fc2ブログ

9月20日のフネブネ…1

(『9月20日の墨田川造船…2』のつづき)

272011.jpg墨田川造船辰巳を見た後は、辰巳運河を通って内水に戻ったのですが、珍しく先行艇が一隻いて、航跡をたどってゆっくりと抜けることに。

好天を映して水も青く、光線も塩梅よろしく、辰巳水門もいいお顔。2隻で縦陣を組んで進む面白さとあいまって、秋晴れに恵まれた水路行は何を眺めても楽しいものです。


272012.jpg
同じく辰巳運河、水門をくぐってから行逢した豆曳船「第36東庄丸」。黒い船体、フロントグラスも甲板室もない背の低いシルエット、乗り組みさんの座る椅子も昔風の折り畳みパイプ椅子と、まあ好みど真ん中。

クジラの頭のような丸い船首が押し分ける豪快な船首波、排気を含んだ噴流が船尾に盛り上がるのも、パワフルな感じが伝わってきて実に佳し。すっかり上機嫌になりました。

272013.jpg
人気コミック「ワンピース」の100巻発売を記念した展示が、浜離宮の内水面に面した「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」で公開されており、艇からも見られると聞いて、ファンとして見逃せまいと浜離宮へ。

展示については後ほど改めますが、近づいて写真を撮っていたら、水門の外からボー、ボーと長声が。これは水上バスの入港だと察して、ゴースターンで後ずさると、間なしに水辺ラインの「こすもす」がヌッ、という感じで汐留川水門をくぐって現れました。

水上バスにとっては径間だけでなく、天地もギリギリの水門をくぐって入港するシーンは、それだけで緊迫感あふれる、迫力のある一瞬です。 

272014.jpg
水門をくぐってすぐ、左手にある観光汽船の船溜をかわしつつ、90度の取舵を切って大きく船尾を振り、ウォーターズ竹芝船着場にピタリと達着! イヤ、お見事。

そうそう、この船着場について紹介するのをすっかり忘れていました。昨年夏に開設された、都内水路の定期航路では最も新しい船着場なんですよ。遅ればせながら、覚え書き的に以下メモ。

JR東日本ニュース(2020年6月10日)」によると、昨年6月19日に供用開始、一般社団法人竹芝エリアマネジメントが「WATERS takeshiba」の前面の汐留川の占用許可を受け、 JR 東日本が整備を行っているとのこと。水辺ライン、観光汽船とも寄港する船着場です。

ただし、従来からある築地川・浜離宮の船着場は、水辺ラインの寄港は無くなったとのこと。観光汽船は寄港便を継続するとのことですから、利用する際は注意が必要ですね。詳しくは浜離宮恩賜庭園の「『東京水辺ライン』船着場変更のお知らせ(2020年7月17日)」をご覧ください。

272015.jpg水上バスの話題といえばもう一つ、つい最近知ったのですが、観光汽船が苦境に陥っており、ついにクラウドファンディングを募り始めたそうで‥‥。

【存続危機】浅草発の水上バス事業の継続をご支援ください。 - クラウドファンディングCAMPFIRE
大川筋の華、一銭蒸気の時代から存続する唯一の船社ですから、水路者としてはぜひ、何らかの形で協力できればと思っております‥‥。


(令和3年9月20日撮影)

(『9月20日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 辰巳運河 汐留川 隅田川 辰巳水門 汐留川水門 曳船 水上バス 浜離宮

すみだリバーウォークを歩いて…1

268001.jpg
6月18日午後は本所で集まりがあったのを幸い、すみだリバーウォークと東京ミズマチをお散歩してみることにしました。いずれも艇上から眺めた様子はすでに紹介しましたが、自分の足で歩くのは初めてです。

浅草で地下鉄を降りて、まずは堤防上に駆け寄り、川景色を一目見て気分を盛り上げたいもの。おりよく水辺ライン「こすもす」が低い爆音とともに下航してきました。平日の日中に舟行きを眺められるなんて、贅沢といってもいい過ぎでなし。機嫌の悪かろうはずありません。

268002.jpg
川面を横目に、隅田公園をぶらぶら上流側へ歩きながら、東武線鉄橋の橋詰に到着。人目に触れる場所柄か、橋脚の前後に石張り装飾が施してあって、重厚な雰囲気です。目指すすみだリバーウォークの入口は、この向こうです。

268003.jpg

268004.jpg高架下から見た入口。ガス灯風の洒落た街灯が目印で、バリアフリーのつづら折りにしたスロープが設けられています。

入口の脇には、真新しい喫煙所も。タイヤのついたトレーラーの造りなのは、建築物扱いになるのを避けるためでしょうか。中は掃除も行き届き清潔で、パーテーションで仕切り感染防止対策もされています。愛煙家にはありがたい施設でしょうね。

268005.jpg入口の壁面には、ご覧のとおりの注意書きが掲げられていました。開放時間は7:00から22:00まで。自転車は下車し手押しで通行可、バイクは不可とのこと。

ほか、細かな禁止事項は下の欄に列挙してありますが、中でもふるっていたのは「飛び込み」! う~ん、確かに、飲酒などしていて気が大きくなっていたら、いっちょイイところを見せてやろう、というご仁も出そうではありますよね。

まあ、通航船に直撃したらお互いただでは済まないので、釣りとともに厳に慎んでいただきたいもの。明記されているとおり、防犯カメラでしっかりと監視されていますから。
撮影地点のMapion地図

(令和3年6月18日撮影)

(『すみだリバーウォークを歩いて…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : すみだリバーウォーク 隅田川 水上バス

6月13日のフネブネ…3

(『6月13日のフネブネ…2』のつづき)

267011.jpg浜離宮前水面、汐留川水門を入ってすぐ左の水上バス繋留場、Googleマップでは「竹芝地区船着場(ウォーターズ竹芝前)」と表示される船溜ですが、この日は3隻がもやっていました。

そのうち2隻、「海舟」と「ヒミコ」がなかよく舷を接して憩う姿をスナップ。真後ろから見ると扁平さが強調されて、河用客船らしさが際立つ好きな角度です。

267012.jpg
京浜運河は湾岸署前で、ズラリと並ぶ同型艇に目を引かれて一枚。4隻揃って寸毫の違いも見出せないさま、「マスプロ」という言葉が、脊髄反射で脳裏に思い浮かぶような光景ではあります。

警備艇も既製艇が増えてきましたが、仕様変更の少ないプレジャーの転用、しかも小型とあって用途は限られそう。舷側に表記される固有艇名もなく、「OP4」といったハルナンバーだけなのも、今までの警備艇と違った扱いを感じさせますね。オリンピックの警備などで、臨時に増備されたものなのでしょうか。

267013.jpg
天王洲運河東口の北側角、海洋大品川(旧水産大)のポンドには、漁業実習船、「青鷹丸」の姿が。

長船首楼タイプの舷側に並ぶ丸い舷窓、こじんまりとまとまった甲板上の諸設備や一層の船橋と、全体から醸し出される好ましい雰囲気は、いつ見てもホッとさせるものがあります。湾奥を航行しているところを、いずれ写真に収めたいものです。

267014.jpg芝浦西運河、ミナモ(東京ハーバーボートライセンススクール)の桟橋には、こんなカタマランが。船尾にコンソールやお手洗い、客席は船首側にまとめた理想的な観光船スタイル。鋭いバーチカルステムも素敵。

艇名は「侍」、電気推進とのこと。芝浦運河地帯の遊覧にはもってこいのタイプですね。


267015.jpg
おなじみですが、豊洲運河水上派出所と、その前にもやった警備艇「すいせん」が、ほぼ正横からカッコよく(?)撮れて気に入ったので掲げます。

テラスができてだいぶ雰囲気が変わりましたが、、「運河の交番」らしい魅力ある建物が、そのまま現役でいてくれるのは嬉しいもの。運河の六叉流に面した警備拠点として、これからも水路の安全に頑張っていただきたいものです。
撮影地点のMapion地図

(令和3年6月13日撮影)

(『新芝運河の工事』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐留川 京浜運河 天王洲運河 芝浦西運河 東雲運河 警備艇 水上バス

5月15日のフネブネ…3

(『5月15日のフネブネ…2』のつづき)

266011.jpg
両国橋の下流まで来ると、黒いバージを曳いた緑色の曳船が目に入りました。神田川・三崎町中継所通いの、不燃ゴミ運搬便ですね。航行中の姿を見られるのはそうないことなので、スロットルをぐっと倒して近づいてから一枚。曳船は「第33中島丸」。

266012.jpg
急いだ甲斐あって、神田川に入るシーンをとらえることができました。曳船は一度右側ギリギリまで寄せてから、河道中央に戻す形で進入。隅田川の流速を考えてのことでしょう。

バージの方は乗り組みさんが両の足を踏ん張って、取舵に当てた舵柄を押さえ、巨大な羽板の圧に抗しているのがわかります。今や中継所を介したゴミ舶載輸送としては、都内唯一の存在となった神田川のバージ便、折に触れてその姿を記録してゆきたいものです。

266013.jpg水辺ラインの繋留所では、船隊3隻が揃ってもやっていました。それもそのはず、緊急事態宣言下の要請に従い、全便運休となっているのです。

緊急事態宣言の延長に伴う営業休止のお知らせ」によると、「この度の緊急事態宣言の延長に伴い、解除までの間は、東京水辺ライン(水上バス)の運航を全て休止いたします。※5月31日(月)までは全ての便について運休です。」とありました。

266014.jpg下って永代橋下より、コンベア清掃船、「建河清第7号」と行逢。コンベアを上げて、船首両舷に玉網を構えた乗り組みさんの姿も見えないことから、仕事を終えて引き上げる途中でしょう。

背後の大島川水門、両岸に重機の姿が見えることから、橋の取り付け道路の工事が始まったのでしょうか。


266015.jpg
見慣れた船ながら、今回大いに驚かされたシーン。新月島川、何度かお世話になった勝鬨マリーナのお隣にある、(株)森田内燃機さんの前にもやわれた、サビサビのバージ。

この日は、12:54に最大A.P.+0.2mの大干潮時(撮影は11:18)とあって、バージもすっかり瀬にのし上げ、大きく傾いてこちらからもホールドの中が見えますね。以前からクレーンが突き出ていたのは認識していたのですが、まさかクレーン車が丸ごと突っ込んであったとは!

ずいぶん昔のクルマのようで、もうちょっと高いところからのぞけたら、車種も特定できそう。イヤ、びっくりしましたわ!
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『5月15日のフネブネ…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 新月島川 新月島運河 曳船 水上バス 清掃船

12月13日の水路風景…2

(『12月13日の水路風景…1』のつづき)

259015.jpg東雲運河での爽快なトライアルを終えた後は、そのまま港内を縦断して台場の内水面へ。

コロナ禍によるオリンピック延期で、いったんは姿を消したオリンピックシンボルが、内水面の同じ場所に再登場したと聞いたからです。何か変化はあるでしょうか?

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東京港 天王洲南運河 高浜西運河 芝浦運河 朝潮運河 隅田川 消防船 水上バス オリンピックシンボル