fc2ブログ

夏日のつづく水路で


水路に出ると、すっかり日焼けしてしまうくらいの夏日が続く季節になりましたね。都心の川にも、お客さんを満載した観光船の姿が、多く見られるようになりました。

そんなある日、注目の支保工を組んだ常磐橋を、さっそくくぐる機会に恵まれ…。


おなじみ水道橋2号分水路も、久しぶりに訪ねることができたりと、充実した水路行が続きました。この日のことについては、また近いうちに、改めてご紹介できればと思います。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川神田川水道橋分水路分水路常磐橋

神田川・分水路の通航について

ご存じ、神田川の可航分水路である、お茶の水分水路・水道橋1・2号分水路(以下『分水路』と略)。
今まで何度も艇で出たり入ったりしておきながら、通航することの可否については、恥ずかしながら真剣に考えたことがなかったのです。

今回、あることがきっかけで、初めてこの件と向き合ってみて、さまざまなことがわかりました。以下長くなりますが、そのまとめです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : お茶の水分水路水道橋分水路分水路神田川

水道橋分水路・お茶の水分水路のまとめ

先日の分水路ツアーの折にいただいた資料をもとに、以前Googleマップ上に作った「神田川・お茶の水分水路略図」に追記し、題も「神田川・水道橋分水路・お茶の水分水路略図」と改めてみました。

以下、神田川の可航分水路2系統3区間についての、船頭なりのまとめということで、気になったところをかいつまんでご紹介できればと思います。過去の記事「分水路まつり覚え書き」、「お茶の水分水路覚え書き」と、あわせてご覧いただければ幸いです。


ホンモノのGoogleマップで神田川・水道橋分水路・お茶の水分水路略図を表示

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 水道橋分水路お茶の水分水路分水路神田川

文京区主催・神田川分水路ツアーのご案内役をさせていただきました

51001.jpg2月27日と3月6日は、2週連続で水路ツアーのご案内役を務めさせていただきました。「『文の京』日帰り体感ツアー」と題する、文京区主催の観光開発を目的とした、短期集中イベントのうちの一つです。

今回の目玉は、何といっても分水路航行。私を含め、ごく一部のモノ好きしか面白がらないであろう、と思われた神田川の分水路が、ついに自治体お墨付き(?)で商業航路化(??)されるというところにも興味を惹かれ、楽しくお手伝いさせていただきました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 神田川水道橋分水路お茶の水分水路分水路シールドマシン発進縦坑

三土氏と水路行…2

(『三土氏と水路行…1』のつづき)

39006.jpgというわけで分水路突入。このころはすでにだいぶ涼しくなっていたのですが、地中の世界は、長きにわたる猛暑であぶられた熱が冷めてないのか、ムッとする蒸し暑さです。

何より残念だったのは、デジカメの設定を間違えてしまったこと。フルオート+ストロボ強制発光が正解だったのに、愚かにも「夜景」モードを選んでしまい、ご覧のとおりブレブレ、ボケボケのていたらく。舵を握る身としては途中で訂正することもできず、悔しい結果に終わりました。

39007.jpg
全景をしっかり撮り直しておきたかった大地下空間・発進縦坑(『分水路打通作戦【お茶の水分水路編】…7』参照)も、ヒトダマが飛んだようになり、もう何が何やらわけのわからんモノに…。三土氏と大野氏の傑作写真を、ぜひウェブ上で発表していただきたいものです。

この後、水道橋分水路に入ってからは、例の低い区間で、大野氏が天井にさわってみたり、2号分水路との疎通口「地下水門」では、三土氏が「反対側から見られるなんて思わなかった」と感動されたりとかなりの盛り上がり。

しかし良いことばかりではなく、何かチクチクするな、と思ったら、蚊の大群に囲まれて刺されまくるというハプニングも。

狭い穴倉の中では逃げ場もなく、手を振り回したり、ふんづけたりひっぱたいたりと大騒ぎ。血を吸える獲物もなく、ボウフラが湧くような水たまりもない分水路の中で、どうして大量の蚊が住みついていたのか、今もって謎ではあります。

39008.jpg白鳥橋上流の呑口から脱出、2900mの打通を達成しました。地熱のこもった、蒸し暑いよどんだ空気の中から出てきただけに、さすがに外の空気がうまい! 三土氏はまだくぐり足りないのか、ポータルを名残惜しそうに振り返っています。

ここでメーターパネルの警報ランプが点灯すると同時に、エンジンの警報ブザーが鳴り、一気に緊張が高まりました。

39009.jpg停止・チルトアップして点検の後、しばらくアイドリングで漂泊していたら警報が止まったので、あまり回転を上げないように、そろそろと下ることに。まあ、先日お伝えしたとおり、この時点ですでに1気筒死にかけていたわけで…。

幸い海の真ん中などではなく川ですから、ゆっくり走っていれば、仮にエンジンが止まっても、まず大事には至りません。首都高の桁裏を眺めつつ、のんびりとまいりましょう。

39010.jpg上流側から船河原橋の裏側を撮ってみました。この角度から眺めると、飯田橋の橋台地の隅というか、旧橋詰広場の存在を匂わせる、丸みをつけて組まれた石垣のスペースを利用して、突っ込まれていることがわかります。

う~ん、この乗っかり具合、いつ見ても不安を掻き立てられる…。いや、吊られる桁や喰われるトラスの強烈さにくらべれば、はるかにおとなしめではあるものの、これはこれで違ったインパクトがありますよね。
撮影地点のMapion地図

(22年9月19日撮影)

(『三土氏と水路行…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : お茶の水分水路水道橋分水路分水路神田川高架下水路橋の裏側