fc2ブログ

9月20日のフネブネ…2

(『9月20日のフネブネ…1』のつづき)

272016.jpg毎度恒例、エンジンと船体の健康維持のため、東雲運河でしばしのデッドフル航行。おお、48.8km/h‥‥26.3kt。

この日は望の大潮の前日で、水位差が大きかったことも手伝い、そこそこの成績でありました。乗るたびに、帰港したら水線下の見える部分だけはブラシでこそげているので、少しは抵抗が減っているかもしれません。

272017.jpg
さて、東雲運河を出て面舵、晴海埠頭を望むところまで来てみると‥‥。
誰 も い な い 。

イヤ、選手村を護る“晴海の堅陣”、巡視船みっちりの威容の印象が強烈だっただけに、やはり、やはり喪失感がずしりと来ますね。まず今後一生拝めないであろう、世紀のイベントが終わった実感が、しみじみと胸に染み入ったものでありました‥‥。

272018.jpg
臨港消防署の可愛らしい小艇2隻、「しぶき」と「はるみ」が桟橋に仲良くもやう姿をスナップ。紅の船体色も鮮やか、いつもきれいに整備されていますよね。

「すみだ」の引退を知った後だけに、臨港署の桟橋とフネブネを眺めていても、どことなく寂しい感じが。同じクラスの新艇は就役するのでしょうか?

272019.jpg
神田川から日本橋川が分かれる分流点、小石川橋通架道橋の下流から見た、エスエスNANO2。おなじみZen船長の操縦です。7月22日9月12日と、最近は出かけるたびに船長にお会いしている気が。ご縁がありますね! 絶好の水路日和とあって、お客さんも楽しそうです。

この後、私は左へ舵を切り、神田川奥部へ向かったのですが、船長はちゃんと気づいて下さり、手を振って別れました。

272020.jpgフネブネのトリは、木村造船所の上架艇でしめるとしましょう。建屋の左側、露天の船台に引き上げられていたのは、警備艇「たかお」。

喫水線下に剥離の跡が見られることから、付着した貝類をはつって高圧洗浄を終えたところで、これから再塗装に入るのでしょう。2軸あるペラはすでに磨かれたのか、真鍮色に輝いていますね。


(令和3年9月20日撮影)

(『9月20日の神田川奥部…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 朝潮運河 日本橋川 東雲北運河 消防艇 警備艇

9月20日の墨田川造船…2

(『9月20日の墨田川造船…1』のつづき)

272006.jpg
この日の終盤近く、墨田川造船本社前にも寄ってみました。前回、8月に艤装中の姿を見た、巡視艇の進捗はどうでしょうか。

「はかぜ」、生地だった甲板室も塗装され、マストも立ち上がり完成も間近といった感じですね。奥には同型艇でしょう、前回は建屋の中で組立中だった一隻が進水し、こちらも艤装が進んでいました。

272007.jpg

272008.jpgこの日は月曜の休日とはいえ、墨田川造船は出社日だったようで、2隻の上にも作業されている人影が見られました。お邪魔にならないよう、遠巻きに最微速でそおっと拝見。同型艇は、ハルナンバーも続き番のCL201「ひめぎく」でした。

オーニング付きの桟橋には、同社製の作業艇「skyblue」の姿も。走っているところ、一度見てみたいですねえ。

272009.jpg

272010.jpg建屋のシャッターも開いていたので、中をのぞいてみると‥‥おお、2隻が建造中ですね。こちらも同型艇でしょうか、続々と生み出されるマスプロ感(?)がたまりません。

右の艇、トランサムの抜き文字がすでに貼り付けられていますが、生地のままなのではっきり読み取れません。アップにすると‥‥う~ん、「いせかぜ」かな? ともあれ、休日にもかかわらず作業に当たられている方々、お疲れさまです。どうかご安全に。


(令和3年9月20日撮影)

(『9月20日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲北運河 巡視艇 墨田川造船

8月22日の水路風景…5

(『8月22日の水路風景…4』のつづき)

270021.jpgエンジンと船体の健康維持のため、恒例の東雲運河トライアル。この日は南側から入ったので、干潮時ということもあり流れを遡上する形にになりました。

47km/h‥‥25.37kt。上架から8ヶ月以上経ったにしては、悪くない成績ではあります。望の大潮の流れを差し引いて、あとはジンクなどクランプ周りにカラスガイの付着が見られたので、そのせいでしょう。帰ったら水線下にブラシをかけてやろう。

270022.jpg
デッドフルで飛ばしていたら、東電堀発のスカイダックが南下してきたので、あわててスロットルを戻し原速に。乗り組みさんもお客さんもノリがよく、元気に手を振ってくれたので、こちらも負けじと手を振り返して別れました。

270023.jpg
東雲北運河に入り、楽しみな木村造船所をのぞいてみると‥‥。小型船艇中心ながら、4隻も詰め込まれていたのは初めて見ました。

気になったのは、左手前の、甲板室もプロペラも取り去られた、曳船の船体らしきモノ。ときどき出会っている、極小バージに転用されたあの(もと)曳船では‥‥。転用バージだからとぞんざいに扱わず、ちゃんと上架整備してあげているのがいいですね。

270024.jpg

270025.jpg先月に引き続き、艤装中の巡視艇「はかぜ」の進捗を観察。すっきりしていた甲板室上にもハンドレールが取り付けられるなど、ディテールが増えてきました。船尾舷側のフェンダー、白く見えるけれど、マスキングしてあるのかな?

建屋の中の2隻は、ともに塗装を行っているようでした。複数のダクトから轟々と溶剤臭のする排気が噴き出されており、早々に退散させてもらいました。

(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 東雲北運河 巡視艇 墨田川造船

7月22日の水路風景…3

(『7月22日の水路風景…2』のつづき)

269066.jpg汐見運河を東航し、今や数少なくなった運河上に突き出したクレーンを擁する工場‥‥マエカワヤンマー販売さんの前まで来たときのこと。

修理に訪れたとおぼしき、業務船の姿が眺められる場所でもあるので、いつも楽しみにしているのですが、この日もイイ感じの豆曳船「第十二海神」がいて、さっそくスナップ。

269067.jpg
6月に紹介した「曳船の操舵席に吸い寄せられて」の伝ですが、この船の操舵席もまた、ミスマッチとはいわないまでも目を引かれるものが! 昔の教室にあったような、頑丈そうな木製のイスだったからです。

ペンキは陽にさらされて、すっかりはげちょろげていますが、かえって無骨な曳船に似合った味がありますね。コンソールにフロントグラスでなく、舵輪周りにガードフレームを備えているのも、索具が引っかからないようにする配慮がうかがえて、いかにも働き者といった感じでよいものでした。

269068.jpg建屋の中で建造中の艇があっただけに、楽しみにしていた墨田川造船本社。おお、艤装中の艇がいますね!

しかし、この日は対岸のテラスの柵や、水面上にカモメの大群がおり、不審船の侵入におかんむりで、クヮークヮー、ギャアギャアとえらい騒ぎ。あまりの騒擾に、墨田川造船の方たちが何人か出てこられたほどでした。イヤ、お騒がせして申しわけありません‥‥。

269069.jpg
艇名は「はかぜ」、ハルナンバーはキリのよいCL200。以前こちらで建造された「ぶんごうめ」「くがかぜ」と同じ、すずかぜ型巡視艇の一隻でしょうか。甲板室はおおむね組み上がり、これから甲板上の各装備取り付けに移るような状態でした。

269070.jpg
建屋のシャッターは開放されていて、2隻の建造艇が見えました。左の一隻は裏返しで船殻を張っているところ、右は甲板や機関に取りかかったあたりでしょうか。これが「はかぜ」の同型艇なら、3隻並んで艤装しているところも見られるかしら?
撮影地点のMapion地図

(令和3年7月22日撮影)

(『7月23日の水路風景…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 東雲北運河 曳船 巡視艇 墨田川造船

6月13日のフネブネ…2

(『6月13日のフネブネ…1』のつづき)

267006.jpg墨田川造船本社前にも寄って(ほぼ『かよって』いる状態ですが)みたら、何分日曜とて建屋のシャッターは閉まっていて、建造中の艇の進捗は確認できず。艤装中の艇も、引き続きなし。

台船上に上架されている「skyblue」、いつから活躍が始まるのでしょうか、こちらも楽しみなのですが、パッと見以前と変わらず腰を据えたままですね‥‥。

267007.jpg
朝潮運河の曳船溜で見た、通船「あしがら」。どこか官船風の、前歴がちょっと気になるスタイルですね。

操舵室側面後端の窓、戸袋の枠に囲まれていたので、一瞬何で台形にされたのか違和感がありましたが、柱のラインに合わせたものとすぐわかりました。舷側に見られる擦り傷やゴムフェンダーの痕、塗色が白いのでちょっと目立ちますが、働き者の証といっていいでしょう。

267008.jpg5月15日の項で紹介した、新月島川、森田内燃機さん前のサビサビバージ続報。

この日も潮位が低くバージが傾いていたので、チャンスとばかり、前で停止して甲板上に立ち、少しでも高い目線から撮ってやろうと息巻いていたものの、続航艇があったので、残念ながら今回も航過しながらスナップ。後ろの妻が撮れたので、よしとしましょう。詳しい方なら、車種がわかりそうですね。

267009.jpg
品川埠頭北端に接岸していた、栗林商船の自動車運搬船、神加丸。黒主体で塗られた本船、引き締まった感じがして惹かれますねえ。

近くで眺めると、舷側の船橋近くから中央寄りの水線下に向けて伸びる、くっきりとしたナックルラインが目を引きます。船橋横も切り落としたような平面があって、角張った印象‥‥。

267010.jpg
船首軸線近くから見ると、いや、本当にカクカクとした、角の多いデザインなのですね。ナックルラインのところの張り出し具合の凄さ、アンカー直下の波除けか、バルバスのガードらしい突起もすごい角張って、取ってつけた感が。船橋下両舷も、頬骨が張った人みたい‥‥。

くさすようで申しわけありませんが、印象がそれだけ強烈だったということで、ご容赦ください。「角さん」と呼んであげたいくらいです!
撮影地点のMapion地図

(令和3年6月13日撮影)

(『6月13日のフネブネ…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲北運河 朝潮運河 新月島川 東京港 墨田川造船 通船