5月7日の川景色…2

(『5月7日の川景色…1』のつづき)

207006.jpg朝潮運河を南下。筏屋さんの桟橋も、あまたの豆曳船群も今や昔の光景となった運河は、ただただ広大な水面が静かに広がるのみ。

撮影のご指示で朝潮水門を抜け、いったん港内に出てふたたび隅田川へ。鼎談に参加された他のお二方とも、それぞれ好きな川景色を2つづつ挙げて、カラーページでご紹介という流れだったのですが、私がスイングゲート2題を選んだことで、このようなコースになりました。しかし‥‥。

207007.jpg
いま一つのスイングゲート、築地川水門の前まで来てみると、ありゃりゃ、真っ赤な角落しがはめ込まれて、どうやら工事中のようです。

207008.jpg
仕方なく、排水のホースが2本垂れさがった角落しを、カメラマンさんに撮っていただきました。

まあ、自分的にはそれなりきに貴重なシーンなので、いいのですが‥‥。ただでさえ絵的にわかりづらいスイングゲートなのに、キャプションで注釈するとはいえ閉鎖時の光景を見せて、読者さんを置いてけぼりにしないかしら(いまさら何をいう)。

207009.jpg

207010.jpg径間左手に掲げられていた看板。「予告」とあるからには、工事が始まる前から掲示されていたのでしょう。今年4月17日から、来年3月14日まで閉鎖されるとのこと。ん? ということは!

汐留川水門から、浜離宮前の内水面に入ると、おおお! ちょうど水辺ラインの「こすもす」が出てきた! 浜離宮の石垣と緑をバックに、徐航で進む姿は絵になりますし、また今しか見られない貴重さも加わって、いいときに訪ねたとテンション高めに。船長のご心労を思うと、不謹慎ではありますが。
撮影地点のMapion地図

(29年5月7日撮影)

(『5月7日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 隅田川 築地川水門 水上バス

5月7日の川景色…1

207001.jpg5月7日日曜日は、「銀座百点」7月号のカラーページ撮影のお手伝いで出かけてきました。おなじみの近場ではありますが、変化や発見を記録がてら、いくつか紹介させていただきます。

鼎談出席者のお勧め川景色は、とのスタッフからの問いにこたえる形で、まずはお二方が挙げられた場所から、順繰りにたどってゆくことに。薄曇りなのがちょっと残念ですが、空はまずまず明るく、風も穏やか。隅田川から亀島川へと入ります。

207002.jpg
南高橋近くの船溜‥‥いや、今やこぎれいになってしまって、「船溜」と呼ぶのもはばかられるような雰囲気ですが。桟橋にもやわれていた曳船、「つくば丸」の放つハードな業務船臭が、いい塩梅にこぎれいさを相殺(?)していて、個人的には少し救われたような気分に。

207003.jpg肥塚由紀子氏の勤められている、カヤックツアーのお店の前まで来て、お隣の「やきとり串八珍」に吸い寄せられる船頭。ここ、窓際の席なら川面がよく見えそうだし、ベランダとかあつらえて小洒落た感じに持って行くより、よほど気楽な感じでいいかも。

‥‥すみません、一人盛り上がってしまいました。幹事の役が回ってきたら、ここにお願いしようかなあ。



207004.jpg
艇から見上げても、桁裏まで塗装が美しいのが嬉しくなります、霊岸橋。都内にある橋の名前では、風情があると同時に、音のせいかどこか厳めしさも感じられて、好きなものの一つ。都心部の橋としては、桁下高がほどよく低いのもポイント高し。

207005.jpg
いくつか巡った後、佃水門から朝潮運河に入りました。水門のゲート直下まで入ると、ご覧のとおり朝潮大橋が見えてくるのですが、ひらがな表記の橋名「あさしおおおはし」の「おおお」が妙で、意識をちょっと持って行かれる場所でもあります!
撮影地点のMapion地図

(29年5月7日撮影)

(『5月7日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 亀島川 亀島川水門 佃水門 朝潮運河

5月8日の運河風景

(『最狭水路打通の日!…7』のつづき)

192066.jpg
最狭区間を抜けられた嬉しさを胸に、足取りも軽く隅田川へ出ました。そして恒例、大島川水門の進捗観察ショットを一枚。

いつもは裏側ばかりだったので、今回は表から眺めてみました。右側の堰柱の表面が滑らかになり、中央のそれはそうでないところを見ると、耐震補強の巻き立てでもしているのかしら。装飾でも施されるのかと思っていたら、違ったようです。扉体前面、信号の右に電光掲示板らしきものも見えますね。

192067.jpg入港した客船を眺めてから帰ろうと、隅田川派川を経て春海運河に出てみました。おお、いるいる!

架橋後、長年不遇をかこっていた豊洲大橋も、環状2号線の延伸工事が進むのに合わせて、橋上のもろもろが施工されたようですね。水上からでは舗装の様子が目にできるわけもなく、高欄と街灯が立ち上がっているのが見られるにとどまりましたが、それだけでも、どこか生き生きとした感じがして、以前とはだいぶ雰囲気が違って見えたものです。

192068.jpg
晴海には「にっぽん丸」、「ぱしふぃっく・びいなす」が接岸していました! 客船が2隻も同時に入港するのは、そうそうあることではありません。

船体の塗色、スタイルとも対照的な2隻が並んださま、好天に恵まれたこともあり、まことに眼福でありました。

192069.jpg朝潮運河に入ってみると、トリトンスクエア前に新しい橋が架かっていました! 昨年、「11月29日の水路風景」で見かけた大規模な足場は、どうやらこのためのものだったようです。

人道橋でしょうか、ゆるやかに沿った桁を持つ、3径間の華奢な感じのする橋で、高層ビルの増えてきた周囲の雰囲気に、よく似合っています。

192070.jpg
見上げてみると、裏側はまろやかな曲面を帯びており、桁側面は斜めに落とされていて、一見飾り気のない外観ながら、デザインに意を用いているのがわかりました。晴海側も居住人口が急増していることですし、人道橋の増設は大いに歓迎されるに違いありません。
撮影地点のMapion地図

(28年5月8日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 朝潮運河 豊洲大橋 大島川水門 橋の裏側

くぐって、見上げて、航跡を追って

昨年の記事、「11月29日の水路風景」に載せた写真の前後のカットで恐縮ですが、改めて眺めてみて、このときのワクワク感が思い出され、しまっておくのも惜しくなったので、落ち穂拾い的にまとめてみました。

184012.jpg
他船の航跡をなぞって狭窄部通過、というだけでもちょっとしたイベント(?)ですが、加えて幅のある橋と水門を連続してくぐるのが、視界に豊かな変化を与えてくれて、ほんのわずかな時間ながら、高揚感のある舟行きになったのでしょう。

184013.jpg
ちょうどお昼どきで日が高かったこともあり、光線の塩梅もよろしく、橋や水門のディテールもくっきり。

184014.jpg
さらに、橋と水門が落とす影に入った屋形船が、サッと黒く沈み、しばらく後また陽なたに出て、細部を取り戻す面白さ。そして桁下のディテールがあらわになり、頭上をすっかり覆うと、今度は水門がじわじわと全貌を現わす‥‥。

微速に抑えていても、エンジンの爆音とハルが奏でる水音が、両の橋脚と桁裏に反射して、「くぐる充実感」を味わえるときでもあります。

184015.jpg
水門の影から出つつある屋形船の船尾から、複雑な構造が織りなす、佃水門の美しさとボリュームに目線を移して‥‥。ちょっとしたフィナーレといっても、大げさでなく思える瞬間。

頭上を横断する大きな構造物が続くと、こんなにも「移動感」(?)があるのだなあと、今さらながら再認識させられるものがありました。やはり水路の面白さの一つは、橋や水門あってこそのものがあります。
撮影地点のMapion地図

(27年11月29日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 佃水門

11月29日の水路風景

184001.jpg昨年11月29日は、秋晴れに誘われて軽く近場回りをしてきました。天高く、馬は肥えずとも河水も澄み、川景色がいっそう映えてくるこの季節、通い慣れた水路群を気楽にお散歩するのは、楽しいものです。

以下、道々に拾った水路風景や、おなじみの物件たちの様子をまとめてみました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 大横川 隅田川 神田川 日本橋川 朝潮運河 水上バス カワセミ 高架下水路 大島川水門