FC2ブログ

3月15日のフネブネ…2

(『3月15日のフネブネ…1』のつづき)

247056.jpg海王丸の船首側にメザシにもやっているのは、水産庁の漁業取締船「照洋丸」と同じく漁業調査船「開洋丸」、どちらもおなじみの顔ぶれ。

「開洋丸」トランサムのスリップウェイが魅力的で、出会うたびまじまじと眺めてしまいます。捕鯨母船を思わせるものがあるからでしょう。こちらはクジラでなく、トロール網を展開・揚収するためのものでしょうが、普通の船にはない装備はやはり魅力で、よいものですね。

247057.jpg
帰り道は、例によって東雲北運河へ。二つの造船所があるこの水路は、ご存じのとおり官船を中心に、ちょっと惹かれる船影に出会える確率が高いところ。さて本日は‥‥おっ、屋形とポンツン桟橋の間に、グレーの警察船艇らしいのがはさまっていますね!

247058.jpgハルナンバー視6、「たかお」でした。木村造船所に修繕にでも来たのでしょう。操舵室の上背があるので、潮位の高い日だと、くぐれない橋が出てきそうです。

先ほど見たら、建屋内の船台はいっぱいだったので、となりの屋形「第二あら川丸」と一緒に、順番待ちといったところでしょうか。


247059.jpg
さらに進んで、こちらもおなじみ墨田川造船。しばらく前から、建屋内の船台上で建造中の船がいて、通るたびに意識していました。

この日ようやく、トランサムに船名が書き込まれたのを発見。「みかづき」、語感からして巡視艇でしょうか。ホテルみたいな名前だなあ‥‥と、俗な感想が漏れたものです。グレーなのはきっと下塗りで、これから本塗装に入るのでしょうね。

247060.jpg
最後は船ではありませんが、この項の積み残しということで一つ。東雲運河の旧防波堤、ご存じのように天端に木を生い茂らせた(『東雲運河の旧貯木場…1』以下のシリーズ参照)風情のある姿で、石組みの法面護岸とあわせて、運河風景をまろやかなものにしていた、いわば立役者だったのですが‥‥。

この日帰路に通ってみたら、何と、結構な延長のある防波堤全体が剪定されていたのです! 向こうも見えない密林だったのが、スカスカの疎林レベルにまで。枝を刈りはらったどころか、幹もずいぶん切られたであろうと感じるくらい。

長年にわたり放置されていたのですから、今さら構造物の保護のため、とは考えづらいですね。オリンピックに関連して、会場に近いここに不審者が潜まないようにとか、警備上の理由なのではないでしょうか。

(令和2年3月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 東雲北運河 東雲運河 警備艇 墨田川造船

令和元年度川走り納め…1

245001.jpg去る12月31日大晦日は、令和初の川走り納めに出かけてきました。今回通ったほとんどの区間が、川でなく運河になってしまったあたり、タイトルに偽りありとお叱りがありそうですが、お陰様で静穏な好天に恵まれ、のびのびと楽しめたのは幸いでした。

冬の水路といえばやはり、可愛らしい水鳥たちの姿を愛でなければウソというもの。さっそく、おなじみ“パトカー”キンクロ君と、お仲間のホシハジロ君がお出迎え。

245002.jpg
砂町北運河を、南からズームでたぐって一枚。昨年7月28日に目にした、運河北端の埋立区域を横断して建造中だった巨大な建物、見たかぎりでは足場も取れて、完成かそれに近い状態になったようですね。

物流拠点といったところでしょうか、まあ、本当に巨大な壁そのものです。しかし考えてみると、この手前にあるマリーナや船溜にとっては、冬の北西風をしっかりと防いでくれる屏風ができたようなもの。これからは強風時も安心ですね!

所番地から検索してみたところ、「【佐川グローバルロジスティクス】EC事業者向けプラットフォームセンターを新設」がヒット。延床面積171,315平米を誇る、国内最大規模の物流センターだそうで、本年2月の竣工予定とありました。

清潔かつスマートな巨大物流拠点の出現を目の当たりにすると、ついこの間までここにあったクレーンが立ち並ぶ工場の喧騒と、鉄の匂いが濃く漂っていた運河風景は、遠い過去のものとなったことを改めて実感させます。

245003.jpg
そして毎度おなじみ、東雲運河でのエンジンの健康保持。ほぼ無風で全速25.97kt、昨年8月17日の塗装直後、28.67ktにはかないませんが、出港回数からいえばまずまずの結果です。

245004.jpgデッドフルを維持したまま、港内へ躍り出ました。水面の平らかさは、よくいわれる“油を流したような”という形容がしっくりくる状態で、プレーニングしていてもまったくピッチングなし。滑るような爽快極まりない水面の感触に、すっかり上機嫌です。

薄く靄があり、沿岸のビル街が霞むすなわち、静穏極まりないことの証し。嬉しい冬の贅であります。

245005.jpg
全速のまま気持ちよく港内を横断して、京浜運河北口へ。レインボーブリッジの西詰ループも、冬の低い陽射しに照らされて白く輝いています。

この日は一つ、ぜひ水上から眺めてみたいものがあって、まずは京浜運河を一路南下することに。大晦日とは思えない暖かさも手伝って、楽しい水路行になりそうです。
撮影地点のMapion地図

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町北運河 東雲運河 東京港 水辺の鳥たち

11月10日の水路風景…3

(『11月10日の水路風景…2』のつづき)

242011.jpg東雲水門のローラーゲート径間‥‥いや、もうセクターゲートは廃止されたのだから、いちいち断らなくていいのか‥‥は、クレーン台船を据えて2径間を閉鎖し、通航は1径間のみ。

しかし、この10年眺めていて、東雲水門は工事をしていない期間の方が、短いんじゃないかと思えるくらい。“江東五大水門”の一角、不断の整備で、備えは万全であってほしいですものね。

242012.jpg
昼食後はスカイツリーを目指して、荒川を遡上。清砂大橋をくぐると、たまたま河川情報板が点灯中。一枚撮ったら、何かの文言を横スクロールしている途中だったらしく、ちょうど「令和元年」の文字が‥‥。

242013.jpg

242014.jpg毎度おなじみ、閘門様を通閘して水位低下化区間へ。午後も引き続き穏やかな晴天に恵まれたとあって、管理橋だけでなく、巻上機室上の回廊も見学の人影がちらほら。あの回廊上からの眺望、本当に爽快なんですよね。

日中の潮位が高い日で、また入った時間帯が午後も遅かったとあって、閘程は2.7mと大きく、四周がみるみる高まってゆく感覚を味わうことができて、もう血が沸くのなんの。毎度同じことで騒いで恐縮ですが、こうもん好きなので如何ともしがたいのであります。


242015.jpg
旧中川を北上し、一路スカイツリーを目指します。江東新橋にさしかかると、おお、8月1日に見たときよりぐっと養生が進んで、何やらウッディー(?)でオシャレ(??)な感じに。

オリンピックを目指してかどうか、最近はどの大型橋梁も補修が盛んに行われていますが、江東新橋もご同様。どんな塗色になるのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(元年11月10日撮影)

(『11月10日の水路風景…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 荒川 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川 東雲水門 荒川ロックゲート 閘門

船底清掃の効果!

238001.jpgフジツボつけてデッドフル!」の後日譚です。フジツボをみっちりぶら下げたままでも、エンジンさえ健全ならば水路徘徊に差し障りはないものの、あのものすごい“抵抗値”を実感した後となれば、燃料をどれだけ無駄にするかと考えるだけで気が重くなります。

そこで、急ぎ上架して、船底の清掃と再塗装をお願いすることにしました。船台が空いたとの知らせを受け、8月11日にヤードへ回航。先行艇が水をしたたらせ吊り上げられてゆくのを、桟橋で眺めながら順番を待ちます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 砂町運河 東雲運河

7月28日の水路風景…3

(『7月28日の水路風景…2』のつづき)

237011.jpg墨田川造船を離れ南下、木村造船所に近づくと、珍しく船台の建屋がシャッターを開けていました。

物見高くのぞき込んだところ、港湾局の指揮艇「はと」と、奥にもう一隻が上架中。今年は妙にフジツボの付着が多い年(後で触れます)なので、船底の清掃と再塗装は例年以上に依頼が多そうですね。


237012.jpg
そのまままっすぐ港内へ出ようと、東雲水門を通ったら、一径間が扉体を下ろし、閉鎖していました。ご存知のとおり東雲水門の扉体は二段式で、水面上に出る上部の扉体が真っ赤な塗色。船艇の衝突防止のため、視認性をよくする意味でも、目立つ赤であることは理にかなっています。

この十数年で、赤い扉体の水門はほぼ絶滅状態となりましたが、ふだんの見栄えよりまず安全を第一として、ぜひご一考いただきたいものです(とエラそうなことをいっていますが、単に赤水門原理主義者なだけ)。

237013.jpg
穏やかな水面に誘われて‥‥というよりこの酷暑、スピードを出して風を受けていないと暑くてしょうがないということもあり、少し涼をとろうと港内を沖へ。

レインボーブリッジをくぐりつつ、橋脚の間からアンカレイジの質量感を愛でて‥‥イヤ、それにしても暑い、熱い‥‥。

237014.jpg緑豊かな第六台場からも、湯気が上がるのではないかと思われるほどの暑熱。この森、確か鵜さんたちのねぐらになっていると聞きましたが、みんなハァハァしてるんだろうなあ。

写真でいう右側、北岸には遠目にも白く見えるほどの、大きな砂洲ができていて、思わずビーチングしたくなるいい雰囲気。ちなみに上陸禁止なので、ゆめ実行などされぬように!

237015.jpg
第六台場を回って北上しようとしていたら、水陸両用バス「スカイダック」の一隻に追いつきました。ボディ全面に「ポケットモンスター」のピカチュウがぎっしり描かれた、楽しいデザインです。お客さんが盛んに手を振ってくれたので、こちらも笑顔で応えました。

SKY BUSの「イベント情報」によると、横浜のみなとみらいで実施中の「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」というイベントのタイアップなんだそう。旧中川をはじめとして、今や都内でも3カ所となった水陸両用バスですが、このピカチュウ号はお台場海浜公園を出て、第六台場を一周して戻るコースとのことです。

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲北運河 東雲運河 東雲水門 東京港