船橋のゴキゲン都市河川! 海老川…8

(『船橋のゴキゲン都市河川! 海老川…7』のつづき)

200131.jpg総武線の橋に近づいて、右へ角ばって折れる屈曲に頭を突っ込んでから、思わずアッと声を上げました。基礎護岸だ! 海老川に入って初めてなので、都内では見慣れているにもかかわらず、驚かされる始末。

たかがこれっぽっちで、というなかれ。今までの海老川が、あまりに可航環境が良すぎたせいでしょう、船頭のおつむには剣呑な眺めとして映ったのでした。

200132.jpg
橋の直下に至っては、基礎護岸の幅も急速に広がって、可航幅をぐんぐん圧迫しているように感じられるほど。環境がよいのか、数羽のオオバン君がたたずんでいて、不埒な侵入者におかんむりでした。

流路の形から見て、ここは洗掘されやすいところ。しかも橋の基礎があるとすれば、手厚くせざるを得ないでしょう。先ほどの深掘れぶりを思い出して、大いに納得したことではありました。とはいえ、納得と舟行きは別の話。この先もこんな感じで張り出されたら、進退窮まることにもなりかねません。う~ん、どうするか‥‥。

200133.jpg
総武線をくぐった上流は、ぐっと幅が狭まり、これまた不安を増幅するものが。ここまで快調に、しかも楽しみながら遡上させてもらったことが、思いもよらない奇跡(というと大げさかな)のようなものでしたから、そろそろ身のほどをわきまえないといけないかも‥‥。

もう少しイケそうな気もしましたが、というわけでここ、海老川人道橋を前にした地点にて、撤退と相成りました。

200134.jpg基礎護岸を警戒して後進で離脱、適当なところで転回するつもりでしたが、結局後ずさりのまま、河口まで下航することに。

考えてみれば、潮時も橋をすり抜けられる水位だったおかげで、ここまで来れたわけですから、あまりモタモタしていたら、かえって後悔していたかもしれません。とにかくゴキゲンに楽しかった! ありがとう海老川!
撮影地点のMapion地図

200135.jpg
さて、お約束していた橋たちについての詳細を。他力本願で恐縮ですが、「海老川十三橋めぐり」(『魅力発信サイト FUNABASHI style』より)をご覧ください。

もう、「十三橋」という、水郷並みの呼び名が期待を裏切らないのはさておき、彫像や装飾のテーマも、想像の斜め上をゆくものが多く、帰宅後に興味深く拝読。
いわく、栄橋の音符に書かれた曲は「手のひらを太陽に」、丸山橋の三角形のもしゃもしゃは「ボランティアの船」を裏側から見たもので、著名漫画家のキャラクターが満載、九重橋は生家の近い太宰治を顕彰したもの‥‥。

いや、意気込みというか、こちらも予想以上に「本気度」が高いのです。単なる装飾に終わらない、地域ぐるみ、川ぐるみで一貫して、郷土への愛情とともに橋を渡る楽しさを、作りだしてゆこうという気持ちがひしひしと伝わってきました。

そうそう、ちなみにWikipedia「海老川」も、河川愛にあふれる書き手の方がおられたとみえて、微に入り細をうがつことこの上なく、興味深く拝読しました。こちらによると海老川橋の和船、やはり五大力船で正解だったようです。

(28年12月31日撮影)

(『船橋港の水門と水路めぐり…15』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 船橋港 海老川 橋の裏側

船橋のゴキゲン都市河川! 海老川…4

(『船橋のゴキゲン都市河川! 海老川…3』のつづき)

200111.jpg船橋初、海老川初のすり抜けをニヤケながら堪能し、逆光のまばゆさに目を細めつつ振り返ったらまた和船の船首が!

あれほど豪勢な船首が突き出していたのですから、こちらは船尾があるに違いないと期待していたのですが。こちらも船首なのが何とも、一粒で二度意表を突かれた格好。額を叩きながら、「イヤ、まいった!」と一人ごちてしまいましたです。

200112.jpg
お次はすぐに万代橋(新潟のじゃないよ)があるんですが、海老川橋のインパクトが斜め上過ぎて、ものすごく普通に見えてしまう‥‥。

でもよく見ると、高欄の手すりが波形に成形されていたり、側面の透かしも紡錘形を重ねたようなデザインで、何気に凝っているんですよ。渡ってみたら、裏側に彫刻でも施されているのかも。

200113.jpg
万代橋の先は、ぐっと左へ屈曲。曲がった先にまた橋が顔を出してと、探検気分で実に楽しいですわ、海老川! 今のところ、基礎護岸の張り出しもないようだし、水深はそこそこあるし、ほどよく狭いしで、もうすっかり海老川のトリコになったおっさん。

あっ、両岸とも護岸の天端が、円筒形の花壇になりましたね。左側の地表高が低くなったようです。

200114.jpg

200115.jpgこの栄橋、素敵なんですよ。高欄を五線譜にして、音符が並べられているんですから! 高欄の装飾としては、簡単かつ効果的で、秀逸な部類に属するのではないでしょうか。レリーフの絵柄は何でしょう、童話の「裸の王様」かしら。

この橋もいい塩梅に低いので、音符に感心しながら、ありがたくすり抜けさせていただきました。まだまだ、まだまだイケそうだ! うひょひょ。
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋のゴキゲン都市河川! 海老川…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 船橋港 海老川 橋の裏側

船橋のゴキゲン都市河川! 海老川…1

(『船橋港の水門と水路めぐり…14』のつづき)

200096.jpg
第一橋からかましてくれます、船橋橋! バシバシという豪気な音にたがわず、叩いてもビクともしないほど堅牢そう。冗談はさておき、地名を冠しているということは、船橋という街のアイデンティティに関わるナニカがあるに違いない、と一人真顔で妄想する船頭。

手前には水管橋が隣接して架かっているのですが、側面ばかりに点々と錆びた部分が見えるのは、船のマストや棹の衝突痕かしら? 川からバシバシやられているとは、船影濃い船溜を控えた、第一橋のツライところでありましょうなあ。

200097.jpg気になる水深は、とモニターをのぞいてみると、只今1.6m。波打つ河底の感が少々不気味ですが、この先も繋留船があることだし、まだいけそうと続けて前進。

左のGPSに描かれた航跡、過去の2本が横並びになっていて、可航区間が旧海岸線の外側で揃っているのがわかります。今度はもう少しこの線を伸ばして、横並び状態を解消したいという欲も出てきました。

200098.jpg
反射光がゆらぐ橋の裏側を見上げながら、船橋橋を通過。もやう船には、長大な柄をつけた鋤簾が横たわり、三番瀬を間近に控えた、貝の豊かな水域であることを思い出させました。

200099.jpg一つ目を引かれたのが、河口からご覧のようなテラスが設けられていたこと。背面の堤防に張られた化粧板、鎖を張った杭ともになかなか品があって、小ぎれいな雰囲気でよいものです。

そういえば、今回進入に当たって特に「呼ばれていない」感じもせず、スルリと気持ちよく遡上を始めることができたのですよ。繋留船がいるという安心感があったにせよ、テラスが醸す雰囲気のよさも、背中を押してくれたに違いありません。

200100.jpg
いったん船影が途切れたところで、第二橋、八千代橋をくぐります。奥の河道は左に屈曲して、早くも先が見通せなくなってきました。

イヤ、それより、橋の高欄中央にある、彫像みたいなのは何だ? 高欄そのものも鋳物風で、装飾に力が入っているようですね。近づいて眺めてみましょう。
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋のゴキゲン都市河川! 海老川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 船橋港 海老川 橋の裏側

船橋港の水門と水路めぐり…14

(『船橋港の水門と水路めぐり…13』のつづき)

200091.jpg
海老川第一水門をくぐった直後の風景。防音壁に覆われた京葉道路が現われるのは、もはやパターンといってよいほどですが、さえぎるもののない水上に架かるだけに、存在感が数割増し。

空が抜けるように青いことも手伝って、空中にペンキで白い帯を描いたような、どこか現実離れした感じすらしました。

200092.jpg西側には入堀が伸び、釣船や屋形船の船溜になっています。写真左にチラリと見える水門は、海老川第二水門。帰りはこちらから港内に出ることにしましょう。

船溜には、中高の桁橋が架かっていますね。これもGoogleストリートビューで見てみたところ、親柱はなかったものの、橋詰に「湊橋市民トイレ」と書かれた公衆便所があったので、湊橋だと思われます。


200093.jpg

200094.jpg京葉道路の橋を仰いで。両端のみ箱桁、中は鈑桁という構造。水面の反射がゆらゆら映って、とにかく明るいのが嬉しいですね。

左手は断続的に船溜ですが、少し遡上したあたりで、ご覧のように船頭好みになってきて、がぜん「船いきれ」が濃厚になってきました。船を、水上を生活の場としている人たちがいる証拠です。

200095.jpg
海老川がこれまでの水路と違うのは、旧海岸線近くの古い水門がなく、遡上できること。この時点では、「あまり遡上できそうもないし、繋留船がいるところまで、ちょっと様子を見てすぐ戻ってくるか」と、さほどヤル気はなかったのです。

しかし、しかし! その予想は見事に裏切られたのであります! 嬉しい誤算に欣喜雀躍して、以下別項としてコーフンの水路行を垂れ流させていただきますわ!
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋のゴキゲン都市河川! 海老川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 船橋港 海老川 橋の裏側

11月20日の川景色…9

(『11月20日の川景色…8』のつづき)

199061.jpg
これも毎回、同じような絵で大変恐縮なんでございますが、すごく好きなんですよ、京成橋をくぐるひとときが! 

手前の増設部分と、奥の従来部分の違い、騎兵の槍みたいな落橋防止装置、ガッチリと補強された橋脚と、「橋の裏側風景」としてももちろん惹かれるのですけれど、何度か書いた「鉄塔世界の『門』」としてのワクワク感が、他の橋と一味違った魅力をかもし出しているに違いありません。

199062.jpg

199063.jpgむう、暗く撮れてしまったけれど、おしなり橋をくぐるという行為自体が貴重ではあるので、これも前と同じような写真でスミマセン。

例のごとく、水面を仕切るフェンス手前で、何度か切り返し回頭成功。あれ? フェンスのブイ、こんな赤っぽい色だったかな? 以前はオレンジだったような記憶が‥‥。間違っていたらご容赦下され。


199064.jpg花の櫓下とあれば、不審船が皆々様の注目を集め、ときにおスマホ様の被写体となってしまうのは、もはや織り込み済み。でもやっぱり恥ずかしいわ‥‥。

おスマホ様といえば、今さらながら、カメラ機能の充実と向上は目覚ましいばかり。単体のカメラ、特にハンディな機種は、遠からず絶滅しそうな気すらしてきました。コンデジで写真の楽しさがぐっと広がったクチなので、高級機かスマホの二択という未来は、あまり想像したくありません。

199065.jpg
帰路、テラス工事の続く横十間川で、私好みの小型曳船「第二十三葵丸」と再会。以前「4月29日の内部河川…3」のとき、北十間川で出会いましたっけね。

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…10』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 横十間川 江東内部河川 水位低下化河川 橋の裏側 曳船