川走り納め…17』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 汐浜運河 洲崎南水門

3月15日の水路風景…2

(『3月15日の水路風景…1』のつづき)

169006.jpg

169007.jpgこちらを訪ねると、普通の桜より赤味の鮮やかなのに惹かれて、艇を寄せてしまうのがこの、都営塩浜二丁目アパート前の河津桜(でしたっけ?)並木。

よいタイミングで、ちょうど満開だったのか葉の緑はほとんど見えず、どこか控えめな咲きぶりながら、目に沁みるような花の色を楽しめました。



169008.jpg
そして先ほど屋形船がくぐっていった、おなじみ洲崎南水門。

以前にくらべて、継手に沿って錆がだいぶ広がってきたような‥‥。なかなかこちらまで、メンテナンスの手が回らないのか、それとも扉体更新が近いのでしょうか。

169009.jpg
水門を過ぎたあたりで、日曜日にしては珍しく、業務船と行き合いました。船名はかすれてよく読めませんでしたが、「第13栄進丸」でしょうか。操舵室に警戒船の幕を掲げてはいるものの、装備から見て、通船や曳船の役目も果たす働き者のようです。

船長と笑顔で手を振りあって航過。南開橋の東、深川第八中の前にある船溜へ帰るのでしょう。

169010.jpg雲雀橋西の変則十字流を右折し、平久川に入って北上する定番コース。大横川の桜たちの様子も、見ておきたいと思ったのです。夕刻に向かって干く時間帯とあって、そこそこの流速があり、艇の行き足がぐっと落ちるのも、川の息吹を感じて面白いもの。

春も間近とあって、水鳥たちの姿が少なくなったのは寂しいですが、両岸に露出したカラスガイにスズメやムクドリが取りつき、しきりについばんでいるのを多く目にすることができました。
撮影地点のMapion地図

(27年3月15日撮影)

(『3月15日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐浜運河 平久川 洲崎南水門 通船

洲崎神社周辺を歩く

64005.jpgタモリ倶楽部の収録があった日、少し早めに現地に向かって、洲崎周辺のお散歩を楽しんできました。

水路ではたびたび訪ねているおなじみのところですが、陸路うろつくのは初めてで、ほんの短時間ながら新鮮な水路風景が堪能できました。

まず向かったのは、赤い人道橋・新田橋。

路地の奥まったところに階段が現われる面白さもさることながら、地表よりずいぶん高められた桁の位置に、土地の低さと堤防の高さが感じられ、「洲崎に来たんだなあ」という実感が湧き上がってきました。
撮影地点のMapion地図

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 大横川 大横川南支川 洲崎南水門 江東内部河川

イグアナクレーンが!…2

(『イグアナクレーンが!…1』のつづき)

62006.jpg
で、本題のイグアナクレーンなんですが、丁字流を左折し、汐見運河へ入ろうとしてビックリ。

イグアナクレーンが、はるか向こうへ移動している!

62007.jpgいや、曙北運河から見たときは、角にクレーンの姿が見えず、「ついに撤去されたか?」と思っていたので、ホッとさせられたこともあるのですが、移動したのを見たのは初めてなので、2度ビックリといったところ。

惜しむらくは、移動中に出会えなかったこと、バージから荷揚げをしていたのなら、その最中を見られなかったことですが、長年(というほどのことでもないか)付き合ってきて、角の定位置から大きく動いたのを見たのは初めてだったので、やはりニヤけてしまうものがありました。
撮影地点のMapion地図

62008.jpg
でまあ、その後はこんなことをしたり、

62009.jpg
毎度おなじみのアングルで撮ってみたりして…写真だけ見ていると、いつもとあまり変わらないような感じですが、もちろん、のんびり遊んでいるわけではありません。

62010.jpg任務完了後、帰路は汐浜運河で。洲崎南水門、だんだん錆がひどくなってきたなあ…。この日は台風の直後ということもあり、水は茶色く濁って、浮流物も少なくありませんでした。

貴重な平日の水路行とはいえ、先ほどのイグアナクレーンのほか特に変わった見物はなく、このまま平穏に帰港と思っていた、ら…。

(23年5月31日撮影)

(『イグアナクレーンが!…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 汐浜運河 大横川 江東内部河川 洲崎南水門 茂森橋 最低橋 イグアナクレーン

4月2日の川景色…2

(『4月2日の川景色…1』のつづき)

55006.jpgきっちりスクエアな「運河の曲がり角」を左折して汐浜運河へ。水面はますます平らかで、艇首で切り裂くのがもったいなく思えるほど。

天然の鏡面仕上げを波立たせてゆく贅沢(?)を味わいながら、分け入ってゆく臨海部のディープ区間、何度訪れても飽きの来ない水路です。


55007.jpg
「団地銀座」を過ぎて、南開橋から西側をのぞき見たところ。ううん、だいぶ雲が厚くなってきて、暗く撮れてしまった…。

この「団地銀座」、両岸のテラスに沿ってハクモクレンが植えられており、満開の時季である3月半ばには、お花見客で賑わうちょっとした名所でもあります。今年は残念ながら、時季を逃してしまいました。

55008.jpg
大横川南支川を守る、洲崎南水門に通り過ぎざまごあいさつ。
だんだん錆の面積が増えてきて、ちょっと痛々しくなってきましたが、無事のようでひと安心。昨年夏、水門右手にあった木(こちら参照)が切られてしまい、ちょっと寂しくなってしまいました。ちんまりしたこの水門とのとりあわせ、なかなか風情があって良かったのですが。

左手の繋船杭が倒れているのは、地震の影響でしょうか。この他にも、いくつかボッキリいってしまっている杭が見られました。

55009.jpg汐浜運河と平久川平久運河の十字流にある臨海部のオールドタイマー、白妙橋。
しばらく再塗装工事中(昨年8月29日の写真参照)でしたが、久々に訪ねたらさすがに足場も取り払われ、美しいチョコレート色に塗りあげられていました。

雲がますます厚くなってきて、お化粧直し後の姿を十分にお伝えできないのが残念。近いうちにリベンジしたいものです。
撮影地点のMapion地図

55010.jpg艪漕ぎと桜の様子見が目的なので、ここで右に折れて、平久川を遡上し大横川…旧大島川の区間に進入とまいりましょう。

垂直護岸など撮って、何のつもりだろうと思われるかもしれませんが、イヤ、潮の引いたときの護岸て、何だかワクワクしませんか? 

自分にとって、この貝のこびりついた黒い腹を見せている護岸は、低い橋の連続する内部河川も自由自在に船行きできる、月のうちにそれこそ何度もない(日曜か休みのとれた日だけですから、多くても5~6日!)幸せなひとときを示すサインに他ならないからです!

この日も嬉しさのあまり、やたらと護岸の写真を撮ってしまいました。そのうち機会があったら、干潮時の護岸の写真だけウンザリするほど集めて、自分一人が悦に入るための記事を作ってもいいくらいですわ!

(23年4月2日撮影)

(『4月2日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐浜運河 大横川南支川 平久川 洲崎南水門 江東内部河川