4月16日のさくらしべ降る水路…1

えらく気取ったお題にしてみましたが、半ばは桜の見ごろを逃した悔しさであります。

先週9日は満開のタイミングだったにもかかわらず、雨時々曇りですっかりやる気を削がれ、今週16日も芳しくない予報と、毎日曜日の悪天候にくさっていたところ、どうやら持ち直して出港と相成りました。

204001.jpg
昵懇のM艇長ご一家と一緒に、急上昇する気温で靄にけぶる運河上へ出てみれば‥‥。海洋大のカッターが、新砂水門前で帆走準備をしているシーンに出くわしました。

チャージの指揮の下、漂泊しつつマストを立て、索具を張りときびきび動く艇員の皆さん。南風の強い日だったので、沖に出ればだいぶガブったでしょうが、セイリングにはもってこいだったかもしれません。

204002.jpg

204_003.jpgM艇長は初見の新イグアナクレーン。緑の塗色が、周りの新緑と似合ってよい感じです。さてこの右側、都市計画運河橋梁をくぐった向こう、西岸にある一群の桜はどうでしょう。

ああ、やっぱり‥‥と口をついてしまいますが、ほとんど散って葉桜になる前、残った蘂(しべ)の赤味が目立つ、ちょっと寂しい感じ。でも、どこかに少しは名残り咲き(?)があるかもと、探しつつ微速で進むことに。


204005.jpg汐浜運河に入ると、花筏‥‥とまではいかないものの、一面に花びらが途切れなく浮かんで、見つめていると無限に続く地紋のようです。

この日は水のコンディションも良好で、透明度もそこそこあったため、ときおり跳ねる魚の水音に加え、たゆたう花弁も日ごろに増して風情があり、よいものでした。



204004.jpg
平久川から大横川に入ったところで、同乗ご一同から「あっ、あそこあそこ!」と声が上がりました。汐見橋西詰の角にある一本、まだ花を落としておらず、結構な咲きぶり!

いや、ようやくの感がありましたが、風が吹くごとにざあっと散る花吹雪とともに、破顔して見入ったものです。やはり水路の桜は、好天下でこそと改めて思ったものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 汐浜運河 大横川 イグアナクレーン

2月19日の川景色…2

(『2月19日の川景色…1』のつづき)

202046.jpg
曙北運河を南下し、新イグアナクレーンの横に出たので、正横から側面の姿を一枚。一見、きれいに前後対称形のようですが、トラスの三角をたどってみると、岸壁側の方がわずかに長いようです。

塗色以外、遠目には旧クレーンとほとんど変わりはないものの、運河の新顔を折りにふれて眺めるのは、やはり楽しいものです。

202047.jpg
ぐっと岸壁に寄せて、真下に入ってみました。これができるのも、十分な水深が確保されている、揚搭設備ならでは。同乗の方にも思いのほか好評で、「レールになった気分!」との感想もいただきました。

202048.jpg
しつこいようですが、もう一枚。よく見ると、夜設としてライトが備えられているのですね。

202049.jpg通りがかれば必ずカメラを向けます、ええもう(真顔)。変わらず素敵な古賀オールさん。快晴の下で眺めると、魅力もいや増して写し甲斐もあろうというもの。

この日は、乾舷に高低のあるバージ二隻が、横抱きにもやっていました。頼もしささえ感じる肥えた船型に、重い巻取鋼板を満載している様子を想像するだけで、楽しくなるものが。貴重な艀輸送、頑張っていただきたいものです。

202050.jpg新砂水門はご存知のとおり、新水門の工事中で、警戒船により管制される交互通航。通航量も結構なものなので、乗り組みの方も気が抜けないでしょう、ご苦労さまです。

カメラを向けていたら、鋼製艇らしい進入艇が。遠目には保安庁船艇のようなスタイルです。墨田川造船に向かうのかな? 行き足を止めて、入ってくるのを待つことにしました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 曙北運河 砂町運河 イグアナクレーン 古賀オール 新砂水門

イグアナ讃歌…2

(『イグアナ讃歌…1』のつづき)

199006.jpg木立ちの北端が視界の左に去ってゆくにつれて、岸壁の奥が開けてきました。
あっ!

見慣れたグレーのトラス、間違いない! イグアナクレーンは健在で、緑のそれは新しいイグアナクレーンだったことが判明。いや~、ホッとしたと同時に、これから「旧」イグアナクレーンとお別れしなければならないと思うと、複雑なものもあったのですが‥‥。

199007.jpg
新旧2基が仲良さげに並んで、四肢をふんばった姿を汐見運河の水面に映している情景が目に入ると、今しか見られない、貴重極まりないこれを、全力で眺めてやろうという気持ちが湧き上がってきました。次に訪れたときには、もう旧クレーンがなくなっている可能性が高いのですから。

199008.jpg
幸い、周りに他の艇はいないようだし、思うさま鑑賞できそう。最微速で流しつつ、近寄りながらまずは汐見運河東口をそのまま航過、側面を眺めてみましょう。

しかし、見れば見るほどそっくりですね。用途や移動用レールの都合から、形が似てしまうのはわかるにしても、四肢の取付角といい、トラスの斜材のピッチや数といい、一見したかぎりでは、同じ図面から起こされたように感じられるほどです。

199009.jpg
近寄ってみて驚かされたのは、今まさに組立作業の真っ最中であったこと。写真は脚の付け根をズームでたぐったところですが、高所作業車のゴンドラに作業員の方が見えますね。

足場や重機の存在から、組立の途中であることはわかっていたものの、休日であるこの日も作業を続けていたとは思いませんでしたから、びっくりしました。それほど完成が急がれているのか、単に平日は荷役の邪魔になるため、組立ができないのか‥‥。

199010.jpg
ほぼ側面から。グリーンの塗装、薄雲を刷いた空をバックにしても、よく映えて目立ちますね。

この時点で気づいた新旧の違いといったら、運転室の背面にある換気扇のフードらしいものと、何かの配管のあるなしくらい。いや、これほど似ているということは、旧クレーンがそれだけ理にかなった、他をもってして代えがたい形だったのだと思わざるをえません。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『イグアナ讃歌…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙北運河 汐見運河 イグアナクレーン

イグアナ讃歌…1

199002.jpg先日こちらで触れた、11月20日のお話をしたいと思います。出港は少し遅め、11時ごろになりましたが、気温もこの時季としては高めの静穏な好天に恵まれ、楽しく近場回りをしてきました。

運河から仰ぐ空は、絵筆でさっと刷いたような雲も爽やかな秋晴れ、川面も空を映し青く、河水を分けて進むだけで、快い気分になるほどです。


199001.jpg
天高く、水清くなる季節とくれば、水鳥たちの渡ってくるころでもあります。オオバンやキンクロハジロなどが群れをなして、クウクウ、ガアガアと賑やかに鳴き交わす姿を、道々眺める楽しみが増える時季でもあるわけです。

コンクリートの柵列の、陽射しでぬくもった天端で、平たくツブれて暖を取る鴨さん二羽をスナップ。ええと、カルガモとキンクロのメスかしら。

199003.jpgまずは曙北運河に入って北上。10月30日に見た、イグアナクレーンの一件が、頭から離れなかったためであります。

相変わらず端正な美しさを見せる、古賀オールのクレーン群に魅せられながらも、少々不安なひととき。もしかしたら、レールの艀輸送が廃止と決まり、クレーンも撤去されてしまっているのでは‥‥と、この時点ではどうも悪い方へ考えがちだったからです。

199004.jpg
さらに前進し、左手の木立の影から顔を出したのは‥‥・。 
!!!!

199005.jpg
新しいイグアナクレーン? 
やはり、10月30日に見た緑色のトラス部材は、組み立て前のこの一部だったのか?


イヤイヤ、早合点はいけないと、一つ深呼吸。形があまりにもそのまんまですから、単に塗りなおしただけ、という線も否定できないでしょう。角をかわって、解体中の旧イグアナクレーンでも見えてくれば、この点は確定できるはずです。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『イグアナ讃歌…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 イグアナクレーン 古賀オール 水辺の鳥たち

新砂水門・本船通航!…1

(『魚群捕捉!』のつづき)

195071.jpg曙北運河に入って右に折れれば、必然的に見えてくるおなじみ古賀オールのクレーン群。40t吊りのクレーンNo.10、いつみても惚れ惚れする凛々しさですわい。そういえば、曳船がバージを引いて接岸する光景を見たいと願って早や数年、いまだに実現できていないなあ‥‥。

南下して十字流を左へ、砂町運河を東航していると、幸いにもテンションが急上昇せざるを得ないシーンに、出くわすことができたのです!

195072.jpg
おおお! 本船が新砂水門を通航中だ!

何度か触れたように、新砂水門は東京で唯一、本船の通航がある水門。運河を通る本船‥‥ガット船の姿は過去にも紹介しましたが、水門通航中のシーンは、なかなかものにできずにいたのです。嬉しさもひとしおですわ!

向こう側では新水門の工事中とあって、航路はクランク状に狭まり、交互通航の管制中。上の写真でも右端に、待機中のヨットが見えます。

本船は左から斜めに突っ込む形で、水門の径間にさしかかったところ。ただでさえ幅員に余裕がないところへ持ってきて、直前で大きく舵を切らねばならないとは! はた目に見ていても、息詰まる緊張感がありますね。

195073.jpg
船尾を少し振りつつも、針路がほぼ水門の軸線に合った瞬間。忙しく舵輪を回す船長の表情や、きしむ船体を想像いや、妄想して勝手に一人固唾を呑む船頭。夢中でカメラを構えながら、「ヨーソロ、いいぞ、そのままそのまま」などと、あらぬことを口走るほどに興奮の極み。

もろ逆光とあって、船や水門は黒く陰り、空は靄がかったように白く、腕の悪さも加えて写真としては締まらなくなってしまいましたが、当時の緊張感が反芻できるという意味では、かえって良かったかもと自己満足。

195074.jpg
水門の西端をかわして、マッコウクジラの頭のように量感のある船首が、のっそりといった感じで迫ってきました。

いいぞ、イイゾ、このすり抜け感! 針の穴を通すような操船をされている、船長はじめ乗り組みの皆さんには失礼ながら、一大スペクタクルをようやくものにできた喜び、まこと例えようなし。

195075.jpg
径間離脱まであと一息、漆黒の鉄鯨はなお、慎重な歩みを崩しません。よく手入れされた美しい船体とあいまって、荘厳さすら感じさせる光景でした!
撮影地点のMapion地図

(28年9月10日撮影)

(『新砂水門・本船通航!…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 新砂水門 古賀オール