毛馬閘門…2

(『毛馬閘門…1』のつづき)

すでにタイトルでもご覧に入れましたが、もう嬉しくてしょうがない入閘の一瞬
15021.jpg

船員さんに「水が少したれてきますよ!」と注意されても、「ええ、いつものことですから」と上の空で口走ってしまい、いぶかしい顔をされる始末。
この船一隻で、閘室が一杯になりそうなのもイイ感じです!

15022.jpg閘室に進入完了。逆光の中、下流側ゲートを振り返って。

船員さんいわく、「ここは管理が厳しくて、つい数年前までは砂船しか通さなくてね。かつては客船など、通航まかりならんという方針だったのですが、ようやく最近になって(水上バスも)通してくれるようになったんです」。う~ん、そうだったんですか。

お話をうかがって思い出されたのが、以前読んだ、月刊「オーシャンライフ」06年7月号の川走りガイド記事、「リーバークルージングシナリオ」にあった、毛馬閘門についての下り…。

その記事によると、プレジャーボートが毛馬閘門を通るには、最低でも一週間前に通航申請が必要で、その上業務船優先のため、通航時間は閘門側が指定するとのことでした。
今でも状況は、4年前と変わらないのでしょうか…。行けばまず確実に開けてくれる都内の閘門や、セルフサービス運転で自由に通航できる、利根川筋の閘門群から考えると、ずいぶん厳しいようですね。

15023.jpg閘室に入ると、船は向かって右側の側壁に達着、ビットにもやいを取りました。上流側の扉体をよく見ると、上がったままの紫色の扉と、降りている青い扉の二枚があります。増水時に備えた、二段式ゲートなのですね。

ここで残念ながら、船員さんにうながされて一旦船内へ戻ることに。

15024.jpg側壁上に立っていた、通航標識の看板。

淀川は、淀川大堰の上下流の、かなりの面積が通航禁止区域で、閘門は堰の上流側のみにあり、大川から堰の下流側へは出られないことがわかります。



15025.jpg船内で、じりじりと上昇する水面に沈みゆく、チェーンの渡された側壁を見ながら注水待ち。

ちなみに閘室の寸法は、幅11.35m、長さ107m(『淀川大堰写真集』より)。船員さんによると、「砂船なら、10杯は入ります」とのこと。う~ん、「ぎっしり閘門」にあこがれる私としては、そのシーン、ぜひナマで見てみたい!
撮影地点のMapion地図


(21年9月11日撮影)

(『毛馬閘門…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 毛馬閘門 閘門 毛馬排水機場 淀川 大川 大阪水上バス

毛馬閘門…1

(『水上バスで淀川遡上…3』のつづき)

15016.jpg後部デッキに出ると、毛馬閘門と水門、排水機場が一望できる、土木構造物の一大パノラマが広がりました。
イヤ~、水の匂いがする、川の空気が美味い!

案内してくれた船員さんは、かつて本船に乗り組まれていたそうで、海外の閘門も通航された経験があるとのこと。日焼けした「潮っ気」の感じられる風貌、船乗りの貫禄充分です。

15017.jpg左手に見える赤レンガの構造物は、旧毛馬第二閘門。大正7年に竣工した、マイタゲートの閘門です。今は陸上に保存されている、明治40年完成の旧毛馬第一閘門とともに、長きに渡り大川~淀川間の舟航を支えてきました。

今ではご覧のとおり、奥には上屋と桟橋が設けられて、船溜として使われているようです。Google航空写真を見ると、手前のマイタゲートは閉まった状態で写っており、今でも動かせるみたいですね。閘門としてはお役御免になっても、ゲートは可動状態のまま、第二の人生を送っているなんて、まるで動態保存のよう。何だか素敵じゃないですか。

15018.jpg
ゲートは開いていますが、入閘の指示待ちなのでしょうか、船はコースから外れた位置で、しばしの漂泊。おかげで、心置きなく写真を撮ることができました。閘門の前に掲げられた標識は、荒川などでよく見かけるものと、同じデザインのものが見られます。

話に聞いたところでは、右側の背の低いゲートも、かつては閘門だったということですが、本当でしょうか。とすると、毛馬は現存する廃閘門が3つも集中している、珍しい場所ということになります。

入閘待ちの間、船員さんと四方山話。7月に広島の水上バスに乗ったことを話すと、「広島は立ち上げの時、ウチにずいぶん研修に来たんですよ」と、意外なところで広島のルーツを知ることに。
船員さんによれば、すでに廃止された江東水上バスの研修も、受け入れたことがあるとのこと。お話が本当だとすると、大阪は「水の都」としての範を示し、各地の河川航路の活性化に、大いに貢献したことになりますね。

15019.jpg淀川の水を、轟々と大川に注ぎ込む毛馬水門の左隣、毛馬排水機場。淀川大堰によって仕切られた淀川下流に、増水時の大川の水を排水するための設備ですね。

巨大な建屋は、なかなかの威容ですが、遠目には排水機場と思えない、何か官庁の庁舎のような雰囲気です。


15020.jpg
足元でエンジンの爆音が高まり、船が閘室に向かって動き出しました。頭上に迫り来る扉体、したたる水滴…ガラス越しでなく、ナマで味わえて、本当に良かった!

大阪の閘門初体験、いやが上にも気分がてんこ盛りに盛り上がります!
撮影地点のMapion地図

(21年9月11日撮影)

(『毛馬閘門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 毛馬閘門 閘門 毛馬排水機場 淀川 大川 大阪水上バス 水上バス