2月19日の神田川…1

(『2月19日の日本橋川…2』のつづき)

202026.jpgこちらもおなじみ、三崎町中継所にもやうバージと曳船の横を抜けて。航路を塞がないように、曳船がバージの船首にぴったりと寄り添っているさま、どこかいじましいとうか、生真面目な感じすらします。

後楽橋の上では、我々を認めて歓声を上げ、力いっぱい手を振る子供の姿が。こちらも大きく手を振って応えると、大喜びしてくれました。街場の水路ならでは、気持ちのよいことであります。

202027.jpg
水道橋駅横の狭窄区間に入ると、市兵衛河岸船着場に、妙な格好でもやっている曳船を発見。

ずいぶん平たくて、幅のある船ですね。ここから見ると、可航幅のほぼ半分(水面下に基礎護岸があるので、実際の可航幅は水面より狭い)を占めているように感じられるほどです。

202028.jpg

202029.jpg曳船に近づいてみると、桟橋にもやっているのは小型の台船で、曳船はその端部に槍付けしていることがわかりました。船名は「みつ丸」、澪標のマークは社章かな? 何の工事でしょう、もしかして、お茶の水分水路上流部のアレかしら。

水道橋をくぐると、中央線の擁壁補強工事も終息に近づいたようで、足場が取り払われ、ボルトを打った真新しいコンクリートの肌が視界に広がりました。

202030.jpg
本郷台の堀割区間も、足場が交錯していた風景から一変。分厚で頑丈そうな壁面が姿を現わし、植生のある左岸と対照的な雰囲気で、これはこれで印象深い川景色に。

老朽化した部分は補修・更新され、両岸のさらなる安全と、河水の安定した流下が保たれてゆく‥‥。川もまた、街を営んでゆくうえで、絶えざる営繕が欠かせない「設備」であることを、改めて感じさせたことではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の神田川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 三崎町中継所 曳船

2月19日の日本橋川…2

(『2月19日の日本橋川…1』のつづき)

202021.jpg
新常磐橋の上流側に隣接して、ご覧のような桁が架けられていました。エンブレムにすっかり気を取られ、「派手な色だが、何の足場かしら」くらいの気持ちでいて、真下近くに来るまで注意がおろそかになっていたのです。

ふと見上げると、桁側面に掲げられた横断幕に、陽光のまばゆさで判然としないものの、「‥‥2018年完成予定」「‥‥人道橋が誕生」の文言が。これ、新しく架かる橋なんだ! と、ようやく気付かされました。

202022.jpg
反対側に目をやると、赤、緑、黄と、まあ本当に派手なこと。これが橋になるのか、仮設桁なのかはわかりませんが、日本橋川に久方ぶりの新架設橋が出現することになり、大いに興味をそそられました。

この橋、西岸で進行中の「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(PDF・NTT都市開発株式会社)の一環として、建造されているものだそう。首都高を頭上間近に眺められることもさることながら、新常磐橋のエンブレムも目の高さで拝めそうで、その筋の方には魅力的なスポットになるかもしれません。

202023.jpg一ツ橋上流、石垣が残る水際の浅瀬では、餌が豊富なのか、鴨さんの団体がおくつろぎ中でした。

日本橋川は中流部に、緑や石垣を伴ったこの手の浅瀬がいくつかあり、お濠や公園の池も近いので、鴨たちが餌を求めて出張ってくるには格好の環境なのでしょう。そういえばユリカモメも、最近は小石川橋(神田川との分流点)まで上ってくるようになったし、彼らを生かすに足る魚などの餌が、河中にあることを実感できます。

202024.jpg
雉橋下流で出会った曳船、「若潮23号」。前後の橋脚に、長々ともやいを回して繋ぎ、ちゃんと船首を上流側に向けて、お行儀よく休んでいました。

202025.jpgご要望で、水道橋2号分水路もくぐってみました。340m付近のS字屈曲で一枚、ううう、あまり上手く撮れなかった。

分水路といえば、お茶の水分水路のシールドマシン発進縦坑(こちら参照)から上流、呑口までがしばらく補修工事に入るようですね。先日夜、通りがかった際に告知看板をチラッと見ただけなので、詳しいことはわかりませんが、恐らく通航はできなくなることでしょう。詳細がわかり次第、改めてお知らせしたいと思います。

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の神田川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 神田川 高架下水路 水道橋分水路 分水路 曳船

11月20日の川景色…9

(『11月20日の川景色…8』のつづき)

199061.jpg
これも毎回、同じような絵で大変恐縮なんでございますが、すごく好きなんですよ、京成橋をくぐるひとときが! 

手前の増設部分と、奥の従来部分の違い、騎兵の槍みたいな落橋防止装置、ガッチリと補強された橋脚と、「橋の裏側風景」としてももちろん惹かれるのですけれど、何度か書いた「鉄塔世界の『門』」としてのワクワク感が、他の橋と一味違った魅力をかもし出しているに違いありません。

199062.jpg

199063.jpgむう、暗く撮れてしまったけれど、おしなり橋をくぐるという行為自体が貴重ではあるので、これも前と同じような写真でスミマセン。

例のごとく、水面を仕切るフェンス手前で、何度か切り返し回頭成功。あれ? フェンスのブイ、こんな赤っぽい色だったかな? 以前はオレンジだったような記憶が‥‥。間違っていたらご容赦下され。


199064.jpg花の櫓下とあれば、不審船が皆々様の注目を集め、ときにおスマホ様の被写体となってしまうのは、もはや織り込み済み。でもやっぱり恥ずかしいわ‥‥。

おスマホ様といえば、今さらながら、カメラ機能の充実と向上は目覚ましいばかり。単体のカメラ、特にハンディな機種は、遠からず絶滅しそうな気すらしてきました。コンデジで写真の楽しさがぐっと広がったクチなので、高級機かスマホの二択という未来は、あまり想像したくありません。

199065.jpg
帰路、テラス工事の続く横十間川で、私好みの小型曳船「第二十三葵丸」と再会。以前「4月29日の内部河川…3」のとき、北十間川で出会いましたっけね。

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…10』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 横十間川 江東内部河川 水位低下化河川 橋の裏側 曳船

ロータリーボート上架中!

(『10月16日の旧江戸川』のつづき)

196021.jpg旧江戸川での楽しみの一つが、藤代繁造船所であることはたびたび触れてきました。さまざまな業務船艇がもやい、また上架修繕されている姿を眺めることができます。

今回も、最も下流側に位置する上屋をのぞくと、曳船が上架中でした。船底や舷側の再塗装を終えたばかりなのでしょう、真新しいペイントが目に沁みるよう。
あれ? 右の黄色い小型艇は!

196022.jpg
ロータリーボートじゃないか!

船首にびっちり並んだスパイク、昔の電話ボックスのような細身のキャブ、遠目でも間違えっこありません。先日、「東雲北運河のロータリーボート」で見たそれとは対照的に、ここから見たかぎり、凹みや腐食も見られず、しゃんとしていますね。竣功年次が若いのか、外板まで含めたオーバーホールを行ったのでしょうか。

196023.jpg
もうピントが合っていなくても、嬉しいので載せちゃう。水線下を含む全体が撮れていたのが、全部ピンボケだったというお粗末。

円錐台状のカゴは、ロータリーボートの命たる、360度回るドライブを浮流物から守るプロペラガード。その前には、沈んだ原木を巻き込まないようにする、2本のフレームとラムが船首から下に伸びています。ガードの後ろに2枚見える板状のものは、循環式水冷にした際の放熱函を兼ねたフィンキールで、タライのような船体に直進性を持たせる役目もしているそう。

しかしほぼ正面から見ると、見事なほどの角型断面ですね。浮いている原木を、できるだけ大きな面積で推進できるよう、また船底に巻き込んだりして乗り上げないように、配慮して設計された結果のカタチと見てよいでしょう。また船台に乗せなくとも、ドスンと置くだけで安定して陸置できる、すわりの良さを併せ持っていることが今回実感できました。

196024.jpg
ああ、物陰に隠れてしまったけれどもう一枚載せたい。しかしどこの船かしら、東京にもまだ現役船がいたのかと思っていたら、東雲北運河のアレの件で、ちょぶさん(がーちゃんフォトアルバムVol.2)から以下の情報をいただきました。ありがとうございました!

木更津木材さんのFacebookに、現役のロータリーボートの写真があるとのこと。さっそく拝見してみると、おお、色も形もよく似ていますね! 日本通運所有だそうで、なるほど、いわれるまで気づきませんでしたが、まさに日通カラーであります。ゼヒ「第××通運丸」と名付けてほしいですナ! 

ご多分に漏れず、筏輸送はすでに廃止されたそうですが、愛好家の方が訪れたりと、その存在はすでによく知られているようです。今回修理も成ったことだし、当分は元気で活躍することでしょうね。

196025.jpg思わぬ出会いに意識が吸い取られて、他のフネブネのスナップが勢いおろそかになってしまったのが何とも。かろうじてものしえたのが、右の消防艇「きよす」とコンベア清掃船「第一みどり丸」。

「きよす」といえば、大横川と平久川で出くわし、その後曙北運河で航跡を追ったり(『桜探し散策で…8』、『桜探し散策で…9』、『「きよす」の航跡を追って』参照)と、印象的なシーンが思い出される艇でもあります。
撮影地点のMapion地図

(28年10月16日撮影)

(『江戸川の大編隊ふたたび』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧江戸川 ロータリーボート 曳船 消防艇 清掃船

10月16日の旧江戸川

(『10月16日の辰巳運河…3』のつづき)

196016.jpg
毎度おなじみ旧江戸川、下流側から浦安を望んで。次第に厚い雲が多くなってはきたものの、ときおり切れ目から青空がのぞき、限られた場所のみ陽が射すのが救い。

遡上していると、ちょうど東西線の橋に陽光が降り注ぎ、背景が曇りで少し暗いせいか、レリーフのように浮き上がって見えました。

196017.jpg
東西線江戸川橋梁の裏側も一枚。う~ん、秋晴れじゃないと、いま一つサエない。

196018.jpg妙見島、油槽船「第三新興丸」がもやっている横には、メザシ繋留でバージ「第五あづま」と、その外側に曳船「第五政洋丸」の姿が。

たいていこの油槽所にいるのは「第三新興丸」一隻なので、三隻仲良くとは珍しいですね。細身の船体に背の低い甲板室、旧来の艀曳船らしい魅力にあふれています。


196019.jpg
回航中のこととて、時間が限られているので遡上はしませんでしたが、今井水門が扉体を閉じているのを横目で見て、こらえきれずこれだけでもと寄り道してスナップ。7径間のうち、4~7番と4つを閉鎖していると、全開時とまた違った表情。さすが都内一番の多径間水門といったところ。

196020.jpg今井橋を過ぎたあたりで、見覚えのある通船と行き会いました。あっ、以前もこのあたりで出会って、写真を撮ったことがある! 

ちょっと前の警察船艇や巡視艇を思わせる白とグレーのツートン、前傾したキャブ前面と、質実剛健な雰囲気が船頭好み。お元気そうで何よりです、またお会いしましょう。
撮影地点のMapion地図

(28年10月16日撮影)

(『ロータリーボート上架中!』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧江戸川 新中川 曳船 通船 今井水門 橋の裏側