FC2ブログ

8月15日のトリさん

(『8月15日のフネブネ…4』のつづき)

254086.jpg8月15日の道々で出会った、トリさんたちの姿をまとめてみました。酷暑下とあって冬のようにバラエティ豊かではありませんが、昔にくらべると本当に水鳥の数が増えたので、トリ好きとして同慶の至りであります。

マリーナで見かけた鴨さん小艦隊。同じ大きさに見えますが、複数羽連れ立っているのは親鳥が一羽で、あとは成長した巣立ち雛なのでしょう。

254087.jpg

254088.jpg海老取川、天空橋近くの基礎護岸上にいた鷺さん。アオサギの若鳥かな? 猛暑下の日なたとくれば、極限まで細くなりハァハァするのは無理からぬところ。

その数m右手では、鵜さんがやはり一羽でハァハァ。水に入ればいいのにとも思いますが、このあたり水深が浅くて水温も高いので、あまり涼をとるには役に立たないのかしら。

254089.jpg
新芝運河、香取橋近くの抜き残った鋼矢板の上には、ゴイサギさんが。翼をだらりと広げて、パラボラ状態で涼をとっていました。

しかし、この日の暑さであれば、鋼矢板はチンチンに熱を帯びているのでは‥‥。足が熱くないのでしょうか?

254090.jpg
最後は汐見運河にて、こちらはアオサギの成鳥かな? 細くなっているのは同様ながら、どこか凛々しく、気高そうな立ち姿に惹かれてカメラを向けたもの。

水鳥たちの姿を見かけることイコール、彼らを養うに足る、餌になる魚が川中にそれだけ多く生息しているということ。子供のころを思うと、この点でも都内の水辺がいかに変化したか、実感することしきりであります。

(令和2年8月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取川 新芝運河 汐見運河 水辺の鳥たち

8月15日の水路風景…1

(『羽田の進入灯で憩う…3』のつづき)

254016.jpg
初くぐりを終えて、ゆるゆると西側へ離脱。とっぷり暮れた夜間とまでいかなくとも、薄暮時に訪ねられたら、進入灯の明滅が眺められてさぞ素敵でしょう。橋とは一味違った、開けた中での桁下景観、楽しませていただきました。

254017.jpg城南島・京浜島間の“名無し水路”を西航。そうそう、一つ紹介し忘れていた物件があったのでした。

進行方向左手、京浜島の北岸東端に位置する、大田清掃工場や京浜島不燃ごみ処理センターがある一角に、カマボコ形の屋根を持った、水上に建てられた何かが見えますよね。


254018.jpg
ここ、、前から気になっていたんですけれど、場所柄からしてかつて中防水路にあった「超弩級舟屋」同様の、不燃ごみ積替え施設ですよね‥‥。

だいぶ前に、ウェブ上の資料をどこかで見たのですが、確か今は船舶中継所経由便の扱いはなく、当然使用されなくなってだいぶたつはず。清掃関連の艀輸送も、三崎町~中防のみという風前の灯、実用舟運ファンとしては寂しい限りですが、致し方ありません。

254019.jpg京浜大橋をくぐって、ガスミオ運河との変則十字流に出て左へ。水路幅のあるここは、径間の長く桁下高のある大型橋に囲まれた水域で、雄大な風景が楽しめるところ。

行逢船なし、左右を確認しつつ速度そのままで取舵。何しろ暑いですから、できることならこのまま風を受けて進んでいたいですからね。

254020.jpg
平和島運河の干潟水路に入って右へ、いつものとおり昭和島と大森の岸に沿って、迂回する形で海老取運河を目指します。

すでに干潮のピークは過ぎていましたが、航路南側には砂洲が大きく露出しており、ユリカモメや鵜たちが憩う姿が見られました。
撮影地点のMapion地図

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 平和島運河 水辺の鳥たち

7月12日の運河風景…1

253001.jpg諸々手塞がりだったのですが、あまり長期休航すると、昨年のようにフジツボさんの社交場を提供する羽目になりかねませんから、7月12日、近場の様子見もかねてお散歩してきました。

人のいない繋留艇のトランサムは、がーさんたちにとって格好の休憩所。掃除が大変だから、あんまり粗相をしちゃダメだよ‥‥。

253002.jpg
まず向かったのは、砂町北運河。運河北端部を埋め立てて建てられた巨大物流拠点、昨年末見たようにすでに竣工しているのでしょうが、完成後近づいたことがなかったので、間近で眺めてみたくなったのです。

おなじみプッシャーバージのガット船「第三十七共栄丸」の質量を右頬に感じながら、微速で運河の奥へと北上。

253003.jpg
枝運河の分流点より手前で、左手、かつて石川島造船化工機のあった更地に、小さなアパートくらいのプレハブ2階建てが、みっちりと敷地一杯に並んでいるのを発見。一瞬、異様の感に打たれて見入った後、ははあ、とピンときたわけです。

検索してみると、「五輪施設を新型コロナ患者の待機施設へ、どんな建築工事が必要?」(日経XTECH)がヒット。文中に「改修するのは、東京五輪・パラリンピックの警備に当たる警察官などの待機所だ。警視庁が江戸川区臨海町、江東区新砂、江東区潮見、大田区城南島の4カ所にプレハブ群を建設中」とありました。各地から五輪警備にはせ参じるお巡りさんのための宿舎を、コロナ患者が留め置かれる施設に転用したというわけですね。

253005.jpg
さて、正面に向き直ってみると、佐川グローバルロジスティクスの巨大物流センターが。改めて“壁”感がもの凄い‥‥。

以前と同じようなことをいって恐縮ですが、北~北西風をばっちり防いでくれそうで、秋、冬の艇の取り回しが楽になりそう。東京湾マリーナの繋留艇がうらやましいくらいです。

253004.jpg“壁”に近づく道々で、つい目を奪われてしまう、かつての船台。スロープも扉船もそのまま、プレハブがドックサイドまで詰まっているのが見えます。

造船所の跡地で、旧船台やマリーナの出船入船を望めるという、フネ好き垂涎の立地‥‥。何週間も留め置かれ、病に苦しむなら、せめて趣味が楽しめるココがいいな‥‥などと、不謹慎なことを妄想してしまいました。
撮影地点のMapion地図

(令和2年7月12日撮影)

(『7月12日の運河風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町北運河 水辺の鳥たち

6月7日の西側河川…1

(『水上バスとテラスの人道橋と…』のつづき)

252111.jpg

252112.jpg毎度おなじみのコースながら、大好きな川景色を愛でてまいりましょう。

大横川から見た弁天橋、南辻橋が撤去されてしまったとなれば、次はこの橋あたりが‥‥という縁起でもない危惧を抱いているんですが、どうでしょう。大事にされていると思いがちな震災復興世代の橋も、簡素なものからあっさり姿を消したりするのは珍しいことではないので、残ってくれればと祈るばかり。

右はさらに遡上した、平木橋付近の感ですが、水深1.8m! まあ、同じ大横川でも、先ほどの北端部にくらべて余裕があること! タイトルに入れた「西側河川」、竪川も大横川北端部もそうなんですが、河相から見ると別の川のようで、さらに北と南を分けたいくらいです。

252113.jpg
道なりの流れとはいえ、茂森橋さんにご機嫌うかがいするのは楽しいもの。しかし、年々錆だれや褪色が進んでくるのを目にするのがツライ‥‥。補修の予定はないんでしょうか。

252114.jpg
何しろ潮位の低い日ではあったので、さほどのギリギリ感はなかった(個人的な感想です、ハイ)ものの、イイあんばいの圧迫感を頭上にみしみしと受け止めて、もうご満悦。

くぐったところでかがめていた体を伸ばし、舵を左に切って、仙台堀川を西行することにしました。

252115.jpg仙台堀川に入った直後、南岸の露出していた基礎護岸上に、ツブれたカルガモさんが。最初は「カワイイね~」などといっていたものの、ちょっと様子が変です。近づいても逃げず、明らかに具合が悪そう。

よく見ると、翼がごっそりと食い千切られていて、怪我をしているみたい。哀れですがどうすることもできず、「頑張るんだよ!」と声をかけて通り過ぎたのでした‥‥。

(令和2年6月7日撮影)

(『6月7日の西側河川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 茂森橋 最低橋 江東内部河川 水辺の鳥たち

6月7日の竪川…2

(『6月7日の竪川…1』のつづき)

252086.jpg
竪川橋併設の水管橋、青々とした蔦がからんでいて、星霜を経た石組みの橋台や、干潮で大きく露出したガレ場とあいまって、廃墟感の濃厚な角度に。背後の建物がなければ、文明が滅んだ後の光景さながらに思えました。これも大干潮時ならではの川景色ではあります。

252087.jpg

252088.jpg次第に高度を下げてきた頭上の高架と、桁下端の曲線が優美な感じの新竪川橋を愛でて。どういうわけか桁側面がほこりっぽく汚れていて、拭いてあげたくなります。

右写真は、そろそろ東端の終点が近づいてきたあたり。両側の橋脚、段の上に鵜さんがチョコンと! まるで狛犬のように一対で留まっていました。

252089.jpg
竪川最東端の橋、菊花橋。そうそう、ここはちゃんと撮っておこうと思って、構えていたんですよ(その割にはちゃんと撮れていないのが痛い)。ご覧のとおり、両端の桁の上に中央径間の桁が載った、いわゆるカンチレバーなのに、なぜか中央径間の真ん中にも、ヒョロリとした細い橋脚があるのが変わり種。

やたら薄べったい桁はリベットばりばりの物々しさで、加えてつっかえ棒のように真ん中に細い橋脚がありと、戦後、昭和25年竣工とは信じがたい古風で、何かまとまりのよくない造作に思えました。

252090.jpgしかも、桁は明らかに最近塗り替えられたにもかかわらず、中央の橋脚のボロボロさがもの凄く、アンバランス極まりないのが目を引きます。

だって、湛水線から下はコンクリートが剥落して、やせ細ってしまっているんですから‥‥。上部のコンクリートの肌は白く、決して古さを感じさせないのに、水線下の痛み方はどうでしょう?
撮影地点のMapion地図

(令和2年6月7日撮影)

(『6月7日の大横川北端部…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 竪川 江東内部河川 高架下水路 水辺の鳥たち