FC2ブログ

3月15日のフネブネ…1

(『3月15日の臨港消防署』のつづき)

247051.jpg3月15日の道々で目にしたフネブネのスナップをば。朝潮運河の曳船溜からまいりましょう。

ここは曳船というより、押船仕様のゴツイ船首を持った船が多いのですが、割とノーマルな豆曳船もおります。その中の一隻「三十八東庄丸」。この船社の船は、黒の舷側色と赤い船底色で揃えているのが渋いですね。しかし、エンジンケーシングの左舷側面に、ニョッキリ排気管が突き出ているのは、どうも‥‥。乗っている人もツラそうです。

247052.jpg
同じ船溜で、対照的に軽快そうな塗装の「UTSUMI60」。この押船、「8月11日のフネブネ」で、豊洲運河で走っていたのに行逢したことがあります。スイング式の可動式操舵室をいっぱいに上げてバージを押しているところ、見てみたいものですね。

247053.jpg
朝潮運河から月島川に入ってすぐ、中川船舶の「七号千羽丸」とその向こう、舷を接してもやう「十七号千羽丸」。古典味あふれる外観ながら、ブルーの塗装が小粋ですね。

船首のタイヤフェンダーがまさに鈴なりで、よく見ると三重になっているところもありました。曳くだけでなく、台船の舷側を押したりする役割が多いことを思わせます。

247054.jpg

247055.jpg朝潮運河の南口を定繋地とするこれも顔なじみ、海洋大の練習船「汐路丸」(425総t)。

平甲板に、主な上部構造物は船橋周りだけ。こじんまりとまとまったバランスの良い外観と、美しく塗り上げられた舷側が落ち着いた魅力を醸し出していて、通るたびに惹かれる存在です。


(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 月島川 曳船

3月15日の月島川

(『3月15日の朝潮運河』のつづき)

247031.jpg心地よい“船いきれ”を感じながら、ゆるゆると微速航行。旧海軍内火艇のなれの果て(右の屋形の間にチラッと見える青いの)の桟橋で知られる、月島橋をくぐろうとしたら、橋上に立つ男性から声をかけられました。

びっくりして顔を上げると、何とZEN船長! これからご出勤でしょうか、しばらく言葉を交わしましたが、観光船はコロナ禍もあって大変厳しいとのこと。

何分少し前に、屋形のお客さんから感染者が出てしまったこともあるのでしょう。お声がけいただき、ありがとうございました。どうかお身体に気を付けてご安航を‥‥。

247032.jpg
ZEN船長とお別れして、ふたたび船溜を眺めながら歩かせるひととき。この区間は、階段状の護岸が早くから整備されていたので、水辺を求めて散策する人が少なくありません。

このときも、釣りをする親子、護岸に座ってのんびりする人と、結構な人出。桜並木は、残念ながらこちらも開花なしでしたが。

247033.jpg
西仲橋を見上げて。桁側面に施されたコルゲート状の装飾、抑えた感じながら鋼製構造物らしい滋味がよく出て、まだ真新しい塗装の肌もあいまって、素敵ですね。

西仲橋、「西仲橋の架け替え」、「12月2日の川景色…1」と、改架工事中の様子を観察した写真があります、ご参考まで。

247034.jpg
改装後の月島川水門は、すでに何度か触れていますが、巻上機室周りのデザインが変更されたことにより、かつてはしっくり来ていた独特の楕円断面の堰柱がスポイルされてしまい、少々惜しいところではあります。

左の堰柱には銘板も埋め込まれていたのですが、電光掲示板を設けた関係か、撤去されてしまったようですね。「12月2日の川景色…1」の写真と、くらべてみてください。

247035.jpg水門をくぐって隅田川へ出てみると、テラスが工事中でした。タイルを張ったテラス上に立つ構造物は、人道橋の橋脚だそう。

大島川水門の前にも同じものが造られていましたよね。橋が架かると、水門が正面から拝めなくなってしまうので、写真をものしたい方は、お早めにされた方がいいかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日の新月島川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川 月島川水門

3月15日の朝潮運河

(『3月15日の常磐橋』のつづき)

247026.jpg
日本橋川を出た後は、月島周辺の水路を散歩して回ろうと、まず朝潮運河に入ってみることにしました。佃水門はお変わりなく、堂々たる面持ち。径間の向こう、「あさしおおおはし」の「おおお」にいつも目がいってしまう‥‥。

247027.jpg
朝潮大橋~朝潮橋間の南東岸、首都大東京に沿って伸びる曳船の船溜‥‥。黎明橋の筏屋さんが亡き後は、この運河で唯一の船溜となってしまいました。

再開発で両岸周りはきれいになったとはいえ、寂しいことではありますが、クレーンつき倉庫も全滅した今、この船溜があることでかろうじて「運河」の名実が保たれているような気がして、熱い視線を送ってしまうのです。

247028.jpg朝潮運河でもう一つのお気に入り、電路橋だか水管橋だかの可愛らしいトラス。こちらもお変わりなく。

断面の小さいわりに頑丈そうな外観で、それこそ模型列車でも走らせたら、しっくり来そうな風情なのに惹かれています。落橋防止のチェーンも後付けされて安心。上でツブれているカモメさんには、格好の休憩場所のようですね。

247029.jpg

247030.jpg丁字流を右折して、月島川へ。朝潮運河の繋留船が、一部を除いてほぼ一掃された後も、一本入れば“船いきれ”濃厚になってくるあたり、何やら不思議な感じがします。

月島付近で最も歴史のある水路であり、護岸も昔のまま手が入っておらず、沿岸に戸建てが多いなど地先感が薄いのも魅力の一つですよね。
撮影地点のMapion地図

(令和2年3月15日撮影)

(『3月15日の月島川』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 月島川 佃水門 曳船

2月10日の水路風景…5

(『2月10日の水路風景…4』のつづき)

231021.jpg
隅田川を横断して、月島川に入ろうと月島川水門をくぐって。

改修前は巻上機室、堰柱とも丸みを帯びたデザインで揃えられ、優しげな印象でしたが、今はご覧のとおり補強の筋交が目立ち、巻上機室も角ばったものが載り、一変していかついイメージに。

231022.jpg以前から気になっていた船、「鶴吉丸」。通船‥‥と呼んでよいのでしょうか。

船体は一本ミヨシの和船タイプながら、甲板室、操舵室、船尾のベンチと後付け感がありありとうかがえ、さらに船体はバルジ様の増幅を図ったように見えますね。装載艇? も伏せられていて、「全部載せ」といった賑やかさです。

231023.jpg
「鶴吉丸」の少し先、角材を組んだ桟橋状では、赤い頭のホシハジロ君たちがお出迎え。

平たくツブれてくつろいでいる可愛らしい姿、手前の数羽が一様にこちらを向いて座っていて、どこか審査員のようで微笑ましいものがありました。前を通るフネブネの品評会をしているのでしょうか、よい評価をいただけるように、スロットルを一杯にしぼって、行儀よく通りましょう。

231024.jpg朝潮運河に出てから右へ折れれば、おなじみ臨港消防署。新造船「おおえど」をはじめ、庁舎前にもやう消防船艇の船体色は、いつ見ても鮮やかできれいですね。

オリンピックに備えて急ピッチでビルの建設が進み、晴海埠頭は今や工事たけなわ。臨港署もしばらく落ち着かない日々が続きそうです。

231025.jpg
最後は墨田川造船前を訪ね、艤装中の巡視艇「うみぎり」の進捗を眺めてゆくことに。

12月30日に見てから1ヶ月と11日余り、外見はほとんど変化がないように感じられましたが、きっと内部の工作をされているのだろうと、勝手に解釈。ウォータージェットのノズル周りがこんな間近で見られることは、艤装中を置いて他にないでしょうから、貴重な機会だと思い、接近して堪能させていただきました。

(31年2月10日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川 朝潮運河 東雲北運河 月島川水門 消防艇 巡視艇

珍物二題

昨年、道々に見かけたものから、落ち穂拾い的に二つほどご覧に入れます。

旧海軍内火艇の生き残り?
165024.jpgその筋ではすでに有名な、月島川で桟橋として生き残っている、旧海軍の内火艇(うちびてい、艦載の内燃機関付きボート)の船体。ウェブ上のレポートでは、「月島川・15メートル内火艇」(依代之譜 帝國陸海軍現存兵器一覧)あたりがはしりでしょうか。

先ほどツイッター検索(内火艇 月島)してみたら、お話がだいぶふくらんでおり、有名主力艦の装載艇説まで飛び出すなど、真偽のほどはさておき、相変わらず注目されているようですね。

さて、木っ端ブネ乗りとしても、水上から間近に眺めてみたいのはやまやまではあるものの、桟橋として今なお現役ともなれば‥‥。

165025.jpg
直近の結果もご覧のとおりで、ブルーに塗られた船尾のほんの一部がチラ見できる程度。残念ながら、屋形船船隊の出港時にはいまだ出くわせていません。見たところ、FRP被覆されているようですので、当分は桟橋として元気でいてくれるでしょうから、あせらず機会を待つこととしましょう。

念のため、船宿さんの所有ですので、くれぐれも勝手に立ち入ったりしないよう、また橋上では、通行の方の迷惑にならないよう、鑑賞の際はお気をつけて‥‥。

運河上を走るトロッコ?
165026.jpg
イグアナクレーンもほど近い、汐見運河の南岸はテラスの工事中で、重機を載せた台船がもやい、錆色の鋼管矢板が護岸沿いにずらりと打ち込まれています。何とはなしにそのさまを眺めていたら、矢板の上にこんなものが‥‥。

2本のI形鋼を組んだレールの上に載った、2軸のトロッコ。それだけなら「ふ~ん」で済んでしまうところ、右の一軸にスプロケットとチェーンがからんでいるのに気づいて、思わずスロットルを戻しました。これ、自走できるんだ!

165027.jpg見たところ、排水ポンプを載せているようでしたから、鋼管の中を一本一本、移動しながら排水して回るためのものなのでしょう。工程上、何の変哲もないといってしまえばそれまでなのですが‥‥。

このチープな車輌が、危なっかしい水面上の線路を、曲がりなりにも自力でごろごろと動いているシーンを想像しただけで、かつての土工用トロッコや、農業用モノレールのたぐいと近いテイストを感じて、惹かれてしまうのでした。こちらも休日だったせいで、運行中(?)の姿は拝めていません。

(26年12月21日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川 汐見運河