9月15日のフネブネ

158001.jpg長かったドック入りを終えて、足慣らしと近場をひとっ走りしてきました。船底の垢を落とし、エンジンも整備成ったとあってレスポンスもよく、まさに滑るような感触。出渠直後ならではの贅といえるでしょう。

残念ながら曇っていたので、河畔のもろもろを眺めて回るにはいま一つでしたが、運河地帯から港内に出て、おなじみのフネブネを楽しむことができました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 砂町運河 東雲運河 東京港 隅田川 独航艀 水上バス 曳船 東海汽船 大島川水門

「橘丸」を眺めて…2

(『「橘丸」を眺めて…1』のつづき)

154096.jpgこれが「橘丸」! 写真で何度か見てはいましたが、実物を目の前にするとやはり違うのは、全長118m、5681総tの威容。船首尾を通しての高い乾舷とあいまって、実に迫力がありますね。

電動アジマスペラを備えたハイブリッド船であることを始め、艤装にはさまざまな新機軸が盛り込まれているとのこと。詳しい要目は、「橘丸ご案内」(東海汽船)に掲載されています。

154097.jpg
いやしかし、斬新な塗装ではあります。基本色は先代「橘丸」のそれを継承したとのことですが、濃い色でまとめた上、独特の塗り分けも手伝って、水平線まで離れていても、一発で特定できるに違いありません!

客船というより、どこか海洋調査船とか、極地観測船を思わせるカラーリングだなあ、というのが第一印象でした。乾舷が高く、開口部も少なめで、全体的に線が太い感じがすること、水線付近の舷側に見える、3列のフェンダーらしき凸部が走っていることなどに、客船らしからぬ、マッチョな雰囲気(?)を勝手に感じとったこともあります。

154098.jpg
目に沁みるような鮮やかな塗装の装載艇、エッジの立った精悍な格好よさもさることながら、スリングポイントが1点というのも実にスマート。

この装載艇の存在も、「観測船ぽさ」を助長しているように思えます。ブログ「東海汽船新船プロジェクト」によると、膨張式救命筏を曳航するために、備えられているのだとか。

154099.jpg
左舷後方から眺めると、トランサム・スターンの広大な平面が目立ち、その上の船尾甲板には、繋留関連の装置が集中しているさまが見えて、さらに「客船離れ」している印象を強く感じました。
どうも、自分の中での近海航路客船は、「7月15日の出船入船」で出会った「かめりあ丸」のように、遊歩甲板が中ほどから船尾までのぐるりを占めたような、ふた昔ほど前のイメージで止まってしまっているようです。

ともあれ、ピカピカの新造船を眺めるのは気分の良いもので、大いに楽しめました。何よりこの個性的な風貌、水上バスから眺めても注目を集めそうで、東京港の顔として親しまれることでしょう。

154100.jpg「橘丸」と別れた後は、そのまま隅田川に入り、干潮時の流速を感じながら遡上。お次は建造中の、隅田川橋梁の初くぐりとまいりましょう。初モノが続く、うれしい近場回りではあります。

浜離宮前のあたりで、ぶち当たったらタダでは済まなさそうな、えらく太い流木が流れ去ってゆくのに目を奪われて、思わず一枚。この日の隅田川、どういうわけだか流木の目立つ日だったなあ。豪雨の翌日など、木っ端くずや水草のかたまりがたくさん流れてくるのには、よく出くわしたものですが、流木が多いのは初めての経験でした。
撮影地点のMapion地図

(26年6月14日撮影)

(『「隅田川橋梁」初くぐり』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東海汽船 竹芝埠頭 隅田川 東京港

「橘丸」を眺めて…1

(『6月14日の目黒川…10』のつづき)

154091.jpg目黒川を下って河口を左折、芝浦運河地帯を楽しみながら帰ろうと、高浜運河をゆるゆる北上。

写真は、海洋大品川キャンパス近くに架かる楽水橋ですが、こうして見上げると、桁の塗装がきれいなだけでなく、橋脚の耐震補強、落橋防止装置もしっかり取り付けられて、 すみずみまで新品のようにピカピカです。この前後の橋たちも、耐震関連の整備が順次終わり、足場も取り去られて、だいぶ落ち着いてきました。

154092.jpg
芝浦西運河、夕凪橋の改架工事現場を通過。昨年5月、「夕凪橋の架け替え工事」のときは、まだ旧橋が一部残っていましたが、撤去作業も終わったのか、錆色の仮橋のみとなって、以前より片付いた印象です。

154093.jpg
芝浦運河から、新芝運河・芝浦東運河との変則十字流を右折、港内に出ることにしました。

芝浦東運河は、長さはほんの250mほどしかありませんが、南岸にはこんな風景も。ビルをかすめて走る高架、その下には歴史を感じさせる石垣護岸に、鋼製のポンツン桟橋がもやい‥‥。狭いところにごちゃっと、積み重なったようなさまが、面白く思えたのでした。
撮影地点のMapion地図

154094.jpg左に折れてさらに北上、日の出埠頭をかすめ、レストラン船や東海汽船のフネブネがもやう、竹芝埠頭を望む位置に。今日は会えるかな‥‥。

おお、いたいた! ようやくお題のモノが近づいてまいりました。




154095.jpg
東海汽船の新造船、「橘丸」が!

(26年6月14日撮影)

(『「橘丸」を眺めて…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 高浜運河 芝浦西運河 芝浦東運河 東京港 竹芝埠頭 東海汽船 橋の裏側

6月23日のフネブネ…3

(『6月23日のフネブネ…2』のつづき)

97011.jpg清掃船を撮っていたら、その後ろを東海汽船のジェットフォイル、セブンアイランド夢が出港してゆくのに気づきました。

水中翼を前後に跳ね上げたままのゆっくりとした足取り、ループ近くの繋船地を発して、竹芝の乗り場に向かうのでしょう。戻るついでと、同航することに。


97012.jpg
レインボーブリッジの下まで来て、ふと見ると、いつの間にか水中翼が下ろされている…。

このまま竹芝までゆるゆる進むものと思い込んでいたので、気をゆるめてよそ見をしていたすきに、雰囲気が一変。船尾からは激しい噴流が! え、え? ホントに?!

97013.jpg
キーンというタービン音の高まりとともに、みるみるうちに船底が露出し始めました! こちらも遅れてはならじと、思わずスロットルをいっぱいに倒し、前進全速!

97014.jpg
まさかのフォイルボーン!

テイクオフの瞬間に、間近で立ち会えただけでも感動モノでしたが、こんな短い距離でも、ちゃんと翼走していることを初めて知り、さらに感動が深くなりました!

97015.jpg我が艇も全速力で食い下がったものの、所詮こちらは20kt強がせいぜい、40ktオーバーの超高速船、しかも加速のよいガスタービン主機の船に挑むなど、お話にならないレベル。セブンアイランド夢は、たちまち豆粒のように小さくなってしまいました。

あきらめて原速まで落とし、我が艇が竹芝の沖を通過したときには、セブンアイランド夢はとうに接岸を終え、客扱いまで始めていたというこの早技。客船にとって速度とは、もっとも重要な性能の一つであることを、再認識させられた一件でありました。


(24年6月23日撮影)

(『6月23日のフネブネ…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 ジェットフォイル 東海汽船

ジェットフォイル入港!

(『臨港消防署の異変』のつづき)

12046.jpg築地川水門から浜離宮前水面に入り、写真の汐留川水門で外に出たりと、おなじみの水門たちを愛でながらの帰り道。

水門から出てみると…おおおお!




12047.jpg東海汽船のジェットフォイル、セブンアイランド夢が接近! フォイルボーンで航走中の姿や、接岸しているところは見たことがありますが、入港シーンに出くわすのは初めてです。

うひょひょ、これを見逃す手はない! 急いで河口を横断し、邪魔にならないよう東側に陣取って、ワクワクしながら待ち構えます。

12048.jpg
うおお~
キーンというかん高いガスタービンの音が近づき、脚が切り裂く水面や、後ろに噴射される水煙など、ディテールが明瞭に見て取れるまでになると、その迫力は例えがたいものが。

佐藤氏も「ジェット機と同じ音がする!」と興奮気味。うむうむ、興奮しているのが私だけでなくて、妙に安心しました。なぜだ。

12049.jpg我々の前を過ぎると、艇はたちまち船足を落とし、ストン、という感じでハルボーンに。

もっと徐々に速度を落として、ようやく腹を水面につける、といった光景を想像していただけに、このあっけなさにはびっくりです。まあ、速度はフォイルボーン中に、充分落としていたのかもしれません。

12050.jpgさらに驚いたのが、小回りが利くこと。見ている前でくるりと八点回頭、ピタリと見事な接岸ぶりを見せてくれました。最初の写真から、わずか1分少々の出来事です。

また、こんなに近くで見ていても、引き波をあまり感じないのも印象的でした。この点、やはり水中翼船だなと、大いに感心したものです。
撮影地点のMapion地図

(21年8月9日撮影)

(『臨港消防署の仮設庁舎』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : ジェットフォイル 汐留川水門 東京港 東海汽船