萩之浦閘門跡を訪ねて…1

211001.jpg9月23日はお休みをいただき、翌24日と合わせて富山・高岡を訪ねてきました。朝一番の「かがやき」に乗れば、8時半には駅前の市内線乗り場に立てる‥‥。イヤ、新幹線での訪問は2度目とはいえ、この速さには驚きます。

その足で富山城址の松川遊覧船を訪ね、中村珠太専務に諸々お世話になった御礼を兼ねてご挨拶。第一便出航前のお忙しい時間にもかかわらず、応対していただきありがとうございました!

211002.jpg
お話を伺っていると、上流から艫を前にして、棹を突きつつササブネが下ってきました。中村氏が「乗っているのは漁師さんで、月一回の河川清掃をしているんですよ」と説明してくださったのを聞き、にわかに色めき立ちました。

おお、「松川の舟通しと和船のことなど」でも触れた、貴重なササブネの実稼働に出くわしたんだ! 月一便に偶然出会えるとは、早起きはしてみるものです。

「目の色が変わりましたねえ」と中村氏が笑う横で、カメラを構えてシャッターを切る、切る! 艫を先に進んでくるあたり、ベカの海苔摘み作業を思い出させるものが。スペースに余裕があって、安定もよい船尾を作業の立ち位置にするのは、小舟艇では理にかなっています。

我々や遊覧船の船長に声をかけながら、棹を突き、タモ網でゴミを丁寧にすくい取る漁師さんたち。静かな朝の松川ならではの、清々しい舟航風景を目にできて、嬉しくなりました。

211003.jpgここで、バスから降りてきた団体のお客さんが到着。すっかりお仕事のお邪魔をしてしまい、恐縮しつつ松川茶屋をおいとますることにしました。

別れ際、中村氏に「これからどちらに行かれます?」と尋ねられ、「萩之浦閘門の跡を見にゆこうと思います」と答えました。そう、中村氏のご教示がなければ、その存在に気づくこともなかったであろう、あの萩之浦閘門です!

そのいきさつはすでに「富山港・知られざる閘門?!」、その後の解明編として「『富山港・知られざる閘門』の図面が!」で詳述しているので、ぜひご覧いただきたいと思います。

河道整理と同時に河口港を分離築港した、「河海分離」後の舟航維持策として建造された閘門の例としては、酒田港~最上川の下瀬閘門(『下瀬閘門跡を訪ねて』参照)がありますが、撤去後も痕跡が残り、説明板で顕彰されもしている下瀬閘門にくらべ、萩之浦閘門はほぼ跡形もないのが大きな違いではあります。それがわかっていても、いやそれだからこそ、現地をこの足で踏んでみたい思いは強くあったのです。

211004.jpg
富山駅前から数えて6㎞あまり。堤防上の道をひたすら走り、萩之浦閘門のあった富山市草島102付近に到着。この道の曲がり具合! あの曲がったあたりが、閘室の北側護岸の位置だったんだよなあ‥‥。「知られざる閘門」の地を踏んだ感慨に、しばししみじみと立ち尽くすおっさん。

とはいっても、ここまでならGoogleストリートビューで、自室にいながらにして見られる光景。現地を訪ねられただけでもよしとは申せ、せめて、何か痕跡めいたものを見つけたい気持ちがあるのは、いうまでもありません。

211005.jpg閘室比定地から西側、神通川を望んだところ。Googleマップの写真では、水際にちょっとした凹部が見られ、唯一のよすがになりそうと期待していたのですが‥‥ご覧のとおり、法面と高水敷は夏草と蔦か何かで分厚く覆われ、足を踏み入れるのもためらわれる状況でした。

く~っ、残念! 川向こうにそびえる富山火力発電所を眺めながら、唇を噛んだことではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年9月23日撮影)

(『萩之浦閘門跡を訪ねて…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 松川 松川遊覧船 萩之浦閘門

「富山港・知られざる閘門」の図面が!

205036.jpg昨年2月、「富山港・知られざる閘門?!」で、富山港にも港内と神通川本流間の背割堤を貫く、閘門があったことを紹介しました。

竣工年も規模も、名前すらわからなかったこの「知られざる閘門」、最近になって、ついにその正体が詳らかになったのであります! まずはそのいきさつからお話しさせてください。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 萩之浦閘門 中島閘門 富岩運河 富山港 閘門 松川 松川遊覧船

松川の舟通しと和船のことなど

(『松川遊覧船ふたたび…5』のつづき)

175176.jpg松川遊覧船の中村珠太専務にうかがったお話と、著書「神通川の河川文化~川魚漁と川舟から~」を参考に、気になる松川舟通しをはじめ、松川で見たご当地の和船について、以下にまとめさせていただきました。

松川舟通し! いやもう、想像をはるかに超えた、驚異の舟航施設(?)といってもいい過ぎではありませんでした!
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 松川 富岩運河 松川舟通し 絵葉書・古写真

松川遊覧船ふたたび…5

(『松川遊覧船ふたたび…4』のつづき)

175171.jpg
合流点から遡上して、塩倉橋に戻ってきました。途中からぽつり、ぽつりと小雨に見舞われるあいにくの空模様でしたが、8年ぶりの松川、堪能させていただきました! 

橋の下左手には、数隻の和船の姿が。前回お世話になった棹舟も、あの中にいるかもしれません。

175172.jpg
松川茶屋前に接岸、船長にお礼を言って船を降り、改めて「神通Ⅱ」の船影を一枚。いや~、この船で富岩運河を走ってみたかった(しつこい)。

お気づきの方も多いと思いますが、松川遊覧船、事前にお願いしておけば、「滝廉太郎Ⅱ世号」(上の写真、『神通Ⅱ』の後ろにもやう大型船)のチャーター便のみですが、富岩運河遊覧のコースがあります。前回触れたように、松川から船をクレーンで搬出する手間がかかりますので、日にちに余裕をもって予約されるとよろしいでしょう。

175173.jpgお店に入ってお茶でも、と思っていたら、連れが船長と何やら話しているようです。「ウチのは運河とか閘門とか好きで‥‥」それを聞いた船長、
あ、ブログとかやられてます?
弊ブログの読者様であることが判明。


改めてご挨拶すると、船長は中村珠太氏とおっしゃって、富山観光遊覧船の専務取締役とのこと!


名刺をいただいて恐縮しながらも、社業として河川舟航にたずさわられてきた方なら、きっと地元の川のこともご存じに違いないでしょう。昨日見た松川の一件をうかがってみると‥‥。

いや、「ご存じ」などというレベルではありません。言葉のはしばしに、仕事とはまた違ったベクトルの情熱をもって、松川・神通川のもろもろに関心を持っておられることが感じられたのです!

175174.jpg舟通しのことをお訊ねすれば、即答に近い形でたちまち疑問が氷解! いや、凄い人物に出会えたものだと、敬服するばかり。

松川茶屋の店内には、右のような神通川の舟橋の古写真をはじめとする、貴重な史料が多数展示されていますが、これも中村氏の長年に渡る研究と蒐集の賜物に、違いありますまい。


175175.jpg中村氏から別れ際、著書を贈呈いただきました。「神通川の河川文化」! 一読してみると、これまた知りたかったことばかりで、嬉しいのなんの! 船頭儀、恐悦至極であります、本当にありがとうございました!

回を改めて、中村氏からおうかがいしたお話と、著書を参考にさせていただいて、舟通しや松川の和船に関することどもを、以前の記事の訂正もかねて、まとめてみたいと思います!

(27年6月21日撮影)

(『松川の舟通しと和船のことなど』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 松川 松川遊覧船

松川遊覧船ふたたび…4

(『松川遊覧船ふたたび…3』のつづき)

175166.jpg
乗り場より下流のコースで一番の見どころといえば、やはり桜橋を置いて他にないでしょう。昭和10年竣工の美しい上路式鋼アーチで、富山市街地に架かる戦前製の橋では、ほぼ原形を保った貴重な橋。有形文化財指定がなされたのもうなずけます。

あいにくの曇り空とあって、カメラを向けてはみたものの、表情はいま一つといったところでしたが、石張りの橋台や高欄の装飾など、重厚な魅力を8年ぶりに堪能できて、満足満足。

175167.jpg
帰路、東側から見たところ。光線の塩梅はこちらの方がよろしいようで、ディテールもくっきり、こうべを垂れる桜の枝もよろしく、緑濃いしっとりとした川景色です。

先ほども引用させていただいた、松川遊覧船サイト内のPDF「富山の風景・桜橋」によると、全長15.5m、全幅21.9mとのこと。この広い幅員が、今日まで原形を保たせた、何よりの力だったのかもしれません。

175168.jpg
何ていうんでしょう、この丁寧に抜かれた高欄の装飾パターンに、曲線を取り入れた持ち送り端部の処理。裏側に広がるリベット列(タイトル参照)と併せて、この時代の鋼橋の魅力にあふれていますね。

175169.jpg遊覧コースの下流側転回点、鼬川との合流部まで来ました。都市河川の合流部に設けられた、開放型のテラスというだけで素敵ですよねえ‥‥。

それこそ、鼬川~富岩運河の可航化が成り、「塩倉橋発・カナル会館行き」なんて便が実現したら、ここで行きかうフネブネを眺めながら、のんびりしてみたくなるような、佳いロケーションです。

前回(過去ログ『松川を棹舟でゆく…4』参照)はアオサギ君が一人ハァハァしていましたが、今回はハトの社交場(笑)と化していました。誰かが餌付けした後なのか、ハト君たちも腹くちくなったようなまったりムード。ここでのんびりするには、みかじめ料としてハトのエサが必要でしょう!

175170.jpgそうそう、桜橋のすぐ上流に、水しぶきを上げて流れ込む落し口があり、鉄板の水制を立てて水流を和らげているのですが、そのかたわらに、滴が垂れるほど濡れそぼりながらも離れない、アオサギ君を発見。

船長によれば、「あそこは滝になっていることで、魚がよく跳ねるから、それを狙っているんでしょうねえ」とのこと。生真面目に立ち尽くす姿が何ともおかしく、笑いを誘うシーンでした。どこか人間臭さがあって、しぐさに惹かれるものがあるアオサギ君、松川のアイドル的存在といってもいいようです。

(27年6月21日撮影)

(『松川遊覧船ふたたび…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 松川 鼬川 松川遊覧船 水辺の鳥たち