fc2ブログ

3月12日の桜偵察

295001.jpgすでに満開が報じられ(週末前後は雨で残念でした)て今さらの感がありますが、備忘録として。3月12日はうららかな春らしい陽気に誘われ出航、近場の徘徊がてら桜の咲き具合を偵察してきました。

写真は曙北運河西岸、都市計画運河橋梁北側の一群。開花は一輪もないのは当然ながら、遠目にもつぼみが膨らんでいるのが枝のシルエットでわかり、わくわくさせるものがありました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 曙北運河汐浜運河大横川目黒川浜離宮

4月10日の河畔桜…3

(『4月10日の河畔桜…2』のつづき)

279031.jpg東富橋をくぐって、平久川との変則丁字流に出ると‥‥うほ、まだ結構な残花があるじゃないですか。

正面のデイナイスホテル東京、満開の時季に部屋を取ったら、圧巻の川景色が眼下に展開するんだろうなあ。一度泊まってみたいと思いながら、早や十数年であります。


279032.jpg
北西角のアップ。手前と川面に近い枝はしべと葉が目立っていますが、残花のかさは鑑賞に堪えるボリュームがありますね。来てよかった‥‥。

279033.jpg
汐浜運河に出て、鏡のように静謐な水面を原速で東航。東陽橋をくぐってすぐ、北岸の団地群があるテラスを眺めて。

ちょっと引っ込んだ場所ながら、立派な桜が何本かあるんですよね。このあたりのテラス、どちらかというと手前に並ぶハクモクレンで知られており、カメラを構えた人たちで賑わいますが、もちろんこの時点では葉桜ならぬ葉モクレンです。

279034.jpg

279035.jpg最後は曙北運河、都市計画運河橋梁のすぐ北にある一群、この日見た中ではもっとも満開状態に近く、心洗われたものです。

ご覧のとおり、JRバスのモータープールともいうべきスペースに隣接しているので、キレイではありますが車体に散った花びらが貼りついたら、掃除が大変そうと妙なところが気になったり。一度貼りつくと、はがすのに苦労するんですよね。
撮影地点のMapion地図

(令和4年4月10日撮影)

(『4月10日の水路風景…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 大横川江東内部河川汐浜運河曙北運河

3月26日の川景色…2

(『3月26日の川景色…1』のつづき)

278015.jpg
中途半端な写真でごめんなさい。水道橋駅西口もほど近い後楽橋、足場がかかりすっぽり養生されて、改修工事に入ったことがわかりました。

高欄など原形は保っていたものの、全体に傷みが目立っていましたから、貴重な震災復興橋を補修・維持していただけるのは嬉しいかぎりです。どんな色に塗りあげられるのでしょうね。

278016.jpg足場で低くなった後楽橋のアーチをくぐりながら、三崎町中継所の横を通過する先行の観光船を眺めて。和泉橋船着場からずっと、航跡をなぞってきた形です。

この先、日本橋川に入って新三崎橋の北側、高架橋脚が河道中央に並ぶ区間で、合図をして追い越させてもらいました。


278017.jpg錦橋~神田橋間の北岸、日清製粉グループ本社ビル前では、桜が満開‥‥。と、ここでゲストから「コブシかモクレンでは?」とのご指摘が。

いわれてみると、花が桜にしては大ぶりなような。水面から遠目に見ていたせいもあって、色や密度から、ずっと桜だとばかり思っていました。いずれ歩いて確かめにいってみたいものです。


278018.jpg
さて、大横川の桜です。場所によって差がありましたが、全体に2分~5分咲きくらいでしょうか。濃厚な曇天の下ではあったものの、今年も水面上低く伸びる大横川の桜が眺められて、何よりでありました。カヤックやパドルボードのフリートも繰り出していて、まずまずの賑わい。

これなら1週間後、4月3日あたりは満開で、花筏も楽しめるかな‥‥と期待していたのですが、3日は残念ながら雨にたたられ、満開のお花見は成らず。

278019.jpg
最後は汐浜運河で出会った土運船を。このあたりとしては圧迫感を覚えるほどの大型で、左側に少しスクリーンが見えることでもわかるように、浚渫した泥土を運ぶためのもの。

冬と違って、天候が安定しないのは難がありますが、逆にそれが春の訪れを実感させるのも事実。重苦しい空模様ではあったものの、気温は暖かで軽装でも過ごしやすかったあたりにも春を感じつつ、近場めぐりを終えたのでありました。
撮影地点のMapion地図

(令和4年3月26日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 神田川日本橋川大横川汐浜運河

3月6日の水路風景…11

(『3月6日の水路風景…10』のつづき)

277051.jpgすり抜け終了後のスナップ。余裕がなかったのでいま一つですが、脱出、転舵の後一瞬振り返っての一枚。

微速とはいえ急に大舵角を取ると、船外機艇ゆえスターンが横滑りして護岸にぶつけかねないので、少し右に当てて護岸との距離を作ってから、グイッといった感じに。


277052.jpg
平久水門にも、先ほど平久橋で見たものと同様の横断幕が掲げてありました。

‥‥しかし、見通しの悪い変則2径間の水門の向こうが、えらく狭められた状態だとは、この文言だけではとても想像ができないでしょう。せめて、航路幅員くらい明記してあげたらいいのではないでしょうか。

277053.jpg
汐浜運河に出て、南岸にある河津桜並木、都営塩浜三丁目アパート前にぐっと寄せ、しばし鑑賞。時期が少々早すぎたとはいえ、せっかく桜の様子を見に出たのですから、ちょっとでもお花見気分にひたりたいですよね。

277054.jpg
同じく汐浜運河、深川八中前の船溜で、通り過ぎざま愛でた2隻。どちらも顔なじみで、好きな船たちです。

上は「第13栄進丸」、いいタイミングでオオバン君とのツーショットに。操舵室前のエンジンケーシング、ぐっと上を向いたさまが犬の鼻先のようで、愛嬌のあるカタチをしていますよね。

277055.jpg通船(?)「伊沢丸58号」もオオバン君とツーショット‥‥と思ったら、あらら、飛び立ってしまいましたね。

この船を目にするたび、バウに極端に寄った甲板室に惹かれるものが。こんな狭隘なのに、引き違い窓が備えてある律義な感じ、泣かせるじゃないですか。狭いところが好きで入ってみたいのもあって、吸い寄せられるのでしょう。
撮影地点のMapion地図

(令和4年3月6日撮影)

(『3月6日の水路風景…12』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 平久川汐浜運河平久水門通船江東内部河川

11月15日の水路風景…3

(『11月15日の水路風景…2』のつづき)

258026.jpg

258027.jpg大横川に入ると、少し時期を外したせいか葉が落ちてはいたものの、桜並木の紅葉が美しく、ほれぼれと見入ったものでした。

葉の密度は粗くなってはいても、並木としてのみっちりぶりと物量に助けられ、また晴天であることも大いに力あって、紅葉狩りを堪能するには十分すぎるほど。木々の色付きを映した、水面がほんのりと赤らんでいるのも味わいがありました。

258028.jpg
汐浜運河、平久水門の東側でイトーヨーカドー木場店を一枚。あまりスナップしたことのない角度だったので、何となくカメラを向けてみたのですが、そびえる大規模店舗と、手前にもやう屋形の対比が面白い感じに。ここもかつては廃船を含め、結構な繋留船がいたのですが、今は船宿さんの持ち船のみになったようです。

258029.jpg

258030.jpg9月21日に気づいたスカパー前のポンツン桟橋ですが、この日通りがかったらカヌータイプのインフレータブルと、パドルボードがもやっていました。何かのイベントかしら。テラス上のカフェとともに、この一角も賑やかになってきましたね。

そのすぐ南、都市計画運河橋梁と隣の道路橋をくぐって、3人を乗せたパドルボードが現れました。体験乗船(?)かな。これから通航するときは、ちょっと気を配った方がいいかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(令和2年11月15日撮影)

(『11月15日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川汐浜運河曙北運河