fc2ブログ

1月7日の水路風景…3

(『築地市場跡の陸閘たち』のつづき)

311046.jpg
陸閘たちを愛でた後は、大きく面舵を取って新月島川へ。片方の堰柱だけ補修されて色が変わり、通るたび、ちょっとかわいそうに思える浜前水門。両岸に高いビルが林立したこともあり、日陰になってしまうのは致し方のないところ。

311047.jpg
水門をくぐって左手、何度かお世話になった本橋発動機(勝鬨マリーナ)さんをふと見ると‥‥。えっ、桜が咲いてる! いや、梅かな? 何分1月もまだ初め、さすがにびっくりさせられました。

311048.jpg
朝潮運河、晴月橋をくぐりざま仰いで。まだ真新しい感じのするきれいな塗装で、「最高潮面上高さ2m」‥‥ああ、いいなあ。

通航艇に向けたメッセージの中でも多く、しかもバラエティに富んでいるのが橋の桁下高表記ですが、書体のせいか、これはほんわかと優しい感じ。この数字からA.P.に換算すると、桁下高はA.P.+4.1mになるのでしょうか。

311049.jpg
豊洲運河と東雲運河の交わるテラスの角、鵜さんが風に向かって、わさわさと得意気に羽を広げていました。しかし、今年の冬は水鳥が少ないなあ。私が通ったときだけで、今は例年どおり、たくさんの鳥たちが川や運河に群れているといいのですが。

311050.jpg東雲運河での恒例、艇の健康維持も兼ねてのトライアルでは、デッドフルで50.7km/h、27.38ktを発揮。まことに快調、1ヶ月ぶりの徘徊としては、まずまず満足できる結果とニンマリ。

帰港後はスクラビスで船底掃除をしたので、次回出港時もコンスタントにこのレベルが出せればいいですねえ‥‥。あとは「フジツボの当たり年」にならないことを祈るばかり。

(令和6年1月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 新月島川朝潮運河豊洲運河水辺の鳥たち浜前水門

1月7日のフネブネ…3

(『1月7日のフネブネ…2』のつづき)

311016.jpg
汐留川水門をくぐって浜離宮内水面に入ると、間近に迫ってくるのが「東京みなと丸」の船尾周り。3フロアある回廊は、全体にボリュームのあるゆったりとした造りで、船首側に続く窓配置も流れるよう。間違いなく瀟洒な大型クルーザーなのですが‥‥。

311017.jpg
船首側から見ると‥‥ええ‥‥船名の表記がいろんな意味で、すべてを微妙な雰囲気に引っ張っている気が(ごめんなさい)。

せめて、せめてですよ、アンカーレセスの右上にせっかくスペースがあるのですから、船名表記を移動してはいかがかと愚考するのですが。さらに文字サイズを大きくすればなおよろしいかと。

311018.jpg
新月島川に入って、あっ、そういえばしばらく中断していたなあと、コレを一枚スナップ。森田内燃機さん前の、クレーン車搭載赤錆バージの観察記録です(前回は一昨年10月『9月11日の水路風景…1』)。

一面サビサビなのはお変わりなく。潮位に合わせて水平に浮いているようなので、浸水擱座していないと思われ、人ごとながらホッとするのが失礼ながら毎度のパターン。放置というのとまた違うのでしょうが、こういう状態の船も都内水路からはほぼ一掃されたので、貴重な光景ではあります。

311019.jpg朝潮運河北端近く、東庄丸船隊の船溜で。整然ともやう大小の曳船すべてに、お正月の松飾りがされているのを目にし、清々しい気持ちに。

船首のビット、操舵室の後妻など、場所はそれぞれ異なりますが、一隻も残さず松が飾られているのを目にして、フネブネへの愛情が感じられほっこりとしたものです。年末に出られなかったので、水上の松の内の雰囲気がようやく味わえ、嬉しくなったものでした。

311020.jpg

撮影地点のMapion地図

(令和6年1月7日撮影)

(『1月7日のフネブネ…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 新月島川朝潮運河曳船

朝潮運河・新しい船着場と橋…2

(『朝潮運河・新しい船着場と橋…1』のつづき)

304031.jpg

304032.jpgくぐりながら愛でてゆくと‥‥パイプで組まれた構造と側面に張り出した装飾(といっていいんですよね?)が、形鋼組みとは違ったスマートな雰囲気を醸していて、路床裏の造りとともに軽快な感じがしました。

これ、斜材が中央からV字に配されていることから見て、プラットトラス‥‥なんですよね? 間違っていたらごめんなさい。


304033.jpg
くぐって東側から。陽光の塩梅もよろしく、交錯するディテールもくっきり。側面のウェーブは、橋詰から下がって橋脚の位置で底を打ち、ふたたび上がって中央で最高となる、シンメトリカルなレイアウトです。

304034.jpg
桁中央を振り返って。ウェーブを描く装飾、ライトアップの計画はあるのでしょうか。ライトを点々と並べるにせよ、桁下あたりから照らすやり方にせよ、なかなか瀟洒なものになりそうですね。

304035.jpg
東側から全景を収めて。両岸の空間を埋め尽くす勢いのビル群ともしっくりきながら、静かに存在感を主張している感のある印象。

さてこの人道橋、まだ名前が決まっていません。「朝潮運河に架かる橋の名称を募集します」(中央区)にありますが、10月1日から31日までの期間、名称を公募しているのでした。中央区民と区内に通勤・通学されている方限定ですので、残念ながら誰でも、というわけではありませんが、素敵な名前になることを願っています。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月18日撮影)

(『9月18日の晴海埠頭』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 朝潮運河

朝潮運河・新しい船着場と橋…1

(『9月18日のフネブネ…4』のつづき)

304026.jpg朝潮運河に入りました。以前も触れた、新しい人道橋が架橋されたと聞いたのと、同時に船着場が新規で設置されたと聞いたからです。

朝潮小橋、朝潮水門を通って北上。いや~、いつもながら、このタワマン林立の光景には圧倒されますわ‥‥。水門が小さく見えてしまいますよね。


304027.jpg
水門、黎明大橋をくぐった直後の眺め。すでに正面には新人道橋、左手に船着場も見えています。空模様、水面ともにコンディションが良好なときに訪ねられて、よござんした。

304028.jpg

304029.jpg船着場近影。全長40mはありそうなポンツン桟橋で、屋形だったら2隻は同時に繋留できそう。右手奥がテラスからの入口です。

中央にはお手洗いだか詰所なのか、両端を丸めた小さな建屋があるのは珍しいですね。3面に柵もしっかりめぐらされ、手堅くまとまっています。右はテラス設置の看板をズームでたぐったもの。「東京港防災船着場・朝潮運河船着場」が正式名称とみてよいでしょう。

304030.jpg
新人道橋が近づいてきました。構造が波を打つごとく曲線を描いている、何とも奇抜なデザインですが、天地が低くまとめられているせいか、ポニートラスのような感じも。ともあれ、下路式鋼橋には違いありますまい。初くぐりをしながら仰いで、愛でるとしましょうか。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月18日撮影)

(『朝潮運河・新しい船着場と橋…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 朝潮運河朝潮水門

10月23日の官船たち

(『築地大橋の怪物』のつづき)

288006.jpg
おなじみの"官船"たちのスナップほか、いくつかまとめます。天気がよいと、何を撮っても楽しいですね。

臨港消防署を少し引き気味に眺めて。降り注ぐ秋の陽射しに船橋構造物を輝かせて、「みやこどり」と「おおえど」が桟橋に憩うていました。背後のマンション群、足場がかかっていますがまだ選手村からの改装が竣工していないのでしょうか。

288007.jpg
同じ「みやこどり」でも、こちらは湾岸署の警備艇。豊洲運河水上派出所の前にもやう、これもおなじみの光景です。

並みいる派出署の中でも、ここは陸上の交番に最も近い雰囲気を持つ建物。スマートな警備艇と、今や古風といってよい"交番"のミスマッチ感、何度目にしても味わいがあります。

288008.jpg艇を進めると、魚が水面からピョンピョンと跳ねる東雲北運河をゆるゆる歩かせて、墨田川造船へ。先月進水した巡視艇、「しゃちかぜ」の艤装はどうでしょうか。

暁橋越しに眺めた艤装桟橋‥‥黒く塗り上げられたポンツン「すみだ7」にもやった「しゃちかぜ」、船尾から見るとまだ喫水が浅くて、水線下の船底塗色が目立ちますね。


288009.jpg

288010.jpg「しゃちかぜ」、先月25日とくらべると、甲板室の下塗りがほぼ完了したようで、一面グレーになっていました。

建屋のシャッターが開いており、建造中の艇をチラ見‥‥。船体の塗装が済んだ進水間近の艇、トランサムの船名は「きくかぜ」と読めました。右手にももう一隻、建造中の未塗装船体が見えますね。
撮影地点のMapion地図

(令和4年10月23日撮影)

(『綾瀬新橋に行こうとしたら…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 朝潮運河東雲運河東雲北運河消防艇警備艇巡視艇墨田川造船