11月20日の川景色…10

(『11月20日の川景色…9』のつづき)

199066.jpg
テラス工事が進行中の横十間川のスナップを2枚。基礎と護岸ができた後は、場所によりますがしばらく土嚢を積んで、盛り土を締めている光景を目にすることができます。

こちらはよほど環境がよいのか、雑草や蔓が土嚢の上に生い茂って、黒と緑のストライプに。このまま放っておいたら、土嚢がすっかり隠れて、草の土手になってしまいそうですね。

199067.jpg
江東水上バスの忘れ形見である、上屋付きの船着場・亀戸乗船場も、いつの間にかテラスに取り込まれた形になっていました。

前進した護岸にもゴムのフェンダーが取り付けられていたので、引き続き船着場の機能は活かすようですが、このままだと、接岸した船と岸壁との間に、大きなすき間ができてしまうので、使い勝手としてはどうでしょう。旧来のフェンダーを撤去して、すき間をなくすなどの工事は、これから行われるのでしょうか。

199068.jpg猿江恩賜公園のあたりまで南下してくると、本村橋をえらい数の人が渡っているのが目に入りました。そのうちの多くは河畔の桟道へと降りて、ぞろぞろとこちらへ向かってきます。

う~ん、何かイベントがあったのかしら? と横目で見ながら通過していたら、ほとんどの人がスマホに目を落としながら歩いている‥‥。あ、「ポケモンGO」で、このあたりがイイ感じのスポットになったのかも。

199069.jpg
この日は珍しく閘門様から荒川に抜けず、再び扇橋閘門のお世話になって、感潮水域に戻ることに。

後扉が上がった直後、水しぶきのカーテンの向こうに見えたのは、カタマランの観光船2隻に、カヤックも数隻と結構な通航量。出てきた観光船のお客さんに、手を振りながら「行ってらっしゃ~い!」と声をかけたのはいいものの、2隻ともUターンして再度入閘。‥‥むう、ちょっと気恥ずかしいですのう。

199070.jpg後半は少し雲が多くなりましたが、秋らしい穏やかなお天気で、よい近場のお散歩でした。最後は運河の柵に憩う、羽づくろい中のトリさんたちの姿を。

この何年かで、写真の黒い鳥、オオバン君がえらく数が増えて、他の水鳥を圧倒しているような気がするんですが、実際はどうでしょう。どこか気の弱そうなしぐさが可愛らしく、夕暮れの川面でクォッ、クォッと聞こえる鳴き声も風情があって、好きな鳥ではあるのですが。

(28年11月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横十間川 小名木川 砂町運河 江東内部河川 水位低下化河川 扇橋閘門 閘門 水辺の鳥たち

11月20日の川景色…9

(『11月20日の川景色…8』のつづき)

199061.jpg
これも毎回、同じような絵で大変恐縮なんでございますが、すごく好きなんですよ、京成橋をくぐるひとときが! 

手前の増設部分と、奥の従来部分の違い、騎兵の槍みたいな落橋防止装置、ガッチリと補強された橋脚と、「橋の裏側風景」としてももちろん惹かれるのですけれど、何度か書いた「鉄塔世界の『門』」としてのワクワク感が、他の橋と一味違った魅力をかもし出しているに違いありません。

199062.jpg

199063.jpgむう、暗く撮れてしまったけれど、おしなり橋をくぐるという行為自体が貴重ではあるので、これも前と同じような写真でスミマセン。

例のごとく、水面を仕切るフェンス手前で、何度か切り返し回頭成功。あれ? フェンスのブイ、こんな赤っぽい色だったかな? 以前はオレンジだったような記憶が‥‥。間違っていたらご容赦下され。


199064.jpg花の櫓下とあれば、不審船が皆々様の注目を集め、ときにおスマホ様の被写体となってしまうのは、もはや織り込み済み。でもやっぱり恥ずかしいわ‥‥。

おスマホ様といえば、今さらながら、カメラ機能の充実と向上は目覚ましいばかり。単体のカメラ、特にハンディな機種は、遠からず絶滅しそうな気すらしてきました。コンデジで写真の楽しさがぐっと広がったクチなので、高級機かスマホの二択という未来は、あまり想像したくありません。

199065.jpg
帰路、テラス工事の続く横十間川で、私好みの小型曳船「第二十三葵丸」と再会。以前「4月29日の内部河川…3」のとき、北十間川で出会いましたっけね。

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…10』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 横十間川 江東内部河川 水位低下化河川 橋の裏側 曳船

1月21日の川景色…2

(『1月21日の川景色…1』のつづき)

187006.jpg横十間川を北上、テラス造成中の区間に入りました。台船がそこここに出張っているのは以前と同じでしたが、いずれも作業員の方々の姿が見え、重機は盛んに動いているあたり、休日とは違って実に賑やか。

この区間、テラスの寸法を広く取っているので、見た目の水路幅はぐっと縮まるわけですが、もともと両岸はガレ場や茂みのある浅瀬が多かったので、実際の可航幅はそんなに変わりはないと思います。

187007.jpg

187008.jpg北十間川に入りいったん西へ。そりゃもう、ここに来たらお決まりの一枚をものしなければ。少し陽が陰って、ディテールの凹部が強調された感じに撮れました。

幸い(?)にして業者さんの艇はいなかったので、おしなり橋をくぐって最奥部、閉塞フェンスの直前まで行けたのは嬉しかったです。



187009.jpg
転回後、北十間川を東に向かっていると、護岸の排水口に既視感のあるものが‥‥。あっ、白子川のモコモコ(『最西端の狭水路・白子川…2』参照)とそっくりのアレが、すでにモコモコと育ちつつある!

このあたり、北十間川では最も早くテラス化がなされたので、10年近くは経っているでしょうか。コンクリートの成分か、埋土のそれのせいかは知りませんが、環境によっては、思ったより短い期間でできるみたいですね。あと数年したら、白子川の前衛生け花みたいになるのかなあ‥‥。

187010.jpg
東端部近く、東武線鉄橋付近がこれまた賑やか。足場を組む作業員の方々にご挨拶しながら、最徐航で通過。皆さん笑って見送ってくださいました。

工事真っ盛りの光景を、間近に堪能できる狭水路ならでは、平日ならではの醍醐味! 変わりゆく内部河川の様子を、リアルタイムで体験できる貴重な機会、よ~く目に焼き付けておこう。
撮影地点のMapion地図

(28年1月21日撮影)

(『1月21日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横十間川 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川 台船

4月29日の内部河川…5

(『4月29日の内部河川…4』のつづき)

171021.jpgテラス造成が急ピッチで進む、横十間川南半部の様子を少し。北十間川との丁字流近くは、すでに護岸に化粧板も張られ、仕上げを待つばかりまでになっていましたが、ここ天神橋近くは台船やバージがいくつか接岸し、工事たけなわといった雰囲気です。

右手は工事も終わりに近づきつつあるようでしたが、左手は基礎工事を済ませ、鋼矢板を打ち込んで間がないようです。よく見てみると‥‥。

171022.jpgどうやら、コンクリートを流し込んだばかりのようで、鋼矢板の天端ひたひたまで満たされたグレーの表面が、まだ水気を含んで光っていました。

一番奥に水位低下化前からあるコンクリート堤防、その前にアルミ柵を設けた現テラス、一番手前に造成中のテラスが来てと、水面を狭めて、ひな段のように「陸地」を前進させてきたことがわかる角度です。


171023.jpg
そして、今回最も衝撃的だったシーン。

小名木川に入り、扇橋閘門に向かって西進、小名木川橋の東側から南岸を見ると、何やらパネルで囲まれた解体現場が‥‥。

171024.jpg
そう、水位低下化水域で唯一、艀輸送で操業されていた工場であり、都内でも希少な実用水運に関わってきた企業、東京製粉がついに撤退されたのです!

数ヶ月前から、複数の方より「東京製粉がやめるようだ」との話は耳にしていましたので、覚悟はできていましたが、サイロ解体の現場を目の当たりにすると、何ともいえない寂しさが身に沁みてきました。

最後のバージ便は、いつだったのでしょうか。美しく整備されたテラスはよいものですが、こうして解体されるサイロとともに眺めてみると、テラス整備が撤退を速めたようにも感じられ(直接伺ったわけではないので、真相はわかりません)、もの悲しい風景に見えてしまいます。

171025.jpg
近くで見上げてみると、サイロの一つが無造作に喰いちぎられたように破れているあたり、寂しさを加速させるものが。

両隣をマンションに挟まれて以来、操業にはさぞ気を遣われたことでしょう、お疲れさまでした‥‥。都内からまた一つ、実用河川舟運の風景が消えたことになりますね。

そうそう、実用舟運といえば‥‥。扇橋閘門は、水位低下化後も内部河川沿岸で操業を続ける、水運を利用する企業のために設けられた通船施設でありました。今回、東京製粉が止められたことで、扇橋閘門も実用閘門としての歴史に終止符を打った、と見て差し支えないと思われます。

非常時の防災施設という見方をするにしても、清掃船や工事の業務船をのぞけば、平時に通るのはまず不定期の観光船(と、船頭のようなモノ好き)のみで、もはや水路観光の通船が業務の主体になった、といっても外れてはいないでしょう。

その観光船たちは幸い、増加の一途をたどっています。江東の2閘門や水位低下化区間が多くの人々の目に触れ、長きに渡った水防整備への理解が、より進むことを願ってやみません。
撮影地点のMapion地図

(27年4月29日撮影)

(『4月29日の内部河川…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横十間川 小名木川 江東内部河川 水位低下化河川 台船 東京製粉

7月20日の水路風景…3

(『7月20日の水路風景…2』のつづき)

155011.jpg扇橋閘門から水位低下化区間に入り、引き続きテラス工事たけなわな横十間川を北上。そういえば珍しいことに、閘門で写真を取らなかったな‥‥。

写真左側は、護岸の化粧ブロックまで施工済みですが、右側は砕石を積み上げたスタイル。一瞬、工事の途中かと思ったのですが、見たところブロックと砕石を交互に配して、水際に変化を持たせたようにも見えます。一段高いところにある、旧来のテラスや、高いままの堤防の天端はどうするのでしょうね。

155012.jpg
スカイツリーもチラリと顔を出す、栗原橋もお化粧直しのよう。テラスの進捗に合わせて、橋もきれいになりそうですね。小鳥の格好の隠れ家であり、時にはヘビまで出現した、放置感の横溢する草深い鋼矢板の水辺とも、もうすぐお別れです。

155013.jpgおっと、また雲が多くなってきたな‥‥。降られないよう脳内でお祈りしながら、丁字流を右に折れて北十間川へ。柳島歩道橋を過ぎたところで、振り返ってスカイツリーを一枚。おや、歩道橋もお色直しですね。

北十間川に入ってから、楽しい(というと、語弊があるかもしれませんが)ことが二つありました。東へ進んでゆくと‥‥。


155014.jpg
福神橋を過ぎたあたり、テラスや壁面の花壇がすっかり形をととのえて、竣工も間近といった感じに。興味深かったのは、テラスの幅が左右均等でなく、緩やかにカーブを描いて幅に変化を持たせ、わざと屈曲河道になるようなデザインが採られていたこと。

なるほど‥‥。しかし、左側のテラスは、ちょっと狭くなってしまいますね。人が入れるようにはするのかな?

155015.jpg
間もなく、左側にスロープが見えてきたので、こちらもテラスとして機能するであろうことが判明。いや、そんなことより、前方に障害物らしきものが!

重機と足場みたいなものが見え、どうやら河道内にも台船がもやっている模様。すり抜けられるすき間があればいいのですけれど‥‥。いったんニュートラルにしてしばらく様子をうかがい、とにかく近づいてみようと、最微速前進。
撮影地点のMapion地図

(26年7月20日撮影)

(『7月20日の水路風景…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 江東内部河川 水位低下化河川 横十間川 北十間川