fc2ブログ

8月22日の水路風景…5

(『8月22日の水路風景…4』のつづき)

270021.jpgエンジンと船体の健康維持のため、恒例の東雲運河トライアル。この日は南側から入ったので、干潮時ということもあり流れを遡上する形にになりました。

47km/h‥‥25.37kt。上架から8ヶ月以上経ったにしては、悪くない成績ではあります。望の大潮の流れを差し引いて、あとはジンクなどクランプ周りにカラスガイの付着が見られたので、そのせいでしょう。帰ったら水線下にブラシをかけてやろう。

270022.jpg
デッドフルで飛ばしていたら、東電堀発のスカイダックが南下してきたので、あわててスロットルを戻し原速に。乗り組みさんもお客さんもノリがよく、元気に手を振ってくれたので、こちらも負けじと手を振り返して別れました。

270023.jpg
東雲北運河に入り、楽しみな木村造船所をのぞいてみると‥‥。小型船艇中心ながら、4隻も詰め込まれていたのは初めて見ました。

気になったのは、左手前の、甲板室もプロペラも取り去られた、曳船の船体らしきモノ。ときどき出会っている、極小バージに転用されたあの(もと)曳船では‥‥。転用バージだからとぞんざいに扱わず、ちゃんと上架整備してあげているのがいいですね。

270024.jpg

270025.jpg先月に引き続き、艤装中の巡視艇「はかぜ」の進捗を観察。すっきりしていた甲板室上にもハンドレールが取り付けられるなど、ディテールが増えてきました。船尾舷側のフェンダー、白く見えるけれど、マスキングしてあるのかな?

建屋の中の2隻は、ともに塗装を行っているようでした。複数のダクトから轟々と溶剤臭のする排気が噴き出されており、早々に退散させてもらいました。

(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 東雲北運河 巡視艇 墨田川造船

6月13日のフネブネ…3

(『6月13日のフネブネ…2』のつづき)

267011.jpg浜離宮前水面、汐留川水門を入ってすぐ左の水上バス繋留場、Googleマップでは「竹芝地区船着場(ウォーターズ竹芝前)」と表示される船溜ですが、この日は3隻がもやっていました。

そのうち2隻、「海舟」と「ヒミコ」がなかよく舷を接して憩う姿をスナップ。真後ろから見ると扁平さが強調されて、河用客船らしさが際立つ好きな角度です。

267012.jpg
京浜運河は湾岸署前で、ズラリと並ぶ同型艇に目を引かれて一枚。4隻揃って寸毫の違いも見出せないさま、「マスプロ」という言葉が、脊髄反射で脳裏に思い浮かぶような光景ではあります。

警備艇も既製艇が増えてきましたが、仕様変更の少ないプレジャーの転用、しかも小型とあって用途は限られそう。舷側に表記される固有艇名もなく、「OP4」といったハルナンバーだけなのも、今までの警備艇と違った扱いを感じさせますね。オリンピックの警備などで、臨時に増備されたものなのでしょうか。

267013.jpg
天王洲運河東口の北側角、海洋大品川(旧水産大)のポンドには、漁業実習船、「青鷹丸」の姿が。

長船首楼タイプの舷側に並ぶ丸い舷窓、こじんまりとまとまった甲板上の諸設備や一層の船橋と、全体から醸し出される好ましい雰囲気は、いつ見てもホッとさせるものがあります。湾奥を航行しているところを、いずれ写真に収めたいものです。

267014.jpg芝浦西運河、ミナモ(東京ハーバーボートライセンススクール)の桟橋には、こんなカタマランが。船尾にコンソールやお手洗い、客席は船首側にまとめた理想的な観光船スタイル。鋭いバーチカルステムも素敵。

艇名は「侍」、電気推進とのこと。芝浦運河地帯の遊覧にはもってこいのタイプですね。


267015.jpg
おなじみですが、豊洲運河水上派出所と、その前にもやった警備艇「すいせん」が、ほぼ正横からカッコよく(?)撮れて気に入ったので掲げます。

テラスができてだいぶ雰囲気が変わりましたが、、「運河の交番」らしい魅力ある建物が、そのまま現役でいてくれるのは嬉しいもの。運河の六叉流に面した警備拠点として、これからも水路の安全に頑張っていただきたいものです。
撮影地点のMapion地図

(令和3年6月13日撮影)

(『新芝運河の工事』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐留川 京浜運河 天王洲運河 芝浦西運河 東雲運河 警備艇 水上バス

5月15日のフネブネ…5

(『「ひりゆう」入港!…2』のつづき)

266031.jpg微速で移動しながらほぼ一周できたので、名残惜しく「ひりゆう」とお別れすることにしました。

何分官船、しかもどちらに向かうかわからないこともあって、いち木っ端ブネがいらぬ迷惑をかけてはことと、終始このくらいの距離を取って周りをうろついておりました。それでも動かずにいてくれたので、十分堪能できたものです。


266032.jpg
さて、土曜日とあれば、躍動する荷役設備や業務船たちの、生き生きとした姿を期待してしまうのはいつものこと。おなじみ宇部さんのアンローダーは、と通りがかりに注目すると、期待にたがわず、ちょうどグラブが独航艀「第一豊和丸」のホールドへ入ってゆくところでした。

となりに接舷した「第二豊和丸」とくらべてみると、喫水の差が歴然。水揚げした骨材のかさが実感できようというものです。

266033.jpg
墨田川造船本社前、5月4日に紹介した自社製らしき作業艇「skyblue」ですが、前回はトランサム周りをよく見ていなかったので、ズームでたぐって撮ってみました。台船の昇降口やラックが手前にあり、のぞき見るような感じではありますが。

一段下がったモータウェルはかなり広く取られ、トランサムの喫水線下には当て板状のものが見られと、船外機艇であることは間違いないようです。パイプで組まれた鳥居形のものは、頑丈そうなことから手すりでなく、曳索を保持するための枠ではないでしょうか。

266034.jpg
建屋の前まで来ると、嬉しいことにシャッターが開いており、中の様子を見ることができました。おお、2隻が建造中ですね! 船体を天地逆に伏せたような状態で、外板を張っている最中のようです。どんな艇ができてくるのか、楽しみですね!

266035.jpgフネブネめぐりのシメは、これも毎度おなじみ古賀オールさんで。いつ拝見しても美しく整備された、クレーン群とバージたちが素敵です。

こちらも荷役シーンを期待したものの、残念ながら作業は終わっていたようです。まあ、最近は荷役だけでなく、曳航中の姿まで拝ませてもらったばかりですから、ぜいたくは申せますまい。

(令和3年5月15日撮影)

(『供用された常磐橋』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 東雲運河 東雲北運河 曙北運河 消防船 独航艀

5月15日のフネブネ…2

(『5月15日のフネブネ…1』のつづき)

266006.jpg
前回の少し後のシーン。行き足を殺しながら着岸体制に入る「第三十一芝浦丸」、宇部興産のアンローダー、奥には東雲水門と、運河らしいディテールがフレームに収まって、今回お気に入りの一枚に。

このまま直進して、東雲運河の旧防波堤区間でデッドフル航行をしようと思っていたのですが、着岸作業のお邪魔をしてはいけないと、帰路に後回しすることに。面舵に当て、豊洲運河へ入ることにしました。

266007.jpg
朝凪橋南詰の工事区間で、警戒船任務についていたのは、顔なじみであるでんでん丸船隊の1隻「第五でんでん丸」。通りつつ手を振って応えると、乗り組みさんがニコニコしながら誘導してくれました。いつもご苦労さまです。

266008.jpg隅田川派川に出てゆるゆる歩かせていると、背後から高速で通船「なぎさ」が追い抜いてゆきました。この艇には何度か出会っていますが、プレーニングしているのを見るのは初めてです。インアウト艇らしいパワフルな走りですね。

気になったのは、ドラム缶が裸で、いくつか後ろに載せてあったこと。艇が波頭で跳ねたとき、落としてしまわないかしら‥‥と心配になりました。

266009.jpg隅田川を遡上し清洲橋をくぐったあたりで、前方に赤い艇が2隻。動きからして、日本橋署の消防艇が演習から戻り、着桟作業をしているのだとわかりました。

行き足を抑えて待つ姿勢を見せると、右側の艇(後で『きよす』と判明)の乗り組みさんから「先に行って!」と身振りで示されたので、応じて急ぎ通過することに。


266010.jpg
作業中の「はまかぜ」。まずバウづけしてもやいを取る二人を下ろし、いったん離れてから艇を流れに立たせて達着、という手順。お天気に恵まれた土曜日ということもあり、プレジャーやPWCの通航は引きも切らず、反射する引き波に悩まされながらの作業。まことにお疲れさまです。

前も同じようなことを書きましたが、大川筋を繋留地とするのは、このサイズの艇にとってはつらいものがありますよね。日本橋川に拠点を移してあげるのが、艇や隊員さんにとってもベターな気がするのですが、いかがでしょう。
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『5月15日のフネブネ…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 豊洲運河 隅田川派川 隅田川 独航艀 消防艇

12月13日の水路風景…1

259006.jpg12月13日日曜は、整備に預けておいた艇を引き取りがてら、軽く近場をひとめぐりしてきました。

割と暖かで、しかも気持ちのよい青空に恵まれていたとあって、これで出なければウソというもの。今年はやたらと多いホシハジロの群れに見送られながら、楽しくお散歩してきました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 砂町運河 東雲運河 水辺の鳥たち