FC2ブログ

7月12日の運河風景…5

(『「東京みなと丸」拝見!』のつづき)

253031.jpg
浜離宮の北東角を左折し、築地川の軸線に入ったところで、まあ、ガックリきました。フェンスで閉塞されている‥‥。

水面は見たところ奥まで平穏そのもので、特に大きい工事もしていないようなのに、これはどういうことでしょう。近々工事が始まるのでしょうか。南門橋との再度の逢瀬は、これでかなわなくなってしまいました。

253032.jpg
遠くで長声2発が聞こえたので、水上バスの進入を察して急いでフェンス前を離れ、邪魔にならないよう築地川水門の右側へ。間もなく、「リバータウン」が姿を現わしました。

この角度から進入シーンを眺めると、幅に余裕がないこともあってか、ズルズル‥‥と這い出てくる感じがして、ちょっと面白いものですね。

253033.jpg浜離宮を離れてから隅田川を遡上し、月島川水門の前に新しく架かった人道橋を拝見。

桁下高を確保するためとはいえ、前後の取り付け道路が実に長大で、テラスを圧迫しているのが目立ちますね。表面は周りと揃えた石板張り風で、落ち着いた雰囲気に仕上がっていましたが。


253034.jpg
ほぼ正面から。太鼓に反った橋というのは、シンプルな鋼桁橋でも見た目が柔らかい感じでよいものです。

水門への見通しが桁で少し悪くなったとはいえ、信号を橋の側面にも設けるとは。巻上機室、扉体前、そして橋にと3つも。賑やかなことになりましたね。

253035.jpg桁の右側に銘板らしいものが見えたので、流速で流されるのをだましながら近づいて、何とか撮れたのがこれ。ボケてしまいましたが、かろうじて判読はできます。

正式名称は「月島川水門テラス連絡橋」、製作は矢田工業とのこと。もう供用されたでしょうか。川面と水門が堪能できるスポット、ぜひ一度お散歩に訪れてみたいものですね。
撮影地点のMapion地図

(令和2年7月12日撮影)

(『7月12日の運河風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 築地川 築地川水門 隅田川 月島川水門 水上バス 浜離宮

3月15日の月島川

(『3月15日の朝潮運河』のつづき)

247031.jpg心地よい“船いきれ”を感じながら、ゆるゆると微速航行。旧海軍内火艇のなれの果て(右の屋形の間にチラッと見える青いの)の桟橋で知られる、月島橋をくぐろうとしたら、橋上に立つ男性から声をかけられました。

びっくりして顔を上げると、何とZEN船長! これからご出勤でしょうか、しばらく言葉を交わしましたが、観光船はコロナ禍もあって大変厳しいとのこと。

何分少し前に、屋形のお客さんから感染者が出てしまったこともあるのでしょう。お声がけいただき、ありがとうございました。どうかお身体に気を付けてご安航を‥‥。

247032.jpg
ZEN船長とお別れして、ふたたび船溜を眺めながら歩かせるひととき。この区間は、階段状の護岸が早くから整備されていたので、水辺を求めて散策する人が少なくありません。

このときも、釣りをする親子、護岸に座ってのんびりする人と、結構な人出。桜並木は、残念ながらこちらも開花なしでしたが。

247033.jpg
西仲橋を見上げて。桁側面に施されたコルゲート状の装飾、抑えた感じながら鋼製構造物らしい滋味がよく出て、まだ真新しい塗装の肌もあいまって、素敵ですね。

西仲橋、「西仲橋の架け替え」、「12月2日の川景色…1」と、改架工事中の様子を観察した写真があります、ご参考まで。

247034.jpg
改装後の月島川水門は、すでに何度か触れていますが、巻上機室周りのデザインが変更されたことにより、かつてはしっくり来ていた独特の楕円断面の堰柱がスポイルされてしまい、少々惜しいところではあります。

左の堰柱には銘板も埋め込まれていたのですが、電光掲示板を設けた関係か、撤去されてしまったようですね。「12月2日の川景色…1」の写真と、くらべてみてください。

247035.jpg水門をくぐって隅田川へ出てみると、テラスが工事中でした。タイルを張ったテラス上に立つ構造物は、人道橋の橋脚だそう。

大島川水門の前にも同じものが造られていましたよね。橋が架かると、水門が正面から拝めなくなってしまうので、写真をものしたい方は、お早めにされた方がいいかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日の新月島川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川 月島川水門

2月10日の水路風景…5

(『2月10日の水路風景…4』のつづき)

231021.jpg
隅田川を横断して、月島川に入ろうと月島川水門をくぐって。

改修前は巻上機室、堰柱とも丸みを帯びたデザインで揃えられ、優しげな印象でしたが、今はご覧のとおり補強の筋交が目立ち、巻上機室も角ばったものが載り、一変していかついイメージに。

231022.jpg以前から気になっていた船、「鶴吉丸」。通船‥‥と呼んでよいのでしょうか。

船体は一本ミヨシの和船タイプながら、甲板室、操舵室、船尾のベンチと後付け感がありありとうかがえ、さらに船体はバルジ様の増幅を図ったように見えますね。装載艇? も伏せられていて、「全部載せ」といった賑やかさです。

231023.jpg
「鶴吉丸」の少し先、角材を組んだ桟橋状では、赤い頭のホシハジロ君たちがお出迎え。

平たくツブれてくつろいでいる可愛らしい姿、手前の数羽が一様にこちらを向いて座っていて、どこか審査員のようで微笑ましいものがありました。前を通るフネブネの品評会をしているのでしょうか、よい評価をいただけるように、スロットルを一杯にしぼって、行儀よく通りましょう。

231024.jpg朝潮運河に出てから右へ折れれば、おなじみ臨港消防署。新造船「おおえど」をはじめ、庁舎前にもやう消防船艇の船体色は、いつ見ても鮮やかできれいですね。

オリンピックに備えて急ピッチでビルの建設が進み、晴海埠頭は今や工事たけなわ。臨港署もしばらく落ち着かない日々が続きそうです。

231025.jpg
最後は墨田川造船前を訪ね、艤装中の巡視艇「うみぎり」の進捗を眺めてゆくことに。

12月30日に見てから1ヶ月と11日余り、外見はほとんど変化がないように感じられましたが、きっと内部の工作をされているのだろうと、勝手に解釈。ウォータージェットのノズル周りがこんな間近で見られることは、艤装中を置いて他にないでしょうから、貴重な機会だと思い、接近して堪能させていただきました。

(31年2月10日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川 朝潮運河 東雲北運河 月島川水門 消防艇 巡視艇

フジテレビ「ノンストップ!」に…

204041.jpgフジテレビの情報番組「ノンストップ!」よりお声掛けいただき、5月2日放送のゴールデンウィーク企画「東京再発見! 水路の旅」の解説役として出演してまいりました。

アガリ症は治癒する気配を見せず、相も変わらずお恥ずかしいかぎりではありましたが、それでもロケの道々に、合間を見ていくつかスナップをものすることができました。以下、お目汚しまで掲げさせていただきます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 隅田川 日本橋川 曳船 月島川水門 高架下水路

7月10日の水路風景…14

(『7月10日の水路風景…13』のつづき)

194066.jpg月島のバースを出て本流に戻り、勝鬨橋の中央径間をくぐると、いつもながら隅田川にやって来た実感がわき上がります。

道々、引っかかってばかりで忘れかけそうでしたが、工事中の水門たちの様子を見に来たのでした。どういうわけだか、隅田川東岸の水門群は、軒並み更新工事中。どれも顔なじみの水門ときていますから、気にならないはずはありません。

194067.jpg
その一つ目、月島川水門が見えてきました。おお、扉体が巻き上げられるスペースを挟む形で、筋交を入れたのですね! 

水門の更新工事はいくつか見てきましたが、このタイプは初めて。対岸から見てもさぞ目立つことでしょう、巻上機室のデザインも含めて、完成が楽しみになりました。

194068.jpg
正面にはクレーン台船が陣取っているので、少し上流側からも通り過ぎざま一枚。左側、管理棟はほぼ完成しているようですね。

しかしこの筋交、見た目は頼もしい感じでよいものの、この水門のみに採用された理由は、何かあるのでしょうか。

194069.jpg続いて、前回通ったときは構造がすっかり取り払われ、径間を角落しで塞いであった佃島の住吉水門。こちらは完成状態で、更新後の初邂逅となりました。

更新前と同じく、鉄骨組みのどこか軽快な面持ち。グレー系の塗色にチョイ、チョイと朱を引いたのが控え目なお洒落のようで、水門の小ささと併せ、いじらしい感じがしたものです。


194070.jpg
例によって、正面からいいお顔を、と思ったら、あんまりうまく撮れなかった‥‥。やはり水門は、冬の抜けるような青空と、鋭い陽光のもとで愛でたいものであります。

何より目を引かれるのが、どうやら電灯を仕込んだ行灯式とおぼしき銘板。しかも書体が勘亭流っぽいですね。塗色と合わせて、江戸風味を狙ったのっかしら。管理棟も水門に似て、こぢんまりと可愛らしいものですが、こちらの書体は普通のゴシック系でした。

ところで、上下流から延伸してきて、水門に迫りつつあるテラス、どのように処理されるのでしょう。極小の可動橋でも設けて、艇が出入りするときは把手を引いてセルフ操作、モーターライズされた小橋が跳ね上がる‥‥なんてことになったら面白いナ、などと妄想してしまいました。
撮影地点のMapion地図

(28年7月10日撮影)

(『7月10日の水路風景…15』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川水門 住吉水門 隅田川 台船