FC2ブログ

4月13日の水路風景…1

(『4月13日のフネブネ…2』のつづき)

233071.jpg以下道々のスナップを垂れ流します。往路、京浜運河を南下し初めて間もなく、海洋大学品川キャンパス(旧水産大)のポンドから、一隻のカッターが現われました。

チャージ(艇長)から指示があったのでしょう、櫂を休めて減速し、こちらの通過を待つ姿勢に。「ありがとう!」とお礼をいって手を振り、お先に失礼。あとカッターのすぐ左手、テラスの角で何かロケをしていますね、ドラマかしら?

233074.jpg
神奈川県側の京浜運河を西航中、以前も紹介した三井埠頭のアンローダーを眺めに立ち寄るのは、この航程の定番といっていいイベント。

怖気をふるうほど巨大で、造形もまた面白く、毎度のことながらほれぼれと仰いだものです。塗装も鮮やかで、光線もよろしくよく映えて、目に沁みる美しさでした。

233073.jpg
川崎の枝運河めぐり…1」のときは曇りだったので、青空の下でいいお顔をものしたいと、東洋埠頭川崎支店の橋型クレーンを改めて一枚。

グリーンの少し暗めの塗色なので、曇りだとディテールがつぶれてしまい、いま一つでした。明るいときに拝むと、渋さも際立って無骨な感じが強調され、とても素敵ですね。

233075.jpg以下帰りの道々のスナップです。南本牧運河を抜けた後、ベイブリッジをくぐって横浜港内へ。

防波堤突端に立つ赤い灯台のこじんまりとした風情と、接してそびえる巨大な主塔の、対照的な姿に惹かれるものが。主塔の脚部、足場で覆われていますね。再塗装など補修でしょうか。



233072.jpg
多摩運河を出て多摩川の河道を横断し、上流を目指す澪筋に至るまでは、最も緊張するひととき。ひたすら魚探の感と前方を交互に注視していて、普段はあまり周りを見る余裕はないのですが、この日はたまたま着陸する飛行機が目について、かろうじて一枚撮れました。

怖いくらい短い間隔で、飛行機が連なって降りてくるさまは壮観なのですが、写真を改めてみてみると、朽ちかけた旗竿の澪標や浅瀬ばかり目についてしまい、たまにしか通らないヘタレ船頭から見れば、まあその怖いことったら。全速ですっ飛ばしてくる地元艇の豪胆さには、感心するばかりです。

(31年4月13日撮影)

(『4月13日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 横浜港 多摩川

4月13日のフネブネ…1

(『南本牧運河の新しい橋』のつづき)

233061.jpg往路取りこぼしたものと、帰路に出会ったフネブネをまとめて。

こちらのブルーの塗装もきれいな本船、何の変哲もないというと失礼ですが、船名を見た瞬間、有名アニメ監督さんのご尊名に空目してしまい、思い切り二度見。船首に向けて右書きしてあるため、そう見えたのでした!


233062.jpg

233063.jpg
大黒埠頭、大黒大橋の西で深田サルベージのクレーン船「大和」に遭遇。1枚目は往路でちょっと光線がよろしくなく、復路でリトライしたのが2枚目です。紅白のジブが美しい大型クレーン船、いいですねえ。

深田サルベージ建設(株)の「大和」によれば、長さ60m、幅26.4m、700t吊り。3700t吊りの「武蔵」を見た目には、ずいぶん小さく思えてしまいますが、こうして近くで眺めるとやはり圧倒される質量感。眼福であります。

233064.jpg
微速で流しながら「大和」を眺めていたとき、左前方からノッポの操舵室をふりかざして、押船が向かってくるな‥‥と、視界の端で認識はしていたのですが、ぐっと急角度で舵を切ってこちらへ急接近、すぐ背後の岸壁へ接岸に入りました。

イヤ‥‥改めて眺めたら、今まで見た押船の中で、一番強烈かも! 上部の操舵室を乗っけている櫓の華奢さもさることながら、背後の階段が妙に間が空いていて、これまた頼りなげなのがそう感じさせたのでしょう。ちょっと急角度の転舵をしたら、操舵室の窓の下に水面が見えそうで、思うだに怖気をふるいますね!

船名は「第八十八南海丸」、検索したら前畑造船(株)の建造。こちらのオフィシャルフォトでも、スタイルの特異さが際立っています。南九海事の所属だそうです。

233065.jpg同じく大黒埠頭、鮮やかな塗装の自動車運搬船が接岸している横を通りながら一枚。補給中らしく、小型の本船が接舷していました。

右舷船尾にランプを備えているので、角が大きく切り欠かれた形になっているのはわかっているのですが、そのせいでこの角度から眺めると、すごく薄べったく見えて、まるで舞台の書き割りのようですね。
撮影地点のMapion地図

(31年4月13日撮影)

(『4月13日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 塩浜運河 横浜港 クレーン船 曳船

南本牧運河の新しい橋

(『根岸湾への道々で…3』のつづき)

233056.jpg南本牧運河を北上中。繋船杭やフェンダーは散見されるものの、運河側には一切荷役設備が見られない、どこか心細くなるような両岸の風景です。

斜張橋、南本牧大橋が以前と変わらない、主塔天を衝く美しい姿を誇っている向こう、お目当ての新しい橋が見えてきました。


233057.jpg

233058.jpg南本牧大橋をくぐった直後、新しい橋を前にして。上部構造のない桁橋ながら、バックの青空が白くグラデーションがかるあたりに、ちょっと右下がりの一線をすっ、と引いたような姿、絵になります。

南本牧運河ふたたび」でも触れましたが、これは南本牧埠頭連絡臨港道路の一部で、竣工に先立って「南本牧はま道路」と命名され、平成29年3月4日に開通したそうです。

233059.jpg
左手、中区錦町方を見たところ。曲線を描く橋上を、今しも40フィートコンテナのセミトレーラーが続々と渡ってゆく光景が眺められ、道路開通の効果を目の当たりにした気分に。

前の記事で、巨大なコンテナ船と積み上げられたコンテナを見て、素人目にも大変な荷役量が実感できましたから、この道路の開通はさぞ待たれていたことでしょう。なお、お披露目時の詳細は「南本牧はま道路 開通式・ウォーキングイベント」(ラジエイト)にあります。

233060.jpg
くぐりざま振り返り、南本牧側の風景とともに一枚。シンプルな箱桁ながら、まだ新しい鋼桁のつややかな肌を、頭上に感じながら仰ぐのはよいものです。

さて、道路には愛称が付けられながら、橋単体のそれは検索してもヒットしないところを見ると、どうも橋の名前はないようですね(もしあったらごめんなさい)。高架道路として陸上から連続した構造物なので、この点は無理もないかもしれません。

運河上区間の架設の様子は、施工者の川田工業による「南本牧ふ頭本牧線(Ⅵ工区)橋梁上部工事」(PDF)に、豊富な図版とともにまとめられた詳しい報告があります、ご参考まで。
撮影地点のMapion地図

(31年4月13日撮影)

(『4月13日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 南本牧運河 横浜港

根岸湾への道々で…3

(『根岸湾への道々で…2』のつづき)

233051.jpg南風で波の立ち始めた根岸湾を縦断して、横浜ベイサイドマリーナに到着。昼食にすることに。

バースの予約時に電話で聞いていたのですが、飲食店が複数軒あったショッピングモールは建て替え中で休業、加えてマリーナ内のカフェテリアも改装中、残るは徒歩数分の場所にある、ハンバーガーショップのみとのこと‥‥。


233052.jpgいや、ハンバーガーショップが悪いというわけではないのですが、タイクーンなき今、頼みの綱がこの状況とあっては、がっかりするくらいは許してもらえるでしょう。

食後のお散歩時に一枚。湾内はだいぶ波が立っていたものの、マリーナ内はきわめて穏やか。澄んだ水面を透かして海草がゆらぐのが見え、本船の汽笛が間近に聞こえてと、広大で美しいポンド風景を前に、のどかな午後の休憩を楽しんだのでした。

233053.jpg
ベイサイドマリーナを出港、帰路につきました。帰りは堀割川に戻って中村川経由にするか、南本牧運河を経てベイブリッジをくぐるか、ちょっと迷ったのですが、南本牧運河を通って帰ることにしました。

おおむね北東へ向けて根岸湾口を横切っていると、南本牧のコンテナ埠頭に林立するクレーン群の紅白と、色とりどりのコンテナが鮮やかで、よい目標になります。

233054.jpg
国際埠頭の3基あるクレーンたちも、変わらぬ威容を見せていてご同慶の至りなり。

手前で荷役中の小型の本船「第二十八栄福丸」、ずいぶん左舷に傾いてはた目にも心配になりますが、水線下をすっかり露わにしたずんぐりむっくりの船体がユーモラスで、どこか小動物的な可愛らしさがありますね。

233055.jpg
南本牧運河の入口に達しました。こちらのコースを選んだのは、前回訪問時に工事中だった、新しい橋を見ておきたくなったからです。
撮影地点のMapion地図

(31年4月13日撮影)

(『南本牧運河の新しい橋』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横浜港 根岸湾 南本牧運河

5年ぶりに横浜へ…4

(『5年ぶりに横浜へ…3』のつづき)

233016.jpg
おっと、一つ忘れていました。横浜港を訪ねたらやはり見ておきたいのが、防波堤突端の赤灯台‥‥正しくは「北水堤灯台」というそう。青空をバックに、赤い塗装が遠目にも鮮やか。

もっとも近寄ってみると、色褪せや剥離、波浪によるものかハンドレールのゆがみが見受けられ、少々痛ましい感じが。現存する航路標識の中でも、もはや古豪中の古豪といってよい存在ですから、大切に手入れしていただきたいものです。

233017.jpg防波堤の切れ目からやや北西寄りを目指し、大岡川へ向かうとしましょう。遠望する大桟橋には、巨大客船が接舷中。「X」のファンネルマークが目立ちます。

横浜港客船入港予定」(横浜市)を見てみたら、「セレブリティ・ミレニアム」(91,000t)と判明。ここから見てもその大きいこと、さすが9万t超ですね。


233018.jpgさらに進むと、今度は新港埠頭の横でグラブ式浚渫船を発見。やはりミナト横浜、どちらを向いてもフネづくしになってしまうのが楽しいところ。

船名は「第七金剛丸」(松浦企業株式会社)。1700総t、全長59m、グラブ32立米とのこと。



233019.jpg
さて、観覧車「コスモクロック21」を左に、ランドマークタワーを右奥に望みながら、新港町埋立堀川へ進入、国際橋をくぐって街の奥へと分け入ってまいりましょう。好天とあって、みなとみらいも大いににぎわっている様子、久しぶりの横浜水路に胸が高鳴ります。

233020.jpg
進入直後から航跡をなぞる形だった、水陸両用バス「スカイダック」が左へそれたので、追い越しつつ1枚。今や至るところで見かけますねえ、水陸両用バス。その後ろ、汽車道あたりでしょうか、桜並木にまだピンク色の部分が結構残っていますね。

今回の目的の一つは、横浜のお花見水路、大岡川で初めてのお花見を楽しむこと。もちろん桜の盛りはとうに過ぎていましたが、少しでも雰囲気を味わえればよしと、割り切って訪ねたのでした。それが汽車道のそれを見ると、まだイケそうな感触! はやる気持ちを抑えながら、スロットルを絞って河川のペースに戻します。
撮影地点のMapion地図

(31年4月13日撮影)

(『大岡川と残桜…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横浜港 浚渫船 新港町埋立堀川