FC2ブログ

8月15日のトリさん

(『8月15日のフネブネ…4』のつづき)

254086.jpg8月15日の道々で出会った、トリさんたちの姿をまとめてみました。酷暑下とあって冬のようにバラエティ豊かではありませんが、昔にくらべると本当に水鳥の数が増えたので、トリ好きとして同慶の至りであります。

マリーナで見かけた鴨さん小艦隊。同じ大きさに見えますが、複数羽連れ立っているのは親鳥が一羽で、あとは成長した巣立ち雛なのでしょう。

254087.jpg

254088.jpg海老取川、天空橋近くの基礎護岸上にいた鷺さん。アオサギの若鳥かな? 猛暑下の日なたとくれば、極限まで細くなりハァハァするのは無理からぬところ。

その数m右手では、鵜さんがやはり一羽でハァハァ。水に入ればいいのにとも思いますが、このあたり水深が浅くて水温も高いので、あまり涼をとるには役に立たないのかしら。

254089.jpg
新芝運河、香取橋近くの抜き残った鋼矢板の上には、ゴイサギさんが。翼をだらりと広げて、パラボラ状態で涼をとっていました。

しかし、この日の暑さであれば、鋼矢板はチンチンに熱を帯びているのでは‥‥。足が熱くないのでしょうか?

254090.jpg
最後は汐見運河にて、こちらはアオサギの成鳥かな? 細くなっているのは同様ながら、どこか凛々しく、気高そうな立ち姿に惹かれてカメラを向けたもの。

水鳥たちの姿を見かけることイコール、彼らを養うに足る、餌になる魚が川中にそれだけ多く生息しているということ。子供のころを思うと、この点でも都内の水辺がいかに変化したか、実感することしきりであります。

(令和2年8月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取川 新芝運河 汐見運河 水辺の鳥たち

8月15日のフネブネ…4

(『8月15日のフネブネ…3』のつづき)

254081.jpgさらに下って、永代橋で行逢したのは、「ホタルナ」。

何度も似たようなことを書いて恐縮ですが、高潮位時に水上バスの橋くぐりを見物するのは、実にスリリングですり抜けマニアとしてはクセになるものが。マンガなら「ズリュン!」とでも擬音をつけたいところです。



254082.jpg
汐見運河で唯一、河上にクレーンを張り出させた建屋を持つ、マエカワヤンマー販売。修理に訪れるさまざまな船影を眺めるのが、楽しみなところでもあります。

この日は豆曳船「久慈丸」に目が釘付け。前傾した後端と垂直でスクエアな妻のコンソールが醸し出す、野暮ったいながら飄々とした雰囲気にまず惹かれました。エンジンケーシングから突き立ったエクゾーストも、とぼけた味を醸していていいじゃないですか。働き者らしく、舷側がだいぶ汚れていますから、キレイにしてあげてほしいものです。

254083.jpg‥‥さて、辰巳の浮きドックでは「みかづき」の進捗を拝見しましたが、本社の方は新たな建造船艇はないかしらと、墨田川造船にも寄り道。

桟橋には船影がなかったものの、建屋のシャッターが開いていて、中が見えますね。むむっ、アレは!



254084.jpg
巡視艇? を2隻建造中だ!

右の艇は工程がだいぶ進んで、甲板室が載せられていますね。左のそれはまだ船殻の工作中なのか、天地をひっくり返され船底を上に向けていました。巡視艇か、灯台見回り船などほかの種類なのか‥‥これから寄り道が楽しみになりました。

254085.jpg
最後は船ではありませんが、おなじみ過ぎるほどおなじみのイグアナ先生で締めとまいりましょう。

梅雨時はこのまま秋になるのかしら、などというほどの涼しさでしたが、律義に酷暑はやってきてまあ、ツラいひと月ではありました。これを書いている9月半ばはすでに朝夕が肌寒いほど、寄る年波にはコタエる季節の変わり目であります。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日のトリさん』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 汐見運河 東雲北運河 墨田川造船 イグアナクレーン 曳船 水上バス

6月7日の西側河川…3

(『6月7日の西側河川…2』のつづき)

252121.jpg平久水門の裏側に接して架けられた、石浜橋をくぐって江東内部河川・西側河川の領域を脱出。

横断幕のとおり、内部河川は全域が水上バイク禁止なのですが、こちら側に幕を張ってもあんまり意味がないような‥‥。せめて通航艇の乗り組みさんだけでも啓発して、雰囲気を醸成しておこうということでしょうか。


252122.jpg
汐浜運河との十字流に出れば、正面におなじみ白妙橋の艶姿が。こちらからだとテラスの張り出しもなく、橋詰の植生も少ないので、優美な全容が心ゆくまで楽しめるというもの。

震災復興橋より少し後の世代になりますが、曲線のたおやかさとともに、戦前の古豪橋らしい重厚さも感じられて、いつ見てもよいものです。

252123.jpg
そのまま平久運河を直進すると、汐見運河との十字流に面した白鷺橋、フェンスで通航止めになっていました。一見したところ、改架工事でしょうか。フェンスは上下流ともに張られ、橋上にはクレーン車2台が見られました。

252124.jpg左折して東へ向かう前に、この十字流のヌシたる第一石油販売に目を向けてみると、小さな変化が。営業日・営業時間を記した看板、土曜の項に横線が引いてあって、消してありますね。

利用艇の減少によるものか、コロナ禍対応の短縮営業かはわかりませんが、一抹の寂しさが。都内でも貴重な「運河のスタンド」の生き残り、ご盛業をお祈りしております‥‥。

252125.jpg
そしてシメはやはり、イグアナ先生へのご挨拶で。コロナなどどこ吹く風のあたりを払う威容、まことに頼もしい四肢を踏みしめたそのお姿‥‥。

私が時間と懐に余裕があったら、それこそアマ何とかさんより、イグアナ先生の御姿を刷ったお札を疫病退散のご本尊として広宣流布したいくらいなのですが(もはや宗教)。

(令和2年6月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平久川 平久運河 汐見運河 江東内部河川 第一石油販売 イグアナクレーン

10月1日の川景色

240001.jpg10月1日は、6日日曜日の準備があってお休みをもらい、清掃・整備と点検を兼ねての近場回り。

幸いさわやかな秋晴れで風も穏やか、短時間ながらいくつか面白いものも目にできて、楽しく過ごすことができました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 汐見運河 東雲北運河 日本橋川 東京港 常磐橋 イグアナクレーン 警備艇 高架下水路 亀島川水門 新砂水門

7月28日の水路風景…2

(『7月28日の水路風景…1』のつづき)

237006.jpg

237007.jpg曙北運河に入り、恒例のイグアナ先生へご機嫌伺いと北上。西岸の工事で、以前は密生していた背の高い木々が刈りはらわれたため、かなり遠くからも見通せるようになっています。

ためしにズームで一枚撮ってみると、腰を落としてぐっと踏ん張った感じが強調され、接近して仰ぐのとは違った雰囲気ですね。その後左に折れ、いつもの角度からも楽しみました。

237008.jpg汐見運河を西航していると、毎度のことながら気になるのは、京葉線高架の向こうに見える墨田川造船の艤装桟橋。

さて本日は‥‥いました! 寄り道決定です。でも、巡視艇ではないようですね。官船か民間船か、いずれにせよ近づいて確かめようと取舵一杯。


237009.jpg
船首ブルワークに掲げられた「仁王丸」という勇ましい船名が目に入りました。どうやら旅客船のようですね。大きな窓を備えた高さのある客室、乗降に配慮したと思われる造りから、貸切でなく定期船でしょうか。丸みを廃した直線的なデザインが印象的で、スピード感にあふれています。

237010.jpg
船尾から眺めたら、トランサムに書かれた船籍港が松島。10年前、丸文松島汽船(『第三芭蕉丸の船旅…1』ほか参照)に乗りましたが、あの松島航路に就航する船なのですね。

検索すると、松島島巡り観光船企業組合の船隊が「仁王丸」を名乗っており、就航船もよく似た外観なので、こちらの新造船で間違いないでしょう。また、「進水式見学祭のご案内」(PDF・墨田川造船)によれば、7月17日に進水式が行われたのだそう。進水間もない、しかも巡視艇建造所の印象が強い墨田川造船では、珍しい(失礼)民間船の艤装風景を目にすることができて、ラッキーでした。
撮影地点のMapion地図

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙北運河 汐見運河 東雲北運河 イグアナクレーン 墨田川造船