1月21日の川景色…5

(『1月21日の川景色…4』のつづき)

187021.jpg午後も15時近くなり、だいぶ陽も傾いてきました。引き続き、さまざまなフネブネとでくわしながら帰路へ。何分ロケ中とあって、出会ったすべてをとらえることはできませんでしたが、楽しい帰り道となりました。

隅田川を下っていると、土運船でしょうか、大きなバージを曳いた黒い曳船と反航。船名ははっきり撮れませんでしたが、東庄丸船隊の一隻です。


187022.jpgあけぼの水門を撮っておきたいとのリクエストがあったので、砂町運河から右折し、曙運河へ入りました。ちょうど十字流のあたりで、バージの入れ替えをしている曳船が。

独特の傾斜しているキャブ前面、何度か出会ったことがあります(『5月4日のフネブネ』参照)。曳船「春日丸」ですね! お久しぶり、そしてご苦労さまです。


187023.jpg
あけぼの水門から砂町運河に戻った後は、往路に横目で見つつ通り過ぎた、浚渫船団に近寄って一枚。やはり、両舷に大きなバルジを抱えた揚錨船に目を引かれます。船名は「あさぎり」! 「汐浜運河の浚渫船団」のときに出会ったのと、同じ船でした!

187024.jpg
さて、すでに予告した件ではありまするが、ひとつ詳らかに垂れ流してコーフンのひとときを反芻したく。
新砂水門も押さえておきたいとのご要望で、砂町運河を東航していると‥‥何やら正面に違和感が‥‥。
おおおお!
新砂水門の可動橋がつながっている!!


それだけでも大興奮なのに、今まさにホラ、クルマが渡っているじゃないか!
橋が旋回して閉じているだけで希少なのに、よもや実用されているシーンを拝めようとは! いかな平日とはいえ、これは幸運以外の何者でもありません。

あまりの出来事に手が震えて、写真もブレブレのありさま。

187025.jpg
気持ちの上では、それこそデッドフルですっ飛ばして、頭上に連結した可動橋を拝み奉りたいところでしたが、悲しいかな、ここは徐航区間。増速するといっても限度があります。

焦る気持ちを抑えながらじりじり近づいてゆくと、クルマはもうすべて渡り終えたのか、どこか力の抜けたような警報音を奏でながら、橋が開き始めてしまいました‥‥。
くう~‥‥(惜)
かくなる上は、せめて旋回途上の橋の姿を、通りながらできるだけとらえるかしない!
撮影地点のMapion地図

(28年1月21日撮影)

(『1月21日の川景色…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 曙運河 砂町運河 新砂水門 曳船 台船

6月14日の曙運河

154001.jpg昨日6月14日は、久しぶりに晴れるとの予報を得て嬉しくなり、早起きして近場回りをしてきました。まずは曙運河を南下。曙運河の水面のうち、多くを占める柵囲いの貯木場跡は、ポンツン桟橋が備えられ、業務船などの船溜になっています。

柵の開口から、ふとのぞき込んでみると、あっ、マルコ・ポーロだ! 都内の河用旅客船数ある中で、最も川蒸気に近いスタイルの、お気に入りの一隻。今はここを定繋地にしていたのですね。

154002.jpg

154003.jpgあけぼの水門をくぐろうと仰げば、京葉線の曲がったトラスが朝日に輝いて、とてもきれい。空あくまで青く空気も澄んで、昨日までの梅雨空がウソのような、秋空を思わせる爽やかさ。早起きした甲斐があったというものです。

水門の向こうは、湾岸道路曙橋、首都高湾岸線ともに上下線、りんかい線、有楽町線と橋がひしめき合う密集地帯。京葉線のトラスや水門の管理橋、運河南口の新曙橋まで含めると、実に9本の橋が架かっています。

154004.jpg運河南口近く、西岸の角にいる廃曳船はいまだ健在(?)。もっとも、望の大潮の翌日とあって、この時点での潮位は180㎝近く。水面に出ているのは、左舷の一部と操舵室のトップだけでした。

沈船、昔は方々に会った記憶があるのですが、最近はすっかり整理され、本当に少なくなりました。都内では2ヶ所くらいかな‥‥。廃曳船の以前の姿は、過去ログ「曙運河南端部」参照。

154005.jpg
そして曙運河南口といえば、黄色い塗装も鮮やかな、墨田川造船の浮きドック。

しかし、朝凪とあって水面は平らか、この時季得がたい好天とくれば、チャンスとばかり沖に乗り出してみたくなるもの。久しぶりに、ゲートブリッジに挨拶してゆくとしましょうか。
撮影地点のMapion地図

(26年6月14日撮影)

(『6月14日の13号地沖』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 あけぼの水門

年の瀬の運河風景…3

(『年の瀬の運河風景…2』のつづき)

46072.jpg晴海客船ターミナルから奥、HK~HIバースをのぞいてみると、年末とあってか船影はゼロでした。

一隻でも本船がもやっていれば、春海運河経由で帰るつもりだったのですが、ここはおとなしく(?)東雲運河で帰るとしましょう。


46073.jpg豊洲埠頭(今では埠頭としての機能はありませんが)の先端に、ぽつりと取り残されたコンクリート造りの煙突。

廃墟徒然草さんも注目されているように、都心近くの廃墟として知られてはいるようですが、他の施設が撤去されて更地になった今、なぜこれだけが壊されずに残っているのかは、わかりません。


46074.jpg富士見橋、架設が成ってだいぶたちますが、水面から眺めたかぎりでは、あまり進捗しているようには見えませんね。

春海運河の豊洲大橋が、さまざまな事情で工事が停滞していることから、こちらも何かあったのではと心配になります。
撮影地点のMapion地図

46075.jpg
おなじみ東雲水門の、あまりご覧に入れていない角度での一枚。第三径間だけ塗り替えられて、他は放置されているのはなぜだろう。

46076.jpg
曙運河の、京葉線の水上高架をくぐろうとしたら、ちょうど電車がやって来て、きれいに一編成を収めることができました。これにて22年度の川走り納めを終了。

寒さはもちろん堪えましたが、空あくまで青く水も澄み、爽快な気分のうちに結構な距離を走ることができて、楽しい数時間でした。
撮影地点のMapion地図

(22年12月29日撮影)

【12月29日の項の参考文献】
東京港ハンドブック (社)東京都港湾振興協会
東京水路MAP 荒川下流河川事務所

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 東雲運河 曙運河 東雲水門 富士見橋

11月21日の運河風景

(『11月21日の東雲水門』のつづき)

11月21日の帰路に見た、フネブネなどをいくつか。

45026.jpg東雲水門をくぐったら、保安庁の監視取締艇「かぺら」と遭遇。乗組みのお二人が、ジッとこちらを見つめており、思わず緊張。

何分あちらは40ktオーバーを叩きだす大馬力艇、ここで増速されたらちょっと…と思っていたら、本当に急加速され、盛大な引き波にしばし翻弄されるはめに。

45027.jpg東雲北運河、木村造船所前の桟橋化バージにもやう、通船らしき「かもめ」なる艇。

船首尾が垂れ下がったような甲板のラインに、少し頭でっかちな上構が乗っかった、まるでマンボウのようなおっとりとした雰囲気の艇です。


45028.jpg曙運河、おなじみ古賀オールの岸壁前では、港湾局の監視船「はやみ」と反航。

全高が低く、低い橋のある運河走りも得意そうな平べったい船型ながら、決して鈍重ではないシルエット。3年前、過去ログ「9月5日のフネブネ…3」でも紹介しましたが、こちらで会ったのは初めてです。


45029.jpg
東雲北運河で。いやもう、ごもっともでございますですよ。

45030.jpg
12月26日からのタイトルでもご覧に入れた、イグアナクレーンのド真ん中バージョン。

慣れ親しんだ物件でも、見る角度を変えると、一粒で二度美味しい楽しみ方ができますね。
撮影地点のMapion地図

(22年11月21日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 東雲北運河 曙運河 汐見運河 イグアナクレーン 通船 監視取締艇 古賀オール

11月15日のフネブネ…2

(『11月15日のフネブネ…1』のつづき)

18026.jpg有明西運河の保安庁バースにもやう、測量船「海洋」。

621tと小柄ながら、自沈した北朝鮮工作船の探査に活躍したことで知られる、優秀な測量船です。建物の影になり、ちょっとうらぶれた感じに写ってしまいましたが、建造から16年、まだまだ活躍することでしょう。

18027.jpg
今回のイチオシが、汐浜運河で出会ったこの曳船。
古風な木造曳船ながら、化粧直しから間がないのか、白く輝く船体に、グリーンのライニングがよく映えて美しく、可愛がられているさまが見て取れます。

後部ににょっきりと後付けされた、監視用のボックスが少々アンバランスですが、それすらもこの船が現役バリバリであることがうかがえて、嬉しくなるくらいです。

18028.jpg面白かったのが、エンジンルームのケーシング側面から、排気管が延々とスターンまで伸ばされていたこと。

本来の排気は、直上のファンネルから出されているはずですから、この排気管は警戒船として停泊中、ボックスに人が入っている際に、油煙がかからないようにするためのものでしょうね。

18030.jpgお客さんを満載して、砂町運河を西に向かう派手な塗装の船は、新木場の貯木場に桟橋のある、江戸前汽船の屋形船。

昔の都電を思わせる、黄色と赤の個性的な船体は、砂町~豊洲運河ではおなじみの姿。ハッチから半身を出して舵を取っていたのは、ひっつめ髪もいなせな女船頭さんでした。

18029.jpg砂町運河曙運河曙北運河の十字流で、前方を横切っていった港内曳船。背の高いキャブと、船首をぐっと上げたブルワークのラインは、この船の活躍の場が川や運河筋ではなく、海であることを物語っています。

桁下にぶつからないよう、マストを後ろに倒して、これから橋や水門をくぐり、港内へ出掛けるのでしょう。


(21年11月15日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 測量船 曳船 有明西運河 汐浜運河 砂町運河 曙運河 曙北運河