「お供え状態」に怖気をふるった思い出


この写真、昨年の10月18日…拙著が店頭に並んだ3日後に、三省堂の本店で撮らせていただいたものなんですが、まあ、1年あまりの時間を経ればこそ、割と冷静に眺めていられるものの、これを実見した瞬間は、嬉しさと同時に、本当にどうしようかと挙動不審になったものです、はい。

いやもう、単独で美しく平台陳列してくださった書店さんには、感謝していることはもちろんなのですけれど、異様の感に打たれたことも否めないのです。大変失礼ながら、目にして最初の感想は「仏壇のお供えみたい」でした。
寄る辺のない通路の真ん中で、正札もなくポツリと置かれたさまは、テーブルの形も手伝って、高坏に盛った供物を連想させたのです。

平積みされた新刊書にはつきものの、POPがないことも「お供え状態」に拍車をかけていると気づいたのは、しばらくたってから。売り場で目にするPOPは、書店員さんや版元制作のほか、著者自身によるものも少なくないことは気づいていました。

いやでも目立たざるを得ない(笑)陳列をしてくださった、三省堂本店さんの心意気に報いるためにも、ご挨拶がてら、POPを自作して持ち込むべきだったのですが、何かマッチポンプのようで気恥しさが先だって、ついに「お供え状態」のまま、平積みの期限を迎えることとなってしまいました。まあ、とんだ小心ぶりであります。

あるいは、この悪目立ちな(失礼)「お供え状態」が、自分の本にはどこかしっくりくる感じもして、楽しんでいる一面もあったのかもしれません。いや、「かもしれません」じゃないな。後半慣れてきた後は、もう確実にウケていました。

ともあれ早いもので、あれから1年と2カ月がたちました。本を書かせていただいたことで、いち出不精には身に余る貴重な経験をさせていただき、慌ただしくも楽しい14ヶ月でした。

これも出版に尽力くださった皆様、またさまざまな件でお声をおかけくださった皆様、ご声援くださった皆様のお陰と、感謝の気持ちで一杯です。改めて、御礼申し上げます。ありがとうございました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京水路をゆく 東洋経済新報社

「東京水路をゆく」ご紹介御礼と正誤表

「東京水路をゆく」を上梓させていただき、約1か月が経ちましたが、その間多くの方にブログ上などで拙著のご紹介、またご批評を賜り、船頭儀、感謝に堪えません。

ここで、拙著を採り上げていただいた記事をまとめてご紹介し、皆さんへの御礼に代えさせていただきたいと思います。ありがとうございました。今後も発見次第、随時追加させていただきます。

また併せて、誤記、校正漏れなどの正誤表も後半に掲げさせていただきます。こちらも掲載したもののほかに、お気づきの点がありましたら、お手数ですがメールにてお知らせいただければ幸いです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東京水路をゆく 東洋経済新報社 神田川

船頭の本が書店に並びます



ええ…今年5月以来、久しぶりに五周年バナー(こういうのをバナーっていうのかしら?)を持ちだしてみましたが、お題の件はたまたま五周年の年に時期が重なっただけで、仕込んでこうなったわけではありません。しかし嬉しいタイミングとなりました。

すでに一部では告知が出ているので、ご存じの方もおられると思いますが、本を書かせていただきました。書名は「東京水路をゆく」(発行:東洋経済新報社)です。

今年の春に、ご縁があって編集の方より声をかけていただき、たくさんの方々のご協力のもと、上梓にこぎつけることができました。まずは本書の製作にお力添えいただいた皆さんに、御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。

また、旧ブログ時代よりお世話になった皆さんにも、改めて御礼申し上げたいと思います。
やはりこの5年間、ブログ上でのタレ流し…いや、蓄積してきたことが基礎になって、この本が形になったことを思うと、皆さんのご声援、ご教示によるところ大なるものがあります。ありがとうございました。

いろいろとお話ししたいことはあるのですが、まずは取り急ぎ、お知らせと御礼までということで、詳しい内容については、書店で手にとってご覧いただければ幸いです。

…とは言ったものの、こらえ性のない悲しさ、ひとつだけですが、嬉しくてご紹介せずにおれないのが下のイラスト。ご存じ最低橋、茂森橋を描いたものです。

このイラスト、A.P.について説明したページの一部なのですが、指定の下絵を描く際、ほんのシャレのつもりで、茂森橋を短くモディファイした絵を描いておき、写真を添えて出しておいたのです。

雑な下絵にもかかわらず、デザイナーさんはよくこちらの意図を汲んでくださったようで、ご覧のとおり適度に簡略しながらよく特徴をとらえ、誰が見ても茂森橋とわかる、小粒ながら素晴らしいイラストに仕上げてくださいました。

いや、この可愛らしさには本当にハートをわしづかまれ、踊り出したいほど嬉しくなりました。ページの上では、とても小さい絵柄になってしまうので、せめてここだけでも大きめの画像で紹介し、茂森橋をお好きな向きに楽しんでいただけたらと思います。

ともあれ、今週末には書店に並ぶと思われますので、写真のような縞々模様の本を見かけられたら、どうぞよろしくお願いいたします。
また、本書をお読みになってお気づきの点がありましたら、ご遠慮なく右下欄のメールフォームより私宛お寄せください。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京水路をゆく 東洋経済新報社 茂森橋 最低橋