fc2ブログ

12月3日のフネブネ…2

(『12月3日のフネブネ…1』のつづき)

308061.jpg
辰巳埠頭の本船たちを眺めながら、気持ちよく東航。どれもおなじみの顔ぶれですが、この日は離島航路の雄「あおがしま丸」の姿をスナップしました。光線の塩梅もよく、深みのある塗色が映えて素敵ですね。

つい先日、「伊豆諸島開発『あおがしま丸』での『冬の東京湾半日船の旅』ツアー、12/24に運航へ 操舵室見学も」(Funeco)と題したツアーがあり、京浜運河も通る魅力的なコースだったとのことで、数人の方が乗船記をアップされていました。このツアー、過去にも開催されて好評だったそうで、普段乗れない本船を体験できる絶好の機会ですから、ファンには見逃せないでしょう。

308062.jpg
東端近く、恒例の墨田川造船辰巳にご挨拶。もやっている船は2隻、常連さんの「まつなみ」と、手前のPC130は以前から艤装中の「はやなみ」のはずですが、フェンダーにカバーがかかっていて、船名が見えません。

308063.jpg
「はやなみ」をほぼ側面から。前回9月とくらべて、喫水も少し深く安定し、細かい艤装品も備えられ、すっきりと整理された感じに。船首甲板の支塔、機銃でなく放水銃のそれだったのですね。カバーがかかっているのは、これから引渡式か何か、式典のためと思えたのですがいかがでしょう。

308064.jpg

308065.jpgおなじみの「まつなみ」、すでに入渠作業は終わったようで、船底塗料も鮮やか。もう竣工から30年近くになるベテランですが、迎賓艇も兼ねている任務柄か、まめに整備されていますね。

右は曙運河、湾岸道路の曙橋ほか、橋梁が密集する湾奥運河独特の光景。ふと仰いだら、手前の水管橋トラスがアクセントとなり、その奥もガーダーが連続して写り、なかなかイケる橋の裏側風景に。通い慣れた水路の別の一面を発見できて、トクした気分でした。
撮影地点のMapion地図

(令和5年12月3日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 巡視艇墨田川造船曙運河

6月18日のお散歩で

282001.jpg
ご無沙汰しております。6月18日は母港に用事があったためお休みをいただいて、せっかくなので2時間ばかり近所をお散歩してきました。その折のスナップを少しお目にかけて、生存確認的な小更新とさせていただきます。

曇り空の上靄もかかり、空気がもったりと重そうに感じる天候でしたが、水面は穏やかで走りやすいのが何より。曙運河を南下し新曙橋まで出ると、フェンスで囲った西側橋脚の向こうに土運船「68号千羽丸」の姿が。橋脚の向こうから、泥土をすくったユンボがニュッと顔を出しました。浚渫作業中だったのですね。

282002.jpg浚渫は水路徘徊者にとっての慶事、ニヤつきながら面舵を切って、おなじみ墨田川造船辰巳をのぞいてみたら‥‥。

ううん、今回も艤装・入渠艇なし。端境期なのか、寂しい状態が続いていますね。複数の船艇で賑わうさまをたびたび目にしてきただけに、残念でしたが、こればかりは致し方ありません。

282003.jpg
港内に出てから隅田川を遡上したところ、浜前水門が閉じているのに気づいて減速。おや、左側の堰柱は色が変わっていますね。耐震補強工事のようです。

向こうには、クレーン船らしいジブが突き出しているのが見えますね。水門に隣接した勝どきマリーナは、閉鎖のため出入りが不便になる上、作業船の碇泊で河道が手狭になり、工期中は大変だろうなあ‥‥。

282004.jpg日本橋川から亀島川に入り、一周する形で亀島川水門をくぐろうとしたところ、ちょっとした事件が。鳩が溺れていたのです!

水を含んだ重そうな翼でバチャン、バチャンともがくさまは哀れで、早速ゴースターン。堰柱にぶつかりそうになるのをだましながら艇を寄せ、「ほら、こっちだよ」と声をかけながら両手で引き上げてやり、何とか水難救助に成功。写真は救難直後、放心状態の鳩さんです。

282005.jpg
よく見てみると、出血は止まっていましたが左の肩に怪我をしており、ぶるぶる震えてもいたので、乾いた古タオルのウェスで拭いてからくるんでやり、まずは保温。河上でカラスにでも襲われて“撃墜”され、落水したことでかえって捕食はまぬがれ、命だけは助かったのかも‥‥と想像。

体力を消耗していたせいか、身じろぎもせず包まれていたものの、行き足を上げるとしきりにもがくので、エンジンの音や振動が怖いのだろうと速度をしぼったところ、おとなしくなりました。鳩さんをいたわるため、スローでの帰港であります。

帰港してから、さてどうしよう、しばらく家で保護した方がいいかしら‥‥と考えながら片付けていたら、羽毛が乾いてふっくらとし、体力も回復してきたのか、全力で暴れ始めたのです。

せっかく助けたのに、また落水したら元も子もありません。心配ではありましたが、暴れる鳩をなだめながら、木や下草の茂った公園の緑地まで連れて行ってやり、放鳥することに。意外としっかりした足取りで、草むらへ消えていったのを見送って、艇に戻ったのでありました。

(令和4年6月18日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 曙運河新月島川亀島川浚渫船浜前水門墨田川造船水辺の鳥たち

4月10日の水路風景…1

(『4月10日の河畔桜…3』のつづき)

279036.jpg4月10日に道々で目にした、建造物その他もろもろをまとめます。まずは曙運河、曙水門から。

遠目には、第一径間がオレンジ色の角落しで塞がれて見えましたが、近づくと堰柱より前進して取り付けられた、隔壁といってよいものでした。ホースで勢いよく排水されていて、水音が賑やかです。



279037.jpg
南側に出ると、水面が真っ白に見えるほど、排水時に立った泡が吹き寄せられていました。止水工事を担当したのか、クレーン台船の姿も。

この水門ではたびたび体験した、接近すると赤だった信号が青に変わり、注意喚起の放送が流れる「しゃべる水門」が今回も。閘門と違って、黙して語らず(笑)、通常は一切の動きがない水門からこうして反応があるというのは、何とはなしに貴重な体験をした気がして、嬉しいものです。

279038.jpg墨田川造船辰巳の前を通ったら、艤装船がいないばかりか、浮きドック「すみだ100」の姿も消えていたという、ファンとしては何とも寂しい状況。

浮きドックも水上に在るものですから、定期的に喫水線下の清掃と再塗装、注排水装置の整備が必要なのでしょう。ドックがドック入りするという、ちょっと不思議な光景がどこかで繰り広げられていると思うと、興味をそそられます。

279039.jpg
さて、この日気になっていたものの一つ、「3月6日の水路風景…2」で紹介した、鉄鋼埠頭で建造中の鋼桁橋を見に行ってみると‥‥。

おおお、大型のクローラクレーンが岸壁上にいて、加えて足場を組んだ台船「第二空海丸」が接舷中! いよいよ浜出しも近いようですね!

279040.jpg
この橋がどこに架けられるのか、検索の仕方が悪くて今までわからなかったのですが、その後4月18日に至り、こちらのほか、多摩川スカイブリッジをくぐって上流側へ向かう姿を写した目撃例が多数アップ。

ようやく鈍感な私も、この橋の正体に気づかされました。高速大師橋(参考:『多摩川の首都高横に「新しい橋桁」まもなく登場 すんごくデカい! 大師橋 架替えの全貌乗りものニュース)ですね! 記事によると、3ブロックのうち2つをIHI横浜で建造とありますから、残る1ブロックがこの、鉄鋼埠頭組み立てのものでしょうか? スカイブリッジに続き、多摩川も話題の工事が続いて、お好きな向きには目が離せないでしょうね。
撮影地点のMapion地図

(令和4年4月10日撮影)

(『4月10日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 曙運河曙水門東京港墨田川造船

3月6日の水路風景…1

277001.jpg3月に入り、都内の水路はそろそろ桜の開花日も話題になるころ。少々風は冷たかったものの、好天に誘われて、桜の様子を見がてら、短時間の近場めぐりに繰り出してきました。

曙水門は左径間がクレーン台船で塞がれ、メンテナンス中のよう。近づくと、右径間の赤信号が青に変わり、スピーカーからアナウンスが流れました。このパターン、以前もありましたよね。

277002.jpg
曙運河を出れば毎度おなじみ、墨田川造船辰巳のフネブネを愛でるの巻。先月は浮きドックに詰まっていた「まつなみ」は修理も終わったのか、出渠して桟橋へ。代わりの入渠船は、先月は本社前にいた、千葉県警「ぼうそう」。

277003.jpg

277004.jpg今回嬉しかったのが、艤装中だった「はやかぜ」「おとつばき」「いせかぜ」が、舷を接して仲良くもやっていたこと。いや、3隻揃うと、なかなかゴージャスというか、得した気分になれますよね!

「まつなみ」も入れて眺めると、まるでカルガモの親子のよう。勇ましい海保船艇の、いつもと違った微笑ましい一面を見たような気がして、思わずニッコリです。


277005.jpg
辰巳埠頭を離れ、ご無沙汰していたゲートブリッジに行ってみようと、スロットルをぐっと倒して南下していたら‥‥鉄鋼埠頭の南岸、かつてゲートブリッジのトラスを組んでいたあそこに、桁橋のようなものが!

これは見逃すわけにはいきません。とはいえだいぶ離れてから気づいたので、とりあえずゲートブリッジをかる~く眺めてから(ひどい)、後でじっくり堪能することにしました。
撮影地点のMapion地図

(令和4年3月6日撮影)

(『3月6日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 曙運河東京港曙水門巡視艇墨田川造船

8月22日の水路風景…1

270001.jpg8月22日は、オリンピックのそれに代わり台場に浮かぶパラリンピックシンボルと、またもブルーインパルスの展示飛行があるとのことで、前回より1か月ぶりに艇を出してきました。今回は時系列順に紹介させていただきましょう。

曙運河を南下していると、水門の向こうに黄色い清掃船が。辰巳埠頭に出たあたりで追いつきそうですね。


270002.jpg
運河を出たところで、もはやルーティンになった墨田川造船辰巳の観察日記。入渠船はなかったものの、この日は大きな変化がありました。浮きドックの向こう、2階建ての詰所がついたポンツン桟橋が姿を消していたのです。

これでは当分、入渠はないと見てよさそうですね。あと、前回気づいていたのですが、浮きドック端部の両舷に、縦長のフェンダーが5本づつ、円弧状に設けられていたのも触れておきましょう。

270003.jpg
ふたたび前進すると、清掃船に追いつきました。先月22日にも出会った「第一清海丸」です。

そうそう、操舵室後端に掲げられた青地に赤三角の旗、遊覧船を含めた業務船が掲げていますが、オリンピック・パラリンピック会期中の警備に関する旗ですよね? 警備の負担を減らすため、おそらく外郭団体などが交付した、一種の登録船を示すものだろうと解釈していますが、国際信号旗でもないし、絵柄の由来や正式名称が気になります。

270004.jpg
「第一清海丸」を追い越して、埠頭と旧貯木場の柵の間を西航していたら、監視取締艇が反航してきました。これも先月22日は曙運河・砂町運河の十字流で警備に当たっていた「れぷす」。盛大に船首波を盛り上げて、勇ましい航走シーン。

270005.jpg少し間を開けて、続いて行逢したのが湾岸署の警備艇「すいせん」。赤色閃光灯を光らせての航行、操舵室の窓から乗り組みさんが腕を水平に出しているのは、取舵に切るよ、というサインかしら?

海保、警察の船艇が続航するさま、オリンピックが終わったとはいえ、引き続きパラリンピックの警戒が厳になされていることを、実感させる一幕ではありました。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河東京港清掃船監視取締艇警備艇墨田川造船