FC2ブログ

3月15日のフネブネ…1

(『3月15日の臨港消防署』のつづき)

247051.jpg3月15日の道々で目にしたフネブネのスナップをば。朝潮運河の曳船溜からまいりましょう。

ここは曳船というより、押船仕様のゴツイ船首を持った船が多いのですが、割とノーマルな豆曳船もおります。その中の一隻「三十八東庄丸」。この船社の船は、黒の舷側色と赤い船底色で揃えているのが渋いですね。しかし、エンジンケーシングの左舷側面に、ニョッキリ排気管が突き出ているのは、どうも‥‥。乗っている人もツラそうです。

247052.jpg
同じ船溜で、対照的に軽快そうな塗装の「UTSUMI60」。この押船、「8月11日のフネブネ」で、豊洲運河で走っていたのに行逢したことがあります。スイング式の可動式操舵室をいっぱいに上げてバージを押しているところ、見てみたいものですね。

247053.jpg
朝潮運河から月島川に入ってすぐ、中川船舶の「七号千羽丸」とその向こう、舷を接してもやう「十七号千羽丸」。古典味あふれる外観ながら、ブルーの塗装が小粋ですね。

船首のタイヤフェンダーがまさに鈴なりで、よく見ると三重になっているところもありました。曳くだけでなく、台船の舷側を押したりする役割が多いことを思わせます。

247054.jpg

247055.jpg朝潮運河の南口を定繋地とするこれも顔なじみ、海洋大の練習船「汐路丸」(425総t)。

平甲板に、主な上部構造物は船橋周りだけ。こじんまりとまとまったバランスの良い外観と、美しく塗り上げられた舷側が落ち着いた魅力を醸し出していて、通るたびに惹かれる存在です。


(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 月島川 曳船

3月15日の臨港消防署

(『3月15日の朝潮水門』のつづき)

247046.jpg朝潮水門を抜けて南下すれば、左手はおなじみの臨港消防署が見えてきます。

おや、主力船艇である「みやこどり」、「おおえど」ほかの姿が見えませんね。演習で近場の水域に出かけているのでしょうか。エリアが広く、桟橋も立派になった分、大型艇がいなくなると、かつてよりがらんとした印象を強く感じました。


247047.jpg
人影もなく、静かな桟橋にもやう各艇を眺めて。まずは「はるみ」。自艇から見れば、決して小さいなりではないのですが、桟橋が立派で厚みがあるため、ずいぶんこじんまりとして見えますね。

247048.jpg
「はるみ」の対面には「すみだ」。バックはみっちり選手村のマンション群、毎度のことながら、入居後は整備や暖機もはばかられそうな気がして、一人気をもんでしまうのです‥‥。

247049.jpg

247050.jpgこちらは小型艇2隻「しぶき」と「はやて」。江東など狭水路をパトロールしているときに出会いたくなるような、親しみのもてるサイズですよね。

ゆるゆると最微速で流したまま、朝潮運河を出て港内へ。取舵を切ると、桟橋に憩う「海王丸」が織りなす索具やマストが間近に見上げられ、ほれぼれと仰いだものでした。

(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 消防艇

3月15日の朝潮水門

(『3月15日の新月島川』のつづき)

247041.jpgふたたび朝潮運河へ出て右へ、朝潮水門を通って港内へ出るとしましょう。環状状2号線の延長部、黎明大橋が架けられてからの光景はすでに何度か触れていますが、桁下高が割と低く幅員もあるため、水門はまるでトンネルの向こうにあるよう。

写真には写っていませんが、水門の状態を示す電光掲示板は桁側面、各径間の信号は橋脚にもそれぞれ設けられて、見通しの悪さを補っています。

247042.jpg
桁下から水門の径間をのぞくと、頭上の抜けたスイングゲートの爽快さが強調されて、よいものですね。青空を白雲が流れる好天とあれば、なおさらです。

247043.jpgうまく撮れませんでしたが、オオバン君が木製フェンダーについたノリを、わが艇の通航に目もくれず、一心にきこしめしているのに惹かれた一枚。

首を傾げ、シャプシャプとしきり水音をたててクチバシを動かすしぐさが可愛らしいですね。オオバン君、母港の桟橋のフロートについたノリも掃除に来てくれるので、「おりこうだねえ!」とほめてあげています。


247044.jpg
通るたび似たような角度の写真で恐縮ですが、水門を抜けてから振り返って。

ほんの数年で橋が架かり、巨大なタワーマンションがにょきにょき林立する変化の激しさに、今さらながら、訪ねるたびタメ息が出そうな角度ではあります。

247045.jpg
朝潮小橋をくぐってから、しつこくもう一枚。両岸、コンクリート堤防の前に、石組みの法面が新設されているのがわかりますね。

消波効果が大きいので、通航艇としては増えてくれた方が助かりますが、聞いたところではこれ、耐震補強工事の一環なのだとか。見た目もよく護岸の耐波性も向上する、一石二鳥のやり方ではありますよね。
撮影地点のMapion地図

(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日の臨港消防署』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 朝潮水門

3月15日の朝潮運河

(『3月15日の常磐橋』のつづき)

247026.jpg
日本橋川を出た後は、月島周辺の水路を散歩して回ろうと、まず朝潮運河に入ってみることにしました。佃水門はお変わりなく、堂々たる面持ち。径間の向こう、「あさしおおおはし」の「おおお」にいつも目がいってしまう‥‥。

247027.jpg
朝潮大橋~朝潮橋間の南東岸、首都大東京に沿って伸びる曳船の船溜‥‥。黎明橋の筏屋さんが亡き後は、この運河で唯一の船溜となってしまいました。

再開発で両岸周りはきれいになったとはいえ、寂しいことではありますが、クレーンつき倉庫も全滅した今、この船溜があることでかろうじて「運河」の名実が保たれているような気がして、熱い視線を送ってしまうのです。

247028.jpg朝潮運河でもう一つのお気に入り、電路橋だか水管橋だかの可愛らしいトラス。こちらもお変わりなく。

断面の小さいわりに頑丈そうな外観で、それこそ模型列車でも走らせたら、しっくり来そうな風情なのに惹かれています。落橋防止のチェーンも後付けされて安心。上でツブれているカモメさんには、格好の休憩場所のようですね。

247029.jpg

247030.jpg丁字流を右折して、月島川へ。朝潮運河の繋留船が、一部を除いてほぼ一掃された後も、一本入れば“船いきれ”濃厚になってくるあたり、何やら不思議な感じがします。

月島付近で最も歴史のある水路であり、護岸も昔のまま手が入っておらず、沿岸に戸建てが多いなど地先感が薄いのも魅力の一つですよね。
撮影地点のMapion地図

(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日の月島川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 月島川 佃水門 曳船

7月28日の水路風景…5

(『7月28日の水路風景…4』のつづき)

237021.jpg
北上しておなじみ朝潮水門へ。角度がよくなくて、ズームで少しゆがんでしまいましたが、水深表示の電光掲示板を掲げ、得意げな面持ちの操作室を一枚。

この径間の真ん中、操作室が乗ったここは何と呼んだらいいんでしょう、スイングゲートだから堰柱ではないし‥‥。
前後を朝潮小橋、黎明大橋にはさまれ、すでにスイングゲートの長所を生かす状態になくなって久しいのですが、設備も一部更新されたことだし、まだまだ頑張ってもらえそうですね。

237022.jpg右手にあった、水門の径間を渡す架道橋を、初めてちゃんと撮ってみました。繰り出し式といってよいのでしょうか、ローラーでごろごろと転がして、片持ち式に伸ばしてゆく仕組みです。

撮りながら、あ、こんなことしなくても、黎明大橋の歩道から眺めれば、間近に観察できるんだ‥‥と、今さらながら気づいて一人苦笑したのでした。

237023.jpg
左に舵を切って新月島川へ。まず目に入ってくるのは、長らく改架工事をしている、新島橋の錆色の足場です。

鉄骨の足場だけでなく、水面近くも中央のわずかな航路を残し、現場のぐるりを矢板で囲っているため、錆色の面積が大きくて、ちょっと息苦しいような感じもしますね。横堤があるのと同じことですから、風波が防がれて、繋留船にとっては具合がよいかもしれませんが。

237024.jpg遠目には外見があまり変わらないので、くぐってみて気になる進捗を拝見してみましょう。

おお、西側は橋脚と桁がほぼ形になっているのですね。東側も橋脚はすでにできていて、桁に取りかかりつつある状況でした。足場が撤去されるのも、遠いことではないようです。


237025.jpg
そして新月島川といえば、西端にある勝どきマリーナ‥‥本橋発動機さんのクレーン。この社名を掲げた抜き文字、いつ見ても渋くていいですねえ!
撮影地点のMapion地図

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 新月島川 新月島運河 朝潮水門