fc2ブログ

5月15日のフネブネ…5

(『「ひりゆう」入港!…2』のつづき)

266031.jpg微速で移動しながらほぼ一周できたので、名残惜しく「ひりゆう」とお別れすることにしました。

何分官船、しかもどちらに向かうかわからないこともあって、いち木っ端ブネがいらぬ迷惑をかけてはことと、終始このくらいの距離を取って周りをうろついておりました。それでも動かずにいてくれたので、十分堪能できたものです。


266032.jpg
さて、土曜日とあれば、躍動する荷役設備や業務船たちの、生き生きとした姿を期待してしまうのはいつものこと。おなじみ宇部さんのアンローダーは、と通りがかりに注目すると、期待にたがわず、ちょうどグラブが独航艀「第一豊和丸」のホールドへ入ってゆくところでした。

となりに接舷した「第二豊和丸」とくらべてみると、喫水の差が歴然。水揚げした骨材のかさが実感できようというものです。

266033.jpg
墨田川造船本社前、5月4日に紹介した自社製らしき作業艇「skyblue」ですが、前回はトランサム周りをよく見ていなかったので、ズームでたぐって撮ってみました。台船の昇降口やラックが手前にあり、のぞき見るような感じではありますが。

一段下がったモータウェルはかなり広く取られ、トランサムの喫水線下には当て板状のものが見られと、船外機艇であることは間違いないようです。パイプで組まれた鳥居形のものは、頑丈そうなことから手すりでなく、曳索を保持するための枠ではないでしょうか。

266034.jpg
建屋の前まで来ると、嬉しいことにシャッターが開いており、中の様子を見ることができました。おお、2隻が建造中ですね! 船体を天地逆に伏せたような状態で、外板を張っている最中のようです。どんな艇ができてくるのか、楽しみですね!

266035.jpgフネブネめぐりのシメは、これも毎度おなじみ古賀オールさんで。いつ拝見しても美しく整備された、クレーン群とバージたちが素敵です。

こちらも荷役シーンを期待したものの、残念ながら作業は終わっていたようです。まあ、最近は荷役だけでなく、曳航中の姿まで拝ませてもらったばかりですから、ぜいたくは申せますまい。

(令和3年5月15日撮影)

(『供用された常磐橋』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 東雲運河 東雲北運河 曙北運河 消防船 独航艀

お花見水路の道々で…1

263001.jpg3月31日は、3年ごとの船検の日だったため仕事を休ませてもらい、マリーナへ。救命胴衣など、法定装備品を甲板上に並べ、清掃をしながら小型船舶検査機構のご担当の来艇を待つわけです。

検査が早く終わったので、せっかくの好天を逃すはずもなく、桜を求めて近場へと繰り出すことに。満開の時期はすでに過ぎたものの、まだ十分楽しめるでしょう。

263002.jpg
曙北運河に入り、砂潮橋から古賀オールをのぞくと、曳船が動いているのがわかりました。今日は平日だし、荷役シーンが見られるぞ、と行き足もおのずと早まろうというもの。お花見の前に、ちょっと引っかかってゆくとしましょう。

263003.jpg
近づいてみたら、おりしも第三工場ヤードクレーンが、バージから巻取鋼板を荷役している真っ最中! いや~、平日っていいなあ(笑)。

前回、3月14日に運航している姿を拝めたのに続き、今回もよい出会いに恵まれるとは。まことにラッキーであります。

263004.jpg
第一・第二工場ヤードクレーンの下には、以前見学のときお邪魔させていただいたバージ、「第七高取丸」がもやっていました。曳船は操舵室側面に「2/三福丸」とあったので、「第2三福丸」と思われます。これから離岸作業にかかるのでしょう。

そういえば、平成30年3月に、僚船「第9三福丸」に出会ったことがありましたっけ。あの日も今回同様、船検が終わってからお花見に出かけたのでした。

263005.jpgそうだ、桜にも触れておかなくては。古賀オールの対岸、以前はもくもくと雑木が生い茂る河畔でしたが、この数年でテラスと周辺の整備が進み、雑木が刈り払われてみると、結構な規模の桜並木が出現しました。

写真はその1本で、まだ散り方もさほどではなく、満開といってよい状態。テラスが開放されて以来、釣り人さんの姿も増えてきたので、あまり近づくのははばかられますが、水路のお花見スポットといってよい区間になったわけです。
撮影地点のMapion地図

(令和3年3月31日撮影)

(『お花見水路の道々で…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙北運河 古賀オール 曳船

3月14日の水路風景

(『新塗装の茂森橋をくぐって』のつづき)

262031.jpgピカピカの茂森橋を堪能して以降、3月14日の後半に出会ったことどもをまとめてみました。

アッと驚くようなできごとはなかった代わり、好天下で眺める川景色はどこを切り取っても鮮やかで、楽しくスナップをものすることができました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 仙台堀川 大横川 神田川 日本橋川 曙北運河 曳船 巡視艇 墨田川造船

3月14日のイグアナクレーン

262001.jpg3月14日は潮位よろしきを得て、新塗装成った茂森橋をくぐることを主に、近場を軽く徘徊してきました。

20℃の暖かさと晴天に恵まれたとはいえ、最大10m近い強風で、オーニングの着脱にも難儀するほどでしたが、道中が江東内部河川の狭水路となれば、春の嵐も恐るるに足らず。この点ひとたび荒れれば出港もかなわない、外海に面したマリーナと異なり、水路が四通八達した運河を母港とする者の強みであります。

262002.jpg
北西の強風にリーウェイしがちな艇を当て舵で抑えながら、さざ波だつ曙北運河を北上、まずはイグアナクレーンにご機嫌うかがい。

少し離れた位置から、都市計画運河橋梁とのツーショットを一枚。左手角の広大な敷地が更地になったので、この角度からでもイグアナ先生の全貌を拝めるようになりました。ただしテラスも解放されたので、写真のように釣り人さんも増えたため、通航時に気遣いが必要ではあります。

262003.jpg
ああ、いいですねえ。強風の恩恵というべきでしょうか、空は抜けるように青く、イグアナ先生の構造美を引き立たせてくれます。

都内の水路における観光名所(?)として、すっかり定着したことはありますし、そろそろJR貨物の公式サイトあたりで、スペックを含めた紹介があってもいいのでは‥‥と考えているのですが、いかがでしょうか。

262004.jpg

262005.jpgお約束の正面から仰いだショットを。グラデーションのついたブルーをバックに、グリーンのトラスが映えてきれいですね。

右は、いつもと反対に北から南に向いて、対岸も入れて一枚ものそうと考え、護岸ギリギリまで寄せ実行したのですが、見事に失敗。単に真上を見上げただけになってしまいました。
撮影地点のMapion地図

(令和3年3月14日撮影)

(『3月14日の大横川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙北運河 汐見運河 イグアナクレーン

11月15日の水路風景…3

(『11月15日の水路風景…2』のつづき)

258026.jpg

258027.jpg大横川に入ると、少し時期を外したせいか葉が落ちてはいたものの、桜並木の紅葉が美しく、ほれぼれと見入ったものでした。

葉の密度は粗くなってはいても、並木としてのみっちりぶりと物量に助けられ、また晴天であることも大いに力あって、紅葉狩りを堪能するには十分すぎるほど。木々の色付きを映した、水面がほんのりと赤らんでいるのも味わいがありました。

258028.jpg
汐浜運河、平久水門の東側でイトーヨーカドー木場店を一枚。あまりスナップしたことのない角度だったので、何となくカメラを向けてみたのですが、そびえる大規模店舗と、手前にもやう屋形の対比が面白い感じに。ここもかつては廃船を含め、結構な繋留船がいたのですが、今は船宿さんの持ち船のみになったようです。

258029.jpg

258030.jpg9月21日に気づいたスカパー前のポンツン桟橋ですが、この日通りがかったらカヌータイプのインフレータブルと、パドルボードがもやっていました。何かのイベントかしら。テラス上のカフェとともに、この一角も賑やかになってきましたね。

そのすぐ南、都市計画運河橋梁と隣の道路橋をくぐって、3人を乗せたパドルボードが現れました。体験乗船(?)かな。これから通航するときは、ちょっと気を配った方がいいかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(令和2年11月15日撮影)

(『11月15日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 汐浜運河 曙北運河