庄川峡の船旅…3

(『庄川峡の船旅…2』のつづき)

211116.jpg
(庄川峡)漫々たる碧流を水鳥のごとく快走する遊覧船
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行(昭和10年8月27日の記念印あり)。


前々回に紹介した「庄川流材写真」にも出ていますが、ダム竣工間もないころに活躍していた船影を絵葉書で見てみましょう。上流側から見た小牧港の光景、4隻の船が写っていますが、少なくとも手前の2隻は略同型で、曳船タイプなのがわかります。

上流で集められた原木を筏に組み、あるいは艀に載せて連ね、堰堤のチェーンコンベアまで曳いてくる仕事は、原木業者に対する補償の一環でもありましたから、現在と異なり、曳船タイプで数を揃えたのはうなずけるところであります。

船橋の後ろにオーニングを張って客扱いをしているさま、夏は涼しげでよいですが、甲板室の狭さから考えると、収容力は限定的だったことと思います。また煙突の白線の数で、船の通番を判別していたらしいこともうかがえますね。桟橋のポンツン、四角い台船でなく、船首尾のある艀を利用しているあたりも面白いものが。

211117.jpg遠ざかりゆく小牧ダムのゲートたちを、振りかえって一枚。2本のワイヤーで操作される黒いラジアルゲートが並ぶさま、昭和初期竣工のダムらしい、風格に満ちた眺め。

落差75m、竣工当時は国内に比類なき大型ダムとして威容を誇ったここも、今や90歳になんなんとする高齢。河川用ダムとしては初めて、登録有形文化財に指定されたのも納得できます。

211118.jpg
前方に目を転じれば、光に満ちた谷間の向こうへ羊腸と続く川面! 山並を縫って分け入ってゆく面白さ、ダム湖の河川ならではの醍醐味といえるでしょう。

しかも、一周して元の場所にただ戻る(我々は大牧で降りずに戻ってくるのですが)のでなく、目的地を目指して文字どおり遡上する、立派な河川航路なわけですから、興趣いや増そうというものです。

211119.jpg進行方向右手を、見え隠れしつつ国道156号線・飛騨峡合掌ラインが通っているのですが、まず目を奪われたのがここです。

分厚いロックシェッドに、浅い谷を短い桟道で渡る区間に設けられた、それを支える堅牢そのもののラーメン構造‥‥。ここに道を通すことの難しさと、環境の厳しさが感じられる眺めでした。


211120.jpg
上流へ続く区間も同じく、ごくわずかな地上部分も落石防止の柵や壁で手当てされ、ほとんどをロックシェッドで覆われた、風光を愛でることすらままならない構造。

岩勢荒々しく、また崩壊防止の工作を施された山肌は、船から見てこそ興味深いものですが、道路にとっては難物以外の何物でもない地勢であることが、ひしひしと迫ってくる川景色ではありました。

(29年9月24日撮影)

(『庄川峡の船旅…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 庄川遊覧船 小牧ダム 庄川 絵葉書・古写真 曳船

「東京エキマチ」Vol.15に…

210028.jpg東京駅構内のみで配布している、フリーペーパー「東京エキマチ」Vol.15に掲載された記事、「日本橋川 マニアック水路の旅」の取材のお手伝いをさせていただきました。

今号の特集は「乗りつぶし大特集」。東京駅周辺の街を採り上げるという、ある種タウン誌に近い本誌の性格上、取材地は日本橋、大手町、京橋といったエリア限定で、水路の紹介も江戸橋~常磐橋に限られていますが、街場として長い歴史を有するこの辺り、探索のタネにはこと欠きませんよね。

特集の他の記事も「エキマチ水路サイクリング」(荻窪 圭氏)で川跡や橋の痕跡をたどり、「ガード下ディープ散歩」でレンガの高架とガード下を訪ねと、その筋の人が読んでも楽しめる内容。

もちろん、美味で鳴らした老舗をはじめとしたタウンガイド、巻末には東京駅構内の詳しい案内図や、周辺地図に路線図も付いてと懇切で、「東京駅のタウン誌」として遺漏はありません。東京駅構内7か所で無償配布しているほか、ウェブサイトのPDFでも読むことができます。ぜひご覧ください。

210029.jpg
取材時のスナップを少しご覧に入れましょう。船は東京湾クルーズの「エスエスNANO2」、過去に水路上でたびたび出会った「エスエスNANO1」の略同型船で、プラ製シートをぎっしり並べた収容力重視のカタマラン。乗り心地も良く、船長の腕と抜群の操縦性で、見どころギリギリまで寄せてくれるなどサービスも満点。上天気も手伝い、お客さんを満載して日本橋船着場を出発。

カメラマンさんの撮影の都合上もあり、右舷の最前列に座らせてもらったのはよいのですが、足元にスピーカーがあったのは失礼ながら盲点ではありました。航行中は当然ながらガイドさんの説明が続くため、ライターさんと会話するのにも大声で‥‥。いや、難しいものであります。

210030.jpg常磐橋の工事現場にさしかかったところ、おお! クレーンが動いていて、ちょうど石材を吊り上げたところに遭遇。貴重なシーンを喜ぶとともに、まだ解体が終わっていないことに驚かされもしました。

クレーンは石材を吊ったまま、我々の方にぐるりとジブを回してきて‥‥イヤ、最微速ながら船は進んでいるのに、えーと、大丈夫かしら?


210031.jpg
石材が真上に! (ブルブル)‥‥ま、まあ、無事生還できたとことですし、めったにないスリリングな体験ができて、よかったと思うことにしました。

210032.jpg
取材区間を過ぎると、ついいつもの調子に戻ってしまい、のんびり(ごめんなさい)川景色を楽しむひととき。

お茶の水橋上流の屈曲区間の向こうから、三崎町中継所に向かう曳船とバージが現われました。こういうとき、最前列はよいもので、力強く河水を分ける曳船の雄姿をバッチリと。幸い基礎護岸のない区間で行逢したので、曳船は大きく面舵を切り、岸ギリギリまで寄せて避けてくれました。

210033.jpgそうそう、「統一デザイン水門」(『源森川水門、竣工間近』参照)に取りこぼしがあったのだった。隅田川に出たとき撮った、清澄排水機場樋門の更新後の姿。いやもう、見事にパターンを踏襲しています。可航水路の水門でないので、すっかり頭から抜け落ちていました。

スタッフのお三方の細やかなお心遣いのお陰で、またお天気にも恵まれ、楽しくお手伝いすることができました。ありがとうございました!

(29年9月9日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京エキマチ 日本橋川 神田川 高架下水路 曳船 常磐橋

8月19日のフネブネ

8月19日はお休みをいただき、小型船舶免許の更新講習を受けるついでと、曇り空の下、軽く近場をお散歩してきました。その折のスナップを少し、まずはフネブネから。

210001.jpg回転数の高い爆音を耳にして外へ出てみると、大きなバージを曳いた曳船が、盛大に白煙を吹き出しながら、ちょうど目の前を横切るところでした。

船名は見えませんでしたが、操舵室のハッチに三角のオーニングをかざして頑張る姿、菅笠をかむって働く農夫さながらで、朴訥とした魅力にあふれていました。


210002.jpg
隅田川は勝鬨橋上流で行き足をゆるめ、月島川水門を眺めていたら、日本橋船着場ではおなじみの顔、「エスエスSerenade」が遡上してきました。

ZEN船長が舵を握っておられるだろう、と手を振ったのですが、帰宅後船長より連絡があり、やはり気づかれていたとのこと!

210003.jpg続いて、2月26日にお世話になった「TOKYO WATER TAXI」の1番艇、ハルナンバー00が登場。ご挨拶しておこうと思ったら、船長は違う方のようだったので、そのままやり過ごしてスナップのみにした現金な船頭。

船長にもうかがった、60隻の大量建造計画(『27年度川走り納め…14』でも触れています)はどうなったでしょうか。

210004.jpg
港内を横断していたら、テイクオフ寸前の「セブンアイランド虹」と、フォイルボーンで入港してきた「セブンアイランド大漁」の離合シーンに出くわして、もう興奮コーフン!

何回もシャッターを切ったものの、この重苦しい曇天とあっては、胸のすくようなシーンとはいいがたい仕上がりに。それでも重なり合うタービン音と水煙が織りなす勇壮なシーンに、しばし陶然となったことではありました。

210005.jpg
豊洲運河を経て六叉流まで戻ってくると、砂町運河からセメント船「第三十二芝浦丸」が操舵室を畳んだまま西航してくるのに出くわし、これまた嬉しいものが。

所属は芝浦海運株式会社、擁する船隊の船影や要目は、「船舶紹介」に掲載されています。いや、楽しいページですわ!「第三十二芝浦丸」は全長36.95m、320tもの積載量があるのですね。

(29年8月19日撮影)

(『8月19日の晴海橋梁…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 隅田川 東京港 独航艀 曳船

飛島木場のロータリーボート…2

(『飛島木場のロータリーボート…1』のつづき)

206132.jpgこれも先ほどの艇同様、Googleストリートビューを見ていて気付いたもの。第三貯木場、土堤道から北側の水面をよ~く見てみると、風化した原木の間に挟まれて、たゆたう船影が3つ!

発見した当初こそ色めき立ったものの、果たしてこれらは現役なのか否か? 今回の訪問で、ようやくその答えを確かめることができたのですが‥‥。
撮影地点のMapion地図

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : ロータリーボート 曳船 木場金岡埠頭貯木場 貯木場

飛島木場のロータリーボート…1

(『日光川水閘門…6』のつづき)

206131.jpg名四国道を離れ、国道302号・名古屋環状2号線を南下して、「飛島木場」交差点を右折、木場金岡埠頭・西部第三貯木場にやってきました。東京でいえば新木場ですが、木曽材の集散地として栄えた土地柄だけあって、規模はこちらのほうがずっと広大です。

第三貯木場を南北に分かつ土手道の東から、貯木場のポンドを眺めたところ。あまり使われていないのか、6年前に訪ねた新潟のそれとくらべて、少々荒廃した雰囲気が感じられましたが、原木の浮いた水面はよいものですね。

目指すお次の閘門は、もう少し南にあります。ここには以前から気になっていたモノがあって、ちょっとした寄り道といったところ。何が気になっていたかというと‥‥。
撮影地点のMapion地図

206127.jpg少し前になります。Googleストリートビューで、全国の貯木場をさまよって(?)いた時期があるのですが、ご当地を拝見していた際、さる銘木業者さんの構内に偶然見つけたコレ!

イヤ、武者震いがしましたですよ。現役か否かはさておき、コレがさも無造作に、ドスンと陸置きされていたのですから!


206128.jpg
ロータリーボートが!!
(※敷地外から撮影しています)

ストリートビューで見たかぎり、廃船らしい匂いがしたので、現役かどうか訪ねて確かめたかったのです。さて、現物を目の前にしてみて、「やはり‥‥」という感想しかありませんでした。部品取りか何かで保管されているにせよ、この船体は長らく使われていないようですね。

それでも、軍艦の衝角みたいに突き出した船首のガードフレーム、原木を押すギザギザのスパイク、カゴのような円錐台状のプロペラガード、船尾には放熱函を兼ねたフィンキールと、ロータリーボートならではの水線下ディテールがバッチリ眺められ、嬉しいの何の!

206129.jpg
船首部分をアップで。上部にスパイクのついた船首ガードフレームが、下端で衝角のように突き出しているのは、沈んだ原木に乗り上げないための備えでしょう。プロペラガードの中には、なぜかプロペラだけ外されたドライブが、軸を船首に向けているのが見えました。

206130.jpg
ブルワークが錆び崩れ、失せてしまったおかげで、キャブの基部が円筒になっていることがわかります。全周回転するドライブが、ここに収まっているのですね。しかしこの、妻板に救命浮環を掛けておくっていうの、どこか愛らしくて、チャームポイントですよねえ。

舷側がコルゲート状になっているのは、箱型断面の船体を補強することもあるでしょうが、原木にぶち当たることが常態だったのを考えると、フェンダーとして機能していたのかもしれません。

イヤもう、百聞は一見にしかず。もとい、ストリートビューでさんざん眺めていたから、百見は一実見にしかず、かな? 廃船とはいえ、実物の迫力は段違いで、興味は尽きませんでしたが、ご当地のロータリーボートはこれだけに留まりません! まだあるんです!

(29年5月3日撮影)

(『飛島木場のロータリーボート…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : ロータリーボート 曳船 木場金岡埠頭貯木場 貯木場