庄川峡の船旅…6

(『庄川峡の船旅…5』のつづき)

211131.jpg大きなS字屈曲を抜けたあたりで、前方に上路式鋼アーチが見えてきました。庄川遊覧船サイトの案内にもあった、長崎大橋ですね。あれ、その向こうにももう一つ橋が。新しい橋かな?

ただ峡谷美を味わうだけでなく、橋くぐりも楽しめる庄川航路! 街場の水路になじんでいるだけに、河上から構造物を愛でる機会があると、やはりテンションが上がります。

211132.jpg
くぐりざま西詰を振り返って。仰いだ印象は、側面を遠望したときよりずっと華奢で、色褪せた塗装も手伝ってか、どこかはかなげに感じられたこと。渡している道幅が狭いせいでしょうか。

とやまの橋 長崎大橋(南砺市利賀村)」(北日本新聞)によれば、昭和46年竣工で全長191m、幅(道路幅と思われます)4mの林道橋とのこと。

211133.jpg
おお、ここにも吊橋の主塔が遺されている‥‥。写真の東詰上流側のみ確認でき、西岸には見当たりませんでした。橋名は下原橋。廃止時期は今のところ不明ですが、後ほど紹介する「庄川峽遊覧」の鳥瞰図や解説にも描かれていたので、小牧ダムとそう違わない時期の竣工なのでしょう。

211134.jpg長崎大橋を透かして見えた橋、近いように思えて1㎞ほどでしょうか、結構な距離がありました。右手の橋詰には巨大な足場があり、桁もメッシュをかぶっているようで、どうやらまだ建造中のようです。

アーチが鋼管を組んだ三弦になっていて、素人目にも長崎大橋から40年以上を隔てた、技術の進歩を感じさせる造作。庄川の新しい名所になりそうですね。


211135.jpg
上流側に出て振り返ると‥‥アーチの塗色、まるで口紅を引いたように、ぬめりのある鮮やかさ! 山肌の緑をバックにくっきりと浮かび上がって、目立つことこの上なし。

検索したところ、工事の経過を紹介したPDFがありました。「さんかくでつなぐ橋~庄川橋梁上部架設工事報告~」。なるほど、お隣の峡谷、利賀峡に新設されるダム工事の道路として造られたのですね。ダム工事終了後は、国道に昇格する予定なのだそう。名前は「庄川橋梁」(仮名と思われます)、全長368m、アーチ支間190m、平成30年度竣功予定とのこと。
撮影地点のMapion地図

【29年11月12日追記】
長崎大橋西詰の吊橋遺構、「庄川峽遊覧」の解説文に下原橋とありました。見落としており失礼しました。お詫びして追記させていただきます。「庄川峡の船旅…10」をご参照ください。

(29年9月24日撮影)

(『庄川峡の船旅…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 庄川遊覧船 庄川 橋の裏側

8月19日の晴海橋梁…2

(『8月19日の晴海橋梁…1』のつづき)

210011.jpgRC桁に設けられた待避所。薄い床板に、持ち送りなどの補強が見られない分、何とも頼りなげな印象です。アングル材で組んだ手すりが微妙に歪んでいますが、船にコツンとぶつけられたことでもあったのでしょうか。

人道橋化するとなると、このあたりの処理も気になるところ。どこまで原形を活かせるでしょうか。横浜の「汽車道」の例が参考になりそうですね。

210012.jpg
中央径間を晴海側から見て。むらなく錆びているせいか、あまり悲壮感はないように思えるのですが、豊洲側にはタワーマンションが立ち塞がり、水際もテラスが整備されて、この橋がすっかり孤立してしまっていることを感じさせます。

210013.jpg

210014.jpgローゼ桁とRC桁を載せた橋脚、支承のアップ。流れ出た錆が星霜を感じさせます。この橋脚にも銘板が掲げられていますね。橋脚全てに銘板が付された例、他にもあるのでしょうか。

右はアーチリブのアップ。吊り材の継ぎ手先端を細めたり、何ていうんでしょう、放射状の梁もテーパーが付いており、無骨なようでいて、細部への気遣いがなされたデザインに見えるんですよね。

210015.jpg
そして裏側を仰いで。この上を歩ける日が来るのかなあ‥‥。

同じ都専用線の橋でも、豊洲橋梁は早いうちに撤去されましたが、あちらはやはり桁下高が低く、通航の支障になっていたことが大きいと思います。そういった意味では、晴海橋梁は桁下高の高さゆえに生きながらえた、といえるかもしれません。

(29年8月19日撮影)

(『8月19日のトリさん』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 晴海橋梁 橋の裏側

2月19日の神田川…2

(『2月19日の神田川…1』のつづき)

202031.jpg御茶ノ水駅隣接の巨大足場、暗くてうまく撮れないので、通ってもあまり目を向けずにいましたが、奥の様子が気になって一枚。

ああ、やっぱりボケてしまった。それでも、奥には鋼管矢板びっちりの改良済み護岸が、錆色の鉄骨組みの向こうにかいま見えて、工事の進捗が実感されました。神田川にとっても、「世紀の大工事」といって大げさではない規模に思えます。

202032.jpg南岸にフラットを確保する巨大足場と、北岸を結ぶ「ヒロセ プレガーダー」の仮設橋のすき間から、何とか聖橋をのぞき見ようと頑張ってみたスナップ。

まあ、養生中となればご覧のとおりで、単なるパネルの大壁面が広がっているだけなのですが、これはこれで今だけの風景、あだやおろそかにはできますまい。



202033.jpg
既製トラスで裏側までおおわれた、聖橋の直下から下流を眺めて。いいタイミングで、丸ノ内線の電車が通りました。

足場が途切れた後も、機材や建機を満載した台船が2隻、縦列にもやって航路を狭めているのがわかります。遡上するとき、下航船を認めたら、丸ノ内線橋梁のあたりでやり過ごしてあげたほうがよいでしょう。

202034.jpg
浅草橋のリベットみっちりを頭上に仰ぎながら、おなじみ船宿街を見通す楽しさ。光線の塩梅がよろしかったのか、両岸に憩う屋形たちもシャープに像を結んで、どこかさっぱりとした表情。きれいに手入れされたフネブネのある川景色、よいものです。

202035.jpg
隅田川に出て左へ切り、軽く浅草まで遡上することにしました。蔵前橋の中央径間、銘板周りをアップで。

銘板を照らす一対の橋側灯の細やかな造作、高欄に施された透かしの装飾に目を奪われます。山吹色の塗装もだいぶ色あせてきて、レモンイエロー(?)といった感じに薄まってしまいましたが、暖色系の橋には冬の陽射しがよく似合いますね。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の隅田川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 隅田川 橋の裏側

2月19日の亀島川…3

(『2月19日の亀島川…2』のつづき)

202011.jpg
屈曲部に位置する亀島橋、浅いアーチの補鋼が頭上に覆いかぶさり、まろやかな圧迫感を頭上に感じながら前進微速。

26年5月の写真を見返してみても、繋留艇が一掃されて、ずいぶん寂しくなってしまったなあ‥‥。あの艇たちは全部、先ほど見た桟橋に引っ越すことができたのでしょうか。

202012.jpg霊岸橋は塗り替えられてまだ年数がたっていないせいか、クリームの色が鮮やかできれい。

向こうは分流点、日本橋水門があるのはご存知のとおり。何分おなじみの水路なので、そのままゆるゆると日本橋川に出ようと思っていたら‥‥。くぐりながら、「アレッ?」と、水門のちょっとした異変に気付かされたのでした。


202013.jpg
裏から向かって左、2番径間の扉体直下、水面に横一線の泡立ちが! 最初、閘門通航のときによく見られる、扉体から落ちる滴がつくる線だと思ったものの、扉体を見ると濡れておらず、点検開閉ではないようです。

スロットルをニュートラルにし、惰性で近づきながらよく観察したところ、どうやら水面下から泡が出ているようだとわかり、珍しさにまじまじ見入ったものです。

202014.jpg
ちょうどジェットバスか何かのように、シュワシュワと白い線を描く奇観に、丁字流での左右確認もおろそかになるほど(ちゃんと確認しような!)。

何でしょう、扉体の戸溝にエアーを出す装置を設けて、閉鎖時の水密を損わないよう、溜まった泥土を排出する装置でしょうか。帰ったら調べてみよう。

202015.jpg水門も設備更新をすると、より十全な作動を求めて、新しい機能が追加されるのだなあ、と感心しきり。単に私が知らないだけで、前からあったのかもしれませんけれど‥‥。

丁字流で取舵を切り、日本橋川を上航。好天の下、江戸橋ジャンクションもシャープな表情を見せて、楽しい遡上になりそうですね。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の日本橋川…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 亀島川 橋の裏側 日本橋水門 日本橋川 高架下水路

2月19日の亀島川…2

(『2月19日の亀島川…1』のつづき)

202006.jpg
水門をくぐった直後に少し戻ります。毎度おなじみながら、やはり外せないのが南高橋。

水門の管理棟の敷地が張り出しているため、順光側では側面の全貌を収めることは難しいものの、明治の橋のテイストを楽しませてくれる角度の一つ。冬の陽光に輝く銀色のピントラス、格好いいですねえ!

202007.jpg

202008.jpgこれも毎度のことで恐縮ですが、迫って仰ぐ裏側がまた佳いもの。震災復興橋世代の橋とくらべても、リベットの数が桁違い。中央の桁裏に、4本突き出ているダブルナットで締め上げたボルトなど、昭和の橋ではまず見られません。

川面に戻って、東側、新川2丁目沿岸の新設桟橋。旧来の住人である、通船や曳船も見られるものの、ほとんどはプレジャータイプで、かつての船溜の雰囲気とは大いに異なります。

202009.jpgマストを倒すまでもなく、高橋の桁裏を灯器にかすめさせながら通過。都心では亀島川しか見られない、階段状護岸が左右に伸びる区間に入ります。

以前より数は減ったものの、地場の繋留艇がぽつぽつと見えて、平板になりがちな川面に、活気を与えてくれています。左に見えた小さな浮桟橋に目をやると‥‥!


202010.jpg
えらい数の鴨さんが、日向ぼっこ中でした! 水面とほぼツライチの低さと、ほどよく朽ちた木の肌が心地よいのでしょう。まったりぶりが、はた目にも伝わってくるようです。

もっとも、我が不審船の接近にぺったり座りを止め、いっせいに腰を浮かしたのはお約束とはいえ、お邪魔をしたと反省しきり。すぐおいとましますから、どうぞごゆっくり。

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の亀島川…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 亀島川 水辺の鳥たち 橋の裏側