4月20日の水路風景…3

(『4月20日の水路風景…2』のつづき)

205011.jpg
小名木川に入るとさすが平日、土運船をかたわらに従えて、浚渫船が作業の真っ最中でした。16日にも見た、「61号千羽丸」でしょうか。

205012.jpg
そして扇橋閘門。ああ、こんなに短いスパンで通航できて嬉しい! この日は前扉を上げて待ってくれていたので、水鏡に映るゲートと閘室を撮ることができました。閘室を出て、水位低下化水域に入ってみると‥‥。

205013.jpg
おお、先ほど砂町運河で出会った、「第八兄弟丸」が! 荒川経由で閘門様を通り、恐らく横十間川にバージを届けて、一隻での帰り道でしょう。塗装してまだ間がないのか、乾舷の青だけでなく、船底色も鮮やかです。

205014.jpgテラス工事が進む横十間川、首都高小松川線をくぐった北側で、コンクリートを打っているところを一枚。見たところ、まだ生っぽい感じですが、コンクリでなく砂を充填しているだけかな?

ここ、少し前まで艇庫(過去ログ『ちょっとお散歩…2』参照)があったんですけれど、撤去されて更地になったようですね。


205015.jpg水位低下化河川をひとめぐりし、再び隅田川へ戻ってきたところ。ちょうど大きな曳船が、曳いてきた台船を、小さな曳船にバトンタッチするシーンが見られました。

台船に積まれていたのは、長大な鋼管矢板。小名木川西半部の護岸工事に使う資材に、違いありません。上下航船が引きも切らない中、手際よく曳索を引き継ぐ技、見ていて気持ちのよいものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 横十間川 江東内部河川 水位低下化河川 扇橋閘門 閘門 曳船

4月20日の水路風景…1

205001.jpg
4月20日、お手伝いで近場をめぐった折のスナップです。何度も触れたように、業務船の活躍する姿は、平日でなくては目にできないもの。お手伝いの合間を縫って、魅力的な船影や水路風景を拾うことができました。

205002.jpgまずは砂町運河で出会った船影2題。おなじみガット船(プッシャーバージ)が、荷を降ろし舷側を高々と上げ出港してゆく姿。船名は「雄大」それとも「大雄」? 鯨の頭のような船首が印象的で、スカイツリーも背景に入って、最近ではお気に入りの一枚となりました。

東航してきたのは、バージを懸命に曳く豆タグ、「第八兄弟丸」。バージの錆色と、曳船のきれいなブルーが対照的でした。

205003.jpg
曙北運河から左折、汐見運河に入ったところで、新イグアナクレーンが西に移動しているのを発見。さらにクレーンの直下には、黒いバージの姿が!

「新クレーンの稼働時に、初めて出くわしたか?」と、ハフハフするほどテンション急上昇。もっとも近づくにつれて、その気持ちは微妙に萎えたものに。なぜかというと‥‥。

205004.jpg
職員の皆さんの姿がどこにも見えず、バージの喫水もすっかり上がっていて、荷役が終わったのは明らかだったからです。

まあ、ここは新クレーン君の仕事の残り香だけでも、よしとしなければならないでしょう。手入れのよさそうな、黒々としたバージを前に、刷毛で刷いたような、さっとした筋雲を背負った新イグアナクレーン、どこか爽やかな表情です。

205005.jpg少し飛びますが、日本橋川はJR新常盤橋上流です。「2月19日の日本橋川…2」で触れた、架設中の新しい人道橋、スマートな箱桁が架かっていました。

あのハデハデな桁は、やはり仮設桁だったようです。しかし、こうして上流側から見ると、新常盤橋の動輪エンブレム、人道橋からバッチリ観察できそうですね。今まで船上からしか見られなかった物件だけに、ちょっとした土木観光スポットになるかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(29年4月20日撮影)

(『4月20日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 汐見運河 日本橋川 高架下水路 イグアナクレーン 曳船

フジテレビ「ノンストップ!」に…

204041.jpgフジテレビの情報番組「ノンストップ!」よりお声掛けいただき、5月2日放送のゴールデンウィーク企画「東京再発見! 水路の旅」の解説役として出演してまいりました。

アガリ症は治癒する気配を見せず、相も変わらずお恥ずかしいかぎりではありましたが、それでもロケの道々に、合間を見ていくつかスナップをものすることができました。以下、お目汚しまで掲げさせていただきます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 隅田川 日本橋川 曳船 月島川水門 高架下水路

2月26日の運河風景…2

(『2月26日の運河風景…1』のつづき)

203006.jpg船長にお話をうかがいつつ、最前列席から眺める新芝運河。普通の部屋っぽい(?)内装の質感のせいか、大きな窓越しに流れてゆく運河風景が、何だかとても新鮮。

いつもなら、行き足なりの風を顔に受けるという、感覚の先入観が新鮮さを感じさせるのでしょう。よく効いた暖房にヌクヌクしながら、川景色を見られるというだけで特別なことに思えてしまうあたり、何とも安上がりではあります。

203007.jpg
新芝北運河との十字流に入ったところで、撮影のためいったん停止したので、船尾に出てみました。改架成った、新しい鹿島橋を撮っておこうと思って(前回、工事中の光景は『7月10日の水路風景…6』参照)。

見るからに軽快そのものの桁と、がっしりと頼もしそうな橋台。戦前の鈑桁橋がなくなったのは残念ですが、一径間となり間口が広くなったことで、奥の船溜にもやうフネブネも出入りがしやすくなったでしょう。今度自艇で訪ねたら、初くぐりしてみよう。

203008.jpg提案させていただいたのは「一筆書きコース」でしたから、新芝北運河→芝浦西運河→新芝南運河→新芝運河‥‥と、扇の中骨を縫うような形で、高浜西運河へ出るつもりだったのですが!

新芝南運河を、新芝運河との丁字流まで出たところ、テラスの柵にご覧の横断幕が掲げられていました。ありゃりゃ、高浜西運河には抜けられないのかしら?



203009.jpg
左に目を向ければ‥‥ううむ、警戒船が腰を据えていますねえ。せめて「喰われるトラス」・芝浦橋だけでもご紹介できればと、警戒船にお願いして、途中まで入れてもらうことも考えたものの、ここで船長からご意見が。

船長によると、新芝運河~高浜西運河の接続部は浅く、本艇での通航は不可とのこと。なるほど、小さな私の艇では余裕しゃくしゃくでも、この艇の上部構造や船体規模を考えたら、ずっと喫水は深いに違いありません。安全第一、ここは大事を取っておきましょう。

203010.jpg
ふたたび芝浦西運河に戻ったところで、ちょうど視界に入った、好みのタイプの曳船を一枚。塗色は色褪せて錆が浮き、もう長い間動いていないようですね。

さまざまな意味で厳しい都内の内水では、貴重となった寂寥感あふれる風景。もやわれたまま、静かに朽ちつつあるフネブネがそこここで見られたのは、ついこの間のことのように思えたのですが、今や珍しく感じられるほどになりました。

(29年2月26日撮影)

(『2月26日の運河風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝運河 新芝北運河 芝浦西運河 曳船

2月19日の神田川…1

(『2月19日の日本橋川…2』のつづき)

202026.jpgこちらもおなじみ、三崎町中継所にもやうバージと曳船の横を抜けて。航路を塞がないように、曳船がバージの船首にぴったりと寄り添っているさま、どこかいじましいとうか、生真面目な感じすらします。

後楽橋の上では、我々を認めて歓声を上げ、力いっぱい手を振る子供の姿が。こちらも大きく手を振って応えると、大喜びしてくれました。街場の水路ならでは、気持ちのよいことであります。

202027.jpg
水道橋駅横の狭窄区間に入ると、市兵衛河岸船着場に、妙な格好でもやっている曳船を発見。

ずいぶん平たくて、幅のある船ですね。ここから見ると、可航幅のほぼ半分(水面下に基礎護岸があるので、実際の可航幅は水面より狭い)を占めているように感じられるほどです。

202028.jpg

202029.jpg曳船に近づいてみると、桟橋にもやっているのは小型の台船で、曳船はその端部に槍付けしていることがわかりました。船名は「みつ丸」、澪標のマークは社章かな? 何の工事でしょう、もしかして、お茶の水分水路上流部のアレかしら。

水道橋をくぐると、中央線の擁壁補強工事も終息に近づいたようで、足場が取り払われ、ボルトを打った真新しいコンクリートの肌が視界に広がりました。

202030.jpg
本郷台の堀割区間も、足場が交錯していた風景から一変。分厚で頑丈そうな壁面が姿を現わし、植生のある左岸と対照的な雰囲気で、これはこれで印象深い川景色に。

老朽化した部分は補修・更新され、両岸のさらなる安全と、河水の安定した流下が保たれてゆく‥‥。川もまた、街を営んでゆくうえで、絶えざる営繕が欠かせない「設備」であることを、改めて感じさせたことではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の神田川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 三崎町中継所 曳船