fc2ブログ

11月13日の水路風景

(『11月13日のフネブネ』のつづき)

289036.jpg道々目にしたもののスナップをまとめます。出港前の静かな水面をゆるゆる泳ぐオオバン君のシルエット。

朝の赤味がかった淡い光の中、鏡のような水面に航跡を描いて、ただ一羽音もなくすーっと移動してゆくさま‥‥群れをなして川面をざわめかせるのとは、また違った風情がありました。


289037.jpg
砂町運河と曙運河・曙北運河との十字流上空を、長い高架で縦断する京葉線潮見~新木場間。おなじみの風景ではありますが、光線によってはハッとする表情を見せてくれることも。

東側の高架側面が朝日を受けてほんのり染まり、朝靄が彼方の曲線トラスをかすませて‥‥早起きしてよかったと思える一瞬です。

289038.jpg
第一航路で、右舷標識の4番ブイをかすめて南下したときの一枚。港内をうろついていると、ブイに惹かれてわざわざ近づくことも少なくないのですが、その形や鮮やかな塗色とともに、哀愁をまとっているのがブイの魅力かも、と思えるようになりました。

広大な水面に点々と設置されて、ゆらゆらと揺れつつ同輩と離れ孤立して航路を守る姿は、凛とした清々しさを覚えると同時に、どこかもの悲しい雰囲気も感じられて、つい吸い寄せられてしまうのでした。

289039.jpg
朝靄のヴェールをまとった青海コンテナ埠頭のクレーン群。これも早起きならではの光景ですが、早朝に出るときは横浜方面なら湾奥の直行航路を取るなど、東京港西側のこの時間帯に意外と縁が薄いため、ひとつひとつに素朴な感動がありました。

289040.jpgコンテナ埠頭の真裏に当たる、お台場外貿ライナー埠頭でのスナップ。1800mの全長を有する埠頭に並ぶ上屋は、1号から9号まで番号が振られていますが、そのうちの6号上屋を目にして「おっ(笑)」となったもの。

「都営6号」だけでも目を引かれるのに、イチョウの葉のマークが描かれたとあっては、たたみかけられたも同然。もちろん、地下鉄を思い出したのでした。

(令和4年11月13日撮影)

(『都市計画運河橋梁に触れる』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 砂町運河東京港水辺の鳥たち

綾瀬新橋に行こうとしたら…1

(『10月23日の官船たち』のつづき)

288011.jpg
この日は綾瀬川を遡上してみることにしました。最低橋の綾瀬新橋、ご存じのとおり古い橋でもあるので、補修や改架があったらと心配になったからです。

最下流部、中川との合流点から進入、定番ともいえるかつしかハープ橋の曲線美を振り返りながら、ゆるゆると上航します。

288012.jpg
ええと、ヒドリガモかな? 間違っていたらごめんなさい。早くも冬鳥の姿を目にして、まあ嬉しいこと。数十羽くらいの群れだったでしょうか。

渡りを終えてまだ間もないくつろぎのひとときを、不審船の来襲で乱されたとあれば、いうまでもなくおかんむりで大騒ぎ。グヮグヮと鳴きながら飛び回られ、ほうほうの体で退散しました‥‥。

288013.jpg堀切橋下流で見かけた、クレーン台船を中心とする工事船団。背割堤の水際に鋼管矢板を打つ、護岸改良の工事をしていました。

堤防、護岸の改良やテラス化など、綾瀬川下流区間はここしばらく工事が多いですね。業務船のバリエーションを楽しむには、格好の環境でもありますが。



288014.jpg
うまく撮れていなくて申しわけないです。綾瀬水門の少し上流、国交省綾瀬排水機場の建物を東側から仰いだところ。

右手角の塔屋と、マイクロ波鉄塔にちょっと惹かれるものがあってカメラを向けたのですが、もう少し離れていればよかったと後悔しました。

288015.jpg背割堤を介して荒川と接する区間が終わり、河道は右にゆるく屈曲してほぼ真北へ。首都高小菅ジャンクションを過ぎ、東京拘置所の東、常磐線の鉄橋が見えるあたり。

あれ? 伊藤谷橋の下、どうも台船がみっちり詰まっているような‥‥。まさか閉塞するほどメザシにもやってはおるまいと、近づいてみることに。
撮影地点のMapion地図

(令和4年10月23日撮影)

(『綾瀬新橋に行こうとしたら…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 綾瀬川水辺の鳥たち台船

9月25日の砂町北運河…2

(『9月25日の砂町北運河…1』のつづき)

287006.jpg

287007.jpg西側水路に入ってみると‥‥いるわ、いるわ。まるで各種鷺さんの見本市。遠目には、一定の間隔を置いて、いかにも鷺、という風の孤高な雰囲気(?)を感じたのですが、上の写真のように密集しているところもありました。

しかし、大型の鳥にもかかわらず、これだけの数が長くもない水路に集まっているということは、よほど餌となる魚類が豊富な水域なのでしょう。

287008.jpg

287009.jpg居心地よく静か水面を前に憩うていたところに、そろそろと最微速とはいえ、ときならぬ闖入者です。まあ鷺さんたちの怒ること、大きな体で翼を広げ、ギャアギャアと鳴いて飛びまわるのですから、首をすくめるような迫力があります。

鷺さんの怒りは、水面の静けさを乱して、ご馳走である魚を追いやってしまったこともあるのかも。珍しい"鷺の社交場"を見つけて嬉しく拝見しましたが、これは長居しない方がよさそうです。

ちなみに水深は、10時近くの時点で推算潮位A.P.+0.47mとして、なお1.9mあったのですから、まず木っ端ブネには十分な値といえます。

287010.jpg
船首をめぐらして東へ向き直ると、爆音がして船影が横切りました。先ほど解纜準備をしていた「セレブリティ・クルーズⅡ」が出港してゆくところ。プレジャーのマリーナと、本船級といってよい上背のある船の取り合わせはある種ミスマッチな感じがして、面白いですね。
撮影地点のMapion地図

(令和4年9月25日撮影)

(『9月25日の東雲北運河』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 砂町北運河水辺の鳥たち

9月25日の砂町北運河…1

287001.jpg9月25日は、ようやく秋晴れといってよい日和に恵まれ、嬉しくお散歩してきました。まずふらりと入ってみたのは、砂町北運河。

中島丸船隊の船溜で、変わり種「第105中島丸」と久しぶりに顔を合わせたり、コンクリートミキサー車のお尻が、岸壁上にずらりと並ぶさまに目を奪われたり(下写真)と、定番の風景を眺めながら奥へ進みます。

287002.jpg

287003.jpg毎度のことながら、運河北端区間を埋め立てて造られた、物流拠点(佐川急便Xフロンティア)の"壁"感が凄まじい‥‥。

左手は石川島造船化工機跡地、五輪警備のお巡りさんの宿泊施設→コロナ患者隔離施設(こちら参照)‥‥が撤去された後は、がらんとしていますね。右手、東京湾マリーナでは、ひときわ大きな「セレブリティ・クルーズⅡ」が出港準備中でした。

287004.jpg
東京湾マリーナの対岸、石川島造船化工機跡地の護岸にはポンツン桟橋が設けられ、数隻のプレジャーがもやわれていました。

よく見ると、どの艇も傷んでいて、どうやら廃船をまとめたエリアのようです。中の一隻など、ご覧のとおり草が生えてしまっており、物悲しさを漂わせる一角でした。

287005.jpg
少し戻って、西側水路にふと目をやると‥‥、あらら、鷺がずいぶんたくさんいますね

かつては大型のクレーンが水面上に突き出し(過去ログ『砂町北運河…3』参照)、鉄の匂い濃厚な運河風景が展開されていたここも、護岸の錆色がわずかによすがを残すのみ。鋼管矢板が打ち込まれいるところを見ると、いずれここもテラス化されるのでしょうか。鷺さんの社交場に惹かれて、こちらにもふらりと入ってみました。
撮影地点のMapion地図

(令和4年9月25日撮影)

(『9月25日の砂町北運河…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 砂町北運河水辺の鳥たち

ループ内船溜でお船見…1

(『9月11日の官船たち』のつづき)

286026.jpg臨検もつつがなく終わり、巡視艇「ゆめかぜ」と別れた後は、第一航路を横断し、京浜運河北口にあるレインボーブリッジ西詰のループ内、業務船溜を訪ねることにしました。

右は航路を横断して、京浜運河に入るPWCのフリート。距離があると、視認できるのはほぼ噴流と航跡だけで、船体はほとんど見えないのがわかりますね。

286027.jpg
道路と線路が、海上でループをなしているというだけでもカタチとして面白いのに、その輪っかをちょうど半割りするように長い桟橋が突き出ていて、さらに桟橋とその周辺が、東京港で最も規模の大きい業務船の船溜になっているという、その筋にとってはある種てんこ盛りな空間‥‥。考えてみると、これってかなり貴重な場所ではないでしょうか。

286028.jpg
スロットルをぐっとしぼりながら、高架をくぐってループの中へ。左手、橋脚の基礎の上にはたくさんの鵜たちが。不審船が近づくと、いっせいに身を細め「おっ? おっ?」といったうろんげな表情に。せっかくおくつろぎのところを、邪魔してごめんね。

286029.jpg
さて、お船見です。まずは桟橋の先端にもやう、独航艀と曳船から。黒々とうずくまったようなこの質量感と鉄の匂い、いいですねえ。桟橋にもやいを取った船へさらに舷を接し、二隻、三隻とメザシ繋留しているのも、業務船らしさがにじみ出ていてよいものです。

286030.jpg奥に目を転じれば、曳船だけでなく、工事水域の警戒船として働いている通船たちが、もうみっちりと詰まって続いています。文字通りの船いきれむんむん。

ループのすぐ外、東側には防波堤もあるので引き波の憂いもなく、落ち着いて鑑賞することができます。邪魔にならないよう注意しながら、ゆっくりと拝見させていただきましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和4年9月11日撮影)

(『ループ内船溜でお船見…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東京港曳船水辺の鳥たち