12月10日の川景色…1

(『境川西水門の工事』のつづき)

214026.jpg
以下、出渠した12月10日のスナップです。冬の陽光を背に、江戸川閘門後扉室。一緒に入ったPWC2隻が、まだ扉体の滴も切れないうちに、勇ましく飛び出してゆきました。

214027.jpg懐かしい電話ボックスに入った、閘室横のインターフォン。だいぶ前にも触れましたが、同じものが前扉室と後扉室の外側に、計3つ備えられています。

通航艇はカメラで監視されており、閘門からの指示があればスピーカーで放送されるし、本当に用がある人は携帯で電話するでしょうから、今となってはまず用がない設備ではありますが、この型の電話ボックスがほぼ壊滅した今となっては、実用されているだけである意味貴重かもしれませんね。

214028.jpg
往路では上架されていた水辺ラインの水上バス、修理が完了したのか桟橋にもやっていました。トランサムに船名がなかったのでわかりませんでしたが、今回ようやく「あじさい」と判明。きれいに磨かれた船体が、冬の陽光に輝いています。

214029.jpg旧江戸川を出た後は、出渠後の足慣らしを兼ねて思い切りスロットルを倒し、すっ飛ばして港内に出ました。

木材投下泊地の南側、防波堤沿いに浮いていたコンクリートケーソン、「利島港防波堤(北)」の表記あり。こういう質量過剰なのっぺりしたものが、間近に拝めるというだけで眼福というもの。だいぶ長い間ここにいるのか、少し汚れが目立ちますね。

214030.jpg
デッドフルで飛ばしたまま、鉄鋼埠頭の前まで来て行き足をゆるめました。住友重機械の渋い銘板を掲げたクレーン兄弟、光線の具合もよろしく、ディテールくっきりなのに惹かれて。岸壁ギリギリまで寄せて見上げると、鉄の量感が迫ってきてよいものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年12月10日撮影)

(『12月10日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧江戸川 東京港 江戸川閘門 閘門 水上バス

10月30日のフネブネ

197001.jpg今回の入渠は少し長引き、帰港は2週間後、10月30日に。往路同様、たまに小雨のぱらつく曇天で、ヤル気のそがれることおびただしいものがあったのですが、道々フネブネの姿を拾って楽しむことができました。

これも往路と同じく、2隻のPWCと江戸川閘門を通って下航開始。厚着をしてきたつもりでしたが、気温も思ったより低く、嫌でも帰路を急がざるをえません。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 旧江戸川 砂町運河 汐見運河 東雲北運河 江戸川閘門 独航艀 監視取締艇 巡視艇 消防艇 墨田川造船

江戸川の大編隊ふたたび

(『ロータリーボート上架中!』のつづき)

196026.jpg恒例のお楽しみ、江戸川閘門を通航。静かに水が満ちてゆく閘室の雰囲気を味わいながら、2隻のPWCと一緒に、たゆたって過ごすひととき。

前扉が開いたところで、魚探の感を見ると3.6m。入閘したときは2.8mでしたから、本日の閘程は0.8mということになります。PWCたちは扉体が上がり切るのを待たず、滴を浴びながら出てゆきました。さて、我が木っ端ブネも腰を上げようと、クラッチをつないで前進に入れたところで‥‥。

196027.jpg
頭上に時ならぬ爆音が響き、びっくりして空を見上げると、陸上自衛隊の輸送ヘリが2機編隊で!

雄姿に見惚れて思わずカメラを向けてから、我に返って「そうだ、閘室を出なきゃ」と舵を切ると、たたみかけるようにさらなる爆音が‥‥これはもしかして?

196028.jpg
おおお、今度は5機の雁行! 「江戸川の大編隊」の時と一緒だ! 観閲式の日に当たったに違いありません。

前回は6年前、22年の10月24日。特に意識せず同じような時期に訪ねて、こうしてタイミングよく出会えたのは、ラッキーとしかいいようがありません。

196029.jpg

196030.jpgうひゃ~、続いて輸送ヘリの7機編隊、もう大迫力。ちょうど曇り空にも少し切れ目ができて、明るくなってきたところの飛来、まことに幸運ではありました。

一旦ニュートラルにして、遠く上流側の空を望むと、右にゆるいカーブを描きながら、隊伍を組んで飛び去ってゆくのが見えました。各機各編隊ともまったく隊形を崩さず、まるでガラス棒で固定されたかのよう。パイロットの技量の高さに感動しながら、消えゆく機影を見送ったことではありました。
撮影地点のMapion地図

(28年10月16日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧江戸川 江戸川 江戸川閘門 閘門

5月1日の江戸川…1

(『新砂水門の工事拝見…2』のつづき)

191011.jpg
旧江戸川の道々のことはひとまず置いて、江戸川閘門のゲートが開くところから。閘室から、広大な高水敷と川面をのぞいたときの解放感、初めて訪ねたときと変わらない、この感じは何とも嬉しくなります。

191012.jpg何しろ、「江戸川閘門のディテール…4」や「国府台に魅せられて」でも触れたように、国府台を洗う川景色と、江戸川本流の駘蕩たる雰囲気を味わいたくて、久しぶりに訪ねてきたのですから。

京葉道路・江戸川大橋の朱色の桁をくぐるだけで、心躍るものが。ここ数年、閘門を通ってきても、この線から上流に出ることはめったにありませんでしたから、大げさでなく感慨がありました。

191013.jpg

191014.jpgいや~、いいですねえ! 広大な流路を誇っているにもかかわらず、どこか優しさのある川面の感触。右手にはブイが点々と設けられ、教習艇の練習水面になっているので、徐航しつつまろやかな水面を堪能。

最初の屈曲を回り込み、右手に大型船着場・市川リバーステーションを望むところまで来ると、何やら人だかりが。消防署のクルマが2台いるところを見ると、防災訓練でもあるのかしら。

191015.jpg
轟々と響く列車通過の音が頭上に近づけば、総武線江戸川橋梁をはじめとするトラス橋連続区間。靄にかすむ静穏な好天、汽水域とは違った真水の匂いが鼻をくすぐり、機嫌の悪かろうはずなし。江戸川らしい風景を存分に楽しめそうです。
撮影地点のMapion地図

(28年5月1日撮影)

(『5月1日の江戸川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 江戸川 江戸川閘門 閘門 市川船着場

6月23日の江戸川閘門…2

(『6月23日の江戸川閘門…1』のつづき)

127006.jpg上流側の扉体が細めに開いて、むくむくと水が入ってきては、水底の泥を巻き上げる静かなひととき。下流側扉体が閉じてから、角材のフェンダーがほぼ隠れるまで、約7分ほど。1m以上は水位差があったようです。

さて、魚探の感を見くらべて(下写真)みると、3.1mと4.0m、差し引き0.9mの水位差と出ました。入った直後に感を撮るのを忘れていなければ、もう少し水位差が実感できたと思います。実際は、1.2mくらいあったのではないかと。

127007.jpg
単なる測深儀として使っているため、表示の識別は不勉強でお恥ずかしいかぎりなのですが、ボツボツと現われる水中の感には、魚もいるのでしょうね。注水中、何度か水面で魚が跳ねたくらいなので、釣好きの方にはそそる水面かもしれません。

127008.jpgサイレンが鳴り、ザーザーと音を立てて、上流側扉体が上がり始めました。今日は橋の上で見物する人もなく、のんびりとした注水待ちでしたね。

扉体が上がり切ると、PWCは待ちかねていたように飛び出していったのですが…。



127009.jpg
さて、こちらも腰を上げようか、とスロットルをコツンと入れたところ、外で待っていたトーイングボートが、引き波を立てていきなり進入! びっくりして後進に入れ、右に避けて待っていたら、ゲートの真下、あの狭い部分でくるりとターンして、ふたたび外へ出てゆきました。

う~ん、何をしたかったんだろう?

127010.jpg
いや~、楽しかった! 逆光の中に沈みゆく水閘門を後に、広々とした新旧江戸川の合流点へ。先日、手漕ぎボートに乗ったとき果たせなかった、行徳可動堰の様子を見にゆこうと、右に舵を切りました。


(25年6月23日撮影)

(『行徳可動堰の改修…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧江戸川 江戸川閘門 閘門