FC2ブログ

令和元年度大晦日のフネブネ

(『令和元年度川走り納め…14』のつづき)

245071.jpg例のごとく、道々で出会ったフネブネのスナップをまとめてみました。

水路風景で年の瀬らしさを感じさせるものといえば、やはりフネブネの松飾り。今回も方々で見かけましたが、中でも海老取川にもやっていた漁船は、船首に2本づつ松を掲げて、どこか嬉しそうにも見えたものです。


245072.jpg
令和元年度川走り納め…12」の写真にも入っていますが、気に入ったので単体でアップ。城南島建材埠頭にいたガット船「第五十五正栄丸」。

塗色もさることながら、船橋周りの無骨さ――側面にリブが入っているあたり特に――が軍補助艦艇を思わせて、惹かれるものがありました。海自でいうと、草創期にいた試航船や掃海母艇のような、商船タイプの船艇を連想させたのです。

245073.jpg第一航路を北上すれば、目を引かれるのが台場のRKバースにもやう、「拓洋」と「昭洋」の測量船コンビ。

船首やアンカーレセスを中心に錆が目立ち、ちょっと痛ましい感じではありますが、寧日なく活躍しているあかしでもあるのでしょう。お疲れさまです‥‥。



245074.jpg
いつものぞくのが楽しみな、東雲北運河・木村造船所の上架艇、さて今日は‥‥。

おっ、右は湾岸署の警備艇「しおかぜ」、左は港湾局監視船「はやかぜ」ですね。奥の小型艇はわかりませんでしたが、2艇と同様、船底・推進器周りの清掃と再塗装中のようでした。

245075.jpg
墨田川造船の前では、艤装中の巡視艇「とまかぜ」を一枚。「10月1日の川景色」で見かけてから2ヶ月、船橋の塗装が進み、マストにレーダー類と賑やかになってきて、進捗がうかがえました。

(元年12月31日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取川 東雲北運河 東京港 巡視艇

10月27日のフネブネ…2

(『10月27日のフネブネ…1』のつづき)

240026.jpg
第一航路から天王洲南運河へ。おなじみ古川組の船溜は、いつも目を引かれてしまう楽しいフネ好きスポットですが、今回も期待を裏切りませんでした。この「ふじ丸」! 一見しただけで、すっかり気に入ってしまいました。

240027.jpg日通色のような塗装もいいですが、チャームポイントはぐっと高めた船首のブルワークと、なりの割に大ぶりな操舵室でしょう。

船首に備えたユニックを守るためでしょうが、小兵ながら船首楼船のように見えるブルワークが、どこか模型のような可愛らしさを醸し出していますね。


240028.jpg芝浦西運河では、「TOKYO WATER TAXI」の一隻、ハルナンバー02と行逢。手を振りあって別れました。

後ろに立っていた方も、乗り組みさんなのでしょうか。以前取材で乗った際、バウに操舵席がある上、居住性ベースの造りでワンオペは難しそうだな、という感想を持ったのですが、船社も同様の考えにいたり、二人乗務が標準になったのかもしれません。

240029.jpg
東雲北運河、木村造船所の屋外にある船台には、通船が上架されていました。塗装やスタイルからして、芝浦通船の艇ですね。

バウに向かうにつれ船足が深くなる、和船に似た水線下形状、トランサムにぺたりと貼られたジンクや舵の羽板と、ディテールが観察できてよいものです。脚立が一つズッコケているのもご愛嬌。

240030.jpg
帰港した後、晴海に寄り道してみたら、ちょうど砕氷艦「しらせ」が出航してゆくところに出くわしました。客船ターミナルのデッキに上がり、暮れなずむ東京港を曳船に付き添われて消えゆく姿を、一眼レフを構えるファンの皆さんと一緒にお見送り。

すっかり陽が落ちるのが早くなり、急速に冷え込んでゆく空気に秋の深まりを感じる出港風景。水鳥たちの姿も増えてきたし、冬の訪れももう間もなくですね。

(元年10月27日撮影)

(『10月27日の水路風景』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 天王洲南運河 芝浦西運河 東雲北運河 通船 砕氷艦しらせ 東京港

10月1日の川景色

240001.jpg10月1日は、6日日曜日の準備があってお休みをもらい、清掃・整備と点検を兼ねての近場回り。

幸いさわやかな秋晴れで風も穏やか、短時間ながらいくつか面白いものも目にできて、楽しく過ごすことができました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 汐見運河 東雲北運河 日本橋川 東京港 常磐橋 イグアナクレーン 警備艇 高架下水路 亀島川水門 新砂水門

7月28日の水路風景…3

(『7月28日の水路風景…2』のつづき)

237011.jpg墨田川造船を離れ南下、木村造船所に近づくと、珍しく船台の建屋がシャッターを開けていました。

物見高くのぞき込んだところ、港湾局の指揮艇「はと」と、奥にもう一隻が上架中。今年は妙にフジツボの付着が多い年(後で触れます)なので、船底の清掃と再塗装は例年以上に依頼が多そうですね。


237012.jpg
そのまままっすぐ港内へ出ようと、東雲水門を通ったら、一径間が扉体を下ろし、閉鎖していました。ご存知のとおり東雲水門の扉体は二段式で、水面上に出る上部の扉体が真っ赤な塗色。船艇の衝突防止のため、視認性をよくする意味でも、目立つ赤であることは理にかなっています。

この十数年で、赤い扉体の水門はほぼ絶滅状態となりましたが、ふだんの見栄えよりまず安全を第一として、ぜひご一考いただきたいものです(とエラそうなことをいっていますが、単に赤水門原理主義者なだけ)。

237013.jpg
穏やかな水面に誘われて‥‥というよりこの酷暑、スピードを出して風を受けていないと暑くてしょうがないということもあり、少し涼をとろうと港内を沖へ。

レインボーブリッジをくぐりつつ、橋脚の間からアンカレイジの質量感を愛でて‥‥イヤ、それにしても暑い、熱い‥‥。

237014.jpg緑豊かな第六台場からも、湯気が上がるのではないかと思われるほどの暑熱。この森、確か鵜さんたちのねぐらになっていると聞きましたが、みんなハァハァしてるんだろうなあ。

写真でいう右側、北岸には遠目にも白く見えるほどの、大きな砂洲ができていて、思わずビーチングしたくなるいい雰囲気。ちなみに上陸禁止なので、ゆめ実行などされぬように!

237015.jpg
第六台場を回って北上しようとしていたら、水陸両用バス「スカイダック」の一隻に追いつきました。ボディ全面に「ポケットモンスター」のピカチュウがぎっしり描かれた、楽しいデザインです。お客さんが盛んに手を振ってくれたので、こちらも笑顔で応えました。

SKY BUSの「イベント情報」によると、横浜のみなとみらいで実施中の「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」というイベントのタイアップなんだそう。旧中川をはじめとして、今や都内でも3カ所となった水陸両用バスですが、このピカチュウ号はお台場海浜公園を出て、第六台場を一周して戻るコースとのことです。

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲北運河 東雲運河 東雲水門 東京港

7月28日の水路風景…2

(『7月28日の水路風景…1』のつづき)

237006.jpg

237007.jpg曙北運河に入り、恒例のイグアナ先生へご機嫌伺いと北上。西岸の工事で、以前は密生していた背の高い木々が刈りはらわれたため、かなり遠くからも見通せるようになっています。

ためしにズームで一枚撮ってみると、腰を落としてぐっと踏ん張った感じが強調され、接近して仰ぐのとは違った雰囲気ですね。その後左に折れ、いつもの角度からも楽しみました。

237008.jpg汐見運河を西航していると、毎度のことながら気になるのは、京葉線高架の向こうに見える墨田川造船の艤装桟橋。

さて本日は‥‥いました! 寄り道決定です。でも、巡視艇ではないようですね。官船か民間船か、いずれにせよ近づいて確かめようと取舵一杯。


237009.jpg
船首ブルワークに掲げられた「仁王丸」という勇ましい船名が目に入りました。どうやら旅客船のようですね。大きな窓を備えた高さのある客室、乗降に配慮したと思われる造りから、貸切でなく定期船でしょうか。丸みを廃した直線的なデザインが印象的で、スピード感にあふれています。

237010.jpg
船尾から眺めたら、トランサムに書かれた船籍港が松島。10年前、丸文松島汽船(『第三芭蕉丸の船旅…1』ほか参照)に乗りましたが、あの松島航路に就航する船なのですね。

検索すると、松島島巡り観光船企業組合の船隊が「仁王丸」を名乗っており、就航船もよく似た外観なので、こちらの新造船で間違いないでしょう。また、「進水式見学祭のご案内」(PDF・墨田川造船)によれば、7月17日に進水式が行われたのだそう。進水間もない、しかも巡視艇建造所の印象が強い墨田川造船では、珍しい(失礼)民間船の艤装風景を目にすることができて、ラッキーでした。
撮影地点のMapion地図

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙北運河 汐見運河 東雲北運河 イグアナクレーン 墨田川造船