fc2ブログ

8月22日の水路風景…4

(『8月22日の水路風景…3』のつづき)

270016.jpg第一航路を終端まで北上、晴海埠頭が見えてくると、そこには先月とほとんど変わらない「晴海の堅陣」が。

オリンピックの閉会式を見て、「ああ、これであの巡視船たちともお別れだな‥‥」などとたそがれていたのですから、うかつにもほどがあります。パラリンピックがあることを、すっかり忘れていたのでした。



270017.jpg有明西運河に足を向けてみたら、こちらは変化がありました。測量船が一隻だけ、戻ってきていたのです。「海洋」ですね。

このバースが、元のとおり測量船が並ぶようになったら、五輪も終わったと実感するんだろうなあ、と思っていたので、その伝でゆけば少しだけ、日常に近づいたことになりますね。

270018.jpg
「海洋」の後ろに接岸していたのは、巡視船「みなべ」。南方熊楠が後半生を過ごしたことでも知られる、田辺海上保安部からの来航。油船でしょうか、「優光丸」という船を横付けして、監視取締艇「ありえす」とともに補給作業中でした。

270019.jpg
先ほど通り過ぎたPWCフリートを追ってゆくような形で、警備艇「すいせん」がプレーニングで航過。勇壮ないい後姿がものにできましたが、この噴流ですから引き波も結構なもので、護岸からの反射波とダブルパンチ。まあガブられました。

270020.jpg
有明西運河を出ると、第一航路から3隻の巡視艇が、単縦陣で入港してくるところに出くわしました。そのうちの一隻、「ひめざくら」をスナップ。何度も似たようなことをいって恐縮ですが、簡素な居住設備しか持たない小型艇が、遠路姫路より駆けつけてくれた‥‥というだけで、視線が熱を帯びてしまうのでした。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 有明西運河 東京港 巡視船 巡視艇 警備艇

7月23日の水路風景…2

(『7月23日の水路風景…1』のつづき)

269076.jpg有明西運河の南口、あけみ橋が視界に入ってきたときのことです。耐震補強工事をしているのか、橋脚の一本に台船が取り付き、左手には警戒船が見られました。

ふと気になったのは、径間中央あたりの高欄に掲げられていた、一対の黄色い縦長の看板。通航船向けメッセージとしてはサイズが小さすぎるようだし、航路幅を示す矢印でも書いてあるのかしら、と思っていると‥‥。

269077.jpg
イヤ、結構字数が多いですね‥‥。内容は了解しているであろう作業船向けとはいえ、この高さにこのサイズでこの字数はないだろうと、異様の感に打たれたことではありました。

269078.jpg
有明西運河の橋梁過密区間を抜けて、晴海の巡視船群を遠望したあたり。むくむくと湧き上がる雲塊が見事で、舵を握りながらほれぼれと仰いだものでした。

昨日22日と同様暑さは実に厳しく、塩タブレットをかじり、お茶をがぶ飲みしながらしのぐありさまでしたが、巡視船艇とともにこういう爽快な夏空を見ると、本当に出てよかったと思えたものです。

269079.jpgお台場周辺の警備ぶりを拝見していたとき、本船の入港がありました。船名は「興山丸」、ファンネルに書かれているとおり、宇部興産海運の運航するセメント運搬船です。

詳しいスペックは「セメント専用船 興山丸」(宇部興産海運株式会社)をご覧ください。14,902総t、全長160.9mの威容、あたりを払う迫力ですね!

269080.jpg
前後しますが、第一航路と芝浦をめぐった後、京浜運河北口から出たときのスナップ。「興山丸」がちょうど、芝浦埠頭に接岸するところでした。

高層ビルひしめく都心をバックに、もやいを取る巨大船の後姿! 排気でマストのあたりがうっすら霞むのも風情があって、東京港らしい、実にいいシーンに出くわせたものだと思ったものでした。
撮影地点のMapion地図

(令和3年7月23日撮影)

(『7月23日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 有明西運河 東京港

五輪警備下の東京水路!…8

(『五輪警備下の東京水路!…7』のつづき)

269036.jpg
有明西運河では、昨日の「よしの」に代わり、同型であるPM34「ちくご」が接岸中でした。軍港・佐世保からの来航、お疲れさまです。

同型船が同じか近いバースに配置されて、ローテーションで巡回させるとか、何か決まりがあるのでしょうか。

269037.jpg

269038.jpg有明西運河北口、レインボーブリッジの取り付け道路直下から望んだ晴海の堅陣。夏らしい雲が爽快ですね。少なくともH1・H2バースの繋留船艇は、昨日と変わりないようでした。

港内に出ると、監視取締艇・SS35「ぽるっくす」が、豊洲南端に張り付くようにして警備中。この艇、何と宇部から来たんだそう! 独航してきたんでしょうか?

269039.jpg
第一航路に出ようとそのまま港内を進むと、横須賀から来たPC32「はたぐも」(64総t)が警戒に当たっていました。平成24年に墨田川造船で竣工した江戸っ子です。

この日は好天とあって、プレジャーやPWCの航行も少なくなく、警備陣は緊張を強いられたのではないでしょうか。迷惑をかけないよう、航行自粛エリアにはもちろん近づかず、海保船艇が遊弋するところからは、なるべく距離を取って移動しています。

269040.jpg台場の内水面はトライアスロンのコースとなったこともあり、完全封鎖。周囲も航行自粛海域とあって、警戒ぶりが気になります。

第一航路から遠巻きに眺めたところ、昨日見た「あわかぜ」と同型の、水島から来たCL53「きびかぜ」のみ。ほか民間のものらしい警戒船が一隻漂泊していました。

(令和3年7月23日撮影)

(『五輪警備下の東京水路!…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 有明西運河 東京港 巡視艇 巡視船 監視取締艇

五輪警備下の東京水路!…2

(『五輪警備下の東京水路!…1』のつづき)

269006.jpg

269007.jpg北上し別の水域へ向かおうとしていたら、一隻の巡視船が南下してくるのを発見。針路を東へふくらませ、距離を取りながら眺めていたら‥‥PM56「きたかみ」(650総t)! 釜石海上保安部からの船ですね。

正横に来たところでもう1枚。おや、舷側がすすけたように黒くなっていますね。確か排気は船尾のはず‥‥。もしかして、装載艇である複合艇を、警備のため頻繁に降ろしているせいでしょうか。

269008.jpg
船首に多銃身機銃を構えた、精悍そのものの姿! しばらく留まって、ゲートブリッジをくぐる後姿を見送りつつ一枚ものすると、右に転舵した航跡が白く伸びて、印象的な一枚に。

う~ん、この角度から見ると、船尾排気とあって、トランサムが薄黒くすすけているのに目が行ってしまう‥‥。乗り組みさんのご苦労がしのばれますね。

269009.jpg
「きたかみ」と別れ、10号地の東を目指して北上。フェリー埠頭とビッグサイトの間は停留自粛海域、すなわち速やかに通航しなければならないエリア。ビッグサイトの東は、広い範囲で航行自粛海域です。

フェリー埠頭に沿って入港しつつあるのは、松山から来たPM54「いよ」。奇しくも先ほどの「きたかみ」と同型船です。東北や四国という遠方から、本当にご苦労さまです‥‥。

この後、ビックサイトの東、曙運河、東雲運河と、航行自粛・停留自粛のエリアを見て回ったものの、この時点では警備船艇が見られなかったので、東雲運河から港内へ出ることにしました。

269010.jpg
港内へ出た瞬間の衝撃は次回にゆずるとして、先に有明西運河の様子を。いつもなら3隻並んでいる、測量船たちは警備の都合かすべて引き払っており、巡視船が一隻もやっていました。徳島所属のPM27、「よしの」(335総t)です。

小柄ながら35ktオーバーの俊足を誇る韋駄天の、実にシャープなサイドビュー! いや、こうも次々と、普段目にできない船艇が拝見できる幸せ、一生に一度の目の正月というか、一生分の運を浪費しているような、妙な気分にさせられます‥‥。

(令和3年7月22日撮影)

(『五輪警備下の東京水路!…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 巡視船 有明西運河

5月4日のフネブネ

(『5月4日の中防水路・東側水門』のつづき)

265011.jpg
5月4日に出会ったフネブネのまとめを。
砂町運河を東航する曳船「春日丸」と台船「タツミ11号」。「春日丸」はこのあたりで何度も顔を合わせているおなじみさん。重々しい爆音を響かせて、悠揚迫らぬ姿で仕事をこなしていました。

265012.jpg中防から北上して有明西運河に入ると、橋脚の向こうを、東京港埠頭(株)の黄色い清掃船が同航しているのに気づきました。

何分、橋梁過密水路といっていい橋の「密」ぶりとて‥‥、この一群をくぐり終わってから、改めて一枚ものしましょう。


265013.jpg
船名は「第六清海丸」でした。あいかわらず鮮やかな船体色、汚れも見られず美しいもので、まめにお手入れされているようですね。

左舷に片寄せた操舵室が業務船然として、またチャームポイントでもありますが、居住性はどうでしょう。都の清掃船とくらべると、やはり少々窮屈な感じは否めません。

265014.jpg隅田川派川では「アーバンランチⅢ」と行逢。同じ日のうちに、清掃船、アーバンランチとカタマランに連続して出会えたのは珍しいかもしれません。

右奥には、豊洲運河から現われたPWCのフリートが、白波を蹴立てて向かってくるさまも写っています。穏やかでよい日和とくれば、水路散歩に繰り出す面々も増え、賑やかになりますね。

265015.jpg
木村造船所の前を通ると、建屋内の上架船は古豪らしいスタイルの曳船。あれ? 令和元年10月に、ここで上架されていて水線下の艶っぽさに見とれた曳船と、同じ船じゃないですか!

ファンネルの色や形状、甲板室の形からして、まず間違いありません。いや、あいかわらず魅力的ですね。今回は特にビルジキールと、その曲面の向こうに回り込んだあたりの様子に惹かれて、ほれぼれと見入ったものでした。

(令和3年5月4日撮影)

(次項につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 有明西運河 隅田川派川 東雲北運河 曳船 台船 清掃船