FC2ブログ

5年ぶりに横浜へ…1

233001.jpg4月13日は、かねてから計画していた横浜行きの日。ブログで遡ってみると、25年11月以来の足かけ6年ぶり、本当にご無沙汰してしまいました。もちろん運河・河川づたいにゆく例のコースです。

当日は幸いにして快晴でしたが、朝はまだ10℃台と肌寒いこと。渡ってきたばかりのツバメさんも、ふくふくと羽毛をふくらませて寒そう。ツバメは早いものだと3月末に第一陣を見かけましたが、今は巣の補修に忙しく飛び回っている段階です。

233002.jpg
出発前の準備中、爆音がするので顔を上げたら、大きな台船を豆曳船が押して運河を西航中。‥‥あっ、この白い曳船、伊澤造船前で見たことがある。船名は確か「UTSUMI 50」!

側面をシートにして軽量化を図った操舵室に、後にごついアームを伸ばした構造から、押船として使う際はアップするからくりであることは承知していましたが、いざそれが活用されているのを目の当たりにすると、まあ強烈なこと! そのろくろっ首のようなグロテスクな異形さに、口を開けて見入ってしまいました。

233003.jpg
まずは京浜運河に入ろうと港内に出て横切っていると、晴海埠頭に砕氷艦「しらせ」がもやっているのを発見。オレンジの舷側は遠目にもきれいですが、水線下の船底塗料はすっかりはがれ、氷海での苦闘が想われました。

しかし、晴海の建設ラッシュ、この距離から見ると凄まじいばかりですね。前にも同じことを書きましたが、海上に突如として軍艦島が出現したようです。

233004.jpgさらに港内を西進していたら、芝浦埠頭に珍しい船がいるのに気づいてしまい、またも寄り道。その船とは、宇部興産海運の「清安丸」。ブリッジを最前部に持ってきた、世界初の球状船首セメント運搬船として喧伝されましたから、ご存知の方も多いでしょう。

要目は「セメント専用船 清安丸」(宇部興産海運株式会社)をどうぞ。

233005.jpg
近づいて減速、船尾方向へ流しながら、その異形っぷりを堪能。「UTSUMI 50」に続いて、見た目の違和感が半端ないですね。外洋でピッチングが始まったらツラそうだなあ。

船橋を右舷後ろから見ると、つるりと丸く整形された前部と異なり、甲板の各層が露出していて、何やら船体を切断したシーンのよう。食玩のプラモで「連斬模型」と称し、各パートを断面のディテールまで再現した「大和」型戦艦のモデルがありましたが、まさにそれを眺めているような気分ではありました。

(31年4月13日撮影)

(『5年ぶりに横浜へ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 東京港 曳船 砕氷艦 砕氷艦しらせ 水辺の鳥たち

お花見水路のフネブネ…2

(『お花見水路のフネブネ…1』のつづき)

232027.jpgこちらでは4月7日に出会ったフネブネを。
すでに使われなくなって久しい、木材投下泊地を横切っていたら、西端あたりでドルフィンにもやい、しきりにグラブ付きクレーンを動かして、荷役をしているグレーのガット船を発見。

右に避けてから振り返ると、左舷に土運船が横付けしていて、砂らしい積荷を移しているところでした。船名は「第八末広丸」。

232028.jpg

232029.jpg辰巳埠頭に沿って東進すれば、おなじみ墨田川造船の浮きドック前。2月10日に船台前で見かけた巡視艇「うみぎり」が、こちらに移動していてマスト周りの艤装中でした。

船橋、甲板室は以前同様未塗装でしたが、マストは塗装してから組み立てるようですね。出かけるたび、こうして工事が進んでゆくさまをつぶさに観察できるのは、嬉しいものです。

232030.jpg
そうそう、この浮きドックですが、最近墨田川造船のオフィシャルサイトを初めて(!)拝見したところ、自家建造なのですね!

建造実績」→「その他の船」をクリックすると、「40メートル型浮ドック『すみだ100』」とあるじゃないですか。長年なじんでいながら、来歴と船名をようやく知ったというお粗末です。

232031.jpg
名前を知った嬉しさに、さっそく使わせていただきます。「すみだ100」のすぐ東、新木場貯木場の入口である水路、千石橋北詰の船溜。白い船体に山吹色のジブも鮮やかな、揚錨船が休んでいました。

護岸上には満開の桜が花びらを静かに散らし、のどかな、実にいい雰囲気です。業務船と桜、好天に恵まれたこの日のラストを飾るような水路風景を、楽しく眺めながら帰路についたのでした。
撮影地点のMapion地図

(31年4月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 巡視艇 揚錨船

3月15日の川景色…2

(『3月15日の川景色…1』のつづき)

231056.jpg
帰路の海老取運河にて。浚渫船団がいて警戒船に誘導されながらの通航だったのですが、残念ながら稼働しておらずお休み中のよう。

手前の揚錨船は「あさぎり」。その左にいる白い鉄舟とともに、見たことがある船だなと思っていたらそのはず、10年前、21年にに高浜運河で出会っていたのでした。

231057.jpg
毎度おなじみ羽田可動橋も、うららかな陽射しの下、いいお顔をしていたので一枚。

防音壁とフェンスの上では鵜たちが羽を休め、防護柵の周りにはユリカモメが群れる‥‥。餌が豊富な干潟水路に面している地の利もあるのでしょう、鳥たちにとってはよい社交場のようです。

231058.jpg
過去に何度か触れたと思いますが、京浜運河では首都高羽田線の更新工事が今やたけなわ。塗装も真新しい高架がぐんぐん伸びてゆくさま、やはり気分が高揚しますよね。

手前に見える桟道タイプの現羽田線と、モノレールの橋脚と線路が星霜を経たいい色(?)なだけに、新しい高架の白い肌が際立って見えます。

231059.jpg京浜運河を出て港内を北上中、遠くをプレーニングでスッ飛ばしてゆく警備艇が。ハルナンバー視21「すみれ」。

運河北口にある、湾岸署の繋留施設(舟艇部隊は『水上安全課』なる部署だそう)に寄港するところでしょうか。ホームスピードといったところですね。


231060.jpg隅田川に入り、上下する水上バスたちの姿を愛でつつ遡上。「エメラルダス」が下航してきたところを一枚。ちょうどトップの展望デッキを、スタッフが組み立てている最中でした。

「松本型」水上バスも3隻が揃い、便の頻度も上がって、より多くの人が楽しめるようになったことでしょうね。


(31年3月15日撮影)

(『3月15日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 京浜運河 隅田川 東京港 羽田可動橋 浚渫船 警備艇 水上バス

12月30日のフネブネ…2

(『12月30日のフネブネ…1』のつづき)

229081.jpg

229082.jpgこの日はコミックマーケットの開催日だったので、臨海部のフネブネを見がてら、有明航路の賑わいも押さえておこうと、有明船着場へ。ちょうど「ジュビリー」が桟橋に着けていたものの、予想は外れて、お客さんは少ないようでした。

ビッグサイトのテラスを見上げると、1日10万人超が訪れるとあって、多くの人影が。ううん、これは何のキャラクターの扮装だろう‥‥。

229083.jpg
年末の風物詩としてすっかりおなじみ、越年する「海王丸」を通り過ぎざま一枚。いや、雲一つない蒼穹をバックに仰ぐマスト群と交錯する索具、いいですわ!

229084.jpg
その南、鉄鋼埠頭のダブルリンク引込みクレーン(29年12月10日の項参照)をバックに、「十三久喜丸」をほぼ正横から。一直線の潔い甲板ラインが素敵です。

229085.jpgふたたびスロットルを思い切り倒し、冷気に顔をこわばらせながらも気持ちよく飛ばして、あっというまに辰巳埠頭前へ。お目当てはもちろん、墨田川造船の浮きドックです。

おおお、今度は期待にたがわず、浮きドックの周りに何隻か固まっていますね! ウキウキしながら行き足を抑え、近づいてみると‥‥。
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『12月30日の巡視艇』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港

12月9日のフネブネ…3

(『12月9日のフネブネ…2』のつづき)

228096.jpg帰路に海老取運河を北上中、羽田水上派出所の桟橋に視22「あじさい」がもやっていました。

エンジンは回したままでしたが、艇内に人影が見えなかったので、皆さん上陸して派出所の中におられたのでしょう。日曜日もご苦労さまです。



228097.jpg往路に京浜運河を南下していた際、天王洲運河から港内に大型クレーン船がチラリと見えたので、帰りは寄ってみようと第一航路を横断し、船の科学館前へ。きっと桟橋の建設工事ですよね。

近づいてみると、森長組の「第一豊号」でした。4月に出会った深田サルベージの「富士」とは違い、旋回式クレーンの低重心なシルエットが遠目にも見てとれます。

228098.jpg
排水量27,000t、1,800t吊の威容! 曇天の暗い色合いに辟易していただけに、目が覚めるようなクレーン船特有のカラーリングが、しみじみ視神経に心地よいのでした。

228099.jpg
いや~、キレイですね。おまけに今ごろになって(!)晴れてきたこともあり、オレンジがよく映えること。手前に設けられた小型(といっても十分大きいですが)のクレーンは、150t吊の補助クレーンだそうです。

228100.jpg迷惑をかけないよう、警戒船の動きを横目で見ながら遠巻きに眺めていたら、おなじみ東海汽船「セブンアイランド虹」がフォイルボーンで颯爽と北上。

ガスタービンの排気で、背景がユラユラするのがまた臨場感あふれてよいもの。接近してくるときは、最初は音もなく静かに、次にサァーッという水切り音が先に聞こえて、正横を通過する際にタービン音とドォーッという噴射音が伝わる、といった順序でした。

(30年12月9日撮影)

(『12月9日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 東京港 警備艇 クレーン船